ELベスト8進出のスールシャール監督「リズムを得るまで時間がかかった」

2020.08.06 09:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、2-1で勝利したヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのLASKリンツ戦を総括した。クラブ公式サイトが伝えている。1stレグを5-0で先勝していたユナイテッドは5日にホームでLASKリンツと対戦。50分にMFフィリップ・ヴイージンガーに先制を許したが、52分にMFジェシー・リンガードのゴールで同点とすると、試合終了間際にFWアントニー・マルシャルが勝ち越しゴールを決め2-1で勝利。2戦合計7-1でベスト8進出を果たした。

1stレグで大勝していたユナイテッドは、主力選手をベンチに置き、イングランド代表DFハリー・マグワイア以外の10名は控え選手や若手選手で臨んでいた。

試合後、スールシャール監督は「良い夜だった」と語りながらも、苦戦を強いられた理由を説明。これまで出場機会に恵まれなかった選手たちが試合勘を取り戻すのに時間がかかったと述べている。

「シャープではなかったよ。何選手かは、しばらくプレーしていなかったから、それが出てしまった。しかし、我々は再び勝った。この試合でも若手選手がデビューを果たしたね。良い夜だった」

「我々は、相手が躍動し、アグレッシブにプレーしてくることを想定していた。なぜなら、過去にも見たことがあり、もちろん、熱心に取り組む新しい監督も迎えていたからだ」

「だから期待していた。しばらくプレーしていなかったし、選手たちにとっては難しい。途中交代で10分から15分くらいのプレーをしていたが、90分間プレーすることはあまりなく、チームとして一緒にプレーしているわけでもなかった。リズムを得るまでに少し時間がかかったが、試合に勝てた。それで仕事をやり遂げた」
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドがメイトランド=ナイルズ獲りへ! 交渉はすでに大詰めか

マンチェスター・ユナイテッドが、アーセナルのイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(23)の獲得に興味を持っているようだ。 アーセナルの下部組織出身のメイトランド=ナイルズは2017年7月にファーストチームへ昇格。左右のサイドバックやウイングバックでプレー可能なユーティリティ性を持ち、同クラブでの公式戦出場は104試合を数える。今季もプレミアリーグとコミュニティ・シールドのリバプール戦、EFLカップのレスター・シティ戦など大一番でフル出場しており、ミケル・アルテタ監督からの信頼がうかがえる。 そんなナイルズに現在ユナイテッドから触手が伸びてきている模様。ドイツ『Sport1』の記者フロリアン・プレッテンベルク氏によれば、すでに交渉は大詰めを迎えており、近日中に公式発表があると見込まれている。移籍金は2200万ユーロ(約24億7600万円)にボーナスを加えたものになるという。 以前のイギリス『スカイ・スポーツ』の情報によると、同選手にはウォルバーハンプトンも獲得を試みたが、アーセナルはその1650万ユーロのオファーを拒否。少なくとも2200万ユーロを求めていると伝えられていたが、今回の報道通りならば、ユナイテッドはアーセナルの希望を満たしていることになる。 なお、アーセナルとナイルズの契約は2023年までとなっている。 2020.10.01 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

1G1Aで通算50ゴール達成のマタ、アシストしたファン・デ・ベークを絶賛「とても賢い選手」

マンチェスター・ユナイテッドの元スペイン代表MFフアン・マタが、1ゴール1アシストを記録したブライトン&ホーヴ・アルビオン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ユナイテッドは9月30日にEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でブライトンと対戦。44分にマタのクロスからMFスコット・マクトミネイが先制すると、73分にマタが追加点。80分にはMFポール・ポグバにもゴールが生まれて、3-0の快勝を収めた。 1ゴール1アシストを記録し、ユナイテッドで通算50ゴールを達成したマタは、この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)を受賞。アシストした先制点の場面を振り返り、前半のうちに得点する必要があったと述べた。 「自分の体を相手の前に置こうとした。だから、それはファウルだったと思う。それから、FKのボールは2、3選手が合わせられるようにボックス内にボールを送ろうとしたんだ」 「難しかったよ。ちょうど、オンサイドだったと思うからスコッティ(マクトミネイ)の素晴らしいヘディングシュートだったね。前半に得点するすることが重要だった。なぜなら自分たちが生み出すチャンスを得点に結びつけなければどれほど難しいかわかっている」 また、マタは自身のゴールをアシストしたMFドニー・ファン・デ・ベークについても言及。「クレバーな選手」だと語り、絶賛している。 「非常にクレバーなアシストだった。ドニーはとても賢い選手だ。彼はスペースやエアポケットを見つけて、1対2の局面を作ったり、パス交換をしたりする僕の好きな戦術を理解している。だから、彼とプレーするのが大好きだ。そんな感じでゴールが取れた」 「彼は常に正しい位置にいて僕にパスをくれた。そして、僕は右足でフィニッシュまで持ち込めた」 2020.10.01 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

マタが1G1Aの躍動! リーグ戦に続きブライトン退けたユナイテッドが準々決勝進出!《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、ブライトンvsマンチェスター・ユナイテッドが9月30日に行われ、3-0で快勝したユナイテッドが準々決勝進出を決めた。 奇しくも先週末のプレミアリーグで激闘を演じたブライトンとユナイテッドが、戦う舞台をEFLカップに変えて再び激突した注目の連戦第2ラウンド。 試合内容では完敗も、物議を醸す“試合終了後”の劇的PK弾で連戦初戦を3-2で制したユナイテッドは、週末にトッテナムとのビッグマッチを控える中、リーグ戦の前回対戦からリンデロフを除く先発10人を変更。前線の顔触れは1トップにイガロ、2列目に右からマタ、ファン・デ・ベーク、ダニエル・ジェームズとなった。 互いに大きくメンバーを入れ替えたものの、リーグ戦での対戦を再現するかのような一進一退の試合展開となる。開始18分にはボックス左に抜け出したイガロに決定機も、ここは腰が回り切らず左足のシュートはサイドネットへ。 前半半ばを過ぎると、左肩上がりの攻撃が機能するブライトンが徐々にユナイテッドを押し込み、26分には流れるような連係からボックス内でマク・アリステルのワンタッチパスを受けたジャハンバクシュに絶好機も、枠の左下に飛ばしたシュートはGKヘンダーソンの好守に遭う。 時間の経過と共になかなか攻撃の形を作れないユナイテッドだったが、前半終了間際に百戦錬磨のゲームメーカーが試合を動かす。43分、右サイドをドリブルで突破したマタがDFのファウルを誘い、相手陣内の好位置でFKを獲得。さらに、キッカーを務めた元スペイン代表MFは絶妙な左足インスウィングのボールをゴール前に落とすと、大外でオフサイドラインをかいくぐったマクトミネイが頭で合わせた。 前半を1点リードで終えたユナイテッドは後半立ち上がりにフレッジの直接FKで2点目に迫るも、モペイ、トロサールと主力を投入したブライトンに徐々に押し込まれる。67分にはボックス中央でグロスのパスを受けたトロサールにゴール右下隅を捉えた決定的なシュートを許すが、GKヘンダーソンのこの試合2つ目のビッグセーブで難を逃れる。 すると、イガロ、ダニエル・ジェームズに代えてポグバ、ラッシュフォードを投入した直後の73分に再びマタが魅せる。 フレッジからの縦パスをファン・デ・ベークが足裏を使ってゴール前のスペースに流すと、これに反応したマタが細かいボールタッチから利き足とは逆の右足でDFの股間を抜くグラウンダーのシュートを流し込み、貴重な追加点とした。 これで完全に試合の流れを引き寄せたユナイテッドは、80分にもボックス手前左で得たFKの場面でキッカーのポグバが直接狙ったシュートが割れた壁の間を抜けてゴール左隅に決まり、ダメ押しの3点目が入った。 そして、このまま逃げ切ったユナイテッドはリーグ戦で手を焼いたブライトン相手に今度は勝利に相応しい内容で勝利し、ベスト8進出と共に週末のトッテナム戦に弾みをつけた。 2020.10.01 05:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「全くもって好ましいものじゃない」 ファン・デ・ベーク代理人が顧客の“扱われ方”に憤る

今季からマンチェスター・ユナイテッドに活躍の場を移したオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの代理人がクラブでの扱われ方に苦言を呈した。 今夏の移籍市場でレアル・マドリーやバルセロナの関心を集めるなど人気を博したファン・デ・ベークは今月2日、アヤックスからのユナイテッド加入が決定。20日に行われたプレミアリーグ第2節のクリスタル・パレス戦に途中から出場してデビューを果たすと、22日に行われたEFLカップのルートン・タウン戦で移籍後初先発を飾った。 しかし、続く26日に行われたプレミアリーグ第3節のブライトン&ホーブ・アルビオン戦では再びベンチスタートとなり、後半アディショナルタイムからの出場に。ユナイテッドにとって、現時点で今夏唯一の新戦力だが、フランス代表MFポール・ポグバや元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスの存在もあり、限定的な出番が続いている。 そんなファン・デ・ベークにとって、ユナイテッドでのキャリアは始まったばかりだが、同選手の代理人として今夏のユナイテッド移籍を手がけたシャーク・スワルト氏からすれば、期待外れの船出のようだ。オランダ『VoetbalPrimeur』で、オーレ・グンナー・スールシャール監督の起用法に遺憾の意を表した。 「サブ扱いは全くもって好ましいものじゃない。4分間のプレーだけだとできることなんてない。座らせられたままの方がましだ。ここまでの彼は良いプレーをしていると言わざるを得ないと思う。決勝ゴールに繋がったPKは彼が起点だった。しかし、普通なら1-7で負けているはずだ。ブライトンは(シュートが)5回のポスト&クロスバー(を直撃)…彼らも良いチームだが、マンチェスター・ユナイテッドにはあってはならないことだ」 2020.09.30 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランがユナイテッドDFダロトに着眼 買取OP付きレンタルの1stオファー

ミランがマンチェスター・ユナイテッドのU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)を狙っているようだ。 イタリア『スカイ』によると、守備陣の強化を目論むミランは新たなセンターバックとしてサンテチェンヌのフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)を注視する一方で、サイドバックとしてもダロトをリストアップしているという。 そんなミランは買取オプション付きのレンタルという条件の1stオファーをすでに打診。しかし、ユナイテッドは完全売却しか求めておらず、ミラン陣営は新たなオファーを出すか、違う選手にシフトするかの検討を迫られている模様だ。 ダロトは2018年にポルトから加入すると、鋭いクロスが武器の右サイドバックとして初年度から公式戦23試合に出場。しかし、昨季はイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカの加入などもあり、11試合の出番とプレー機会を減らした。 2020.09.30 13:20 Wed
twitterfacebook