“個人的な事情”でパレス戦欠場のデ・ヘアは今後5試合欠場? 妊娠中のパートナーと共に母国一時帰国か

2021.03.05 00:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが今後5試合を欠場する見込みだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。ユナイテッド在籍10年目の守護神は今シーズンもプレミアリーグ24試合に出場。だが、3日に行われた第29節のクリスタル・パレス戦(0-0)では遠征メンバーから外れていた。

守護神不在の理由に関してオーレ・グンナー・スールシャール監督は、パレス戦前後の会見の場で、ケガや体調不良ではなく「個人的な事情」とのみ説明していた。


そして、今回『デイリー・メール』が新たに伝える情報によると、デ・ヘアの“個人的な事情”とは、昨年11月に第一子妊娠を公表したパートナーのエドゥルネさんに関することのようだ。

エドゥルネさんの健康状態や出産時期などの詳細は不明も、デ・ヘアはクラブからの許可を得てエドゥルネさんと共に母国のスペインに一時帰国しているという。

また、スールシャール監督はデ・ヘアに対して、今月末のインターナショナルマッチウィークが終了するまでスペイン滞在を許可しているようだ。

仮に、今回の報道が事実である場合、デ・ヘアは次節のマンチェスター・シティとのダービーや、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のミランとの2試合を含め今後の公式戦5試合を欠場することになる。

また、パレス戦を含めて6試合でプレー機会が与えられるイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンにとっては、守護神奪取に向けた最大のアピールの場となる。
関連ニュース
thumb

デモにより延期となったユナイテッドvsリバプールは13日開催に、ユナイテッドは超過密日程に…

2日に行われる予定だったプレミアリーグ第34節マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールが、日本時間13日の28時15分にキックオフされることが発表された。 同試合は数千人のユナイテッドファンによる、欧州スーパーリーグ構想に賛同したオーナーのグレイザー家に対するデモ活動によって延期に追い込まれていた。 この延期によってユナイテッドは8日間で4試合をこなさなければならない過密日程を強いられることになった。 今後、ヨーロッパリーグ準決勝2ndレグのローマ戦を6日にこなしたユナイテッドは、9日にプレミアリーグ第35節アストン・ビラ戦を、11日に同第36節レスター・シティ戦を戦い、さらに中1日でリバプール戦を迎えることになる。 2021.05.06 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

EL決勝進出濃厚ユナイテッド、ローマ戦の招集メンバー発表

マンチェスター・ユナイテッドは5日、翌日に敵地で行われるヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのローマ戦に向けた招集メンバー24名を発表した。 1週間前にホームで行われた1stレグを6-2で制し、決勝進出をほぼ確実としているユナイテッドは、MFダニエル・ジェームズ、FWアンソニー・マルシャル、DFフィル・ジョーンズら一部ケガ人を除いて主力メンバーを順当に招集した。発表されたメンバーは以下の通り。 ◆マンチェスター・ユナイテッド招集メンバー GK ダビド・デ・ヘア ディーン・ヘンダーソン リー・グラント ネイサン・ビショップ DF ビクトル・リンデロフ エリック・バイリー ハリー・マグワイア ルーク・ショー アレックス・テレス アーロン・ワン=ビサカ ブランドン・ウィリアムズ アクセル・トゥアンゼベ MF ポール・ポグバ フアン・マタ フレッジ ブルーノ・フェルナンデス ネマニャ・マティッチ ドニー・ファン・デ・ベーク スコット・マクトミネイ FW エディンソン・カバーニ マーカス・ラッシュフォード メイソン・グリーンウッド アマド・ディアロ アントニー・エランガ 2021.05.05 23:15 Wed
twitterfacebook
thumb

来季からローマを率いるモウリーニョ新監督がすでに動き? 過去に2度獲得したMFマティッチを要求か

来シーズンからローマの監督に就任することが発表されたジョゼ・モウリーニョ氏だが、すでに補強計画を立てているようだ。 イタリア『Sport Italia』によると、モウリーニョ新監督が獲得を求めているのは、マンチェスター・ユナイテッドのセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(32)とのことだ。 マティッチは2009年8月にスロバキアのコシツェからチェルシーへと加入。しかし、選手層の厚いチェルシーではなかなか出番がなく、フィテッセへのレンタル移籍を経験したのち、2011年7月にベンフィカへと完全移籍していた。 しかし、2014年1月にモウリーニョ監督によってチェルシーに呼び戻されると、中盤の要として躍動した。その後もチェルシーの一員としてプレーしていたマティッチだが、ユナイテッドの監督に就任したモウリーニョ監督がオファー。2017年7月にユナイテッドへと移籍し、再び指導を受けていた。 モウリーニョ新監督はローマにもマティッチを連れて来たいと考えており、その他にも数名の選手をすでにリストアップしている様子。『Sport Italia』によると、すでにローマはユナイテッド側に打診しているようだ。 ユナイテッドでは、今シーズンのプレミアリーグで16試合に出場し1アシストを記録。公式戦では31試合に出場しているが、ポジションを確保しているという状況ではない。 ユナイテッドとマティッチの契約は2023年夏まで残っているが、3度目のモウリーニョ体制で輝くことになるのだろうか。 2021.05.05 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

EL決勝、最大9500人の有観客開催に! ファイナリストは6日に決定

欧州サッカー連盟(UEFA)は3日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝の有観客開催を発表した。 今季のELは現在、準決勝1stレグまでスケジュールを消化。6日に予定する準決勝2ndレグのローマvsマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルvsビジャレアルが終わると、いよいよファイナリストが出揃う。 そのなか、UEFAは開催地であるポーランドの当局から承認を経て、26日にスタディオン・エネルガ・グダニスクが会場となる決勝での観客受け入れを決断。収容率25%程度にあたる9500人の観戦を認めた。 チケットは決勝進出の2クラブにそれぞれ2000枚が割り当てられ、一般向けに2000枚が販売。購入希望者は新型コロナウイルス検査の陰性、またはワクチン接種を証明できるものを提示する必要があるという。 なお、準決勝1stレグの結果はユナイテッドがホームでローマに6-2で勝利。ビジャレアルもホームでアーセナルに2-1で先勝している。 2021.05.04 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドvsリバプールが開催延期…一部サポによる本拠地OTでの過激抗議活動で安全面確保できず…

現地時間2日16:30(日本時間24:30)にオールド・トラフォードで開催予定だったプレミアリーグ第34節、マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールの開催延期が決定した。 なお、代替日程に関しては今後の協議の末に改めて発表されることになる。 現在、2位のユナイテッド(勝ち点67)が敗れた場合、マンチェスター・シティ(勝ち点80)の2シーズンぶりの優勝が決定する注目のビッグマッチとなった今回の一戦。 だが、試合数時間前にはヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に賛同したオーナーのグレイザー・ファミリーへの抗議活動を行った数百名のサポーターが本拠地オールド・トラフォードに侵入。機材の破壊やスタジアム入りする関係車両への妨害行為を働いたことで、警察の機動隊が出動し鎮圧を余儀なくされる大混乱に見舞われた。 これにより、試合開始1時間前には両チームのスタメンが発表されたものの、新型コロナウイルスの感染防止対策、セキュリティー上の問題により、両チームは宿泊先のホテルから移動することができず、キックオフ時間の遅延が決定。 その後、両クラブや地元警察、リーグ機構、行政の関係各所はキックオフ時間を遅らせても2日の開催に向けて動いていたが、最終的に安全を確保しての開催が困難との結論に至り、開催延期を決断した。 同試合を主催するユナイテッドは今回の開催延期を受け、以下のような声明を発表している。 「警察、プレミアリーグ、トラフォード・カウンシルおよび両クラブが協議した結果、本日の抗議活動に関する安全面を考慮し、リバプールとの試合を延期することを決断しました。今後、プレミアリーグとの間で、試合の日程を変更するための協議が行われます」 「我々のファンはマンチェスター・ユナイテッドに情熱を持っており、我々は表現の自由と平和的な抗議活動の権利を完全に認めています」 「しかし、チームを混乱させ、他クラブのファンやスタッフ、警察を危険にさらす行為を行ったことは遺憾です。警察の支援に感謝するとともに、今後の捜査に協力していきたいと思います」 さらに、プレミアリーグも以下のような声明を発表し、不適切な形での抗議活動を非難している。 「オールド・トラフォードでのセキュリティ侵害を受けて、マンチェスター・ユナイテッドとリバプールの試合が延期されました」 「これは、警察、両クラブ、プレミアリーグ、地方自治体が一体となって決定したものです」 「オールド・トラフォードにいるすべての人の安全と安心が最も重要であることに変わりはありません。我々は気持ちの強さを理解し、尊重していますが、特にCOVID-19(新型コロナウイルス)に関連する違反行為を含め、すべての暴力行為、犯罪被害、不法侵入を非難します。ファンは様々な方法で自分の意見を発信することができますが、今日のような少数派の行為は正当化できません」 「我々は、フットボール界ではあってはならない危険な状況に対処しなければならなかった警察とスチュワードに対して共感しています」 「試合の再調整については追ってご連絡いたします」 今回のユナイテッドサポーターのオーナー一家に対する憤りの気持ちは多くのフットボールファンも共感するところではあるが、コロナ禍における選手や運営に大きな負担をかけた上、今回の騒動とは直接関係のないリバプール陣営への迷惑を鑑みれば、不適切な行動と言わざるを得ない。 2021.05.03 02:07 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly