モウリーニョ監督、レアル時代に衝突のカシージャス氏引退に「最も偉大なGKの1人」

2020.08.05 16:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が現役引退を表明した元スペイン代表GKのイケル・カシージャス氏との関係性について言及した。スペイン『アス』が伝えた。昨年5月に所属するポルトでの練習中に心臓発作を起こしたカシージャスは、事実上の引退状態だった中、4日に現役引退を正式に発表。22年間の現役生活に幕を下ろした。

そんなカシージャス氏はマドリーで公式戦通算725試合の出場を誇るも、モウリーニョ監督の下では守護神の座を外されることに。その結果、両者には軋轢が生じていたとされた中、ポルトガル人指揮官はカシージャス氏の引退について言及した。

「彼の知性と完成度はに対し、常に互いをリスペクトしてきた。数年後には良い友人になれたことを意味していた」

「素晴らしいGKであり、素晴らしい男だ。レアル・マドリーの歴史、スペインの歴史、サッカーの歴史の中でも最も偉大なGKの1人だ。彼とともに、我々は全ての記録を破ってリーグ戦を優勝した」

「私が下した判断により、我々の間には難しい時期もあった。他の選手を守護神に指名したのは個人的な決定ではなく、プロとしての決定だった」

また、カシージャスが心臓発作で倒れた際にもメッセージを送っていたというモウリーニョ監督。当時は衝突していたことを認め、その関係は修復していると強調した。

「誰もが知っている。私がチームから彼を外すと決めた時に対立していた。それは自我の衝突ではなく、マドリーのキャプテンとマドリーの監督としての対立だった。この決定をするのは簡単ではなかった」

「彼もまたこれを受け入れるのに簡単ではなかった。しかし、我々の関係はポジティブだ。多くの人が考えているようなものではない」
コメント
関連ニュース
thumb

同胞のレジェンドSBロベルト・カルロス氏も絶賛の実力者!ユナイテッドが獲得を狙うアレックス・テレスはどんな選手?

複数のメディアがマンチェスター・ユナイテッドへの個人合意に至ったと報じ、移籍が近づいているとされるポルトのブラジル代表DFアレックス・テレス(27)。 ユナイテッドは左サイドバックの人材として、イングランド代表DFルーク・ショーとU-21イングランド代表DFブランドン・ウィリアムズを擁しているが、この夏を通して左SBの補強に動いている。 移籍が成立すれば、待望の即戦力を獲得することになるが、そのテレスとはどんな選手なのだろうか。 <div id="cws_ad">◆テレスがボアビスタ戦で見せた強烈なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLMTBleXc4VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆5年前にはインテルで長友佑都と争う 2010年、母国ブラジルのジュベントゥージでプロデビューを果たしたテレスは、2013年に強豪グレミオに移籍。2014年1月にトルコのガラタサライに加入したことを機に、攻撃的SBとしてヨーロッパでその名を知られるようになった。 2015年夏には、インテルにレンタル移籍で加入。一時は日本代表DF長友佑都(現マルセイユ)から左SBのポジションを奪っていた。さらに、2016年夏に完全移籍を果たしたポルトで、超攻撃的SBとしての才能を開花させている。 ◆昨季は49試合で13得点12アシストと躍動 テレスは、フィジカルを生かした十分な守備力を持ちながらも、攻撃参加を好み、左サイドでの激しい上下動を厭わない現代的なサイドバックだ。また、高い水準のクロス精度も持つテレスだが、最も特筆すべき点は、その中長距離から放たれるシュートの破壊力だ。ボックス外からでも積極的にゴールを狙っていくテレスは、その左足から放たれるパンチのあるシュートを最大の武器にしている。 2019年11月10日に行われたプリメイラ・リーガ第11節のボアビスタ戦で見せたボックス外からの強烈な左足シュートはまさに象徴的なゴールだった。 テレスの攻撃面での貢献度は、昨シーズン残した13ゴール12アシストというSBとしては驚異的な数字が物語っている。昨季のプレミアリーグ王者リバプールの左SBを務めるスコットランド代表DFアンディ・ロバートソンも昨シーズンは公式戦12アシストを記録しているが、リーグは違えど、ロバートソンと同数のアシストを記録した上で、自らも13ゴールを決めているというのだから恐ろしい選手だ。 ◆ロベルト・カルロス氏の後継者とまで言われた パンチ力のある左足を持ったブラジル出身のSBと言われて、多くの人の頭に思い浮かぶのは、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏だろう。 そのプレースタイルの他に、インテルでも短期間のプレー経験を持つなど、テレスと共通点の多いロベルト・カルロス氏だが、2016年にはテレスについて「アレックス(・テレス)は驚くべき選手だ。代表チームで長く活躍する選手になるだろう」と称賛のコメントを送っている。 レアル・マドリーのDFマルセロやバルセロナなどで活躍したDFダニエウ・アウベス、そしてインテルで活躍したDFマイコンなど、多くの攻撃的SBを輩出してきたブラジルだが、その系譜を継ぐテレスの獲得に成功すれば、ユナイテッドにとっては念願の最終ラインの補強となるはずだ。 2020.09.29 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがポルトのブラジル代表DFアレックス・テレスの獲得に迫る

マンチェスター・ユナイテッドが、ポルトのブラジル代表DFアレックス・テレス(27)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 かねてから左サイドバックの獲得を目指しているユナイテッド。レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・レギロンの獲得に動いていたが、トッテナムへと移籍していた。 その後はテレスの獲得を追いかけていたユナイテッドだが、ポルトは1800万ポンド(約24億2700万円)を要求。しかし、ユナイテッドは27歳の選手に対しては高すぎるとし、アヤックスのアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(28)にターゲットを変更したとも報じられていた。 そんな中、移籍に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッター(@FabrizioRomano)でユナイテッドがテレス獲得に近づいているとの見解を述べている。 「アレックス・テレスとポルトとの話し合いはまだ続いている。取引はゆっくりしているが、マンチェスター・ユナイテッドは取り組んでいる」 「左サイドバックの選択肢は彼だけではない。しかし、マンチェスター・ユナイテッドは、すぐにポルトとの合意に持っていけると確信しているだろう」 一方で、ユナイテッドに関してはサイドバックよりもセンターバックを補強すべきとの声が挙がっている状況。専門家や解説者は、スウェーデン代表DFビクトル・リンデロフにパフォーマンスに不満。コートジボワール代表DFエリック・バイリーはケガから復帰したが、どのようなパフォーマンスを出せるのかだ。 何れにしても、補強に動いているユナイテッドだが、テレスの獲得はなるだろうか。 2020.09.28 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ポルトのカメルーン代表FWアブバカルがベシクタシュへ完全移籍、16-17シーズン以来の復帰

ベシクタシュは26日、ポルトのカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(28)を完全移籍で獲得した。フリートランスファーでの加入となる。 アブバカルは、ヴァランシエンヌやロリアンでプレーした後、2014年8月にポルトへと完全移籍。2016年8月からはベシクタシュへレンタル移籍で加入。2017年6月からは再びポルトでプレーしていた。 ポルトでは公式戦125試合に出場し58ゴール16アシストを記録。2019-20シーズンは、プリメイラ・リーガで5試合、ヨーロッパリーグでは1試合で2ゴールを記録するなど、出場機会に恵まれていなかった。 カメルーン代表としても63試合で20ゴールを記録しているアブバカルは、2016-17シーズンはベシクタシュでスュペル・リグ優勝を成し遂げていた。 2020.09.26 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルトDFアレックス・テレス、ユナイテッド移籍を待望視か

ポルトのブラジル代表DFアレックス・テレス(27)がマンチェスター・ユナイテッド移籍を待望視しているようだ。 2016年からプレーするポルトで攻撃的な左サイドバックとして株を上げたA・テレスは今夏、ステップアップが取り沙汰されている。パリ・サンジェルマン(PSG)の関心も指摘されているが、先日のフランス『RMC Sport』でユナイテッドとの個人合意が飛び出すなど、オールド・トラフォード行きの可能性が熱を帯びているところだ。 イギリス『ガーディアン』によると、ユナイテッドはポルトとまだ移籍金額で合意に至っていないが、先進的な交渉が続けられ、A・テレスも今週中の取引成立を希望している模様。A・テレスの契約解除金を4000万ユーロ(約49億円)に設定するポルトだが、ユナイテッドは今季が契約最終年ということで、最大で2500万ユーロ(約30億6000万円)まで価格の引き下げを目指しているという。 また、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッター(@FabrizioRomano)でPSGの関心を指摘しつつ、ユナイテッドとポルトの交渉や、A・テレスのオールド・トラフォード行き希望を記した。 「マンチェスター・ユナイテッドとポルトが今日(21日)もA・テレスの移籍交渉を行っている。選手本人の移籍希望を受けて、ユナイテッドは選手の代理人とも話し合っており、個人的な条件は問題じゃない。価格は2000万ユーロ。テレスの将来が決まる重要な週だ。PSGも左サイドバックを探している」 なお、ユナイテッド移籍の憶測が飛び交うA・テレスは19日に本拠地で行われたプリメイラ・リーガ開幕節のブラガ戦でも躍動。2得1アシストでチームの全得点に絡み、白星スタートに貢献。『ガーディアン』によると、ユナイテッド移籍なら、週給7万5000ポンド(約1000万円)のサラリーが見込まれているようだ。 2020.09.22 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

キッカーとしても一流!ポルト時代のカゼミロが見せたブレ球FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロがポルト時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ポルト時代のカゼミロが見せたブレ球FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpcDFZT1RPMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年にサンパウロからレアル・マドリーに加入したカゼミロだが、2014-15シーズンはレンタル先のポルトでプレーした。 ポルトでの活躍を受けて、マドリーへと復帰することになるが、2015年3月10日に行われるチャンピオンズリーグラウンド16、バーゼルとの2ndレグでは見事なFKも決めている。 2-0で迎えた56分、ポルトはバイタルエリア左でFKを獲得する。ゴールまでは少し距離があったものの、右足を振り抜くと不規則な回転のシュートがゴール左上へと突き刺さった。 試合はポルトが4-0で勝利し、ベスト8進出を決めていたが、この試合では、当時バーゼルに所属していた元日本代表FW柿谷曜一朗(現セレッソ大阪)も63分から途中出場を果たしている。 2020.09.21 18:00 Mon
twitterfacebook