ナポリがアフリカ出身選手最高額の移籍金となる約100億円でオシムヘンを獲得!

2020.07.31 23:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは7月31日、リールに所属するナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までの5年間となっている。フランス『レキップ』によればボーナス込みで8100万ユーロ(約100億2000万円)に上り、この額は昨夏にリールからアーセナルに加入したコートジボワール代表FWニコラ・ペペの7200万ユーロを上回り、アフリカ出身選手における史上最高の移籍金額になる。

また、ナポリにおいても昨夏PSVから加入したメキシコ代表FWイルビング・ロサーノに費やした移籍金3800万ユーロを大幅に超えるクラブ史上最高額になるとのことだ。

ヴォルフスブルクで2017年5月にプロデビューを飾ったオシムヘンは、昨年夏にシャルルロワからリールに加入。今季は公式戦38試合に出場して18得点6アシストの数字を残していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ロサーノ2発などジェノアに6発のナポリが圧勝で開幕2連勝!《セリエA》

ナポリは27日、セリエA第2節でジェノアをホームに迎え、6-0で圧勝した。 パルマとの開幕戦を2-0で勝利したナポリは、オシムヘンが移籍後初スタメンを飾り、2列目に右からロサーノ、メルテンス、インシーニェと並べた。 昇格組のクロトーネに4-1と快勝したジェノアに対し、ナポリが圧力をかける入りとなると、10分に先制する。ボックス左からのメルテンスのクロスをファーサイドのロサーノがボレーで合わせた。 その後も12分にオシムヘンのミドルシュートでゴールに迫ったナポリは、19分にはオシムヘンのお膳立てからロサーノが決定的なシュートを浴びせた。 しかし23分、ナポリは左足太ももを痛めたインシーニェがプレー続行不可能となり、エルマスを投入した。 それでも28分、右サイドからのFKにオシムヘンが決定的なヘディングシュートを浴びせたナポリが、ハーフタイムにかけても主導権を渡さず1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半、開始27秒にナポリが追加点を挙げる。オシムヘンのヒールパスを受けたジエリンスキがボックス中央からゴールに蹴り込んだ。 さらに57分、敵陣でボールを奪ったジエリンスキがラストパスを送ると、メルテンスがペナルティアーク中央からシュートを蹴り込んで3点目。 続く65分には相手の横パスをカットしたメルテンスのパスを、ロサーノが決めてドッピエッタ。4-0としたナポリは69分にエルマス、72分にはポリターノもゴールを挙げ、終わってみれば6-0で圧勝し、開幕2連勝としている。 2020.09.28 03:09 Mon
twitterfacebook
thumb

“サッリボール”炸裂!ハムシクが完璧なパス回しから決めた美しい連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は大連一方に所属するスロバキア代表MFマレク・ハムシクがナポリ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆これぞサッリボール!ハムシクが決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpQ0laeFNNSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてブレシアの下部組織に引き抜かれ、同クラブでプロデビューを果たしたハムシクは2007年に加入したナポリでブレイク。リーグ屈指のMFとして活躍した。 2019年2月に大連一方に移籍するまで、クラブの主将も務めたハムシクだが、2017年4月2日に行われたセリエA第30節、ユベントスとの一戦では、当時のナポリ指揮官、マウリツィオ・サッリ氏が展開した“サッリボール”を体現する美しいゴールを決めている。 0-1とユベントスにリードされて迎えた60分、敵陣左でボールを持ったハムシクはFWロレンツィオ・インシーニェにボールを預け、中央へポジションを移すと、インシーニェからボールを受けたMFジョルジーニョがハムシクに再度ボールを送る。 ハムシクはこれを中央のFWドリース・メルテンスにパスし、すかさず裏へ走る。メルテンスは相手を引きつけた上でハムシクにスルーパス。完全にフリーでボールを受けたハムシクが、GKジャンルイジ・ブッフォンとの1vs1を冷静に決め、美しいゴールが生まれた。 これぞ“サッリボール”という美しいパス回しからゴールを奪ったナポリ。これで1-1と同点に追いつき、そのままドローで試合は終了した。 2020.09.24 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

中盤の補強に動くナポリ、現在負傷中のヴェシーノに関心…インテルにオファー済みか

ナポリがインテルでプレーするウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノ(29)の獲得に動く可能性があるようだ。 ブラジル代表MFアランがエバートンへ旅立ったことから中盤の補強に動いているナポリ。イタリア『スカイ・スポーツ』によれば、リストアップしたヴェシーノ獲得に向けて、インテル側とコンタクトを取っており、選手自身も移籍に前向きだという。 ただ、ヴェシーノは今年7月に右ヒザ半月板の手術を受けており、早くても11月から12月の復帰になるとのことだ。 獲得しても2カ月近く起用できない状況が続くため、ナポリは無償レンタルで出場数が一定に達した場合、1200万ユーロ(約14億7000万円)の買い取りオプションが発生するオファーを打診。しかし、インテル側は移籍金1800万ユーロ(約22億円)を求めており、両者には隔たりがある状況だ。 ヴェシーノは2017年夏にフィオレンティーナからインテルへ加入。在籍3年間で公式戦通算96試合11ゴール6アシストを誇り、昨季は公式戦25試合3ゴール1アシストを記録していた。 2020.09.24 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリの小さな点取り屋メルテンスのシュート技術が光るトリプレッタ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンスが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆メルテンスのシュート技術が光るトリプレッタ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGVGZWdWNjWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年にナポリへと加入したメルテンス。当初はウイングだったが、2015年以降ストライカーの位置で起用されるようになると、得点能力が開花。シュート技術にも磨きがかかり、ゴールを量産し続けている。 2018年11月2日に行われたセリエA第11節のエンポリ戦でも、トリプレッタの活躍でチームを勝利に導いている。 ナポリ1点リードで迎えた38分、中盤でボールを受けたメルテンスがドリブルで持ち上がると、ボックス左手前からミドルシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、待望の追加点を奪った。 後半に入り1点差にされたナポリだったが、64分にFWカジェホンのパスをボックス右手前に走り込んだメルテンスのダイレクトシュートがゴール左隅に突き刺さった。 リードを広げたナポリは、試合終了間際の90分にも途中出場のFWアルカディウシュ・ミリクがゴールネットを揺らすと、93分にはFWロレンツォ・インシーニェのロングスルーパスに反応したメルテンスが、飛び出したGKをかわし無人のゴールにボールを流し込んだ。 この試合で3ゴールを挙げたメルテンスはセリエA通算ゴール数を73に伸ばし、フィオレンティーナやカリアリで活躍した元ベルギー代表FWのルイス・オリヴェイラ氏のベルギー人歴代最多ゴール記録(72点)を抜き最多得点者となっていた。 2020.09.24 11:06 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、シュクリニアル獲得に動く? ミリクの交渉も再開か

トッテナムがインテルに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(25)の獲得に動いているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が報じている。 ジョゼ・モウリーニョ監督は、以前からシュクリニアルを高く評価しており、トッテナムの指揮官就任以降、たびたびスロバキア代表DF獲得を希望しているとの報道も出ていた。また、シュクリニアル自身もアントニオ・コンテ監督の下で序列が下がっており、今夏の退団の可能性が指摘されている。 そういった中、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、交渉の初期段階であるものの、トッテナムが同選手の獲得に向けた動きを見せていると主張している。 なお、以前にはインテルが望むフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(23)とのトレードの噂も出ていたが、今回の交渉にエンドンベレが含まれることはないという。 ただ、インテルが要求する6000万ユーロ(約73億6000万円)はトッテナムにとって手が出せない金額となっており、今後の交渉で値引きを図る考えだという。 さらに、シュクリニアルの交渉がまとまらない場合、トッテナムはベンフィカのポルトガル代表DFルベン・ジアス(23)もオプションのひとつとなっており、同選手に関しては先日にアルゼンチン代表DFフアン・フォイス(22)の譲渡を含めたオファーの可能性が伝えられていた。 また、センターバックと共にイングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーの獲得を目指すトッテナムは、ナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)の交渉を再開させた模様だ。 一部でローマ行きの可能性が潰えたとされるミリクは、今夏に新天地を求めることが確実視されており、当初移籍金とサラリーの高さに難色を示していたトッテナムだが、売り手を探すナポリ、新天地を探すミリクの状況を受けて、再び交渉のテーブルに付くようだ。 2020.09.23 17:38 Wed
twitterfacebook