コレア、チェルシー関心のオブラクに「移籍する必要はない」

2020.07.31 15:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表FWアンヘル・コレアが同僚のスロベニア代表GKヤン・オブラクの残留を希望した。

長年、退団の可能性が取り沙汰されているオブラク。今夏の移籍市場でもスペイン代表GKケパ・アリサバラガのパフォーマンスに満足していないチェルシーが大金を用意しているとも報じられている。

スペイン『マルカ』の単独インタビューに応じたコレアは、オブラクを「彼のようなGKを見たことがない」と称え、残留を希望している。

「僕たちは彼と一緒にいられて嬉しいよ。彼はたくさん守ってくれている。僕らのために長年、多くのポイントを獲得してくれたGKだ。彼はここでとても幸せだし、マドリッドでの生活が大好きだと思う」

「彼は全てを兼ね備えているからNo.1だね。世界最大のクラブが彼を望んでいるけど、アトレティコにいるから移籍する必要はないよ」

また昨夏、クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ(現レートで約156億3000万円)でベンフィカから加入し、ラ・リーガ27試合で6ゴール1アシストを記録したポルトガル代表FWジョアン・フェリックスについても言及している。

「アトレティコ・マドリーのストライカーになるのは簡単ではないけど、彼には多くの才能がある。優秀で人の意見を聞けるグッドボーイだ。少しずつ実力を発揮するだろう。そして、アトレティコの人々をたくさん喜ばしてくれると思うよ」
コメント
関連ニュース
thumb

「CLでの経験は重要ではない」アトレティコの守護神オブラクがRBライプツィヒとの一発勝負を警戒

アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクがRBライプツィヒ戦への意気込みを語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16で前回王者のリバプールを2戦合計4-2で撃破したアトレティコ。2015-16シーズン以来のベスト4進出をかけて、13日に準々決勝でライプツィヒと対峙する。 前日会見に出席したオブラクは一発勝負に大会形式が変化したことについて「この大会形式は新しいものであり、試合が始まればCLでの経験は重要ではない。これは別だ。1日で終わるから良い日になる可能性も、悪い日になる可能性もある。両チームに勝利するチャンスがある」とコメント。今まで経験したことのない別物との見解を示した。 今大会はリバプールを破ったことから優勝候補の一角に挙げられていることについて「僕たちが優勝候補になっていることに驚いている。難しい試合が待っている。でも一発勝負だから、どちらも勝者だとは思わない。多くのことが試合では起こる可能性があるからね」と謙遜しながらも、何でも起こり得ると意気込みを見せた。 ライプツィヒとの試合については「重要なのは常に相手の試合にならないようにプレーするかだ。キャラクターと勝利への願望を見せなければいけない。証明してみせるよ」と相手のサッカーをさせないことが重要だと強調している。 2020.08.13 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

新参ライプツィヒ、経験豊富なアトレティコ戦に指揮官は「一発勝負にチャンスはある」

ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、13日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝のアトレティコ・マドリー戦に向けてコメントした。イギリス『BBC』が伝えている。 ラウンド16でトッテナムを合計スコア4-0で下し、クラブ史上初のベスト8に進出したライプツィヒ。対戦相手となるアトレティコは、近年の同大会で確かな実績を残してきた猛者。経験値では何枚も上手だが、ナーゲルスマン監督は新型コロナウイルスの影響で一発勝負となった今大会にチャンスを見出している。 「彼らは2試合での戦い方を熟知している。だが、今回は1試合のみ。何が起こるかわからない。このような状況だ。我々は皆、冷たい水に放り込まれるのだ」 また、アトレティコ戦からは、今夏にチェルシーへ移籍したFWティモ・ヴェルナーが離脱。ここまで4ゴールを挙げていたかつてのエースの不在に「我々にはヴェルナーはもういないし、私も彼が先発するなんて言えない。だが、我々にはヴェルナーがいたために出場できなかった選手がいる。彼らは今チャンスを掴もうとしているんだ」とコメントした。 2020.08.13 16:24 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコがクロアチアで躍動のGKグルビッチ確保へ、クロアチア人GK史上最高額の移籍金に

アトレティコ・マドリーが新たな守護神の確保に動いているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 アトレティコが獲得を目指すのは、ロコモティヴァ・ザグレブに所属するクロアチア人GKイヴォ・グルビッチ(24)とのこと。すでにメディカルチェックを受けるため、マドリッドへとやってくるようだ。 グルビッチは、ハイデュク・スプリトの下部組織で育ち、2014年12月にファーストチームに昇格。2018年7月にロコモティヴァ・ザグレブへと移籍していた。 ロコモティヴァ・ザグレブでは正守護神としてプレーし、2019-20シーズンはプルヴァHNL(クロアチア1部)で35試合に出場し、チームの2位に貢献していた。 また、U-14から世代別のクロアチア代表を経験。まだA代表には招集されていないが、196cmの長身GKは将来が期待されている。 『アス』によれば、数日中にメディカルチェックを受け、4年契約を結ぶとのこと。移籍金はボーナスによって変動するものの、450〜600万ユーロ(約5億6700万〜7億5600万円)と見られている。なお、クロアチア人GKとしては史上最高額の移籍金となる予定とのことだ。 アトレティコには、絶対的な守護神であるスロベニア代表GKヤン・オブラクがいるものの、スペイン人GKアントニオ・アダンが退団する予定。グルビッチは第2GKとして考えられるようだ。 2020.08.13 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

CLライプツィヒ戦へ、シメオネ監督「勝つことが重要なのではない、それしか選択肢がない」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のライプツィヒ戦に向けたコメントを残している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 13日に行われる準々決勝でライプツィヒと対戦するアトレティコ。ラウンド16では王者リバプールを見事に下したが、シメオネ監督は新たなスタートになると、気を引き締め直している。 「今大会の最後の試合からはずいぶん時間が経った。アンフィールドでの勝利は素晴らしかったが、これは新たなスタートだ」 「出来る限り最善の方法で試合の準備をすること、相手を倒すために試合を我々の望む流れに持っていくことだけに集中している」 「明日以降のことは考えていない。明日は勝つことが重要なのではなく、それが唯一の選択肢なのだ」 今回の一戦ではアトレティコを優勢と見る見方が強い中、シメオネ監督はライプツィヒは優れた選手と指揮官を擁するチームであると主張。それでも勝利へ向けた意欲的な言葉を残した。 「それぞれの意見があるものだ。明日、我々は見事なチームと若い指揮官と素晴らしい試合をする」 「彼らはブンデスリーガで3位に入った。我々よりリーグ戦の数は少ないが、シーズンを通じて見た場合、その数はほとんど変わらない」 「繰り返すが、明日は勝つことが重要なのではない。勝つことしかできないのだ。そんな風に我々は心得ているよ」 2020.08.13 15:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコがコレアとヴルサリコの新型コロナ感染を公表…再検査で残り選手は陰性に

アトレティコ・マドリーは10日、ファーストチームの選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示したことを受け、改めて実施したPCR検査の結果を発表。全員が陰性を示したことを報告した。 アトレティコは8日に、ポルトガルで集中開催されるチャンピオンズリーグ(CL)に向かう選手、コーチングスタッフ、その他のスタッフに対してPCR検査を実施。その結果が9日に判明し、選手2名の感染が見つかったことを報告していた。 その後、アトレティコは9日に再検査を実施。前日に発表された2名以外の選手、スタッフは全員が陰性と診断されたという。なお、アトレティコは今回の結果を受けて、陽性反応が見られた2名がアルゼンチン代表FWアンヘル・コレアとクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコであることを公表。両選手は無症状で自宅隔離を続けているという。 13日にCL準々決勝のRBライプツィヒ戦を控えるアトレティコは、コレアとヴルサリコを除いたメンバーで、11日に決戦の地であるリスボンに向けてに出発する予定だと発表している。 2020.08.10 23:30 Mon
twitterfacebook