“フリーキックの魔術師”がショック・ドゥ・オランピックの舞台で長距離FK弾【ビューティフル・フリーキック】

2020.07.31 11:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏がリヨン時代に決めたフリーキックだ。

◆ジュニーニョの長距離FKがマルセイユゴールを襲う

クラブ名にオランピック(英語でオリンピック)を冠するフランスのふたつのサッカークラブ、オリンピック・マルセイユとオリンピック・リヨンの対戦を示すショック・ドゥ・オランピック。2009年5月17日のダービーで、ジュニーニョ氏の“悪魔の右足”が火を噴く。

優勝争いをしていたマルセイユに対し、リヨンはFWカリム・ベンゼマが2ゴール。1点を返されるものの、試合終了間際の後半アディショナルタイムにジュニーニョ氏がとどめを刺す。

ゴールのほぼ正面、約30mの位置でFKを獲得すると、キッカーはもちろんジュニーニョが務める。ゴールまで距離はあったものの、狙う気満々のジュニーニョは、長い間を取ってから、ボールに対して真っすぐ走り込む。

回転が少ないシュートは、壁を越えてから急激に落ち、ワンバウンドしながら相手GKスティーブ・マンダンダを襲い、ゴールネットを揺らした。

試合を決める一撃にアウェイの地に駆けつけたリヨンサポーターは大興奮。一方のマルセイユサポーターは沈んだ表情を見せていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ハムシクとのコンビネーション!相手GKの逆を突くメルテンスのピンポイントFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンスが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆相手GKの逆を突くメルテンスのピンポイントFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0eHpybzlBSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> メルテンスは、アンデルレヒト、ヘントの下部組織で育ち、オランダのユトレヒトやPSVでプレーした後、2013年7月にナポリへと加入。 加入当初は左ウイングでの起用も多かったが、コンスタントに得点を重ねると、2016-17シーズンはセリエAで28ゴール8アシストと大活躍。2020年6月にはクラブ通算122得点目を記録し、クラブ歴代最多得点の新記録を樹立した。 ドリブル突破や味方とのパス交換から多くのゴールを奪うメルテンスだが、時にはセットプレーでもゴールを奪う。 2017年2月4日に行われたセリエA第23節のボローニャ戦では、FKを含むハットトリックの活躍でチームの大勝に貢献している。 序盤からゴールを奪ったナポリは、2-0で迎えた33分にゴールほぼ正面のペナルティーアーク間際の絶好の位置でFKのチャンスを獲得する。 相手の壁の横にMFマレク・ハムシクが立ち、キッカーはメルテンスが務める。メルテンスがシュートモーションに入る直前でハムシクが避けると、メルテンスはそのコースへと蹴り込んだ。 この動きで相手GKが動揺したのか、メルテンスのシュートに完全に逆を突かれる形となり、シュートはゴール右上へと突き刺さった。 その後もゴールを量産したナポリは、メルテンスとハムシクがダブルでハットトリック達成し、7-1と大勝を収めている。 2020.08.09 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

新監督電撃就任のピルロ、長距離をモノともしない無回転FK!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ユベントスの新監督に急遽就任したアンドレア・ピルロ監督の現役時代の一撃を紹介する。 <div id="cws_ad">◆惚れ惚れするピルロの無回転気味FK!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBQTFUV1V0YSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブレシアのユースで育ったピルロは、インテルやレッジーナでプレーした後、2001年7月にミランへ移籍。ここで出会ったカルロ・アンチェロッティ監督(現エバートン)によりボランチというポジションを見出されると、ジェンナーロ・ガットゥーゾ(現ナポリ監督)とのコンビネーションでミラン黄金期を築いた。 屈指のゲームメーカーとして名をはせると、2011年7月からはユベントスへ完全移籍。ここでもその高い能力を発揮し、その後に加入したニューヨーク・シティFCで2018年1月に現役を引退した。 ピルロは、ゲームメーカーとしての能力だけでなく、プレースキッカーとしても高い精度を誇り、屈指の存在として君臨。そのピルロが、2014年5月18日に行われたセリエA最終節のカリアリ戦のゴールを紹介する。 すでにセリエA優勝を決めていたユベントスはホームにカリアリを迎えた一戦。ゴールは8分に生まれる。 ボックスからやや離れた位置でFKを獲得したユベントス。ボールのそばにはピルロしかいない中、距離がありながらも無回転気味のシュートがゴールマウスへ。 ゴール手前で落ちたシュートは、GKマルコ・シルベストリが触れるも、クロスバーに当たってボールは地面へ。これがシルベストリの背中に当たって、ゴールとなった。 最終的にはシルベストリのオウンゴールと記録されたが、ピルロの性格無比なキックでほぼ決着がついていた。 監督キャリアゼロで古巣でありセリエAの絶対王者であるユベントスを率いることになったピルロ監督。どのような手腕を見せるのか、新シーズンの開幕が楽しみだ。 2020.08.09 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

GKも見送ることしかできず!元Jリーガーファネンブルグの超変化FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元オランダ代表MFのジェラルド・ファネンブルグ氏がアヤックス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆元Jリーガーファネンブルグの超変化FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0SWZkZjlGMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスの下部組織出身のファネンブルグ氏は、アヤックスと1986年に移籍したPSVで中心選手として活躍。8度のオランダリーグ制覇を経験している。また、1993年には当時JFLのジュビロ磐田に加入し、3年間日本でプレーした。 172cmと小柄ながらそのテクニックとキックの精度を武器としていたファネンブルグ氏は、1984年3月25日に行われたエールディビジ第26節のフローニンヘン戦で素晴らしいFKも決めている。 4-1と3点リードで迎えた79分、アヤックスはペナルティーアーク左の絶好の位置でFKを獲得する。 FKの名手であるDFロナルド・クーマンもいた中、ファネンブルグが右足で擦り上げるように蹴ると、強烈な回転がかかったシュートが急激に曲がってゴール右上隅の完璧なコースへと決まった。 枠外から一気に曲がる軌道に相手GKは見送ることしかできず。見事な一撃だった。 2020.08.09 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

伯父さん相手にも容赦なし!選手時代のランパードがブレ球32m弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、チェルシーのフランク・ランパード監督が選手時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆選手時代のランパードがブレ球32m弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJvM2hRUGZHcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウェストハム下部組織出身のランパード氏は、2001年夏からチェルシーでプレー。チェルシー在籍13年間で公式戦648試合211ゴールを記録し、3度のプレミアリーグ、4度のFAカップ、チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグなど数々のタイトル獲得に貢献した。 イングランド人指揮官のハリー・レドナップ氏を伯父に持つランパード氏だが、2012年4月15日に行われたFAカップ準決勝のトッテナム戦では伯父レドナップ率いるトッテナム相手に素晴らしいFKを決めている。 3-1とチェルシーが2点をリードして迎えた81分、ゴール正面やや左、ゴールまで約32mの位置でFKを獲得する。 ゴールまで距離はあったものの、キッカーのランパードは躊躇うことなくシュートを選択する。 ゆったりとした助走から放たれたシュートは、回転の少なさから不規則な軌道を描くブレダ球となった。その不規則な動きによって、ゴールマウスを守っていた元同僚カルロ・クディチーニの反応が遅れ、シュートはそのまま右のサイドネットへと突き刺さった。 チェルシーは5-1でこの試合に大勝。リバプールとの決勝も制し、このシーズンはCLとの2冠を達成している。 2020.08.09 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

この活躍が移籍の布石に?ジイェフの高難度FKから最後はケパの顔面オウンゴールに!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、モロッコ代表MFハキム・ジイェフがアヤックスで決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ジイェフの高難度FKから最後はケパの顔面オウンゴールに!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1QU5RU1dMNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今年2月にチェルシー加入内定の発表があったジイェフ。7月に入り晴れて正式にチェルシーの仲間入りを果たし、来シーズンから新戦力として期待される。 今シーズンも公式戦35試合8ゴール21アシストと素晴らしい成績を残したジイェフだが、 2019年11月5日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ、チェルシー戦では、1試合3アシストという驚異のパフォーマンスを披露していた。 中でも35分に見せたFKは見事の一言だった。 アヤックスは敵陣右サイドの深い位置でFKのチャンスを獲得すると、ジイェフのシュートは見事なカーブを描いてゴールへ。相手GKケパ・アリサバラガの頭上を越える。 シュートはわずかに曲がり切らず、左ポストへと直撃するが、その跳ね返りがケパの顔面に当たってゴールとなった。 記録はケパによるオウンゴールとなったものの、見事な一撃にジイェフもご満悦。カメラに向かってどや顔でポーズを決めた。 試合は、アヤックスが2人の退場者を出したこともあり、4-4の引き分けでタイムアップ。それでも、この試合での活躍がチェルシー移籍の布石となった可能性は高そうだ。 2020.08.08 15:00 Sat
twitterfacebook