【超WS選定週間ベストイレブン/J1第4節】川崎Fのテクニシャンが利き足以外で2ゴール!

2020.07.13 14:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J1リーグ第4節の9試合が7月11日から12日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。◆寸評(所属/今シーズンの選出回数)

GKランゲラック(名古屋グランパス/初)
3連勝中のセレッソ大阪をシャットアウト。終盤のパワープレーにも冷静に対応した。

DF山根視来(川崎フロンターレ/2回目)
幾度となく右サイドを攻略。正確なクロスで多くのチャンスを演出し、攻撃にリズムをもたらした。

DF田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌/初)
プロ初先発ながら正確なビルドアップや、ピンチの芽を摘むインターセプトを披露。後半はボランチでもプレー。

DF岩波拓也(浦和レッズ/初)
ファーサイドに走り込み決勝ゴールとなったエヴェルトンのゴールをアシスト。守備でもコンビを組んだトーマス・デンと共に安定感を見せ、終盤の猛攻も防いだ。

DF藤春廣輝(ガンバ大阪/初)
2試合ぶりの出場だったが、売りの運動量とスプリント力を生かして全得点に絡む活躍。危うい対応もあったが、最終局面でのラストパスも冴え渡り、今季2勝目の大きな原動力に。

MF家長昭博(川崎フロンターレ/初)
ヘディングシュートで先制点を奪うと、その2分後には利き足ではない右足でゴール。覇権奪還を目指すチームを首位浮上に導いた。

MFエヴェルトン(浦和レッズ/初)
今季初出場だったが、巧みなバックヒールシュートでこの試合のヒーローに。

MF阿部浩之(名古屋グランパス/初)
流石と言わんばかりのスーパーゴール。開幕から無敗を継続するチームを牽引。

FWレアンドロ(FC東京/2回目)
田川亨介の負傷によるスクランブル投入だったが、王者相手に2ゴール。どちらも技ありだった。

FW渡邉千真(ガンバ大阪/初)
途中出場ながら2試合連続ゴール。キックフェイントで対峙したDFを上手く振り切り、飛んだコースも完璧。

FW古橋亨梧(ヴィッセル神戸/初)
開始わずか17秒、目の覚めるような左足のスーパーボレーで先制点をマーク。脅威になり続けた。
コメント
関連ニュース
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第23節】浦和で仙台戦16戦18発の興梠慎三を選出!上位の川崎F、C大阪からも2名ずつ

明治安田生命J1リーグ第23節の9試合が17日から18日にかけて開催された。超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 GK六反勇治(横浜FC/初) 安定したセービングと好判断でFC東京をシャットアウト。79分には原大智の決定機をビッグセーブするなど、終盤の猛攻にも耐えた。 DF岡本拓也(湘南ベルマーレ/初) 4分に今季初ゴールを記録すると、81分には石原直樹のJ1通算300試合のメモリアル弾をアシスト。松田天馬のゴールも演出して全3ゴールに絡んだ。 DFキム・ミンテ(北海道コンサドーレ/初) 気迫溢れるプレーで最終ラインからチームを鼓舞。体を投げ出したシュートブロックなど、最後の砦となり、チームの7試合ぶり無失点に貢献した。 DFジェジエウ(川崎フロンターレ/5回目) カウンター攻撃が中心となる名古屋攻撃陣に対して、広範囲をカバー。攻撃ではセットプレーから2発と存在感を見せつけた。 DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌/初) 正確無比な左足からのフィードで攻撃の起点となり、駒井善成にドンピシャのアシスト。指揮官の誕生日に2試合ぶりの白星をプレゼント。 MF坂元達裕(セレッソ大阪/3回目) 得意の緩急あるドリブルで右サイドからチャンスを演出。ピンポイントクロスで奥埜博亮の先制点をアシストした。 MF川辺駿(サンフレッチェ広島/4回目) タイミングを見計らった飛び出しで神戸の脅威に。12キロに迫る走行距離で中盤を締めた。 MF中村憲剛(川崎フロンターレ/初) 中央でどっしり構えて川崎Fの攻撃の舵取り役に。セットプレーから正確なクロスでジェジエウの2ゴールをお膳立て。 MF汰木康也(浦和レッズ/初) 8分に長澤和輝への技ありアシストをマークすると、高い位置でのパスカットから興梠慎三のPKに繋がるパスを供給。フル出場で6発快勝の立役者となった。 FW奥埜博亮(セレッソ大阪/2回目) ヘディングシュートで先制ゴールを挙げると、67分に角度のないところから射抜いて追加点。絶妙なパスで豊川雄太のゴールもアシストした。 FW興梠慎三(浦和レッズ/初) 仙台キラーぶりを発揮する2ゴールを披露。自ら得たPKを決め切ると、51分に勢いをもたらす追加点をマークした。 2020.10.19 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第22節】今季2度目の10連勝達成の強すぎる川崎Fから2名選出

明治安田生命J1リーグ第22節の9試合が14日に開催された。超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 GK吉丸絢梓(ヴィッセル神戸/初) 今季初出場で躍動。オウンゴールで1失点こそ喫したものの、17分と22分には渡大生の決定的なシュートを好反応でスーパーセーブ。63分にもセットプレーからのピンチを凌いで勝ち点「1」獲得に貢献した。 DF犬飼智也(鹿島アントラーズ/初) チアゴ・アウベスに振り切られてピンチを作られるも、それ以外はDFリーダーとしての役割を全う。終盤には試合を決定づけるヘディングシュートを決めて見せた。 DFマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪/4回目) 試合終了間際に連敗をストップする値千金の決勝弾。2人がかりでマークされていたが、強さを披露した。肝心の守備面でもDFラインを統率して無失点に。 DF槙野智章(浦和レッズ/初) J1得点ランキングを独走するオルンガとのマッチアップでデュエルの強さを見せつけて封殺。ロングフィードや果敢な攻め上がりで攻撃のアクセントにも。 MF白崎凌兵(鹿島アントラーズ/初) 相手のギャップでボールを受ける意識が高く、鳥栖DFが捕まえ切れず。14試合ぶりのスタメン起用に応える先制点を奪う。守備面でもインテンシティの高さを披露。 MF髙萩洋次郎(FC東京/2回目) 出足の速いインターセプトなどトランジションの起点に。前半終了間際の永井謙佑の決定機やチーム3点目のゴールも演出した。 MF稲垣祥(名古屋グランパス/2回目) 12kmの走行距離で縦横無尽に動き回り中盤を締めた。48分に放ったボレーシュートこそ外してしまったが、79分には長いフリーランからダメ押し弾をマーク。 MF登里享平(川崎フロンターレ/2回目) 見事なドリブル突破からドンピシャクロスでレアンドロ・ダミアンの決勝弾をお膳立て。チームの今季2度目の10連勝に貢献。 FW宇佐美貴史(ガンバ大阪/初) 相手の背後を上手く突き、自ら得たPKを確実に沈めて5試合ぶりのゴール。守備の意識も高く、復調の兆し。 FWレアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ/2回目) 果敢にゴールを狙って広島の脅威となり、56分に登里の完璧なクロスから強烈なヘディングシュートを叩き込んで、チームの10連勝に導く。 FWマテウス(名古屋グランパス/4回目) 30メートルとゴールまでやや距離があったものの、GKが一歩も動けない完璧なFKをねじ込む。随所で攻撃の起点となり、稲垣の得点もアシスト。守備面でもハイプレスを掛け続けた。 2020.10.15 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第21節】勝利呼び込むPKストップの西川周作を選出、札幌ルーキーMF金子拓郎がプロ初の2ゴール!

明治安田生命J1リーグ第21節の9試合が10日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 GK西川周作(浦和レッズ/3回目) 攻め込まれる展開の中、67分には林大地のPKをストップ。ビッグセーブ連発で12試合ぶりの完封勝利に貢献した。 DF小泉慶(鹿島アントラーズ/2回目) 幾度も果敢な攻め上がりで攻撃をサポート。試合終了間際には値千金の逆転ゴールを決めてヒーローに。 DF昌子源(ガンバ大阪/2回目) FC東京のスピードある攻撃に対してDFキム・ヨングォンとともに身体を張ったシュートブロックなどでゴール前を固めた。無失点に抑え6連勝の原動力に。 DFオ・ジェソク(名古屋グランパス/初) マテウスの劇的な決勝ゴールは彼のボール奪取から。吉田豊の負傷でポジション変更がありながらも、きっちりと坂元達裕を封じた。 MF川辺駿(サンフレチェ広島/3回目) 舵取り役として存在感を放った。75分にはチャンスと見るやディフェンスラインの裏へ抜け出して得点も記録。 MF井手口陽介(ガンバ大阪/4回目) 土砂降りのピッチコンディションで重要となるセカンドボールに素早く反応。その馬力で攻守においてキーマンとなっていた。 MF森島司(サンフレチェ広島/初) 13分の直接FKは目を見張るスーパーゴール。51分にはその右足のFKからクロスで追加点を演出した。 MF江坂任(柏レイソル/5回目) 常に攻撃の起点となり、オルンガと共に2ゴール。バイタルエリアで巧みにボールを引き出して三浦体制で堅守を誇った神戸守備陣を混乱させた。 MF金子拓郎(北海道コンサドーレ札幌/初) 自身初のプロ2得点をマーク。55分の逆転弾は、一気に右サイドを駆け上がり、タイミングを計って対峙するディフェンスの股を抜くテクニカルゴールだった。 FWエリキ(横浜F・マリノス/2回目) 66分からの出場ながら2得点の活躍。ともに左サイドからのカットインで、にディフェンスの股下を通してニアサイドを撃ち抜いた。 FWオルンガ(柏レイソル/6回目) 相手DFのマークをものともせず、1点目を記録すると、ストライカーらしくシュートのこぼれ球を押し込んで2点目。1試合1ゴールのペースで早くも20ゴール越えと驚異のペース。 2020.10.12 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第20節】止まらぬオルンガ! 青山敏弘が2018年5月以来のゴール

明治安田生命J1リーグ第20節の9試合が3日から4日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 GKランゲラック(名古屋グランパス/3回目) 安定したハイボール処理のほか、飛び出しの判断も冴え渡り決定機を2度阻止。公式戦10試合ぶりの無失点勝利に貢献した。 DF川口尚紀(柏レイソル/初) 右サイドからの正確なクロスで2アシスト。上下運動を繰り返し最後まで走り抜いた。 DF野上結貴(サンフレッチェ広島/初) 積極的な攻撃参加で敵陣へ侵入。高い位置でのパスカットが浅野雄也の先制点に繋がった。 DFキム・ヨングォン(ガンバ大阪/2回目) 鹿島を相手に攻め込まれる時間が長くなった中で集中力を切らさずファイト。昌子源とともにゴール前に立ち塞がり鍵を掛けた。 MF青山敏弘(サンフレッチェ広島/2回目) ショートコーナーから強烈なミドルシュートで2018年5月以来のゴール。ベテランらしくゲームをコントロールして中盤を支配した。 MF守田英正(川崎フロンターレ/3回目) アンカーの位置で攻守の要に。12kmに迫るチーム1位の走行距離で奮起した。 MF田中達也(大分トリニータ/3回目) 幾度となくディフェンスラインの背後を取りチャンスメイク。76分にはこぼれ球にいち早く反応して決勝点をマークした。 MF三笘薫(川崎フロンターレ/4回目) セレッソ大阪との頂上決戦で1-1の状況から途中出場。キレのあるドリブルで相手を翻弄すると、レアンドロ・ダミアンのゴールの1分後に見事な一撃を決めて役目を果たした。 MFマテウス(名古屋グランパス/3回目) 金崎夢生の決勝ゴールを個の力でアシストまで持ち込んだ。左サイドでボールを持つと2人を抜き去り、対面したディフェンダーをかわしてクロスを供給。守備面でもプレッシャーを掛け続けた。 FWオルンガ(柏レイソル/5回目) その勢い衰えずまたしても2得点を記録した。2点目のファーストタッチは誰もが目を見張る。 FWドウグラス(ヴィッセル神戸/2回目) 絶妙なラインブレイクでGKと一対一になると、繊細なタッチでGKをいなして同点弾。後半は防戦一方の中でも56分にフリーランでディフェンスを引きつけ古橋亨梧のゴールをサポートした。 2020.10.05 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第19節】三浦新体制で貫禄勝ちの神戸から2名選出

明治安田生命J1リーグ第19節の9試合が26日から27日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$dfplid=051z6c67nptq012c994x2vfi3s" async></script> GK東口順昭(ガンバ大阪/3回目) 1失点こそ喫したが、相手のシュートをことごとくセーブ。J1リーグ300試合出場の偉業を自ら祝福してチームも3連勝。 DF鈴木義宜(大分トリニータ/2回目) 常にボールを保持される展開のなか、相手エースを封殺。カバーリングの出足も早く、最後まで粘り強く応対した。 DFジェジエウ(川崎フロンターレ/2回目) 随所で湘南ベルマーレの攻撃陣の前に立ち塞がる。スピード、強さ、危機察知能力を存分に発揮したディフェンスでクリーンシートの立役者に。 DF丸山祐市(名古屋グランパス/4回目) ダメ押しとなるチーム3点目を記録。試合終盤には相手の猛攻にあったものの、体を張った守備でチームを鼓舞。攻守の存在感が抜群だった。 MF原輝綺(サガン鳥栖/初選出) 宮大樹とともに安定感抜群の守備でゴール前に鍵をかける。ビルドアップ、対人能力、スピードどれをとってもハイレベルだった。 MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/3回目) 前節に続き大量得点に絡む働きを披露。絶妙なスルーパスで3ゴールの起点に。異次元のテクニックで違いを見せつけた。 MF倉田秋(ガンバ大阪/2回目) “漫画の世界”と思わせるようなドライブシュートを決めれば、パトリックのゴールも演出。守備も怠らないハードワークはさすがの一言。 MF松尾佑介(横浜FC/3回目) 下部組織時代に育った浦和を相手に2つの恩返し弾。恩師の大槻毅監督の前でユース時代から格段に成長した姿を見せつけた。 MF清武弘嗣(セレッソ大阪/5回目) 途中出場ながらチームの連敗をストップさせる1G1A。決勝弾は鳥肌モノのスーペルゴラッソ。 FW仲川輝人(横浜F・マリノス/初) 好判断から77分にエリキのゴールをアシストすると、試合終了間際にも前田のゴールをお膳立て。オウンゴールを誘発する動きも良かったが、ラストプレーでの負傷状態が気がかり。 FW古橋亨梧(ヴィッセル神戸/4回目) 2戦連続の2発で飛躍した昨シーズンに続いて二桁ゴールに到達。新監督体制初戦の主人公はこの男だった。 2020.09.28 16:25 Mon
twitterfacebook