フィオレンティーナ、来季の新指揮官候補にエメリ氏をリストアップ!

2020.07.02 22:21 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナが新指揮官候補としてウナイ・エメリ氏と接触を図っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が自身のSNSで主張している。今シーズン、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下でシーズンをスタートしたフィオレンティーナだが、成績不振を理由に昨年12月末に同監督を更迭。現在はセリエAで経験豊富なジュゼッペ・イアキーニ監督がチームを指揮しているが、降格圏と6ポイント差の13位と前体制とほとんど順位は変わっていない。

そういった状況もあり、フィオレンティーナの首脳陣は来シーズンに向けて新監督招へいの動きを見せている模様。そして、スキラ氏が伝えるところによれば、現時点での有力候補の1人であるエメリ氏とすでに話し合いの場を持ったようだ

これまでバレンシア、セビージャ、パリ・サンジェルマンで実績を残してきたエメリ氏だが、昨年11月末に成績不振によって就任2年目でアーセナルの指揮官を解任。

以降、フリーの状態が続くスペイン人指揮官にはミランやベティスなどからの関心が伝えられていた。
コメント
関連ニュース
thumb

デビュー戦で一発退場のキエーザが1試合の出場停止処分

セリエAの懲戒委員会は20日、ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザに対し、1試合の出場停止処分を科した。 今夏にユベントスへ加入したキエーザは、17日に行われたセリエA第4節のクロトーネ戦でユベントスデビュー。21分にはモラタの同点ゴールをアシストするなど攻撃を牽引したが、60分にチガリーニに対してスパイクの裏を見せた危険なタックルを見舞い、一発退場を食らっていた。 今回の決定を受けて、キエーザは25日に行われるセリエA第5節のヴェローナ戦には出場することが出来なくなった。 長年フィオレンティーナのエースに君臨していたキエーザは、14日に買い取り義務付きの2年レンタルでユベントスに加入。キエーザの買い取りには、最大総額5000万ユーロ(約62億3000万円)の移籍金が設定されている。 2020.10.21 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

フリーのサッリ、新天地はフィオレンティーナ?

マウリツィオ・サッリ(61)氏の再就職先が固まったようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 昨夏にチェルシーを去り、2022年夏までの契約でユベントスの監督に就任したサッリはセリエA9連覇を達成。しかし、クラブがタイトルを切望するチャンピオンズリーグ(CL)制覇に導けず、リヨンに屈してベスト16で敗退すると、その翌日に解任された。 わずか1シーズンでユベントスから志半ば追い出され、フリーの状況が続くサッリ氏だが、新たにフィオレンティーナを率いる可能性があるという。 フィオレンティーナは昨年12月にジュゼッペ・イアキーニ監督を招へい。しかし、今季はここまでセリエA開幕から1勝1分け2敗の12位。開幕戦のトリノ戦こそ勝利したが、第2節のインテル戦を皮切りにここ3試合で白星から遠ざかっている。 2020.10.20 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表MFボナベントゥーラが息子誕生のため代表離脱

イタリアサッカー連盟(FIGC)は、フィオレンティーナのMFジャコモ・ボナベントゥーラがイタリア代表を離脱することを発表した。 11日にポーランドとのUEFAネーションズリーグ2020-21を控えているイタリア代表。そのチームからボナベントゥーラが離脱。理由は息子の誕生とのことだ。 FIGCによると、ボナベントゥーラの息子・エドアルドが誕生するため、イタリアへと戻ったとのこと。イタリア代表は「FIGC、そして代表チームのすべてのチームメイトとスタッフから、ボナベントゥーラファミリーを祝福します」と声明を発表した。 今シーズン、ミランからフィオレンティーナへと完全移籍したボナヴェントゥーラ。セリエAではここまで3試合に出場し1アシストを記録。イタリア代表としても、7日に行われたモルドバ代表との親善試合で67分間プレーしていた。 2020.10.11 22:43 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、元スペイン代表FWカジェホンやアルゼンチン代表DFクアルタら3選手の獲得を発表!

フィオレンティーナは5日、ナポリから元スペイン代表FWホセ・カジェホン(33)、リーベル・プレートからアルゼンチン代表DFルーカス・マルティネス・クアルタ(24)、モナコからイタリア人DFアントニオ・バレッカ(25)の3選手を獲得した。 2013年夏にレアル・マドリーからナポリに加入したカジェホンは、7年を過ごしたナポリで公式戦349試合に出場して82ゴール78アシストと活躍。昨シーズンも公式戦45試合で4ゴール7アシストの成績を残していたが、契約満了に伴いナポリを退団していた。 2016年からリーベル・プレートでプレーするクアルタは、優れたインターセプトやカバーリング能力に加え、高精度のロングパスが魅力のセンターバック。リーベル・プレートでは在籍4シーズンで公式戦99試合に出場しており、昨年9月にはアルゼンチン代表デビューを飾っている。 2018年の夏にトリノからモナコへ加入したバレッカだが、モナコでは出場機会を恵まれず昨季はジェノアへレンタル移籍。ジェノアでは、左ウィングバックを主戦場に公式戦19試合に出場していた。 なお、3選手の移籍形態はカジェホンとクアルタは完全移籍、バレッカがレンタル移籍となる。 2020.10.06 04:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがキエーザを買い取り義務付きの2年レンタルで獲得、移籍金総額は約62億円

ユベントスは5日、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(22)の獲得したことを発表した。買い取り義務付きの2年レンタルでの獲得となっている。 なお、現時点でユベントスがフィオレンティーナに支払うコストはレンタル料の300万ユーロ(約3億7000万円)で、2年目のレンタル料は700万ユーロ(約8億7000万円)となる。 また、キエーザが特定の条件を満たした場合、完全移籍での買い取り義務が発生し、その際にユベントスがフィオレンティーナに支払うコストは基本移籍金4000万ユーロ+ボーナス1000万ユーロの最大総額5000万ユーロ(約62億3000万円)となる。 フィオレンティーナ下部組織出身で、2016年夏にトップチーム昇格を果たしたキエーザ。フィオレンティーナでは、すでに公式戦通算153試合34ゴール25アシストを記録しており、昨シーズンもセリエAで34試合10ゴール9アシストと攻撃陣をけん引する活躍を見せていた。 2020.10.06 02:36 Tue
twitterfacebook