ランパード「A・ゴメスの獲得? 私サイドで一度たりとも話に挙がっていない」

2020.07.01 19:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのフランク・ランパード監督がU-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメス(19)の獲得に向けた動きを否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月にクラブ史上最年少(16歳と263日)でトップチームデビューを果たしたA・ゴメス。将来のユナイテッドを背負って立つ逸材として期待される若手の1人だが、先月末に満了の現行契約を巡る延長交渉が一向にまとまらず、オーレ・グンナー・スールシャール監督が30日に行われたプレミアリーグ第32節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に向けた公式会見で退団を認めた。

そんなA・ゴメスを巡り、以前から関心が取り沙汰され、移籍先候補の筆頭に挙がっているのがチェルシーだ。しかし、そのチェルシーを束ねるランパード監督は1日に敵地で行われるプレミアリーグ第32節のウェストハム戦に先駆けたウェブ会見で、噂されるA・ゴメス獲得の可能性を訊かれると、「私サイドで一度たりとも話に挙がっていないという点だけは詳しく説明できる。私から話せるのはそれだけだ」と言葉少なに否定した。

一方で、今節の対戦相手でプレーする選手であり、獲得候補に挙がるイングランド代表MFデクラン・ライス(21)についても触れ、「彼は良い選手だ。チェルシーのアカデミー出身者だが、(獲得の)話は出ていない。ともあれ、今季が終わるまで聞かれるいかなる選手についてもそう言い続けるだろうね。話すことなんて何もない」と語っている。

なお、今季限りで契約切れになるものの、依然として延長に至っていないブラジル代表MFウィリアンについては「まだ彼との会話を続けている。まだはっきりとしたことはわからないがね。彼は私がどういう考えなのかを知っている」と説明している。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーMFウィリアンがプレミア史上初の記録樹立! コロナ禍の珍記録…

チェルシーのブラジル代表MFウィリアンがコロナ禍でプレミアリーグ史上初の記録を樹立することになった。イギリス『Optajoe』が伝えている。 チェルシーは1日、プレミアリーグ第32節でウェストハムと対戦し、2-3で敗れた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ブラジルの万能アタッカー ウィリアン<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTd2JLZmxGRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 新型コロナウイルス(COVID-19)による長期に渡る中断明け後、公式戦3連勝中と好調を維持していたチェルシーだが、残留を争うハマーズ相手にシーソーゲームの展開を強いられると、試合終了間際の失点で敗れ、痛恨の敗戦となった。 チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指す4位のチェルシーにとっては厳しい一戦となったが、この試合でPKと直接FKで2ゴールを挙げる活躍を見せたウィリアンにとってはプレミアリーグの歴史に名を刻む記念すべき一戦となった。 2013年にアンジ・マハチカラから加入して以降、ウィリアンはリーグ通算229試合に出場し36ゴールを記録していた。そして、比較的パフォーマンスに波がない同選手は、通常の開催期間である8月から5月までのすべての月に少なくとも1ゴールずつを挙げてきた。 さらに、コロナ禍で通常リーグ戦が行われていない期間にリーグ戦を続行している中、先月行われたマンチェスター・シティ戦で1ゴールを挙げると、7月開催の初戦となった今回のハマーズ戦でもゴールを記録し、プレミアリーグ史上初となるすべての月(12)でゴールを挙げた最初の選手となった。 通常であれば、こういったゴール記録はマンチェスター・シティのアルゼンチンFWセルヒオ・アグエロやトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインらが達成しそうな記録ではあるが、月ごとにコンスタントにゴールを重ねていたウィリアンが最初の達成者となった。 2020.07.02 13:54 Thu
twitterfacebook
thumb

今季のチェルシーはやはり厳しい? シーズン10敗はアブラモビッチ体制で2番目の多さ

今シーズンのチェルシーは、順位とは裏腹に難しいシーズンを送っているようだ。 チェルシーは1日、プレミアリーグ第32節でウェストハムと対戦。先制しながらも点の取り合いとなり、3-2で逆転負けを喫していた。 <div id="cws_ad">◆チェルシーの新ユニフォームはこれだ<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnZUo5V0FweSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チェルシーは現在リーグで4位に位置し、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争っている状況だが、ウェストハム戦の敗戦によりプレミアリーグでの敗戦が「10」に。これは、ロマン・アブラモビッチ氏がオーナーになった2003-04シーズン以降で2番目に悪い成績となってしまった。 この17シーズンで順位として最も低かったのは2015-16シーズンの10位。当時は、12敗を喫しておりワースト記録となっている。 シーズン10敗は2011-12シーズンにも喫しているものの、そのシーズンはFAカップとCLの2つのタイトルを獲得していた。 チェルシーの残り試合は6試合。レジェンドであるフランク・ランパード監督の下、補強禁止処分などもあった中では結果を残しているが、トップ4フィニッシュに向けては負けられない試合が続く。果たしてどのような結末となるだろうか。 ◆2003-04シーズン以降のチェルシー成績 2003-04:24勝7分け7敗/2位 2004-05:29勝8分け1敗/優勝 2005-06:29勝4分け5敗/優勝 2006-07:24勝11分け3敗/2位 2007-08:25勝10分け3敗/2位 2008-09:25勝8分け5敗/3位 2009-10:27勝5分け6敗/優勝 2010-11:21勝8分け9敗/2位 2011-12:18勝10分け10敗/6位 2012-13:22勝9分け7敗/3位 2013-14:25勝7分け6敗/3位 2014-15:26勝9分け3敗/優勝 2015-16:12勝14分け12敗/10位 2016-17:30勝3分け5敗/優勝 2017-18:21勝7分け10敗/5位 2018-19:21勝9分け8敗/3位 2019-20:16勝6分け10敗/4位※残り6節 2020.07.02 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

再開後初敗北のランパード監督「目標に行くには多くのハードワークが必要」

チェルシーのフランク・ランパード監督が、1日に敵地で行われたプレミアリーグ第32節のウェストハム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 再開後公式戦3連勝と好調のチェルシーは、42分にMFウィリアンがPKを決めて先制に成功。その後、逆転を許すと、ウィリアンの鮮やかなFKで同点に追いつくも、試合終了間際に失点を喫し、2-3で敗れた。 <div id="cws_ad">◆チェルシーが先制もウェストハムに逆転負け<br /><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1305g03eak0xj15ofops70vtt7" async></script></div> 再開後初黒星となったランパード監督は、試合後のインタビューで3失点に言及。また、チームに一貫性を求めた。 「ディフェンダーだけでなく、ゴールを奪う構築でミスを認め、試合にコストがかかってしまった」 「我々はこの先に6試合ある。プレミアリーグでミスをした場合、ポゼッションをしていてもピッチで十分にパフォーマンスがでない場合は、こうなることは大きな驚きではない。それはいつだって起きる可能性がある」 「我々がどこにいるのかを示した。我々が目標としている場所に辿り着くには多くのハードワークが必要だ。我々がリバプールとマンチェスター・シティを追いかけている理由は、彼らには一貫性があるからだ。それは目指していることだが、イライラさせられる」 2020.07.02 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

新キットお披露目のチェルシー、残留争い中のウェストハムに3失点…17年ぶりのシーズンダブル許す《プレミアリーグ》

チェルシーは7月1日、プレミアリーグ第32節でウェストハムと対戦し、3-2で敗れた。 前節のマンチェスター・シティとのビッグマッチを制し、コロナ明けから2連勝と好調のチェルシー。3日前に行われたFAカップのレスター・シティ戦も勝利しベスト4に進出。中断前も含めると、公式戦5連勝中となっている。 チェルシーにとってはホームでの借りを返したいロンドン・ダービー。新キットお披露目のチェルシーは5分、CKでウィリアンの上げたクロスの跳ね返りをマルコス・アロンソがバイシクルシュート。10分にウィリアンが2本目のシュートを放つが、どちらもGKに止められた。 ボールを保持するチェルシーだが12分、クリアボールを奪い返されると、相手FWのアントニオにリュディガーとマルコス・アロンソの間を抜かれピンチに。シュートまで許したが、左に外れて胸を撫で下ろした。 チェルシーのビッグチャンスは20分に訪れる。スムーズなサイドチェンジで攻め上がったアスピリクエタからのアーリークロス。ボックス手前で反応したエイブラハムがこれをスルーし、プリシッチがシュートを狙う。見事なコンビネーションだったが、枠に飛ばすことが出来なかった。 押し込む時間が続くものの点が取れないチェルシー。すると34分、ウェストハムの初めてのCKの場面で、ニアでクリアし切れずゴール前にボールがこぼれると、混戦の中からスーチェクに決められ失点。しかしVARの結果、ゴール前で倒れていたアントニオがオフサイドだったとしてゴールは取り消しに。 なんとか救われたチェルシーは42分、プリシッチが左から仕掛けて行ったところ、ボックス内でディオプに倒されPKを獲得。これをウィリアンが沈めて先制に成功した。 ところが前半アディショナルタイム、再びCKのピンチに。今度はしっかり抑えたいところだったが、先ほどゴールを取り消されたスーチェクが頭で合わせ正真正銘のゴールとなった。 セットプレーの脆さを露呈してしまったチェルシー。同点で迎えた後半立ち上がり、勢いに乗るウェストハムに勝ち越されてしまう。52分、アントニオのポストプレーからボックスへの侵入を許すと、左のボーエンのクロスをアントニオに押し込まれ逆転を許した。 その後、チェルシーは3枚の交代カードを切ってテコ入れを図る。それでもなかなかゴールに繋がらなかったが、71分にドリブル突破を試みたプリシッチが倒されFKを獲得。ボックス手前左という絶好の位置からウィリアンが狙うと、壁を越えたシュートは右ポストに当たってゴールイン。スーパーゴールで試合を振り出しに戻した。 このゴールで流れを取り戻したかに思われたチェルシーだが89分、攻めあぐねていたところにウェストハムのカウンターが炸裂。最前線に張っていたアントニオのポストプレーを起点に、途中出場のヤルモレンコへ展開。右サイドでリュディガーと一対一となったヤルモレンコは、得意の左足でカットインしそのままゴールを陥れた。 試合はここで終了。チャンピオンズリーグ出場権を狙うチェルシーが、残留争い中のウェストハムに敗れ、再開後初黒星を喫した。なお、ウェストハムにシーズンダブルを許したのは17年ぶりのこととなった。 2020.07.02 06:15 Thu
twitterfacebook
thumb

GKお手上げ! 軌道が読めないドログバの無回転ミドルが炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏がチェルシー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆セーブ不能、ドログバの強烈ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhYk9HZE01dyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ル・マンでのデビュー後、フランスで頭角を現していたドログバ氏は、マルセイユへ移籍。すると、チャンピオンズリーグで当時ポルトを指揮していたジョゼ・モウリーニョ監督の目に留まり、2004年に同監督と共にチェルシーへ移籍する。 強豪クラブへと移籍したドログバは、プレミアリーグにも次第に順応。チェルシーでは在籍した8シーズンで公式戦164ゴール86アシストを記録した。 中でも見事だったのが、2011年1月24日に行われたプレミアリーグ第24節のボルトン戦でのゴールだ。 前半11分、MFフローラン・マルダからのパスを受けたドログバは、相手のプレッシャーが弱いことをみるやすかさず右足でミドルシュートを放つ。ゴールまでは25m以上あったものの、シュートはグングンと伸び、浮き上がるような弾道でゴールネットに突き刺さった。 後ろからの角度で観ると、無回転のシュートは全く予想のつかない軌道を描いており、相手GKユッシ・ヤースケライネンの反応が遅れたのも納得だ。 2020.07.01 21:30 Wed
twitterfacebook