ファン・ヒチャン、ライプツィヒ移籍濃厚! 独メディアがすでに契約済みと主張

2020.07.01 17:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レッドブル・ザルツブルクに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン(24)がRBライプツィヒ移籍の見通しだという。

浦項スティーラースの下部組織出身ながらザルツブルクでプロキャリアをスタートさせたファン・ヒチャン。今季途中まで同僚だった日本代表FW南野拓実(リバプール)やノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(ドルトムント)が去って以降も攻撃陣の軸を担い、公式戦38試合16ゴール21アシストの見事な数字でオーストリア・ブンデスリーガ7連覇と国内カップ戦のシーズン2冠に大きく貢献した。

そんな韓国人アタッカーの去就を巡り、先日の母国メディア『KBS』で来季のライプツィヒ移籍がまことしやかに報じられたが、ドイツ『スカイ』によると、その動きは事実だという。チェルシー移籍のドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに代わるアタッカーを探すライプツィヒともすでに契約が結ばれ、来季のステップアップ移籍が決定的とみられる。

ファン・ヒチャンの移籍を巡る両クラブ間の合意額は移籍金1500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの最大1800万ユーロ(約21億7000万円)。ファン・ヒチャンは実際にザルツブルクから姉妹クラブであるライプツィヒ移籍となれば、17人目の選手になる。今季のブンデスリーガ3位フィニッシュで来季のチャンピオンズリーグ(CL)も手にするライプツィヒでどんな活躍を姿を見せてくれるのか。注目だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ライプツィヒに朗報! レンタル期間延長のシックが今季CLの戦い完遂へ!

チェコ代表FWパトリック・シック(24)は、RBライプツィヒの一員として今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが可能となったようだ。ドイツ『sportbuzzer』が報じている。 昨夏にローマからレンタルで加入したシックは、今季ここまでの公式戦26試合に出場して10得点3アシストを記録。ドイツの地で本来のパフォーマンスを取り戻したストライカーは、チームのブンデスリーガ3位フィニッシュに大きく貢献した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆チェコが誇る100年に1人の逸材!パトリック・シック<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGamowVHdadiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ただ、ライプツィヒとのレンタル契約は6月末で失効しており、8月初旬に再開されるチャンピオンズリーグ(CL)出場のためには、2900万ユーロ(約35億1000万円)と言われる買い取りオプションの行使あるいは、ローマの許可を取り、CL終了までレンタル期間を延長する必要がある。 そういった中、『sportbuzzer』はローマとライプツィヒ、シックの代理人を務めるパヴェル・パスカ氏の3者による話し合いの結果、レンタル期間を8月末まで延長することで合意に至ったという。 一方、シックの来季以降の去就は未だ不透明となっており、シックの完全移籍交渉に関してはローマが2500万ユーロ(約30億3000万円)を要求しているのに対し、ライプツィヒは2000万ユーロ(約24億2000万円)以上を支払うつもりがないようだ。 ただ、今回のレンタル期間延長はクラブ史上初のCL準々決勝に臨むライプツィヒにとっては朗報だ。同クラブではドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがリーグ戦終了と共に、来季加入が決定したチェルシーに旅立っており、加えてもう1人の主力の離脱となれば、大きな痛手となるはずだった。 2020.07.02 16:29 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェルナー、CL残してのチェルシー移籍を語る 「僕自身も心が痛む」

RBライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(24)がチャンピオンズリーグ(CL)を戦い切らずしてのチェルシー移籍を語った。 ライプツィヒのゴールゲッターとして不動の地位を確立するヴェルナーは先日、来季からのチェルシー移籍が内定。近年のライプツィヒに尽力した功労者だけに、本来なら快く旅立たせたいところだが、7月1日からのチェルシー合流が明らかとなり、8月に予定するCLの戦いを待たずしての移籍が一部で物議を呼んでいる。 27日に敵地で行われたブンデスリーガ最終節のアウグスブルク戦で惜別の2ゴールを挙げ、チームの勝利締めに貢献したヴェルナー。ドイツ『Sportbuzzer』で、ライプツィヒの今季を全うせずのチェルシー移籍に集まる一部の批判的な声に対して、弁明した。 「もちろん、CLに臨むライプツィヒの手助けができないのは僕自身も心が痛む。でも、僕は7月1日からチェルシーの選手になる。それ以降はチェルシーからお金をもらうんだ。その件はチェルシー、RBライプツィヒ、そして僕ら側、全ての関係者で解決すべきで、解決しなければならないのも明らかだった」 「もちろん、僕自身はCLの問題に口を挟むと、片方を傷つけてしまうのが目に見えたから、なるべく関わらないようにして、代理人が最終的にクラブ側と合意した。RBライプツィヒとの繋がりは永遠だ。準々決勝の戦いはテレビの前で祈る」 2020.06.30 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ファン・ヒチャンがライプツィヒ移籍へ! 韓国メディアが加入決定的と報道

レッドブル・ザルツブルクに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン(24)が、RBライプツィヒにステップアップを果たすことになるようだ。韓国『KBS』が報じている。 浦項スティーラースの下部組織出身もザルツブルクでプロキャリアをスタートしたファン・ヒチャン。オーストリアの地で着実にプレーヤーとしてのレベルを上げた韓国代表は今季、今冬にリバプール、ドルトムントへステップアップを果たした日本代表FW南野拓実やノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと共に攻撃を牽引。 公式戦38試合16ゴール21アシストの見事な数字を残し、オーストリア・ブンデスリーガ7連覇と国内カップ戦のシーズン2冠に大きく貢献した。 その活躍もあり、今冬から今夏にかけてウォルバーハンプトンやエバートンといったプレミアリーグのクラブからの関心が伝えられていた。 しかし、母国メディアの『KBS』は29日、ヨーロッパの移籍市場に精通する関係者からの情報として、ファン・ヒチャンのライプツィヒ移籍が決定的となり、近日中にも公式発表があると報じた。 ライプツィヒではエースストライカーであるドイツ代表FWティモ・ヴェルナーのチェルシー移籍に加え、ローマからレンタル加入中のチェコ代表FWパトリック・シックの去就が不透明なこともあり、前線の補強が急務となっている。 なお、実質系列クラブとなるザルツブルクとライプツィヒは非常に近いプレーモデルを採用しており、ファン・ヒチャン自身も2018-19シーズンにレンタル移籍したハンブルガーSV(ブンデスリーガ2部)でドイツでのプレーを経験している。そのため、新天地への適応に不安はないはずだ。 2020.06.29 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

来季チェルシー加入のヴェルナー、アウェイで17ゴールを記録しブンデス最多タイ記録

来シーズンからのチェルシー移籍が決定しているRBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが驚異の記録を残した。 2019-20シーズンのブンデスリーガは27日に最終節を迎えた。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断期間があったものの、無事に終了。バイエルンの優勝で幕を閉じていた。 最終節でアウグスブルクと対戦したライプツィヒは、ヴェルナーの2ゴールの活躍で勝利し3位フィニッシュ。エースは今季限りで退団するが、最後に大きな記録を作った。 今シーズンのヴェルナーは、ブンデスリーガで28ゴールを記録。バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの34ゴールに続いて、得点ランキング2位に終わった。 そのヴェルナーだが、28ゴール中17ゴールをアウェイゲームで記録。この記録は、後にバイエルンなどで指揮を執るユップ・ハインケス氏がボルシアMG在籍時の1973-74シーズンに記録した記録に並んだ。 なお、得点王であるレヴァンドフスキは、34ゴール中15ゴールがアウェイでのゴールとなり、ホームでいかにゴールを記録していたかがわかる。 ◆ティモ・ヴェルナー 2019-20シーズン記録 第1節:ウニオン・ベルリン(A)/1ゴール 第3節:ボルシアMG(A)/3ゴール 第11節:ヘルタ・ベルリン(A)/2ゴール 第13節:パーダーボルン(A)/1ゴール 第15節:デュッセルドルフ(A)/1ゴール 第16節:ドルトムント(A)/2ゴール 第22節:シャルケ(A)/1ゴール 第27節:マインツ(A)/3ゴール 第29節:ケルン(A)/1ゴール 第34節:アウグスブルク(A)/2ゴール 2020.06.28 11:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーのドッペルパックでライプツィヒが3位フィニッシュ! CL争いはボルシアMGが逃げ切り4位死守《ブンデスリーガ》

27日にブンデスリーガ最終節がドイツ各地で行われた。 3位のライプツィヒ(勝ち点63)は、アウェイでアウグスブルクと対戦し、2-1で勝利した。立ち上がりから地力に勝るライプツィヒが主導権を握ると28分、ハイダラのスルーパスで抜け出したヴェルナーがボックス内まで侵入。飛び出したGKをかわし無人のゴールにシュートを流し込んだ。 その後、72分にバルガスのゴールで同点に追いつかれたライプツィヒだが、すぐに反撃。すると80分、アンヘリーニョのロングフィードを最前線で受けたヴェルナーがそのままボックス内まで持ち上がると、ボックス右からゴール左隅にシュートを突き刺した。 結局、これが決勝点となり2-1でライプツィヒが勝利。ヴェルナーのドッペルパックで逃げ切ったライプツィヒは、3位フィニッシュを決めている。 一方、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を狙う5位レバークーゼン(勝ち点60)は、ホームでマインツと対戦し1-0で勝利した。試合は開始早々に動く。2分、相手のスローインをインターセプトで奪うとアミリのパスをボックス中央右で受けたフォラントがカットインからシュート。相手GKの脇を抜いたシュートがゴールネットを揺らした。 先手を取ったレバークーゼンは、68分にもボックス左のディアビの落としを駆け上がったバウムガルトリンガーが左足で合わせると、ゴール前のフォラントがコースを変えてゴール右隅に流し込む。しかし、VARの末にオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 結局、フォラントのゴールで逃げ切ったレバークーゼンが、1-0で勝利。しかし、4位のボルシアMG(勝ち点62)が同日に行われたヘルタ・ベルリン戦に勝利したため、レバークーゼンの順位は変わらず、ヨーロッパリーグ(EL)出場権の5位フィニッシュとなった。 なお、リーグ優勝のバイエルンとレバークーゼンが7月5日に行われるDFBポカール決勝に残っているため、来季のEL出場枠は5位レバークーゼン、6位ホッフェンハイム、7位ヴォルフスブルクとなる。 2020.06.28 01:33 Sun
twitterfacebook