ブレイズ、守護神ヘンダーソンやジャギエルカが今季終了まで残留! 一方、2選手が退団…

2020.06.30 13:27 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シェフィールド・ユナイテッドは29日、今月末で契約が終了する数選手に関する最新の契約状況を公開した。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、プレミアリーグは2019-20シーズンの完了まであと1カ月ほどを要する状況となっている。

その一方で、現行の契約期間は6月30日を目途にしており、契約期間やレンタル移籍期間が満了する一部選手が同一クラブでプレーを継続する場合、特例が認められている短期間の契約延長にサインする必要がある。

そういった中、ブレイズは今月末で契約が切れる数選手に関する最新のニュースを公開した。

ブレイズにとって最も影響を及ぼすイングランド人GKディーン・ヘンダーソン(23)の去就に関しては、保有元のマンチェスター・ユナイテッドとの再三に渡る交渉の末、今シーズン終了までのレンタル期間延長で合意に至り、シーズン残りも守護神として残留することが決定した。

また、今冬に中国の長春亜泰から買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入していたオランダ人FWリハイロ・ジヴコヴィッチ(23)も、今シーズン終了までのレンタル期間延長で合意した。

さらに、今月末で契約が終了する元イングランド代表DFフィル・ジャギエルカ(37)、同MFジャック・ロドウェル(29)、イングランド人DFキーロン・フリーマン(28)、同FWレオン・クラーク(35)は短期間の契約延長にサインし、残留が決定した。

その一方で、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFムハメド・ベシッチ(27)は保有元のエバートンに復帰し、買い取りオプションの行使を見送ったギリシャ代表DFパナギオティス・レトソス(21)は保有元のレバークーゼンに復帰することになった。
コメント
関連ニュース
thumb

空砲もブレイズ戦でゴールのケインがPLで29チーム相手にゴール!

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインがシェフィールド・ユナイテッド戦で新たなゴール記録を樹立した。イギリス『optajoe』が伝えている。 トッテナムは2日、敵地で行われたプレミアリーグ第32節のブレイズ戦を1-3で敗戦した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ハリー・ケイン、CLでのベストゴール集<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVT1IxMXBwRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 逆転でのトップ4フィニッシュに向けて残り試合での取りこぼしが許されない7位のトッテナムだったが、勝ち点1差で8位のブレイズ相手に苦戦。ボールの主導権こそ握りながらも、相手の粘り強い守備を崩し切れず。 逆に、相手のシンプルなカウンターに手を焼き、いずれもサイドを起点とした似たような崩しから3失点。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が遠のく痛恨の敗戦となった。 一方、同試合でフル出場して試合終了間際に韓国代表FWソン・フンミンのお膳立てから一矢報いるゴールを挙げたケインは、空砲になったものの新たなゴール記録を樹立することに。 前節のウェストハム戦でトッテナムでのプレミアリーグ通算200試合を達成したケインは、201試合目となったこの試合で通算138ゴール目を記録。そして、ブレイズ相手に決めたこのゴールによって、同選手はこれまでプレミアリーグで対峙した全29チームからゴールを記録するという、偉大な記録を達成することに。 この29チームという数字はプレミアリーグ所属選手の中で最多の記録だという。 また、ケインは前日にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンが達成したばかりの、12カ月すべての月でゴールを記録したプレミアリーグ史上2番目の選手となっている。 2020.07.03 14:44 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレイズに敗れたトッテナム、上位進出の希望薄れる《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、シェフィールド・ユナイテッドvsトッテナムが2日に行われ、3-1でシェフィールド・ユナイテッドが勝利した。 10位シェフィールド・ユナイテッド(勝ち点44)と、8位トッテナム(勝ち点45)の上位進出を目指すチーム同士の対戦。 ホームのブレイズはコロナ明けから調子を落とし、ここまで3試合を戦って1分け2敗。前節はマンチェスター・ユナイテッドに完敗を喫した。一方、トッテナムは前節のウェストハム戦で再開後初勝利。エースのケインには、ケガから復帰後初ゴールが生まれた。 最初のシュートはブレイズ。1分になる前に、右ウイングバックのバルドックが狙う。挨拶代わりのシュートはGKロリスに止められた。 トッテナムも6分にCKからダイアーのヘディングシュートで相手ゴールを脅かすと、23分には素早い攻守の切り替えから、ケインがこの試合初シュートを放つ。 ややトッテナムが優勢に進めていたが迎えた31分、左サイドからパスを繋いで右へと展開したブレイズは、ボックス右に侵入したバシャムの折り返しを、ベルゲがワントラップからシュートを沈めて先制。チームはコロナ後初ゴールを挙げた。 だがその2分後、トッテナムは素早いアクションを見せる。最終ラインからロングボールを送り、そのこぼれ球を拾ったモウラがドリブルで前線へ。相手に囲まれ倒されるもボールはケインのもとへ。ケインはボックス右で冷静にキックフェイントで相手を躱し、左足でゴール。これで同点かに思われたが、倒れたモウラの手にボールが当たっていたとして取り消しとなった。 1点ビハインドのトッテナムは56分にベルフワインを下げてラメラを投入。前半同様に高いポゼッションで攻撃を仕掛けていくが、プレミアリーグでも屈指の守備力を誇るブレイズの壁を崩せない。 すると69分、数少ない攻撃のチャンスが巡ってきたブレイズは、ボックス左でタメを作ったオズボーンを起点にスティーブンスが深い位置まで進攻。そのマイナスの折り返しを、途中出場のムセが押し込んで追加点を奪った。 完全に相手の術中に嵌ってしまったトッテナム。70分の給水タイムでオーリエとムサ・シソコに代えてデレ・アリとエンドンベレを投入。77分にそのエンドンベレのパスからケインがネットを揺らすが、ここは完全にオフサイドだった。 残り時間も少なくなる中、84分にブレイズは右サイド深くでボールを持ったバルドックからパスを受けたベルゲがボックス右に侵入。その折り返しをマクバーニーが決めて、勝利を手繰り寄せる3点目を決めた。 敗戦濃厚となったトッテナムは90分、ラメラのクロスをワンタッチではたいたソン・フンミンの折り返しをケインが決めるも焼け石に水。試合は3-1でブレイズがモノにし7位に浮上した。一方、コロナ明け初黒星を喫したトッテナムは、上位進出は厳しい状況となってしまった。 2020.07.03 04:05 Fri
twitterfacebook
thumb

セバージョスの土壇場AT弾で競り勝ったアーセナルが準決勝進出!《FAカップ》

FAカップ準々決勝、シェフィールド・ユナイテッドvsアーセナルが28日に行われ、1-2で勝利したアーセナルが準決勝進出を決めた。 プレミアリーグで8位に位置するブレイズと、9位に位置するアーセナルによる聖地ウェンブリー行きを懸けたFAカップ準々決勝。 リーグ再開後2敗1分けと苦戦が続くブレイズに対して、前節のサウサンプトン戦で待望の再開後初白星を手にしたアーセナルは、その試合から先発5人を変更。サスペンション明けのダビド・ルイスが復帰したほか、コラシナツが[3-4-3]の3バックの左に入り、エンケティアに代わってラカゼットが最前線で起用され、エースのオーバメヤンはベンチとなった。 アーセナルが押し込む入りが予想されたが、ホームのブレイズが立ち上がりから攻勢を見せる。8分にはノーウッドの右CKをファーでマクバーニーが折り返したボールをルンドストレームが頭で押し込む。だが、VAR介入の結果、ルンドストレームのオフサイドと判定された。 いきなりゴールを脅かされたアーセナルだが、時間の経過と共にボールの主導権を掌握。だが、自陣で堅固な守備ブロックを築くブレイズの守備を前にフィニッシュまで持ち込めない状況が続く。 それでも、25分にはボックスぎりぎりの位置でティアニーから足元にボールを受けたラカゼットがDFバシャムのアフターチャージを受けてPKを獲得。これをキッカーのペペが冷静に決め、この試合最初のシュートを先制点に結び付けた。 畳みかけるアーセナルは29分にもラカゼットへのロングフィードから落としを受けたペペが決定的なシュートを放つが、ここはGKヘンダーソンの好守に遭う。 その後は鎖骨か肩のケガでルンドストレームが負傷交代するアクシデントがあったものの、試合の流れ自体はアーセナルペース。ティアニーとペペのレフティーコンビを中心に再三2点目に迫るなど、良い形で前半を終えた。 迎えた後半はホームのブレイズがボールを持つ展開の中で今度はアーセナルにアクシデント。スプリントした際に筋肉系のトラブルか、D・ルイスがプレー続行不可能となり、54分にホールディングがスクランブル投入となった。 後半に入って守勢が続くアーセナルは58分に再び相手のセットプレーからイーガンにゴールネットを揺らされるが、VARによる介入の結果、再びオフサイド判定に。直後の60分にも攻め上がったバシャムに決定機を許すが、ヘディングシュートは枠の右に外れる。 失点こそ免れているものの、後半に入ってうまくいかないアーセナルはラカゼット、ウィロックに代えてエンケティア、ダニ・セバージョスを同時投入。選手交代で流れを引き寄せにかかるが、この交代策も機能せず。 すると87分、ブレイズの左サイドからのロングスローの場面でDFホールディングが被り、ゴール前のコラシナツが窮屈な体勢でクリアしたボールが味方のムスタフィに当たってゴール前にこぼれると、これをマクゴールドリックにボレーで蹴り込まれた。 最後の最後で我慢できなかったアーセナルは、完全に勢いづいたホームチームに押し切られそうになるが、シャープの決定機をGKマルティネスが好守で凌ぐ。すると、延長突入濃厚と思われた後半アディショナルタイムに劇的ゴールが生まれる。 91分、ブカヨ・サカを起点に仕掛けたロングカウンターからエンケティアの斜めのパスがボックス右のペペに渡る。ここでペペは相手の対応に遭うが、こぼれ球を回収したセバージョスがダイレクトシュートを匂わせてブロックに入ったDFをドリブルで交わすと、ゴール右角度のないところから見事なシュートを逆のサイドネットへ流し込んだ。 そして、今度こそリードを守り切ったアーセナルがブレイズ相手に大苦戦を強いられながらも、公式戦2連勝でベスト4進出を決めた。 2020.06.28 23:12 Sun
twitterfacebook
thumb

マルシャルがハットトリックの大暴れ! ユナイテッド、ブレイズとの上位戦で快勝!《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは24日、プレミアリーグ第31節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦し、3-0で快勝した。 来季のチャンピオンズリーグないしはヨーロッパリーグ出場権を争う上でカギとなる上位戦。5位のユナイテッド(勝ち点46)は、再開初戦となった前節はトッテナムと対戦し1-1のドロー。対するシェフィールド・ユナイテッドことブレイズ(勝ち点44)は、延期されていた第28節を消化した分、再開から2試合戦っているがアストン・ビラやニューカッスルの下位相手に白星を挙げられていない。 リーグ再開後初勝利を目指す両チームの一戦は早々に動いた。7分、右サイドの深い位置からのスローインでリスタートしたユナイテッド。ルーズボールをラッシュフォードが拾い、ボックス右からスピードのあるクロスを送ると、マルシャルが上手く合わせてゴールに流し込んだ。 幸先よく先制したホームチームは13分にカウンターから追加点のチャンス。今度はGKを引き付けたマルシャルからラッシュフォードへプレゼントパスが送られるが、相手のマークに遭い、枠に入れることができなかった。 それでも試合を支配しシュートを重ねていくユナイテッドがさらに相手を突き放す。44分、ボックス右でドリブル突破を図ったワン=ビサカのクロスをマルシャルが合わせてゴールイン。マルシャルの今季2度目の2ゴールでリードを広げた。 後半もポゼッションを高めて相手のゴールに襲い掛かるユナイテッド。55分にはアタッキングサードでのパス回しからグリーンウッドがシュート。61分にもラッシュフォードが積極的に狙うなど、さらなる追加点の予感を漂わせる。 すると74分、ハーフウェイライン付近のポグバのパスをB・フェルナンデスがワンタッチではたくと、マルシャルがラッシュフォードとのワンツーで最終ラインを突破。最後は飛び出してきたGKムーアを躱すループシュートを沈めて、勝利を手繰り寄せる3点目を奪った。 なお、マルシャルは2013-14シーズン以降のユナイテッドにおいて、プレミアリーグでは初のハットトリック達成者に。また、マルシャル自身もプロ初のハットトリックとなった。 その後、ユナイテッドは80分に一気に5枚替え。殊勲のマルシャルや、今季6度目の先発出場となったポグバがベンチに退いた。 そして試合はここで終了。マルシャルの大活躍でユナイテッドがブレイズとの上位対決を制した。 2020.06.25 03:58 Thu
twitterfacebook
thumb

スールシャール、手負いのブレイズを警戒! 来季タイトル挑戦に向け今夏の補強も示唆

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、トップ4を争うシェフィールド・ユナイテッド戦との直接対決に向けて意気込みを見せている。 前節、プレミアリーグ再開初戦となったトッテナム戦を1-1のドローで終えた5位のユナイテッド(勝ち点46)は、公式戦12試合連続無敗と好調を維持。ただ、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内に位置する4位のチェルシー(勝ち点51)との勝ち点差が5ポイントに広がっている。 そして、24日に行われるプレミアリーグ第31節では再開後初白星を目指し、7位のブレイズ(勝ち点44)とのシックスポインターに臨む。 ブレイズは再開後、一部主力のケガなどもあり、1敗1分けとやや調子を落としているが、スールシャール監督は前回対戦で3-3の壮絶なドローゲームを演じたクリス・ワイルダー監督率いる曲者を警戒している。クラブ公式サイトが前日会見でのノルウェー人指揮官のコメントを伝えている。 「正直なところ、クリスのことはよく知らないが、彼はニューカッスル戦での敗戦を受け、今回の試合に向けて気合いを入れ直していると思う。このオールド・トラフォードで、彼らがシーズンを通して見せてきたもの出そうと、挑戦的に戦ってくるはずだ。時に手負いの相手との戦いは難しくなるし、彼らが気合いを入れて臨んでくると思っている」 「前回対戦では非常に難しいスタジアムで難しい相手との対戦となった。しかし、我々は常に成長を続けている。今ではチームとしての一貫性が高まってきているし、うまくいけば明日の試合ではそれを見せることができるかもしれない」 さらに、来シーズンの新守護神候補と目されるユナイテッドからブレイズにレンタル移籍中のGKディーン・ヘンダーソンについては、「シェフィールド・ユナイテッドでプレーするのはマン・ユナイテッドとは違う仕事を担う。だが、彼はここ2年間で素晴らしい成長を見せている。以前にも言ったが、彼は将来的にイングランド代表とユナイテッドで正GKを担える存在になると思う」と、称賛の言葉を送っている。 また、ノルウェー人指揮官は同会見において今夏の補強戦略を含め、来シーズンのタイトル争いについても言及している。 「マンチェスター・シティとリバプールは明確にリーグ優勝のための基盤を構築してきた」 「我々はシーズンを通して成長してきた。現在、12試合連続無敗を継続している。そこにポール・ポグバとマーカス・ラッシュフォードが(万全の状態で)加われば、『(タイトルへの距離は)そう、遠くない』と思うだろう」 「今のチームにとても満足している。しかし、良い取引のチャンス、我々を強化してくれる選手がいるのであれば、もちろん幾らかの資金を使う必要があるかもしれない」 「今のチームは一緒に仕事をする上で最適であり、我々は正しい方向に進んでいる。だが、プレミアリーグのトロフィーに近づくために十分かと言われれば、まだ足りていないというのが現状だ」 「一歩ずつ段階を踏んでいく必要があり、今シーズンはヨーロッパリーグとFAカップ制覇。さらに、トップ4に挑戦し、来シーズンに向けてはどこに投資が必要なのかを見極めていくつもりだ」 2020.06.24 18:22 Wed
twitterfacebook