ブレイズ、守護神ヘンダーソンやジャギエルカが今季終了まで残留! 一方、2選手が退団…

2020.06.30 13:27 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シェフィールド・ユナイテッドは29日、今月末で契約が終了する数選手に関する最新の契約状況を公開した。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、プレミアリーグは2019-20シーズンの完了まであと1カ月ほどを要する状況となっている。

その一方で、現行の契約期間は6月30日を目途にしており、契約期間やレンタル移籍期間が満了する一部選手が同一クラブでプレーを継続する場合、特例が認められている短期間の契約延長にサインする必要がある。

そういった中、ブレイズは今月末で契約が切れる数選手に関する最新のニュースを公開した。

ブレイズにとって最も影響を及ぼすイングランド人GKディーン・ヘンダーソン(23)の去就に関しては、保有元のマンチェスター・ユナイテッドとの再三に渡る交渉の末、今シーズン終了までのレンタル期間延長で合意に至り、シーズン残りも守護神として残留することが決定した。

また、今冬に中国の長春亜泰から買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入していたオランダ人FWリハイロ・ジヴコヴィッチ(23)も、今シーズン終了までのレンタル期間延長で合意した。

さらに、今月末で契約が終了する元イングランド代表DFフィル・ジャギエルカ(37)、同MFジャック・ロドウェル(29)、イングランド人DFキーロン・フリーマン(28)、同FWレオン・クラーク(35)は短期間の契約延長にサインし、残留が決定した。

その一方で、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFムハメド・ベシッチ(27)は保有元のエバートンに復帰し、買い取りオプションの行使を見送ったギリシャ代表DFパナギオティス・レトソス(21)は保有元のレバークーゼンに復帰することになった。
コメント
関連ニュース
thumb

ブレイズ、ユナイテッドで燻るロホのレンタルを検討か

シェフィールド・ユナイテッドがマンチェスター・ユナイテッドに所属する元アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(30)のローン移籍を検討しているようだ。イギリス『サン』が報じている。 2014年夏にスポルティング・リスボンから加入したロホ。ユナイテッドで公式戦通算122試合2得点4アシストを記録しているが、次第に序列が低下。昨冬にはプロデビューを果たした母国アルゼンチンのエストゥディアンテスにレンタルしていた。 2021年夏までの契約となっているロホには、今夏にいくつかのクラブが接触を図ったが、ユナイテッドはこの過酷なシーズンに備えてキープ。チャンピオンズリーグ(CL)のメンバーにも加えている。 そんなロホに視線を送るブレイズでは、イングランド人DFジャック・オコネルがヒザを負傷。代役としてレンタル移籍をユナイテッドに尋ねているという。 一方で、同選手はユナイテッドとの契約延長を希望しているとも言われており、ここまで出場機会がないロホにとってはブレイズがアピールの場となるかもしれないと『サン』は伝えている。 2020.10.26 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アリソン復帰のリバプール、フィルミノ初弾とジョタのゴールでブレイズに逆転勝利! 南野は終盤に途中出場《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、リバプールvsシェフィールド・ユナイテッドが24日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-1で逆転勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は84分から途中出場した。   前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーを2-2のドローで終えてリーグ戦2戦未勝利となったリバプールだが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではアヤックスに1-0で競り勝って公式戦4戦ぶりの白星を手にした。   リーグ3戦ぶりの白星を目指すこの一戦では先発3人を変更。負傷明けのGKアリソンが復帰し、ミルナーとカーティス・ジョーンズに代わってヘンダーソンとジョタを起用。最前線にサラー、2列目に右からジョタ、フィルミノ、マネを並べる[4-2-3-1]の布陣に変更した。   試合は開始2分にロバートソンの長いグラウンダーの縦パスに抜け出したマネが飛び出したGKを外して無人のゴールへシュートを蹴り込む決定機が訪れるが、ここはDFイーガンのゴールカバーに遭う。さらに、直後の3分にはハーフウェイライン付近で得たFKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドがGKの前よりのポジションを見て意表を突くロングシュートでゴールに迫る。   開始5分までに2度の決定機を作り出す力強い入りを見せたホームチームだが、やや不運な形から先制を許す。10分、自陣ボックス付近でクリアが相手に当たってこぼれたところに慌てて反応したDFファビーニョがマクバーニーと交錯。当初はファウルがボックスの外と判定されたが、VARのレビューの結果、判定がPKに変更される。これをキッカーのベルゲに決められた。   すぐさま反撃に転じるリバプールだが、[5-3-2]の堅固な守備ブロックを敷くアウェイチームの堅守に手を焼く。逆に、悪い失い方からロングカウンターに晒されると、21分にはボックス内でフリーにしたマクバーニーに左足を振り抜かれるが、ここはシュートミスに救われる。さらに、24分には右ウイングバックのバルドックからのクロスを、ボックス左に走り込んだ左ウイングバックのオズボーンにダイレクトボレーで合わせられるが、ここはGKアリソンのファインセーブで凌いだ。   その後も圧倒的にボールを保持するものの、決定機まで持ち込めない停滞した状況が続くが、ここ最近批判に晒されている背番号9が結果で反論して見せる。41分、相手を押し込んだ状態で右サイドのヘンダーソンが鋭いクロスをゴール前に入れると、ファーでフリーのマネがヘディングシュート。これはGKラムズデールの好守に阻まれたが、こぼれ球をフィルミノが押し込んだ。   フィルミノの今季初ゴールによって前半のうちに追いついたリバプールだったが、後半立ち上がりの47分にはバルドックに際どいシュートを浴びるなど、ややバタついた入りとなる。   それでも、徐々に落ち着きを取り戻して相手を自陣深くに押し込むと、62分にはアレクサンダー=アーノルドの右からの斜めのパスに反応したサラーが見事なファーストタッチからボレーでゴールネットを揺らす。だが、VARの結果、わずかにオフサイドラインを越えておりゴールは認められない。   前半に続きVARの判定に悩まされるリバプールだったが、直後に正真正銘の逆転ゴールを挙げる。64分、波状攻撃から左サイド深くでボールを持ったマネが相手DFを抜き切らないタイミングで左足のクロスを入れると、これをDF2枚の間にポジションを取ったジョタが頭で合わせた。   この試合初めてリードを手にしたリバプールだが、失点後も士気を落とさずにハードに戦うアウェイチームを前に依然として苦しめられる。81分にはカウンターからサラーに3点目のチャンスが訪れるが、ゴール至近距離からのシュートは右ポストを叩いた。   苦しい状況を受けて、クロップ監督は殊勲のフィルミノ、ジョタを下げて84分に南野とミルナーを同時投入。より守備的な布陣で逃げ切りを図ると、試合終盤にかけてもバークらに際どいシュートを許したものの、守護神アリソンらを中心に何とかリードを守り切った。そして、ホームでブレイズを退けたリバプールは、リーグ3戦ぶりの白星を手にした。 2020.10.25 06:05 Sun
twitterfacebook
thumb

サカ&ペペの今季初弾で辛勝のアーセナルが2戦ぶりの白星! 昨季躍進もブレイズは開幕4連敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第4節、アーセナルvsシェフィールド・ユナイテッドが4日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが2-1で勝利した。 前節、リバプールとの上位対決に1-3で敗れ、今季初黒星を喫したアーセナル。それでも、ミッドウィークのEFLカップ4回戦ではそのリバプールをPK戦の末に破ってリベンジ達成。きっちりリバウンドメンタリティを示した中、開幕3連敗中のブレイズをホームで迎え撃った一戦でリーグ戦2試合ぶりの白星を目指した。 3日前のリバプール戦は先発6人を変更。[4-3-3]の可変式システムを継続し、3トップはエンケティア、オーバメヤン、ウィリアンが並んだ。 ボール保持にこだわらないアウェイチームを相手に70%を超えるボール支配率を記録したホームのアーセナルは、攻撃時にティアニー、ブカヨ・サカがポジションを一列ずつ上げる左肩上がりの攻撃で攻め手を窺う。しかし、堅固な[5-3-2]の守備ブロックを敷く相手の守備をなかなか崩せない。 互いに前半半ばを過ぎてもフィニッシュまで持ち込めないクローズな状況が続く中、28分にはティアニーの左クロスをエンケティアが頭で合わせ、ようやく両チームを通じてファーストシュートを放つ。これで徐々に流れを掴んだアーセナルは、前半終盤にかけてオーバメヤンがバイシクルシュートなど2本の枠内シュートを飛ばしたが、ゴールをこじ開けるまでには至らず。 迎えた後半、互いによりリスクを攻め合う入りとなった中、アーセナルは58分にエンケティアを下げてペペを投入。すると、この交代が連続ゴールをもたらす。 まずは61分、右サイドでの仕掛けからベジェリン、エルネニー、オーバメヤンとボックス付近でワンタッチのパスが繋がり、最後はオーバメヤンの絶妙な落しに抜け出したベジェリンがボックス右から浮き球で折り返す。これをファーでフリーのサカが冷静にゴールカバーのDFを外すヘディングシュートで流し込み、今季初ゴールを記録。 さらに、直後の64分には右サイドでベジェリンとのワンツーから斜めのランニングでボックス内まで抜け出したペペがDF2枚の間を抜く絶妙なグラウンダーの左足シュートをゴール左下隅の完璧なコースに流し込み、こちらも今季初ゴールとした。 一方、守備的に戦いながらも2失点を喫したブレイズは75分過ぎまでに3枚の交代カードを使い切り、DFを1枚削ってアタッカーをピッチに送り出す。78分にマクバーニーがようやく最初の枠内シュートを放つと、84分にはペナルティアーク付近でパスを受けたマクゴールドリックが見事な左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺し、開幕4戦目にして待望のチーム初ゴールを挙げた。 その後は今季初勝ち点に向けて決死の攻めを見せるブレイズが得意のパワープレーで完全にアーセナルを押し込んでいく。試合最終盤にはGKラムズデールまで攻撃参加させ、ゴールをこじ開けにかかるが、アーセナルも粘りの守備で応対。 そして、何とか逃げ切ったアーセナルがリーグ2戦ぶりの白星を収め、代表ウィークに突入することになった。一方、昨季躍進のブレイズはチーム初ゴールが生まれたものの、厳しい開幕4連敗となった。 2020.10.05 00:04 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季躍進のブレイズとぶつかるアーセナル、アルテタは警戒 「チームとしての成長は素晴らしい」

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督がシェフィールド・ユナイテッド戦に気を引き締めた。クラブ公式サイトが伝えている。 アーセナルは4日にホームで行われるプレミアリーグ第4節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦する。アルテタ監督は試合に先駆けた会見で昇格初年度の昨季に9位躍進を遂げたシェフィールド・ユナイテッドに敬意を払いつつ、警戒心を強めた。 「結果よりも細部こそ重要だ。今季の彼らは毎試合でビッグチャンスを作り出せており、勝てていないというのは本当に不運だったと思う。彼らとはプレミアリーグやFAカップでも対戦経験があるから、どれほど難しい相手なのかを知っている。プレミアリーグ昇格後のチームとしての成長は素晴らしい。監督がコーチングスタッフとともに行ってきた仕事ぶりは目を見張るものがある。気を抜かず、最善を尽くさなければならない」 また、アルテタ体制2年目のアーセナルは今季開幕からここまで公式戦6試合を消化して、5勝1敗(うち2勝がPK戦)と好調をキープ。アルテタ監督はここまでの戦いぶりをこう評している。 「結果という点では勢いに乗ってシーズンを始められたと思う。それに、これまで戦ってきたチームを考えると、大きな挑戦だったと言えるだろう。我々は過去8週間に3回もリバプールと戦った。それから抜け出せるのは本当に良いことだ。だが、まだ数試合しかしていない。これから難しいのは、3日おきの試合で一貫性のあるパフォーマンスを続けて、可能な限り良い結果を手にすることだ。今はそれに取り組んでいる」 2020.10.04 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ブレイズがリバプールからブリュースターを約32億円で獲得!買戻しのOP付き

シェフィールド・ユナイテッドは2日、リバプールのU-21イングランド代表FWリアン・ブリュースター(20)の獲得を発表した。移籍金は最大で2350万ポンド(約32億円)となり、リバプールは今後3年間、買い戻しのオプションを行使できる契約となっている。 チェルシーとリバプールの下部組織出身であるブリュースターは、2017年10月に行われたFIFA U-17ワールドカップ(W杯)で得点王となり、イングランドの優勝に貢献した逸材ストライカーだ。 リバプールでは2019年9月に行われたEFLカップのMKドンズ戦で待望のトップチームデビューを飾り、ここまで公式戦4試合に出場している。 今年1月にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジー・シティに半年間の武者修行に出て、22試合11ゴールという見事な数字を残した。そして、レンタルバックした中でプレシーズンマッチでも好アピールを続け、直近のコミュニティー・シールドでは途中出場を果たすも、PK戦で唯一失敗するほろ苦い経験もしていた。 アストン・ビラやニューカッスル、バーンリー、ブライトン、クリスタル・パレス、フルアムといったプレミアリーグの各クラブからオファーが届いていたと報じられたブリュースターだったが、昨季躍進したブレイズを新天地とした。 2020.10.03 07:00 Sat
twitterfacebook