CL3度制覇のアンチェロッティ監督、未来の名将候補を3人選出「優れた戦術理解力を持っている」

2020.06.29 23:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、クラブの選手の中で、名監督になり得る素質を持った選手3名を挙げた。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

指導者としてはユベントス、ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)、レアル・マドリー、バイエルンなど数々のメガクラブを指揮。チャンピオンズリーグ優勝3回など歴戦の名将として知られるアンチェロッティ監督だが、指導者になるには「戦術理解力」と「経験」そして「メンタル」が重要だと考えているようだ。

レイトン・ベインズシェイマス・コールマンは良い監督になるための資質を全てそろえている。ギルフィ・シグルドソンも良い監督になれるだろう」

「彼らは皆、フットボールの知識に富んでおり、優れた戦術理解力を持っている」

「彼らはチームを率いるのに必要な経験も豊富だ。それにメンタル面もそうだ。彼らは別々のメンタリティを持っているが、3人とも監督としてやっていけるものを持っている。彼らが監督になることを望めばの話だがね」

「戦術的知識は、多くのフットボールをプレーし、経験や他の人々から学ぶことから得られるものだ」

「良い監督になるために重要な姿勢とプロ意識についても彼らは持っていると思う」

「今のチーム内で、今後誰か良い監督になる選手がいるのではないかと思っているよ」

司令塔のシグルドソンや主将のコールマンなど、アンチェロッティ監督の人選には多いに説得力がある。この中から、名伯楽が生まれることはあるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

序列低下のズマにPSG&古巣エバートンが関心か?

チェルシーに所属するフランス代表DFクル・ズマ(25)にパリ・サンジェルマン(PSG)やエバートンが熱視線を注いでいるようだ。フランス『Le10Sport』が報じている。 昨シーズンにレンタル先のエバートンで主力として活躍したズマは、昨夏フランク・ランパード新監督率いるチェルシーに復帰。シーズン序盤から主力として起用され、ここまで公式戦34試合に出場している。 しかし、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーの完全復活以降は、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン、イングランド代表DFフィカヨ・トモリとポジションを分け合う形が増え、リーグ再開後のリーグ戦では3試合連続ベンチと序列が低下。 また、今夏の移籍市場でスカッド刷新を目指すランパード監督は、現在は守備的MFを主戦場としながらも、センターバックでプレー可能なウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(21)をリュディガーの新たな相棒としてリストアップしているとも言われており、ズマの立場はより厳しくなっている。 そのため、選手・クラブ双方が条件次第で今夏の移籍を検討していると見られている。 そういった中、『Le10Sport』はズマの新天地候補として、いずれもセンターバックの補強を目指しているPSGとエバートンの名前を挙げている。 PSGでは今シーズン限りでの退団が決定しているブラジル代表DFチアゴ・シウバ(35)に加え、プロ契約締結を拒否したU-18フランス代表DFタンギ・クアシ(18)がバイエルンに旅立っており、センターバックの補強が急務だ。 これまではバイエルンのフランス代表DFリュカ・エルナンデス(24)らの名前が挙がっているが、コロナ禍で緊縮財政が求められる中、その移籍金の捻出は困難だ。 そこでより安価な金額で獲得可能であり、3バックと4バックの双方でプレー可能なズマが新たな獲得候補として浮上しているようだ。 一方、昨夏にも完全移籍での買い取りを目指していた古巣エバートンは、カルロ・アンチェロッティ監督がセンターバックの現陣容に満足していらず、同ポジションの補強を優先事項に掲げているという。そういった中、前述のチアゴ・シウバらと共に獲得候補の一人として関心を示しているようだ。 なお、ズマには両クラブ以外にもトッテナムやレスター・シティといったプレミアリーグ勢が関心を寄せている。 2020.07.03 15:54 Fri
twitterfacebook
thumb

イヘアナチョ、エバートン戦で一矢報いるも、「よりハードワークが必要」

レスター・シティに所属するナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョは、苦しい現状を打破するためにより一層のハードワークを求めている。クラブ公式サイトがナイジェリア代表FWの試合後コメントを伝えている。 レスターは1日、プレミアリーグ第32節でエバートンとのアウェイゲームを戦い、1-2で敗戦した。 リーグ再開後初白星を目指した中、チームは前半15分過ぎまでに2点のビハインドを負う苦しい展開を強いられた。だが、後半頭から投入されたイヘアナチョは51分、クロスボールに反応したFWジェイミー・ヴァーディの競ったこぼれ球を混戦の中で何とか身体に当て、反撃の狼煙を上げるゴールを奪取。 これで息を吹き返したアウェイチームは反撃に転じたが、2点目、3点目と続けてゴールを挙げることはできず、再開後のリーグ戦初黒星となった。 再開後の公式戦3試合でわずかに1ゴールとチームとして得点力不足が指摘される中、イヘアナチョがリーグ戦で12試合ぶりとなるゴールを奪ったことは、苦境のチームにとって唯一の明るい材料のひとつと言える。 ただ、イヘアナチョは自身のゴールを喜ぶよりも、不出来な前半を含めエバートン戦のチームパフォーマンスを悔いている。 「ピッチに出てプレーし、チームメイトを助けるのは常に良いことだ。だから、チームのためにベストを尽くさなければならないんだ」 「ただ、僕らはより多くの仕事をこなしていく必要がある。現状では十分でないと言わざるを得ない。ゴールを奪い返して何度かチャンスを作ったけど、残念ながら負けてしまった」 「後半は少し改善されたけど、(チャンピオンズリーグ出場権を)争っていくには足りないよ。まだ6試合が残っているし、戦い続ける必要がある。とにかく、最後まで戦うには正しいメンタリティを持つ必要があるんだ」 最後に、中2日で戦う次節のクリスタル・パレス戦に向けては、「毎週2試合があるので、準備しなければならないね。3日後にクリスタル・パレスと対戦するので、またプレーするための準備が必要だね」と、良い準備と切り替えの必要性を強調している。 なお、前半戦のアドバンテージを生かして3位をキープしているレスターだが、今年に入っての不振と、再開明けの3戦未勝利(2分け1敗)によって4位チェルシーとは1ポイント差に。さらに、同勝ち点で並ぶ5位のマンチェスター・ユナイテッド、6位のウォルバーハンプトンとの勝ち点差も3ポイントに縮まっており、パレス戦では再開後初白星が求められるところだ。 2020.07.02 21:57 Thu
twitterfacebook
thumb

不調レスター、リーグ戦4試合ぶりの黒星でCL出場権争いはより混戦に!《プレミアリーグ》

レスター・シティは1日、プレミアリーグ第32節でエバートンと対戦し、1-2で敗戦した。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を狙う3位のレスター・シティ(勝ち点55)が、12位エバートンのホームに乗り込んだ一戦。リーグ戦2試合連続ドロー中のレスターは、直近に行われたFAカップ準々決勝のチェルシー戦から先発を1人変更。アジョセ・ペレスに代えてオルブライトンを先発で起用した。 ヴァーディを1トップに据えた[4-1-4-1]の布陣で試合に臨んだレスターは10分、エバートンに最初チャンスをモノにされる。ジャスティンのパスをディーニュが頭で繋ぐと、ボックス付近でこれを受けたA・ゴードンがワントラップで左サイドを抜け出し折り返しを入れると、中央に走り込んだリシャルリソンがダイレクトで流し込んだ。 先制を許したレスターは、13分にもピンチ。バイタルエリア左手前でFKを与えるとディーニュがゴール前にクロスを供給。これがボックス内で競り合ったエンディディの手に触れると、VARの末にPKを献上。このPKをシグルドソンに決められ、立て続けに失点となった。 反撃に出たいレスターだが、アタッキングサードでのプレー精度を欠き、相手ゴールに迫ることができないまま時間が経過。それでも38分、右CKのセカンドボールをボックス手前のティーレマンスがボレーシュート。さらに相手DFに当たったボールをチルウェルが頭で繋ぐと、ゴール前に抜け出したエバンズに決定機が訪れたが、シュートは飛び出したGKに阻まれた。 2点を追うレスターは、後半からバーンズとプラート下げてイヘアナチョとマディソンを投入。すると51分、ティーレマンスの左クロスをニアでヴァーディが落とすと、ホルゲイトのクリアがイヘアナチョに当たり、そのままゴールネットを揺らした。 幸先良く1点を返したレスターは、62分にも相手のミスからゴールに迫る。オルブライトンの右クロスを相手GKがファンブルすると、守備に戻ったM・キーンの足に当たったボールが枠を捉えたが、これはライン上でM・キーンにクリアされた。 相手を押し込む時間が続くレスターは、81分にティーレマンスとオルブライトンを下げてアジョセ・ペレスとグレイをピッチに送り出す。すると後半アディショナルタイム、ドリブルでボックス左に侵入したヴァーディの折り返しを中央に走り込んだアジョセ・ペレスが合わせたが、これはゴール左に外れる。 結局、レスターは最後まで同点弾を奪えず1-2で敗戦。リーグ戦4試合ぶりの黒星となり、、CL出場権争いは益々混戦となっている。 2020.07.02 04:03 Thu
twitterfacebook
thumb

名将アンチェロッティがPL制覇の“ライバル”クロップを称賛「チームの成功を支えた建築家」

エバートンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督がリバプールのプレミアリーグ制覇にユルゲン・クロップ監督へ賛辞を送っている。 リバプールは、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)制覇に続いて、今季のプレミアリーグでは圧倒的な強さを見せ、30年ぶりのリーグ優勝、初のプレミアリーグ優勝を達成。クロップ監督が作り上げたチームには称賛の声が各方面から送られている。 現在はリバプールのライバルであるエバートンで指揮を執り、今シーズンは前所属のナポリでもCLで対戦し敗れていたアンチェロッティ監督は、チームを優勝に導いたクロップ監督を称賛。イタリア『スカイ・スカイスポーツ』に対して、クロップ監督との関係性を話すとともに功績を称えている。 「クロップとは素晴らしい関係を築いている。先週、会った時時にはすべてが決定的だった。だから、今週の出来事(マージーサイド・ダービー)の前から彼を祝福していたよ」 「実際のところ、クロップはこのチームの成功を支えた建築家だ。プレミアリーグだけでなく、就任してからの5年間でチームをなんとかしてきた。多くの我慢とともに、完璧な(勝利の)マシンを構築することができた」 また、アンチェロッティ監督はリバプールが優勝を決めた同日の街の様子と心境を問われ、ファンが集まって喜んだことにも理解を示した。 「私は郊外に住んでいるので徐々にだいぶ落ち着いてきた。とにかくリバプールはこの勝利を長い間待っていたのだから、あらゆる制限が続いている中でも、彼らがこのように喜ぶのは当たり前のことだ」 「私の近所にはジョルジニオ・ワイナルドゥムがいる。でも、彼らはどこか違う場所で祝っていたよ」 2020.06.27 22:43 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、元セネガル代表FWニアッセが今月で退団か…今季はリーグ戦3試合出場のみ

元セネガル代表FWバイェ・ウマル・ニアッセ(30)は今月いっぱいでエバートンを退団するようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ニアッセは、2016年2月にロコモティフ・モスクワから4年半契約でエバートンに加入。ベルギー代表FWロメル・ルカク(現インテル)、元ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(現山東魯能)に続いてクラブ史上3番目に高い金額での移籍だった。 しかし、プレミアリーグへの適応に大苦戦。2017-18シーズンはリーグ戦22試合に出場し8ゴール3アシストを記録するも、翌年は調子を落としてカーディフ・シティへレンタル移籍。今季もここまで僅かリーグ戦3試合の出場で、通算でも43試合にとどまっている。 エバートンは今年1月にニアッセの売却に動いていたものの失敗。だが、今月末の契約満了を以ってフリーで退団するようだ。 一方で、今月25日に元イングランド代表DFレイトン・ベインズ(35)と2021年までの1年間の契約延長を発表。さらにモナコから買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で加入しているフランス代表DFジブリル・シディベ(27)も、今シーズン終了までの短期契約にサインしたと伝えている。 2020.06.26 22:22 Fri
twitterfacebook