ニューカッスルがマンキージョ&キャロルと契約延長、ローズ&ベンタレブとは短期契約締結

2020.06.26 01:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルは25日、スペイン人DFハビエル・マンキージョ(26)と元イングランド代表FWアンディ・キャロル(31)と契約延長したことを発表した。マンキージョとは2024年まで、キャロルとは2021年までの契約となっている。

また、トッテナムからレンタルで加入しているイングランド代表DFダニーローズ(29)、シャルケからレンタルで加入しているアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(25)はそれぞれ今季終了までの短期契約にサインしている。

2017年夏にアトレティコ・マドリーから加入したマンキージョは、ニューカッスルではこれまで公式戦61試合に出場して5アシストを記録。今季は公式戦17試合に出場していた。
2019年夏にウェストハムからニューカッスルに8年半ぶり復帰したキャロルは今季、公式戦16試合に出場して5アシストを記録している。

そして1月に加入したローズは公式戦8試合に出場、2019年夏に加入したベンタレブは公式戦8試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

ミランがFWサン=マクシマンに興味? ニューカッスルは42.4億円を要求か

攻撃陣の改善を図りたいミランが、ニューカッスルのフランス人FWアラン・サン=マクシマン(25)の獲得に関心を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 セリエAで上位を争っているミランが、2023年に入ってからは停滞。カップ戦を含めた公式戦6試合で1勝2分け3敗。リーグ戦では3戦未勝利と調子を落としている。 ミランは攻撃陣を強化したい考えがあり、ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの獲得に動いたが、個人間での合意を取り付けたものの、ローマの要求する高額な移籍金の支払いが不可能と判断し、獲得を断念した。 そんな中、サン=マクシマンに興味を持っているとのこと。ただ3000万ユーロ(約42億4000万円)を要求しており、ミランにとってはかなり高額になっているという。 放出の可能性に関しては、U-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)をニューカッスルが獲得できれば、ミランからのオファーに耳を傾けるとのことだ。 サン=マクシマンはニューカッスルで公式戦109試合で13ゴール19アシストを記録。今シーズンはプレミアリーグで12試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 2023.01.27 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

飲酒運転で起訴のニューカッスルMFジョエリントンに12カ月の運転禁止処分

飲酒運転で起訴されたニューカッスルのブラジル人MFジョエリントンが、12カ月の運転禁止処分と共に2万9000ポンド(約460万円)の罰金処分を科された。イギリス『BBC』が報じている。 ジョエリントンは今月12日深夜にニューカッスルのポントランド・ロード地区で自身の車を運転した際に、警察に停車を求められたという。その後、呼気検査を受けたところ、基準値を上回るアルコールが検出されたことで、飲酒運転の容疑で現行犯逮捕となった。 そして、26日にニューカッスル判事裁判所に出廷した同選手は、12カ月の運転禁止処分と共に2万9000ポンドの罰金処分を科された。 なお、ジョエリントンがリハビリコースを完了した場合、運転禁止処分は9カ月に短縮されるという。 ニューカッスルのエディ・ハウ監督は起訴後、ジョエリントンをメンバーから外すことなく継続起用していたが、ジョエリントンの弁護士によると、クラブから懲戒処分を受けているという。 ハウ監督の下、センターフォワードからインサイドハーフにコンバートした26歳MFは、今シーズンここまでインサイドハーフと左ウイングを主戦場に公式戦24試合に出場し、4ゴール3アシストを記録。直近のEFLカップ準決勝1stレグではサウサンプトン相手に1-0の勝利に導く決勝点を挙げていた。 2023.01.26 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ビエルサ氏は消極的? エバートン次期指揮官、元バーンリーのショーン・ダイク氏が筆頭か

元バーンリー指揮官のショーン・ダイク氏(51)が、次期エバートン指揮官の筆頭候補に躍り出たようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 エバートンは23日にフランク・ランパード監督を解任。今季のプレミアリーグで3勝6分け11敗の19位に低迷し、昨年10月以降は白星なしと混迷を極めるなか、ようやく監督交代を決断。次期指揮官は元リーズ・ユナイテッド指揮官のマルセロ・ビエルサ氏(67)が濃厚とされていた。 一方、バーンリーを昨年4月まで10年間率い、限られた予算と戦力の中でプレミアリーグに確かな爪痕を残した経験を持つダイク氏は候補の1人に過ぎず。だが、ここに来てビエルサ氏よりもダイク氏が優勢との見方が強まっている。 ダイク氏は26日にエバートンのオーナー、ファルハド・モシリ氏と会談する予定。モシリ氏の第1希望はビエルサ氏とのことだが、現在フリーの67歳ビエルサ氏は、現場復帰にさほど強い意欲を見せていないと考えられている。 なお、移籍市場においてはU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)が2日連続で練習を欠席した模様。同選手は今冬のニューカッスル移籍が取り沙汰されており、移籍金4000万ポンド(約64億1000万円)での交渉成立が有力視されている。 主軸のゴードン退団は致命的な戦力ダウンをもたらすが、誰が混迷エバートンの手綱を握ることになるのだろうか。 2023.01.26 14:52 Thu
twitterfacebook
thumb

主力選手だが… ユーベがマッケニー売却を推進、複数のプレミアクラブに逆オファーか

ユベントスがアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)の売却を目論んでいるようだ。 マッケニーは2021年夏にシャルケからユベントスへ加入。中盤のあらゆる位置をこなすユーティリティ性が魅力で、本職の中央のみならず、サイドでの起用も。今季は公式戦21試合に出場している。 だが、イギリス『90min』によると、幹部らは今夏の売却を目論み、複数のプレミアリーグクラブに対してマッケニーの「買い取りオプション付き半年レンタル」を逆オファー。いくつかのクラブからは好意的な反応を得ているという。 そのクラブとはアーセナル、ニューカッスル、リーズ・ユナイテッド、アストン・ビラ。プレミアの中堅クラブも含まれるが、いずれも財政難のユベントスより資金力で勝る面々だ。 一方、リバプール、チェルシー、トッテナムの3クラブは以前からマッケニーに関心を寄せているものの、本腰を入れる計画はない模様。移籍の実現性はさておき、不正会計問題の余波が続くユベントスの現状を象徴しているニュースかもしれない。 2023.01.25 18:16 Wed
twitterfacebook
thumb

「まだハーフタイム」 ニューカッスル指揮官の視線は2ndレグに

ニューカッスル・ユナイテッドのエディ・ハウ監督が振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ニューカッスルは24日に敵地でカラバオカップ準決勝1stレグのサウサンプトン戦に臨み、1-0で勝利。73分にFWジョエリントンが決めたゴールで先勝した。 31日に行われるホームでのリターンレグに弾みをつけたハウ監督は満足感を示しつつ、気を引き締めている。 「タフな試合だった。両チームに見せ場があったなかで、勝てて嬉しいが、まだハーフタイムだ。ジョーのゴールが決まるまで冷静さがなかったが、決してチームを批判するなどできない。良い1日だ」 また、相手のゴールがVARで無効化された75分の場面とともに、GKニック・ポープの働きが大きかったと話した。 「ニックの2つのセーブが大きかった。試合の大きな場面で、ニックは立ちはだかってくれたね。彼は傑出した存在。彼の前にも素晴らしい守備陣がいるが、彼は必要なときにいつも力を発揮してくれる」 2023.01.25 09:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly