クルトワ、学校の成績の悪さでキャリア好転? 過去にホッフェンハイム行き流れる…

2020.06.07 19:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(28)は、自身の学業成績の悪さに感謝しているかもしれない。ベルギー『HLN』が、ベルギー代表GKの逸話を紹介している。

現在、レアル・マドリーとベルギー代表で正GKを務めるクルトワは、世界屈指の守護神の1人だ。

クルトワがワールドクラスのGKという名声を得た背景には、元々の才能、たゆまぬ努力に加え、有能な指導者との出会い、運など多くの要素が重なっている。

そして、学業成績の悪さも、そういった要素の中のひとつのようだ。

現在、デュッセルドルフでスポーツ・ディレクターを務めるルッツ・ファンネンシュティール氏は、ドイツ『DAZN』でホッフェンハイムのスカウト部門に勤務していた頃のクルトワに関する逸話を明かした。

現役時代にGKとしてプレーしていたファンネンシュティール氏は、2010年に新たなGK獲得に向けた交渉に携わっていたという。そして、当時獲得を狙っていたのが、いずれもベルギーのヘンクに在籍していたクルトワと、ベルギー代表GKコーエン・カスティールス(27)の2選手だったという。

両選手は年齢も利き足(左)も同じで身長も190cm代後半と共通点が多く、ファンネンシュティール氏は「どちらも素晴らしいゴールキーパーだった。ただ、すべてが似ていて、名前だけが違っていた印象だった」と、当時を振り返る。

それでも、より早熟だったカスティールスはクルトワに先んじてトップチームにも絡み始めていたという。ただ、ホッフェンハイムは同時並行で行っていた交渉においてクルトワサイドの感触が良かったこともあり、現マドリー守護神の獲得に一本化していた。

しかし、クルトワ獲得に向けて思わぬ障害となったのが、当時の同選手の学業成績の悪さだった。とりわけ、数学の成績は悲惨なものだったという。

クルトワの両親が学校の卒業を望んでいた事情もあり、中退してホッフェンハイムに行くという選択肢はなく、ホッフェンハイムとの交渉は打ち切りに。

その後、ヘンクに残留して改めて学業との両立を図ったクルトワは、トップチームでの正GK昇格と共に無事卒業も果たした。

そして、アトレティコ・マドリー、チェルシー、マドリーと順調にステップアップを果たし、現在は世界最高のGKのひとりに成長している。

一方、カスティールスはクルトワとのポジション争いに敗れた翌2011年にホッフェンハイムへ加入。2015年にはヴォルフスブルクに完全移籍し、正GKとして活躍している。

なお、ファンネンシュティール氏は最後に、2010年を境に大きく異なるキャリアを歩んでいるクルトワと、カスティールスについて改めて言及している。

「個人的に両者の間にそこまで大きな差はないと思っている。カスティールスはミスが少ないモダンなゴールキーパーだ」

「もちろん、2人が大きく異なるキャリアを歩んでいることは間違いない。カスティールスに関しては少し内向的な性格なんだ。それが彼にホッフェンハイム行きを選ばせ、クルトワはアトレティコやチェルシーでの挑戦を選んだということだ。ただ、当時はカスティールスが先んじていたと思うよ」

アスリートにとっても学業成績が良いにこしたことはないが、時には成績の悪さが幸運をもたらすこともあるようだ。

コメント
関連ニュース
thumb

レアル、CL初戦のシステムは?カディス戦の前半だけで交代したモドリッチが好調をアピール

レアル・マドリーは19日、21日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のシャフタール・ドネツク戦に向けて練習を行った。 マドリーは代表ウィーク明けの17日に行われたラ・リーガ第6節のカディス戦で0-1と敗戦。シャフタール戦に向けては修正が求められている。 <div id="cws_ad">◆モドリッチのスキル溢れるアウトサイドシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuUnRMV094OSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 19日の練習では、主に連携面を確認した後、パスとシュート練習を行ったマドリーの面々。それぞれが見事なスキルを見せる中、MFルカ・モドリッチが絶妙なアウトサイドシュートを決めるなど、好調をアピールしている。 カディス戦では、不動の主力であったMFカゼミロをベンチスタートとし、クロアチア代表で2試合にフル出場していたMFルカ・モドリッチとMFトニ・クロースのダブルボランチの[4-2-3-1]のシステムを採用したジダン監督だったが、その起用は失敗。 前半に先制を許すと、後半開始からセルヒオ・ラモス、イスコ、モドリッチ、ルーカス・バスケスを下げてマルコ・アセンシオ、カゼミロ、フェデリコ・バルベルデ、エデル・ミリトンを投入する4枚替えの策を講じたものの、カディスの堅守をこじ開けられず、そのまま0-1で敗戦し、今季初黒星を喫していた。 シャフタール戦の後は、24日にラ・リーガ第7節でバルセロナとの“エル・クラシコ”を迎えるマドリー。大事な2試合を控える中でジダン監督はチームの中盤にどのようなメンバーを選択するのだろうか。 2020.10.20 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーに朗報! 主将S・ラモスは軽傷でCLシャフタール戦出場可能に

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスだが、大事には至らず、21日に本拠地で行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のシャフタール・ドネツク戦に出場できるようだ。 S・ラモスは17日に行われたラ・リーガ第6節のカディス戦でヒザを負傷。前半のみのプレーでピッチを後にしており、ジネディーヌ・ジダン監督は「小さなことだと良いが、厄介なものであり、明日にでも対処し、正確に状態を確認する」と話した。 しかし、スペイン『マルカ』によれば、検査の結果はヒザの打撲で軽傷だった模様で、19日に行われたトレーニングを他の選手とともに問題なく消化。練習後もジムで自主トレーニングに励んだようだ。 なお、マドリーはシャフタール戦が終わると、続く24日に行われるラ・リーガ第7節でバルセロナと対戦する。ただ、グループ首位突破も重要視しているチームはS・ラモスを"エル・クラシコ"に向けて温存せず、起用する可能性が高いとみられる。 2020.10.20 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!後ろからのボールを上手く体を捻って捉えるイグアインのハイレベルボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月20日にご紹介するのは、インテル・マイアミに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがレアル・マドリー時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆若きイグアインが巧妙なボレーで実力を示す<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuaDB6Y29ZNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 半身からのアクロバティックなボレーシュート。イグアインのシュート技術の高さが詰まったゴールでした。シュートのタイミングで軽く跳びことでうまく調節しているのも見事です。 ◆後ろからのロングボールを絶妙技術でコントロール 2007年に母国のリーベル・プレートから当時19歳の若さでレアル・マドリーへ加入したイグアイン。2013年にナポリに移籍するまで、公式戦264試合に出場し、122ゴール56アシストを記録ました。 元フランス代表FWカリム・ベンゼマとのポジション争いもあり、絶対的な主力ではなかったものの、2013年4月6日に行われたラ・リーガ第30節のレバンテ戦では、その能力の高さを示す見事なゴールを決めています。 1点を先制されて迎えた前半36分、MFシャビ・アロンソが後方からクロスを上げると、ボックス中央で待ち構えていたイグアインが、ゴールに背を向けながらも上手く体をひねりながら豪快なボレーを放ちます。少し下がりながらの難しいシュートでしたが、しっかりと捉えたシュートは相手GKのニアサイドを破りました。 その後ナポリで実力を証明したイグアインですが、今夏にユベントスを退団してメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミへ移籍。兄のフェデリコと同じクラブでプレーいています。 2020.10.20 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

軽傷とされたレアルMFウーデゴールは1カ月の離脱に? ヒラメ筋を負傷

レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールだが、どうやら当初よりケガの状態は思わしくないようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 レアル・ソシエダでの武者修行を早期に切り上げ、今シーズンからマドリーに復帰したウーデゴール。今シーズンは開幕戦となった第2節の古巣のソシエダ戦で先発出場すると、レアル・ベティス戦、そしてレバンテ戦に出場していた。 しかし、ノルウェー代表の活動から戻ると、右足ヒラメ筋の違和感を覚え、検査の結果17日に行われたカディス戦のメンバーから外れていた。 当初は21日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール・ドネツク戦には出場できると見込まれていたが、どうやら状態は思わしくないとのこと。19日に受けた検査で約1カ月の離脱になる事が判明したようだ。 これにより、ウーデゴールはCLのシャフタール戦とボルシアMG戦、インテル戦に加え、ラ・リーガのバルセロナとのクラシコ、ウエスカ戦、バレンシア戦を欠場することになる見込み。復帰は11月のインターナショナル・マッチウィークの後になるとみられている。 なお、マドリーによれば、19日の全体トレーニングには参加せず、エデン・アザール、ダニエル・カルバハル、アルバロ・オドリオソラと共に室内トレーニングを行なったとされている。 2020.10.19 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

Hey! Say! JUMP薮宏太がクラシコで初実況に挑戦「魅力的なクラシコになること間違いなし」

WOWOWは、Hey! Say! JUMPの薮宏太が10月24日(土)に行われるバルセロナvsレアル・マドリーのクラシコにおいて、副音声で実況を担当することを発表した。 WOWOWでは、25日の22時からバルセロナとレアル・マドリーが対戦する“伝統の一戦クラシコ”を生中継。スタジオMCとして、今シーズンから『リーガダイジェスト!』のMCを務める薮宏太が登場。試合の実況を山田泰三氏、解説を安永聡太郎氏が務めることを発表した。 藪は『リーガダイジェスト!』でもコンビを組む都並敏史氏を解説に迎え副音声で初実況に挑戦。今回の挑戦については「この度僭越ながらクラシコの副音声を担当させていただくことになりました。百戦錬磨である都並さんの力をお借りして、試合を見ていて感じたこと気づいたことを楽しく、そして深くお話していけたらと思います。世界最高峰の戦いを是非一緒に楽しんでいただけたら幸いです」と副音声に意気込みを語った。 「これまでのクラシコは欠かさず見てきた」と語る薮は、今回の試合の見どころについて「昨シーズンのチャンピオンであるレアル・マドリーに対し、クーマン監督率いる新生バルセロナがどういうサッカーで仕掛けてくるのかとても楽しみです」とコメント。「両チームにとって今シーズンの行方を占う試金石になる重要な試合だと 思います。攻撃的なバルセロナ。ジダン監督の下、堅実な戦いで勝利を収めてきているレアル・マドリー。お互いのチームの個性が違うからこそとても魅力的なクラシコになること間違いなしです」と見どころを語った。 2020.10.19 20:45 Mon
twitterfacebook