ファン・ジェズスを巡りイスタンブール・ダービー勃発か!?

2020.05.29 00:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマに所属するブラジル人DFファン・ジェズス(28)にトルコの2クラブが関心を示しているようだ。トルコ『Fotomac』は報じている。『Fotomac』が伝えるところによれば、ローマと2021年まで契約を残すファン・ジェズスには、今冬にも関心を示していたガラタサライと、最終ラインの強化を今夏の優先事項に挙げているフェネルバフチェが関心を示しているようだ。

また、ローマも年棒220万ユーロ(約2億8000万円)のファン・ジェズスの活躍に満足しておらず、放出を容認しているという。

2016年にインテルからローマにレンタル移籍で加入したファン・ジェズスは、翌年に完全移籍。ローマでは在籍4シーズンで90試合に出場。しかし、今シーズンは新加入のイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニと、マンチェスター・ユナイテッドからレンタル加入したイングランド代表DFクリス・スモーリングにポジションを奪われ、セリエA3試合の出場にとどまっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGがフロレンツィの買い取りオプション行使へ

パリ・サンジェルマン(PSG)がイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(29)の買い取りオプションを行使するようだ。イタリア『Il Tempo』が伝えている。 ローマ生まれローマ育ちのフロレンツィは、2002年からローマでプレーするサイドアタッカー。2011年5月にトップチームデビューを飾った後、2度の左ヒザの重傷に見舞われながらも、これまでローマで公式戦280試合に出場して28ゴール32アシストを記録。 しかし、2019年夏に就任したパウロ・フォンセカ監督の下では出場機会に恵まれず、昨年1月にはバレンシアへレンタル移籍。昨夏にローマへ復帰するも構想外となっておりPSGへ買い取りオプション付きのレンタルで加入。今季はここまで公式戦20試合に出場し2ゴールを記録していた。 『Il Tempo』によればPSGのレオナルドSD(スポーツディレクター)は、右サイドの全ポジションをこなし、チームの中心選手になりつつあるフロレンツィを高く評価。すでに900万ユーロ(約11億3000万円)の買取オプションを行使する準備を進めているとのことだ。 2021.01.20 23:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがルール違反で没収試合? 2-4で敗れたコッパ・イタリアのスペツィア戦で珍事

19日に行われたコッパ・イタリア5回戦のローマ対スペツィアの一戦が、ローマ側のレギュレーション違反により没収試合となる可能性があるようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ローマのホームであるスタディオ・オリンピコで行われた試合は、序盤にスペツィアが2点をリードするも、ローマが後半の間に追いつき、勝負は延長戦へ。しかしこの試合はここから奇妙な展開を見せることとなる。 まずは91分に2枚目のイエローカードを受けたローマのDFジャンルカ・マンチーニが退場。そのファールで与えたFKの流れからチャンスを作られ、飛び出しを図ったGKパウ・ロペスが相手と接触し、一発退場となってしまった。 あろうことかGK含む2人の退場者を出してしまったローマのフォンセカ監督は、たまらず選手交代。MFブライアン・クリスタンテとFWペドロ・ロドリゲスに代えて、GKダニエウ・フザートとDFロジェール・イバニェスが投入された。 しかし、すでに4名の交代を行なっていたローマは、1試合で6選手を交代させたことに。コッパ・イタリアでは90分間に5選手を交代させた場合のみ、延長戦で6人目の交代を行うことが可能だが、この試合ではローマが後半終了までに4選手のみしか交代していないことから、レギュレーションに違反した交代を行ったことになっていた。 ローマのレギュレーション違反は今シーズン2度目。昨年9月に行われたセリエA開幕節のヴェローナ戦も未登録の選手を起用し、没収試合となっていることからフォンセカ監督の責任も問われる問題となりそうだ。 なお、試合はそのまま進行され、延長後半に2ゴールを決めたスペツィアが2-4で勝利し、準々決勝進出。没収試合でスコアが3-0に変更されたとしても、大会への影響は少なく済むだろう。 2021.01.20 13:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ダービー完敗に続きカップ戦も敗退のローマ、指揮官は「チームに自信がある」と解任恐れず

ローマのパウロ・フォンセカ監督が、コッパ・イタリアから敗退した一戦を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。 ローマは19日に行われたコッパ・イタリア5回戦で、スペツィアと対戦。先週のローマ・ダービーでラツィオ相手に完敗したショックを少しでも払拭したい一戦だったが、格下相手に延長戦までもつれこむと、2人の退場者を出したこともあり崩壊。2-4で敗れた。 この結果、ローマはコッパ・イタリア5回戦敗退となり、準々決勝進出は果たせず。公式戦2試合続けての屈辱的な敗戦に、ファンやメディアからの圧力も強まっているが、フォンセカ監督はパフォーマンスの改善は見られたと語っている。 「問題があれば内部で話し合う。問題があればね。今日は試合のスタートが悪かった。PKで先制点を与え、その後また失点した。しかし、チームはその後に良いプレーでチャンスを作っており、違う結果があったかもしれない」 「結局、チャンスを逃し、2人が退場したことで、すべてが難しくなった。敗退はタフな瞬間だったよ。カップ戦でもっと上を目指したかったが、選手たちの態度を悪くは言えない。今は次の試合に集中する必要がある」 「メンタリティに問題があると思う。アタランタ戦、ナポリ戦、そしてダービーでは、ゴールを奪われてから跳ね返す強さが見られなかった。しかし、今夜は2失点をした後で、選手たちはゲームを変えようとする意欲が見られたよ」 また、インタビューのなかで自身の進退について問われたフォンセカ監督は、解任される心配はしていないと強調した。 「私の将来については、ここに来てからずっと話し合ってきたよ。今のリーグでの順位に励まされているし、チームに対して自信も持っているんだ。ただ、勝てなければいつだって議論の的になってしまうね。とはいえ、私は自分の仕事に集中しなければならない」 2021.01.20 11:38 Wed
twitterfacebook
thumb

延長戦2人退場で自滅のローマを破ったスペツィアが番狂わせ起こし8強進出!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア5回戦、ローマvsスペツィアが19日にスタディオ・オリンピコで行われ、延長戦までもつれ込んだ一戦を2-4で制したスペツィアが準々決勝進出を決めた。 ナポリが待つ準々決勝進出を懸けてセリエA4位のローマと13位のスペツィアが対峙した一戦。前節、ラツィオとのデルビーで屈辱的な0-3の大敗を喫したローマは、ジェコやスモーリング、ヴェレトゥら一部主力を温存も主力クラスを送り込んでバウンスバックを図った。 試合の入りこそ押し込んだローマだったが、デルビー敗戦のショックを引きずるかのように拙守から続けてゴールを許す。まずは5分、ボックス内でG・マンチーニがマッギオーレを後方から倒してPKを献上。これをガラビノフに決められる。 さらに、15分には自陣深くでクンブラのミスパスを拾われてショートカウンターを浴びると、ガラビノフの丁寧なラストパスをサポナーラが見事な右足のダイレクトシュートで決めた。 格下相手に2点のビハインドを負ったローマはすぐさま反撃を開始。ここから相手を完全に自陣深くに押し込んで波状攻撃を仕掛ける。だが、ペドロやペッレグリーニ、マジョラルと再三の決定機をフイにしてしまう。それでも、前半終了間際の42分にはペッレグリーニがボックス内で倒されて得たPKを自ら決めて点差を1点に縮めて試合を折り返した。 後半も立ち上がりから相手を押し込むが、マジョラルが右サイドを突破したペドロからの再三の決定的なクロスを押し込むことができず、同点ゴールが遠いローマ。69分にはビジャール、スピナッツォーラを下げてヴェレトゥとカルスドルプを同時投入。 そして、直後の73分にはマジョラルとの鮮やかなパス交換でゴール前に抜け出したムヒタリアンが冷静にGKとの一対一を決め切った。残り時間を考えれば、このまま押し切って90分間で逆転まで持ち込むことが予想されたが、追いついて以降は相変わらず相手を仕留めきれず。 すると、再三の決定機を逃し続けて延長戦まで持ち込まれたローマはこの延長戦で再び自滅。延長前半の立ち上がりにマンチーニが不用意なアフターチャージで2枚目の警告を受けて退場に。さらに、直後には裏へのボールに対して飛び出したGKパウ・ロペスがボールに触れず、相手FWピッコリと交錯。このファウルが決定機阻止と判断され、パウ・ロペスが退場となった。 これで一気に9人での戦いを強いられたローマはGKフザートと共にイバニェスをピッチに送り込む、専守防衛でPK戦まで持ち込む戦い方にシフト。何とか延長前半は相手の猛攻に耐え抜いたが、延長後半立ち上がりの107分には古巣対戦のヴェルデにヘディングシュートを叩き込まれて万事休す。その後、試合終了間際にもサポナーラに鮮やかなループシュートを叩き込まれたローマはホームで2-4の惨敗。 格下スペツィア相手に屈辱の敗退となり、デルビーに続く大失態を受けてフォンセカ監督の首がいよいよ怪しくなってきた。 2021.01.20 08:10 Wed
twitterfacebook
thumb

3月復帰を目指すザニオーロがコロナ陽性に

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロは18日、自身のインスタグラムで新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことを明かした。 昨年9月に左ヒザの前十字靭帯を断裂した中、ここ数週間はローマのトレーニング場であるトリゴリアでリハビリを行い、3月での復帰が報じられていたザニオーロ。復帰が迫っていた矢先のコロナ感染となったザニオーロはインスタグラムで以下のようなメッセージを送っている。 「残念ながらコロナウイルスの検査で陽性となってしまった。ただ、体調は良く、症状もない。隔離は始まったが、すぐにトリゴリアの練習場に戻れることを願っている。それまでは家からチームメートを応援するよ」 2021.01.19 00:30 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly