ジュピラー・プロ・リーグが今季終了を正式発表…森岡のシャルルロワ&三好のアントワープがEL出場権獲得

2020.05.16 06:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジュピラー・プロ・リーグは15日、2019-20シーズンが正式に終了したことを発表した。

ベルギーサッカー協会(KBVB)は4月4日の時点でリーグ打ち切りを決定していたが、その後UEFA(欧州サッカー連盟)によって来季の欧州カップ戦締め出しの可能性を示唆され、その決定を見送り。再開に向けた動きも見られたが、6日にベルギーの国家安全保障理事会によって7月31日までプロスポーツ活動の停止が発表され、ジュピラー・プロ・リーグの再開が不可能となった。

この発表を受け、ジュピラー・プロ・リーグは15日に総会を開催。この総会で2019-20シーズンのジュピラー・プロ・リーグ、ベルギー・ファースト・ディビジョンB(2部相当)、ベルギーカップの正式終了が決定した。

今シーズンの順位については、レギュラーリーグで首位だったクラブ・ブルージュの優勝と、最下位だったワースラント・ベフェレンが2部降格が決定。また昇格クラブに関しては、2部リーグで前期優勝のOHルーヴェンと後期優勝のベールスホットが、2020-21シーズン前に一発勝負の昇格プレーオフを行い決定するとのこと。なお、プレーオフ実施できなかった場合は、前後期を通して最多勝ち点を獲得したウェステルローが昇格する。

その他、来季の欧州カップ戦について、チャンピオンズリーグ(CL)にはクラブ・ブルージュが本選から、2位のヘントが予選3回戦から出場。ヨーロッパリーグ(EL)には、3位のシャルルロワが本選から、4位のアントワープが予選3回戦から、5位のスタンダール・リエージュが予選2回戦から出場することになった。

なお、ジュピラー・プロ・リーグは来シーズンについて、8月7日に開幕することを併せて発表した。


関連ニュース
thumb

「計画は完璧に機能した」3試合連続無失点で3連勝のクラブ・ブルージュ、アトレティコ撃破に指揮官「今後が楽しみだ」

クラブ・ブルージュのカール・フーフケンス監督が、アトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節でアトレティコ・マドリーをホームに迎えたクラブ・ブルージュ。3連勝を目指し、強敵との対戦となった。 しかし、試合は立ち上がりからクラブ・ブルージュが主導権を握ると、36分にカマル・ソワーのゴールで先制。さらに63分にはフェラン・ジュグラが追加点。2-0で勝利を収めた。 これで、レバークーゼン戦、ポルト戦に続いて、今シーズンのCLで3連勝。さらに3連続無失点と完璧なスタートを切ったクラブ・ブルージュ。フーフケンス監督も、予定した通りに戦えたと称賛の言葉を並べた。 「我々の計画は完璧に機能した。何をしたいのかは事前にわかっていたが、選手たちがそれをどう実行したか。そのことにとても満足している」 「彼らの自信を奪うには、ポゼッションがとても重要だとわかっていた。そうすれば、彼らを本当に苦しめることができる」 「前半はとても上手くやれていた。後半になると、全てを賭けてプレーすることが難しくなった」 「パニックになることは許されず、ボールを失うだけでなく、ポゼッションでもアグレッシブであり続けなければならなかった」 「最も難しいことではあるが、彼らのプレッシャーから抜け出し、危険を冒すことが重要だった。そして、選手たちはそれぞれの能力で多くの混乱を生み出していた。それを知っていたとは言わないが、彼らがそういったことができるというのは、絶対的な信念として持っていた」 クラブ・ブルージュはベルギー切っての強豪で、今シーズンで5シーズン連続の出場に。しかし、過去4シーズンは全てグループステージで敗退。昨シーズンはヨーロッパリーグに回ることもできずに終わっていた。 フーフケンス監督は、今シーズンはこれまでと違うと強調。しっかりと準備をし、選手がそれを実行できる力があると自信を口にしながらも、この先の3試合が大事だとした。 「ここ数年、CLに出ているだけと思われることが多かったが、今シーズンは今のところ、クラブは完璧な道を歩んでいる。3連勝で無失点だ」 「例年との違い?ロッカールームに入り、『もう、こうしてくれ』と言わなければならないような監督にはなりたくなかった。サッカーでは良くあることだ」 「こういった相手には、小さなミスも許されず、チャンスをものにしなければならない。事前に指示したことがきちんと実行され、とても満足している」 「大きな前進を遂げたが、まだまだだ。いずれにしても、今後が楽しみだ」 「試合中は楽しめたか?実際には、そんなことはない。今は、場違いでもある。やはり、客観性を保つことが大事だ。試合中は感情的な判断に巻き込まれないことが大切だ」 2022.10.05 14:49 Wed
twitterfacebook
thumb

「我々はまだタオルを投げてはいない」 CL連敗で最下位もシメオネ監督諦めず

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がチャンピオンズリーグ(CL)での黒星にも前向きな姿勢を保った。『UEFA.com』が伝えている。 アトレティコは敵地で4日に行われたCLグループB第3節でクラブ・ブルージュと対戦した。前節のレバークーゼン戦を落とすと、この試合も2連勝と好スタートを切った相手に立ち上がりからボールを握られ、36分に失点。後半も流れを掴めず、2失点目を喫すると、75分に得たPKもFWアントワーヌ・グリーズマンが不意にし、0-2で敗れた。 CL連敗でグループステージ最下位に転落したが、シメオネ監督はまだ挽回が可能と述べ、残り3試合に全力を尽くすと意気込んだ。 「今日はしっかりとした試合だったと思う。前半は試合をコントロールして、チャンスもあった。しかし、我々の力不足もあり、そのチャンスを活かせなかったね。そして後半は、相手GKの働きが試合のキーになった」 「今夜の我々はとても強いクラブ・ブルージュを見た。しかし、チームはそれに対して準備できていて、前半は力強いプレーを見せていたと思う。ただ、精度を欠き、自信も失ってしまった。あのPKが決まっていたら、試合全体が変わっていたかもしれない。とはいえ、我々はまだタオルを投げてはいない。まだ3試合残っているのだ」 2022.10.05 12:22 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、旋風ブルージュに屈して3連勝許す《CL》

アトレティコ・マドリーは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節でクラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 前節レバークーゼンに敗れて1勝1敗スタートとなったアトレティコは、直近のセビージャ戦に続いて4バックを継続。モラタとグリーズマンの2トップで臨んだ。 2連勝スタートのブルージュに対し、フラットな[4-4-2]で構え、ブルージュにポゼッションを譲る展開としたアトレティコ。 そんな中26分に先制のチャンス。ボックス右に抜け出したモラタがGKと一対一に。しかしミニョレに止められた。 絶好のチャンスを逸したアトレティコは36分、ブルージュに先制される。ソワーとのパス交換からシュグラにボックス左深くまでえぐられてクロスを入れられると、ゴール前に走り込んだソワーに押し込まれた。 1点ビハインドで迎えた後半、開始2分にアトレティコはピンチ。ゴール至近距離からシュグラにボレーシュートを打たれたが、GKオブラクがファインセーブで阻止した。 しかし63分、ブキャナンとのパス交換からジュグラにシュートを決められ、リードを広げられた。 2失点目を受けてクーニャを投入したアトレティコは75分にそのクーニャがPKを獲得。しかしキッカーのグリーズマンはシュートをバーに当ててしまい失敗してしまう。 このままアトレティコは0-2で敗戦。ブルージュの3連勝を許してしまった。 グループBもう一試合のポルトvsレバークーゼンは2-0でポルトが勝利。1勝2敗で3チームが並ぶ混戦模様となっている。 2022.10.05 06:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ミニョレがクラブ・ブルージュと契約延長! 加入後リーグ3連覇中

クラブ・ブルージュは29日、ベルギー代表GKシモン・ミニョレ(34)と2026年まで契約を延長したことを発表した。 前所属のリバプールでは正GKも務めながら在籍6年間で204試合に出場したミニョレ。2019年夏にブルージュに加入し、9年ぶりに母国復帰を果たすと、リーグ戦全試合に出場するなどすぐに守護神の地位を築いた。 今季もここまで12試合に出場し、在籍3年強で通算152試合に出場中。60試合でクリーンシートを記録している。 なお、ミニョレ加入後のブルージュはリーグ3連覇。現在は3位に位置している。 2022.09.30 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

前線にベテランとケガがちな選手が多いミラン、今冬も23歳ノア・ラング獲得に本腰か

ミランが今冬もクラブ・ブルージュのオランダ代表MFノア・ラング(23)の獲得に乗り出す考えのようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 ミランはセリエA6試合を終え、首位ナポリと同勝ち点の3位と順調な滑り出し。スクデットを獲得した昨季のチームをベースにベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエルなどを加えたスカッドは、連覇を目指す上で十分な戦力と言える。 しかし、前線にはベテランとケガがちな選手が多く、少なからず不安もある模様。フランス代表FWオリヴィエ・ジルーは35歳で、リハビリに励む元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは来月で41歳。どちらも計算できる戦力だが、フル稼働が難しいのは明白だ。 さらに現在、最前線と左サイドでプレーするクロアチア代表FWアンテ・レビッチがヘルニアの治療中、ベルギー代表FWディヴォク・オリジは筋肉系トラブルで第7節ナポリ戦までの欠場が決定的だという。両名は昨季もケガに悩まされたプレーヤーだ。 こういった背景があり、ミランは今冬にラングを獲得したい考え。ラングは前線ならどこでもプレー可能というアタッカーで、ミランは今夏も獲得に本腰を入れていた。 2020年10月から在籍するクラブ・ブルージュでは、ジュピラー・プロ・リーグ通算60試合22得点20アシストを記録しており、同リーグ屈指のタレントとして様々なクラブが獲得に興味を示している。 2022.09.12 21:38 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly