ボローニャ冨安健洋にローマ関心説浮上…元セレソンDFとのトレード案も!

2020.05.04 13:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマがボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋(21)を注視しているようだ。

スペイン『TodoFichajes』によると、ローマは次の移籍市場における守備陣の強化をポイントの1つに掲げている模様。いくつかの新戦力候補が挙がり、その1人が冨安だという。

ローマはすでに冨安獲りに向けて始動。ボローニャの会長を務めるジョーイ・サプート氏は売却を急いでいないというが、1stコンタクトを図ったようだ。

また、ローマのパウロ・フォンセカ監督は冨安の獲得にプライオリティを置いており、元ブラジル代表DFフアン・ジェズス(28)を譲渡する案も検討しているとのことだ。

冨安は今季、シント=トロイデンからボローニャに加入。本職のセンターバックとしてでなく、右サイドバックのレギュラーに定着して、公式戦21試合に出場している。

日本人選手のローマ入りとなれば、2000〜2001年にかけて在籍した元日本代表MFの中田英寿以来。セリエA挑戦から1年にして、ステップアップなるか。続報に注目だ。
コメント