イブラヒモビッチのドッピエッタで冨安ボローニャに完勝のミランが白星発進!《セリエA》

2020.09.22 05:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第1節のミランvsボローニャが21日にサン・シーロで行われ、2-0でミランが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。昨季セリエAを6位で終えたミランは、17日に行われたヨーロッパリーグ予選2回戦でアイルランドのシャムロック・ローヴァーズを2-0で撃破。中3日での一戦に向けてピオリ監督は、イブラヒモビッチやレビッチ、チャノハノールら昨季の主力をスタメンで起用した。

一方、昨季セリエAを12位で終えたボローニャは、パラシオやオルソリーニ、ソリアーノ、ダニーロといった主力に加え、新戦力のデ・シルベストリがスタメンとなった。なお、冨安はセンターバックでスタメンに名を連ねている。

試合は開始早々の2分にボローニャがチャンスを迎えるベナセルのクリアをボックス左手前のドミンゲスがブロックすると、こぼれ球をボックス中央のソリアーノが右足で合わせたが、シュートはわずかに枠の左に外れた。

対するミランは12分、カラブリアとのパス交換でボックス右に侵入したイブラヒモビッチがマークの冨安をかわし素早くシュート。28分にもスルーパスでボックス左深くに抜け出したイブラヒモビッチがターンで冨安をかわしクロス。GKスコルプスキの弾いたボールをベナセルが詰めたが、共にシュートはゴール左に逸れた。

時間の経過とともに攻勢を強めるミランは35分に先制する。テオ・エルナンデスの左クロスをイブラヒモビッチが豪快なヘディングでシュートをゴール右に突き刺した。

迎えた後半、ミランはカスティジェホを下げてサレマーカーズを投入。すると47分、敵陣中盤でボールを奪ったサレマーカーズがボックス右まで持ち上がり中央へラストパスを供給。これを走り込んだイブラヒモビッチが右足ダイレクトで合わせたが、これはGKスコルプスキの好セーブに防がれた。

決定機を逃したミランだったが49分、左クロスのこぼれ球に反応したベナセルがオルソリーニにボックス付近で倒されると、VAR判定の結果、ミランがPKを獲得。このPKをイブラヒモビッチがゴール右上に突き刺し、幸先良く追加点を奪った。

後半も主導権を握ったミランは、63分にカウンターからチャンス。相手CKのセカンドボールを奪ったチャノハノールがサレマーカーズとのパス交換で右サイドを突破。相手DFを引きつけラストパスを送ったが、GKとの一対一を迎えたイブラヒモビッチのシュートはゴール左に外れた。

リードを広げられたボローニャは79分、バロウのロングスルーパスでボックス右まで駆け上がったスコフ・オルセンがカットインからシュート。さらに84分にはボックス左手前でパスを受けたサンソーネが縦へ持ち上がり左足を振り抜いたが、共にシュートはGKドンナルンマの好セーブに阻まれた。

徐々に盛り返しを見せたボローニャだったが88分に、ドリブルで持ち上がろうとしてたサレマーカーズの腕を引っ張ってしまったダイクスがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。

その後、数的不利となったボローニャは90分にサンソーネのFKをゴール前の冨安がヘディングシュートで合わせたが、これはGKドンナルンマの正面を突いた。

結局、試合はそのまま2-0で終了。イブラヒモビッチのドッピエッタでボローニャを下したミランが白星スタートを切った。
コメント
関連ニュース
thumb

1枚の写真で移籍の憶測が加速?ミランMFチャルハノール、今季終了後にユベントス行きか

ミランのトルコ代表MFハカン・チャルハノール(26)のユベントス移籍が急に騒がれ始めた。イタリア『カルチョメルカート』などが伝えている。 チャルハノールは、2017年7月にレバークーゼンからミランへと加入。FKの名手と知られる中、ミランの中盤を支え、ここまで公式戦141試合に出場し27ゴール40アシストを記録している。 今シーズンもセリエA8試合に出場し2アシスト、ヨーロッパリーグでも1試合に出場している状況だ。 そのチャルハノールだが、ミランとの契約は今シーズン限りで満了を迎える状況。年俸250万ユーロ(約3億1000万円)の契約を結んでいるが、代理人が600万ユーロ(約7億4000万円)を要求していることもあり、契約延長交渉が進んでいない。 また、チャルハノールには、ユベントスやマンチェスター・ユナイテッド、インテルなどのクラブが興味を示しており、このままでは来年1月から他クラブがフリーエージェントでの移籍に向けた契約が可能となる状況だ。 そんな中、1枚の写真により、ユベントスへの移籍が大きく噂されることになってしまう。 チャルハノールは、ユベントスのトルコ代表DFメリフ・デミラルとの2ショットを撮影。デミラルのインスタグラムのストーリーズにアップされていた。 ただ同胞と2ショットを撮っただけとも言えるが、現在の状況を鑑みて噂が拡大。デミラルが所属するユベントスへ移籍するのではないかとの憶測が高まってしまった。 何れにしても、今年中にミランと契約延長を行わなければ、他クラブが交渉可能となる状況。果たして、チャルハノールは来季どこでプレーするのだろうか。 <div id="cws_ad">◆憶測を加速させた2ショット<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">Hakan Çalhanoğlu &amp; Merih Demiral <a href="https://t.co/pjboZFWGhM">pic.twitter.com/pjboZFWGhM</a></p>&mdash; Fanatik (@fanatikcomtr) <a href="https://twitter.com/fanatikcomtr/status/1330975755984101378?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.24 09:38 Tue
twitterfacebook
thumb

英2部バーミンガムがミラン退団のクロアチア代表MFハリロビッチを獲得

チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティは23日、クロアチア代表MFアレン・ハリロビッチ(24)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2021年6月30日までで、背番号は「35」を着用する。 ハリロビッチは、母国のディナモ・ザグレブの下部組織で育ち、2014年7月にバルセロナBへと移籍。2015年7月にファーストチームへ昇格していた。 そのままスポルティング・ヒホンへレンタル移籍すると、2016年7月にハングブルガーSVへ完全移籍。ラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2018年7月にミランへ完全移籍した。 ミラン加入後もレンタル移籍は続き、スタンダール・リエージュ、ヘーレンフェーンでプレー。今夏にミランへ復帰したが、出場機会は得られず10月に双方合意の下で契約を解除し退団していた。 キャリア通算では、ラ・リーガで74試合に出場し5ゴール9アシスト、ブンデスリーガで6試合に出場。ミランでは公式戦3試合に出場も、セリエAに出場したことはなかった。 2020.11.24 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランに暗雲、イブラヒモビッチがハムストリング負傷

セリエA無敗で首位を走るミランだが、その好調を支える元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがケガをしてしまったようだ。 22日に行われたセリエA第8節のナポリ戦。互いに上位に位置する屈指の好カードとなったが、20分にアーリークロスを頭で押し込んだイブラヒモビッチのゴールでミランが先制すると、後半立ち上がりにも、クロスからイブラヒモビッチが追加点し、リードを広げる展開に。 その後、1点返されるものの、後半アディショナルタイムにイェンス・ペッター・ハウゲのダメ押しゴールが決まって、アウェイで1-3の快勝を収めた。 これで6勝2分け無敗で首位の座を守ったミランだが、頼みの綱のイブラヒモビッチが左ハムストリングを痛めて負傷交代する事態に。ピッチを後にする同選手は苦痛の表情を浮かべており、クラブは23日に精密検査を行うとしている。 また、この試合ではMFアレクシス・サレマーカーズも負傷。こちらは左足首のねん挫で、同じく23日に検査を受ける模様。新加入の今季は、ここまでリーグ戦全8試合に出場していた。 2020.11.23 13:36 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン代行指揮全うのボネーラ「監督とは試合後に話をして、喜んでくれた」 負傷のイブラにも言及

ミランのダニエレ・ボネーラ監督代行がイタリア『スカイ』で勝利を喜び、負傷交代のエースにもコメントした。 今季のセリエA開幕から7試合を消化して5勝2分けの首位ミランは22日に敵地で行われた第8節で5勝2敗の3位ナポリと対戦。3-1の勝利を収め、首位を堅持した。 新型コロナウイルスに感染して静養のステファノ・ピオリ監督に代わり、この大一番の指揮を託されたコーチのボネーラ氏だが、見事にチームを勝利に導いた。 大役を全うしてみせたボネーラ氏は試合後、ピオリ監督とのやり取りを明らかにするとともに、勝利を誇った。 「明らかに大きな勝利で、我々が正しい道を歩むことを示すものだが、開8試合が終わった今のタイミングで(来年)5月についての話をするのは時期尚早だ」 「ピオリ監督とは試合後に話をした。彼は非常に喜んでくれたよ。ドレッシングルームで顔を合わせた選手たちもね。我々には素晴らしいスカッドがある」 「できる限りこの状況であり続けたいのだ。一時的な成功じゃない」 また、先発して今季4度目のドッピエッタでチームの勝利に大きく貢献したものの、79分に左足太ももを痛めてピッチを後にしたイブラヒモビッチにも言及した。 「情報は今の段階であまりないが、筋肉系の問題みたいだ。程度を確認するために数日ほど待ってみないとならない」 2020.11.23 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

39歳イブラ、セリエA開幕8試合10ゴールで新たな勲章! 最年長記録達成

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがセリエA新記録を樹立した。データ集計会社『Opta(@OptaPaolo)』が紹介している。 今季のセリエA開幕から7試合を消化して5勝2分けの首位ミランは22日に行われた第8節で5勝2敗の3位ナポリと対戦。3-1の勝利を収め、首位を堅持した。 先発したイブラヒモビッチは79分に左足太ももを痛めてピッチを後にしたが、2ゴールの活躍。今季4度目のドッピエッタで、6試合ゴールを達成した。 これで今季のリーグ戦開幕から8試合で10ゴール。同期間での10ゴールという成績を記録した選手として、39歳のイブラヒモビッチは最年長達成者だという。 従前の記録保持者は1942-43シーズンにラツィオでプレーした元イタリア代表FWのシルヴィオ・ピオラ氏の29歳。今回で大幅に記録を更新したことになる。 今年1月にミラン復帰を果たして以降、年齢を超越するプレー面だけでなく、そのカリスマ性を遺憾なく発揮して、チームを高みに導くイブラヒモビッチ。今後も目が離せない。 2020.11.23 09:10 Mon
twitterfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly