フォルランが元相棒カバーニのボカ行きに言及! 「ボカでのプレーは想像できる」

2020.03.28 14:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ウルグアイ代表FWのディエゴフォルラン氏は、代表時代の元相棒のボカ・ジュニアーズ移籍が実現可能であると考えている。ウルグアイ『Ovacion』がペニャロール指揮官のコメントを伝えている。今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)退団が濃厚となっているウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)。

今夏の新天地候補としては相思相愛と言われるアトレティコ・マドリーや、かつてプレーしたセリエA、資金力に優れるプレミアリーグのビッグクラブなどの名前が挙がっている。その一方で、先日から南米屈指の名門ボカへの移籍の噂が出始めている。

選手本人がヨーロッパでのキャリア続行を希望しているとの噂や高額なサラリーの問題もあって、ボカにとっては非常に難しいオペレーションだ。ただ、カバーニが以前に「ボカは攻撃的なチームで惹かれるチーム」と、憧れを口にしていたこともあり、クラブ首脳やボケンセは大物ストライカー加入に一縷の望みを抱いている。

そういった状況の中、フォルラン氏は自身がインデペンディエンテでプロキャリアをスタートしたこともあり、アルゼンチンサッカーに関するインタビューを受けた際、ウルグアイ代表の元相棒のボカ行きの可能性について言及。「ボカのユニフォームを着ている姿は想像できるよ」と、この移籍が実現可能であるとの見解を示した。

「カバーニがボカでプレーすることは想像できるよ」

「リーベルと同様にボカは南米において非常に重要なチームだ。国内リーグとリベルタドーレスでトロフィーを争うチームだからね」

「もちろん、キャリアのピークにおいて南米出身のスタープレーヤーが戻ってくるのは経済的な問題もあって難しい。彼らがヨーロッパで受け取っている金額と、ここで受け取るものは比較できないほどの違いがあらからね」

「ただ、経済的な面を考えず、あくまでプロフェッショナルな観点から考えれば、ボカへの移籍はとても大きなチャレンジになるはずだ。それは素晴らしいチャレンジだと言えると思うよ」
関連ニュース
thumb

ボカ、物議醸すコパ敗退後の乱闘劇で関係者6名が逮捕…クラブはVARと対戦相手を批判

ボカ・ジュニアーズがコパ・リベルタドーレス敗退後にブラジル警察と激しい乱闘となった事件に関して、同クラブの関係者6名が逮捕された。ブラジル『ESPN』が報じている。 ミナス・ジェライス州警察の発表によると、ボカの関係者の2名は器物損壊の罪で逮捕され、それぞれ3000レアル(約6万円)の保釈金を支払って釈放されたという。 さらに、その他の4名に関しては暴行罪や公務執行妨害罪、侮辱罪などで逮捕されたが、今後裁判に出廷することを条件に同じく釈放されている。 なお、ボカは個人名は伏せられているものの関係者6名の逮捕を受け、21日に以下のような公式声明を発表している。 「ボカ・ジュニアーズは、アトレチコ・ミネイロとのコパ・リベルタドーレスにおいて、2つの不可解な誤審により、合法的なゴールが覆され、大陸で最も権威ある大会の精神が破壊されました」 「私たちのファン、プレーヤー、コーチングスタッフは、VAR技術を悪意を持って意図的に利用したことで被害を受けました。今回の出来事は、前例のないことです。シリーズの2試合に勝利したチームが大会から脱落するのは初めてのことです」 「アトレチコ・ミネイロの会長が、数日間にわたって脅迫的なメッセージで暴力を煽り、その結果、我々のプレーヤー、コーチングスタッフ、経営陣が肉体的に傷つけられ、(新型コロナウイルスに関する)バブルを壊さないために不幸な状況で12時間以上拘束されるという残念な出来事に至るまで、その態度を見過ごすことはできません」 ボカは20日、敵地で行われたコパ・リベルタドーレスのラウンド16でアトレチコ・ミネイロと対戦。 試合は0-0に終わった1stレグに続き、2ndレグも0-0のスコアで90分の戦いが終了し、延長戦でも決着が付かず、突破の行方はPK戦に委ねられることになった。そのPK戦ではアトレチコ・ミネイロの守護神エヴェルソンが2本のPKストップに加え、自らPKも決める圧巻の活躍により、PK戦を3-1で制したブラジルの強豪の勝ち抜けとなった。 しかし、両者の対戦ではボカのホームで行われた1stレグでボカのゴールが微妙なオフサイド判定で取り消しとなったほか、今回の2ndレグでもビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってボカの正当と思われるゴールが取り消しとなる、物議を醸す判定が目立っていた。 そういった事情もあり、後半のピッチでは前述のVAR判定直後主審に、主審に近づいたボカの選手たちとマッチオフィシャルを中心に両軍入り乱れる小競り合いが発生し、両チームのアシスタントコーチが退席処分となる一幕もあった。 試合後には敗退を不服とするボカの選手たちの怒りが最高潮に達し、試合関係者が避難したとされるアトレチコ・ミネイロのロッカールームに押し入る暴挙に出た。 これを受けて地元警察が鎮圧に乗り出し、ボカの選手たちに向けて催涙ガスを噴射するなど、スタジアム内は大混乱に。ボカの選手たちはアトレチコ・ミネイロの選手や関係者に暴行を働いた他、DFマルコス・ロホらは警察官に対して消火器を放り投げようとするなど、過激な行動に出ていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ボカの選手たちが大暴れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Se ve que en la transmision de allá no lo pasaron. <a href="https://t.co/uMxyP47b59">pic.twitter.com/uMxyP47b59</a></p>&mdash; Faka (@Faka_sc) <a href="https://twitter.com/Faka_sc/status/1417645791586443266?ref_src=twsrc%5Etfw">July 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Boca se preparando pra enfrentar o Botafogo <a href="https://t.co/hCzRgvW60i">pic.twitter.com/hCzRgvW60i</a></p>&mdash; G. A. L. O. (@flaviocaldeira) <a href="https://twitter.com/flaviocaldeira/status/1417664755519602690?ref_src=twsrc%5Etfw">July 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.22 15:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ボカの選手たちが物議醸すコパ敗退後にブラジル警察相手に大暴れ! 選手関係者8名が逮捕…

ボカ・ジュニアーズがコパ・リベルタドーレス敗退後にブラジル警察と激しい乱闘となった。ブラジル『ESPN』が報じている。 ボカは20日、敵地で行われたコパ・リベルタドーレスのラウンド16でアトレチコ・ミネイロと対戦。 試合は0-0に終わった1stレグに続き、2ndレグも0-0のスコアで90分の戦いが終了し、延長戦でも決着が付かず、突破の行方はPK戦に委ねられることになった。そのPK戦ではアトレチコ・ミネイロの守護神エヴェルソンが2本のPKストップに加え、自らPKも決める圧巻の活躍により、PK戦を3-1で制したブラジルの強豪の勝ち抜けとなった。 しかし、両者の対戦ではボカのホームで行われた1stレグでボカのゴールが微妙なオフサイド判定で取り消しとなったほか、今回の2ndレグでもビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってボカの正当と思われるゴールが取り消しとなる、物議を醸す判定が目立っていた。 そういった事情もあり、後半のピッチでは前述のVAR判定直後主審に、主審に近づいたボカの選手たちとマッチオフィシャルを中心に両軍入り乱れる小競り合いが発生し、両チームのアシスタントコーチが退席処分となる一幕もあった。 そして、試合後には敗退を不服とするボカの選手たちの怒りが最高潮に達し、試合関係者が避難したとされるアトレチコ・ミネイロのロッカールームに押し入る暴挙に出た。 これを受けて地元警察が鎮圧に乗り出し、ボカの選手たちに向けて催涙ガスを噴射するなど、スタジアム内は大混乱に。ボカの選手たちはアトレチコ・ミネイロの選手や関係者に暴行を働いた他、DFマルコス・ロホらは警察官に対して消火器を放り投げようとするなど、過激な行動に出ていた。 その後、ボカの選手たちの暴動は鎮圧されたが、クラブ幹部を含む8名が現行犯逮捕された。なお、ボカは地元警察に拘留されている仲間が解放されるまで、同地に残る意向を明らかにしており、ベロオリゾンテのアルゼンチン大使が身柄引き渡しに向けて介入しているとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ボカの選手たちが大暴れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Se ve que en la transmision de allá no lo pasaron. <a href="https://t.co/uMxyP47b59">pic.twitter.com/uMxyP47b59</a></p>&mdash; Faka (@Faka_sc) <a href="https://twitter.com/Faka_sc/status/1417645791586443266?ref_src=twsrc%5Etfw">July 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Boca se preparando pra enfrentar o Botafogo <a href="https://t.co/hCzRgvW60i">pic.twitter.com/hCzRgvW60i</a></p>&mdash; G. A. L. O. (@flaviocaldeira) <a href="https://twitter.com/flaviocaldeira/status/1417664755519602690?ref_src=twsrc%5Etfw">July 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.21 19:18 Wed
twitterfacebook
thumb

ボカ退団のテベスはMLSで現役続行か?

先日にボカ・ジュニアーズを退団した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(37)は、アメリカでのキャリア続行を検討しているようだ。アルゼンチン『ESPN』が報じている。 マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティでプレミアリーグ優勝を経験して、ユベントスでもセリエAを制したテベスは2015年夏に古巣ボカに復帰。2017年1月から一時中国に活躍の場を移したが、2018年1月に再び帰還を果たして、2度のリーグ優勝に貢献した。 しかし、先月初めに愛するボカを退団することを明かしていた。 退団発表時には今後の去就を濁したテベスだったが、現時点で現役引退の意思はないという。そして、新天地としてアメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)が浮上している。 『ESPN』が伝えるところによれば、現在テベスの元にはアトランタ・ユナイテッドとインテル・マイアミ、ミネソタ・ユナイテッドの3クラブからオファーが届いているという。ただ、ミネソタに関しては高額の給与の支払いが難しく、アトランタとマイアミの一騎打ちとなる模様だ。 2021.07.09 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

37歳テベスがボカ退団…「チャプターは終わった」 現役引退は濁す

元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(37)がボカ・ジュニアーズ退団を表明した。 マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティでプレミアリーグ優勝を経験して、ユベントスでもセリエAを制したテベスは2015年夏に古巣ボカに復帰。2017年1月から中国に活躍の場を移したが、2018年1月に再び帰還を果たして、2度のリーグ戦優勝に貢献した。 アルゼンチン代表としても76キャップ13得点の数字を誇り、2006年から2大会連続でワールドカップ(W杯)にも出場したテベス。アメリカのスポーツチャンネル『ESPN』によると、4日の会見で現役引退こそ思いとどまったが、休息の必要性を説き、ボカ退団を公言したという。 「3カ月後にまたプレー意欲が湧いてくるかもしれないから、引退と言えるかわからない。でも、ボカの色はもう着ない。ここでのチャプターは終わった」 また、退団理由としてクラブが期待するパフォーマンスレベルで貢献できない現状を挙げ、家族との時間を優先したいとの思いも口にした。 「今日は人生で最も悲しい日の1つだが、自分の決断に満足している。100%の精神状態じゃないから、身を引かないといけないと感じた」 「僕は良い状態だが、ボカは120%の力を求めている。今はそれに応えてあげることができない」 「(3カ月前に)父が亡くなってからは弔う時間すらなく、すぐプレーに戻った。今はピッチから離れて、家族と過ごす時間が必要なんだ」 2021.06.05 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

カバーニがユナイテッドと契約延長! 2022年6月までサイン

マンチェスター・ユナイテッドは10日、ウルグアイ代表FWエディソン・カバーニ(34)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 昨季限りで7年在籍したパリ・サンジェルマン(PSG)を退団し、2020年の夏にユナイテッド入りしたカバーニ。徐々に本領を発揮して、ポストワークや前線からのチェイシングといった献身的な働きとともに、ここまで公式戦35試合の出場で15得点5アシストをマーク。直近のアストン・ビラ戦でも87分に公式戦3戦連発となるゴールを記録していた。 そのカバーニには、幼少期からの憧れともいわれるアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズへの移籍の噂が挙がっていたが、ユナイテッド残留を決断したようだ。 今回契約延長を結んだカバーニは、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「シーズンを通して、僕はこのクラブと、クラブが象徴するすべてのものに大きな愛情を抱くようになった。このクラブにはチームメイトや裏方のスタッフとの深い絆を感じることができる。彼らは毎日、僕に特別なモチベーションを与えてくれますし、僕たちは一緒になって特別なことを成し遂げられると信じているよ」 「ここに到着した最初の瞬間から、監督の信頼を感じました。選手としては、この信頼が最高のサッカーをするための機会を与えてくれるから、監督には感謝している」 「サポーターの皆が僕の残留を望んでいてくれたことに感謝し、これからもフィールドでのパフォーマンスでサポーターの皆に幸せと喜びをお届けできるよう、全力を尽くすよ。まだ、オールド・トラフォードの観客の前でプレーすることができていないから、、それが待ち遠しいね」 2021.05.11 02:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly