【コロナ禍のJリーグ②】田嶋ショックでチームは困惑。取材規制の中、発信に工夫も

2020.03.22 18:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
4月3日の公式戦再開を目指すJリーグにとってショッキングな出来事が起きた。日本サッカー協会の田嶋幸三会長が17日、新型コロナウイルスに感染したことが明らかにされたのだ。これを受け、Jリーグ事務局は村井満チェアマンの記者会見をオンラインにシフト。各クラブも報道規制の強化に乗り出し、2月25日の最初の公式戦延期決定から通常通りの取材対応を行ってきた川崎フロンターレが無期限の非公開練習に踏み切ったのだ。スカイプなどビデオ通話アプリを使った取材形式を導入するクラブも増え、3月1日からいち早く実施していた浦和レッズに加えてベガルタ仙台、鹿島アントラーズもその方式を取り入れた。

◆クラブはサッカーの無い日常を作らない努力
©︎J.LEAGUE

浦和レッズの武藤雄樹は「中断期間に入って取材が少なくなり、サッカーの情報があまり入ってこないと知り合いに言われた。サポーターのみなさんがレッズの様子を知れなかったりするのは残念な思いがあります」と苦渋の表情を浮かべたが、人と気軽に接することができなくなるのは彼らにとってもストレスだ。「早くサッカーの試合ができる日常を取り戻したい」と佐藤寿人(ジェフユナイテッド千葉)も選手全員の思いを代弁していた。

こうした中、各クラブは少しでもチームや選手の現状を発信しようと工夫している。川崎Fは14日から公式インスタグラムで練習のライブ配信を開始。清水エスパルスなどは17日の藤枝MYFCとの練習試合を同じくインスタグラムの公式アカウントで配信した。

「サッカーの情報を少しでもファンに届けて、何とか再開時までしのいでもらいたい」というクラブ側の思いは切実だ。実際、サッカーのない日常にサポーターが慣れてしまうと、再開後の集客減に直結しかねない。2〜3月にかけて公式戦がなくなったことによる大幅収入減は必至で、4月3日以降も再延期となれば、経営面へのダメージはより深刻になる。北海道コンサドーレ札幌がコロナ関連で約5億円の減収と試算しているという報道も出ており、少しでもマイナスを食い止めようと躍起になるのも当然だ。全てが通常に戻るのを関係者全員が強く願っている。

◆トレーニングのスケジューリングにもクラブの色
©︎J.LEAGUE

もちろん現場も困難なアプローチを強いられている。最初の再開予定日だった3月18日にフォーカスして調整を続けてきたのに、それが4月3日に後倒しになったばかりでなく、4月中旬、あるいは5月頭までずれ込む可能性も出てきたのだから、どのようにコンディションを上げ、チーム完成度を高めたらいいのか、各クラブの監督やコーチも頭を痛めている。

ガンバ大阪の宮本恒靖監督を例に挙げると、再開延期を受けて、12〜15日まで4連休とし、選手たちの頭と体をリセットさせた。数日間のオフを取るチームは他にもあり、「もう1回きっちりやるために休む」という判断を下したのだろう。

川崎Fの鬼木達監督の場合は、12〜13日と15〜16日をオフにし、14日だけ練習というイレギュラーなスケジュールを組んだ。「ウチの選手は真面目で4〜5日連休を取ると、自主的にグランドにやってきて練習してしまう。それではオフの意味がないので、中日に練習日を設けた」とチームスタッフは説明していたが、これは川崎Fならではの事情を反映したもの。浦和も12〜13日の2連休にとどめていて、チームによって考え方は違うのだ。

◆千葉・佐藤寿人「長いプレシーズンを過ごしていると思えば」

もちろん柏レイソルやサンフレッチェ広島やセレッソ大阪のように通常通りの流れでトレーニングしているチームもあり、どのアプローチが功を奏するか分からない。再開後の試合日程もハッキリしていないため、どこからギアを上げていくかも難しいところだ。
©︎J.LEAGUE

ただ、佐藤寿人が「まだシーズンが始まっていないと思えばそんなに心理的負担はない。長いプレシーズンを過ごしていると思えば、自然とモチベーションが上がってくる」とベテランらしい発言をしていた通り、選手たちは空いた時間を最大限活用して、最高の準備をすることが肝要だ。

今季は「降格なし」という特例ができたとはいえ、超過密日程で1年間を戦わなければならなくなるのは事実。固定メンバーだけで乗り切ろうとしても絶対にムリなのは間違いない。この中断期間に選手層を引き上げ、戦い方のバリエーションを広げておくことが全チームの至上命題になるだろう。それができたチームだけが上位争いを繰り広げられるし、タイトルにも手が届くのだ。

先が見えない不安もあるが、今はできることをしっかりやるしかない。

「最初は高齢者がかかりやすいのかなと思っていたんですけど、体を鍛えている欧州のトップ選手でもかかってしまう。それだけみんなが予防をしっかりやらなければいけないと感じさせられますし、自分たちもクラブハウスに来てから全員熱を計ったりとか、気を使っているので、健康には本当に気を付けていかないといけないと思います」と武藤もしみじみ語っていたが、まずはJリーグの選手・関係者からコロナ感染者を出さないことに全力を傾けなければならない。それが早期のJ再開につながる。我々メディア関係者も含め、サッカーに関わる全員がそのことを肝に命じることからまずは始めたい。

【文・元川悦子】
長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。
コメント
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.55】柴崎&航コンビに中山も台頭したボランチ陣。ハリルの申し子は巻き返しを図れるか?/井手口陽介(ガンバ大阪/MF)

森保ジャパンの約1年ぶりの代表活動となった10月オランダ2連戦(ユトレヒト)は1勝1分という悪くない結果で終了した。9日の初戦・カメルーン戦は長期間のブランクと選手たちの過度な気負いで前半は守備が空回りしたが、後半から3バックにシフトしたことで修正が図られ、全体に落ち着き、スコアレスドローに持ち込んだ。 13日のコートジボワールとの2戦目はその流れを踏襲し、守りの安定度が向上。けれども、攻撃の方は迫力不足を露呈した。最終的には植田直通(セルクル・ブルージュ)の劇的ヘディング弾が飛び出し、1-0の勝利をモノにしたが、アタッカー陣は不完全燃焼感を色濃く感じたことだろう。 こうした中、前進を示したポジションの1つがボランチだ。今回は柴崎岳(レガネス)、遠藤航(シュツットガルト)、中山雄太(ズウォレ)、板倉滉(フローニンゲン)という4枚が招集され、1戦目は柴崎・中山、2戦目は柴崎・遠藤のコンビで戦った。前者は中山が大きな成長が示し、後者は同級生コンビが好連携が光った。とりわけ、ブンデスリーガ1部初挑戦の遠藤航が今季クラブで示している通りの力強さと球際の激しさ、攻守両面での献身性を前面に押し出したことは特筆すべき点。森保一監督にとっても朗報と言えるだろう。 この3人がポジション争いで一歩リードしたのは間違いないが、今夏ロシアに赴いた橋本拳人(ロストフ)も控えているし、国内組にも優れた人材はいる。その筆頭が今季ガンバ大阪で軸を担っている井手口陽介だ。遠藤保仁のジュビロ磐田移籍もあり、24歳になった「ハリルホジッチ監督の申し子」の存在価値は古巣復帰1年が経過し、鋭いパフォーマンスを取り戻している。もともとボール奪取能力には定評があったが、その強みが研ぎ澄まされたうえ、積極的に攻撃にも絡み、意欲的にミドルシュートも打っている。遠藤がチームを離れた今、生え抜きボランチは「自分がやらなアカン」という気持ちが強めているはず。そういう意味で、彼の復活が非常に興味深い。 そもそも井手口は2018年ロシアワールドカップに参戦するはずの人間だった。ご存じの通り、ハリル監督時代はレギュラーに抜擢され、日本が6大会連続世界切符を獲得した2017年8月のオーストラリア戦(埼玉)で強烈なダメ押し弾をゲット。眩いばかりの輝きを放った。同年12月のEAFF E-1選手権(東京)でも中盤の軸として奮闘。そこで韓国に4失点粉砕された経験も踏まえ、2018年1月に欧州挑戦を決断。イングランド1部・リーズ・ユナイテッドの一員となった。 しかし、そこからレンタルされたスペイン2部のクルトゥラス・レオネッサでは言葉や文化、習慣の問題から異国になじめず、出番を得られず苦しんだ。それに加えて、4月のハリル解任というショッキングな出来事が重なり、ほぼ手にしたと思われていたロシア行きを逃してしまう。事前合宿までは帯同していただけに、本人も悔しさひとしおだったに違いない。そんな屈辱を晴らすべく、同年夏にはドイツ2部のグロイター・フルトに2度目のレンタルに出たが、今度は右ひざ後十字じん帯断裂と半月板損傷という2度の重症を負い、「海外で成長したい」という思いは叶わなかった。 数多くの挫折を経て、彼は2019年夏に古巣・ガンバに戻ったわけだが、当初はコンディションが上がらず苦しんだ。「井手口は公式戦から長い間遠ざかっていた。自分でトレーニングはしていたが、実戦感覚がまだ戻っていない。もう少しかかる」と宮本恒靖監督も長期化を覚悟していた。そうやって辛抱して使い続けてくれた指揮官に応えるべく、井手口自身も奮起。試合を重ねるごとに復調していった。 「ツネさんが使ってくれているから、期待に応えたい気持ちは絶対にある。誰よりも最後まで走り抜きたいです。厳しい状況なった時、プレーで若手を鼓舞できる存在になれればいい。僕はこのチームの若手の中ではいろんな経験がある方なんで、それを還元できればいいと思ってます」と本人も海外挑戦前とは異なる心境を吐露した。自分がガンバをリードすることで、復帰させてくれた恩に報いたいと強く願っていたからこそ、こういった発言をしたのだろう。 あれから1年が経過し、コンディション自体は以前に近いところまで戻ってきた。あとは攻守両面でより大きな仕事をするだけだ。今季の彼はここまでリーグ全22試合に出場。2得点を挙げているが、もっともっと得点に絡んでいけるはず。国内でのプレーを選択した以上、柴崎や遠藤航、中山らに勝ちたいなら、武器のボール奪取力や豊富な運動量のみならず、「点の取れるボランチ」に飛躍することが肝要なのだ。 同じガンバのアカデミー出身の先輩・稲本潤一(相模原)は2002年日韓ワールドカップでの2ゴールに象徴される通り、「守れて点の取れるボランチ」として一世を風靡した。彼ほどのサイズのない井手口にあそこまでのダイナミックさが出せるかは未知数だが、2017年の絶好調時を振り返ってみれば、そのレベルに到達できる可能性はありそうだ。かつて日本代表で一緒に戦った山口蛍(神戸)も「陽介はホントいい選手」と絶賛していた。その非凡な能力を再び代表の大舞台で発揮できる時は来るのか。全てはガンバでの一挙手一投足と活躍度にかかっている。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br />長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.10.18 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.54】同い年の久保建英に負けない! 今季目標の12点へここから一気にギアアップを!/斉藤光毅(横浜FC/FW)

8月に現役引退したばかりの内田篤人氏が「ロールモデルコーチ」として初参戦したことが話題になったU-19日本代表合宿。そこでエース級の1人と位置付けられたのが、今季J1・3得点を挙げている斉藤光毅(横浜FC)だ。 2018年AFC・U-19選手権(インドネシア)や2019年U-20ワールドカップ(ポーランド)にも参戦している彼にとって、今回は2度目のユース代表活動。その経験値をチームに還元してほしいという影山雅永監督の期待も大きい。 「前回の代表でやってきたことを自分がやらないといけない立場。前回は前回の代表の色があったし、今回はこの代の色を自分が引き出してやれればいいかなと思いますけど、その前にもっともっと自分自身の色を出していかなきゃいけないかなと。なかなか難しいけど、頑張ってやりたいですね」と本人はリーダーとしての自覚を口にする。 内田氏から「世界を目指すならもっと高い意識をもってやらないとダメ。もっと要求しないといけない」と苦言を呈されたことに対しても、「みんなまだ遠慮があるですかね。全員が素を出せていないというか。1人1人が伸び伸びできることが一番いい。そのためにもまず自分自身が伸び伸びとやること。そこが大事だと思います」と発言。まずは自然体を心掛けながら、自身の結果を出すことの重要性を再認識したという。 2018年に高校2年生でトップ登録され、同年7月のFC岐阜戦でJ2デビューし、昨季はJ2・29試合出場6ゴールという実績を残した斉藤。だが、53歳のカズを筆頭に、42歳の中村俊輔、39歳の松井大輔と大ベテランがズラリと揃う横浜FCではつねに「一番の若手」と位置付けられてきた。 カズさんや俊さん、松井さんからは学ぶことが沢山ある」と口癖のように話していた彼だが、今季J1再開に当たって「自分がいなきゃダメだっていう立ち位置になっていきたい」とギラギラとした闘志を言葉に出した。それが再開後8試合連続スタメンの原動力になり、7月8日の柏レイソル戦、8月8日のガンバ大阪戦での得点にもつながった。 しかし、8月22日の清水エスパルス戦で今季3点目を奪った後、約1カ月以上ゴールから遠ざかっている。9月20日の大分トリニータ戦も途中出場で無得点。本人は「開幕前から今年は12点取りたいなと。去年が6点だったので」と大きな目標を設定しているが、すでにJ1後半戦に入ったことを考えるとこのままでいいわけではない。2試合に1点くらいのペースで取っていかないと目標には届かない。大卒1年目の松尾佑介がすでに4ゴールを挙げているのも刺激にしながら、どんどん得点を量産しなければならないのだ。 「今シーズンは『シュートを打たなきゃ入んない』という気持ちが強い。試合前からつねに打つように心掛けてます。それがいい方向に行っているのかなと感じます。ただ、全ての試合に出れてるわけじゃないし、出れない時の悔しさをエネルギーにして、それを貯めてピッチで出すことも考えていかないといけないと強く思ってます」 こういった貪欲さを後押しするのが、同い年の久保建英(ビジャレアル)の存在だ。18歳でFC東京からレアル・マドリードに買われ、昨季のマジョルカを経て、今季よりレベルの高い新天地に身を投じている盟友の動向を見るたび「このままじゃいけない」という焦燥感が湧き上がってくるのだ。 「コロナで試合が中断していた時、建英がスペインで試合に出ているのを見て刺激を受けました。彼が活躍することで危機感をすごく感じていて、もっともっと頑張らなきゃいけないと思いますし、建英がやってるカテゴリーの想定もできる。自分の基準も自然と上がります」 久保が勝負しているリーガ・エスパニョーラのような大舞台に、いつか自らもチャレンジしたいという気持ちは少なからずある。となれば、J1での2ケタゴールは必要不可欠だろう。19歳という年齢に関係なく、目に見える実績を残した者だけが上に行ける。それがサッカーの世界というものだ。 厳しい現実をU-19代表合宿で改めて内田氏からも突きつけられた。内田氏も鹿島アントラーズでプレーしていた19歳で日本代表入りし、22歳でドイツの名門・シャルケへ移籍。23歳になったばかりの時にUEFAチャンピオンズリーグベスト4の大舞台に立っている。自分もそこに辿り着きたいと思うなら、自らの成長曲線をより一層、引き上げる必要がある。今回、同世代のリーダーとしての自覚を抱いたことも、飛躍のきっかけになりそうだ。 「内田さんから言われた『1つ1つのプレーにこだわらないと上に行けない』『覚悟が足りない』という言葉はホントに響きました。もっと積極的に自分の特徴を出せるように取り組んでいきます」 力強いドリブルとフィニッシュ、献身的な走りと守備には定評のある斉藤光毅。そのストロングに磨きをかけ、ゴール前で怖さを発揮でき、つねに勝負を決められる存在になるべく、ここから一気に突き進んでほしいものである。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br />長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.09.30 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.53】個人昇格でセレッソの救世主に。ロティーナの絶大な信頼を受け、右サイドを徹底的に打開/坂元達裕(セレッソ大阪/MF)

「今季は若くクオリティのあるウイングの選手がどんどん出てきている。それは日本サッカー界にとって素晴らしいこと。そういう選手が出てくるのはそんなに簡単なことではない。そういう中で我々が幸運なのは、タツがこのチームにいるということ。彼は非常に重要な役割を担っています」 今季J1で首位・川崎フロンターレ追走の一番手となっているセレッソ大阪。指揮を執るロティーナ監督がキーマンの1人に指名しているのが、右サイドを担う23歳の快足ドリブラー・坂元達裕だ。 清武弘嗣や柿谷曜一朗でも果たせていない攻撃陣唯一のJ1全試合出場を誇る彼はモンテディオ山形からの移籍組。東洋大学を出て1年で個人昇格を果たした。 開幕直後は「Jはレベルが一段階上がりますし、雰囲気も違うので少し緊張する場面もありました」と遠慮がちに話していたが、新型コロナウイルス感染症による4カ月の中断を経て再開された7月以降は俄然、鋭さを増している。7月26日のサガン鳥栖戦で待望のJ1初ゴールを決めると、8月9日のFC東京戦では2~3人がかりの徹底マークを受けるに至った。 実は坂元はFC東京のジュニアユース出身。だが、ユース昇格見送りとなり、前橋育英に進んだ苦い過去がある。 「FC東京は中学の頃、お世話になったチーム。そこでユースに上がれなくて、悔しい思いを持って高校、大学とやってきた。そういう意味でFC東京戦は大きな試合。賭ける気持ちは強い。自分が成長したところをいい意味で見せつけられるようにしたいです」と本人も語気を強めていたが、右サイドを積極的に打開し続け、数多くのチャンスを演出した。決定機を逃し、得点こそなかったが、古巣から人数をかけて守られるほどになったのは成長の証。この一戦で彼はさらなる飛躍のきっかけをつかんだ。 その後、8月23日のベガルタ仙台戦で今季2点目をゲット。さらに存在感を高めていく。セレッソはそこから3連勝中。坂元が先発しなかったJリーグルヴァンカップ・柏レイソル戦を0-3で落としたことを考えても、ロティーナ監督が絶大な信頼を寄せる通り、この男抜きには攻撃の組み立ては考えられないのだ。 「坂元は1対1になれば瞬間的にはがせる力があるし、個人戦術で相手をはがすのが大きな役割。ドリブラーの仕事は(相手に)取られる取られないに直結するけど、チームにとっては大きな武器。『取られてもいいからどんどん仕掛けろ』とつねに言ってます。それに相手が警戒して2対1で来れば、他の味方が空く。2人に囲まれてもはがしているシーンも多いですし、どんどん行ってほしいと思います」と年長者の都倉賢が太鼓判を押していたが、それは2列目でコンビを組む清武や柿谷も同意見。シーズン開幕直後はFCバルセロナから関心を示されたスーパールーキー・西川潤の注目度が高かったが、ロティーナ戦術の中では坂元の存在価値は絶対的と言っていい。最終的に川崎から首位の座を奪うためにも、彼のゴールに直結するプレーがより一層求められるところだ。 スペインの名将に一目置かれる選手だから、海外クラブからオファーが届かないとも限らない。10月に24歳になることを考えても、欧州へチャレンジするなら今年末か来年には踏み出さなければならないだろう。それと同時に日本代表入りも見えてくるかもしれない。 ご存じの通り、現代表の右サイドは堂安律(ビーレフェルト)と伊東純也(ゲンク)がファーストチョイス。それに加えて、ビジャレアルへ移籍した久保建英、2018年ロシアワールドカップ組の原口元気(ハノーファー)も右アタッカーで十分プレーできるし、東京五輪世代・菅原由勢(AZ)も欧州の舞台で右MFと右サイドバックの両方を難なくこなしている。それだけ狭き門なのは確かだ。が、森保一監督は旬な選手を思い切って抜擢するタイプ。2019年には橋本拳人(ロストフ)や鈴木武蔵(ベールスホット)らの才能を大きく開花させている。坂元も目に留まれば、ブレイクする可能性はゼロではないのだ。 「つねにインパクトを残すプレーをしてかないとこういうレベルの高い舞台では生き残れないと思ってるんで、1試合1試合もっともっと賭ける思いっていうか、『失敗したら終わりだ』っていうくらいの思いでのぞんでいきたいと思ってます」 今季開幕時点で悲壮な覚悟を口にした坂元。そういった気持ちが全ての試合で色濃く感じられる。中学時代の挫折を糧に類まれな雑草魂でここまで這い上がってきた技巧派ドリブラーにはまだまだ伸びしろがあるはず。そういう意味でもここから先の動向が非常に楽しみだ。 「ロティーナサッカーの申し子」は今日も明日も切れ味鋭い局面打開で見る者を魅了していくに違いない。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br />長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.09.09 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.52】爆発的進化を遂げる「左の伊東純也」。ゴール量産で東京五輪・A代表入りも!/松尾佑介(横浜FC/MF)

8月22日の清水エスパルス戦。斉藤光毅と皆川佑介のゴールで前半を2-1でリードしていた横浜FCの勝利を決定づけたのが、後半5分に松尾佑介が挙げた3点目だった。背番号37は皆川からハーフウェイライン手前でボールを受けると、左タッチラインをドリブルで独走。体を寄せてきた岡崎慎を一気にかわして右足を振り抜いた。 「僕は7、8割(の力)でドリブルしてたら、(相手の岡崎が)ちょっと食いついてきたので『これは入れ替われるな』と。あとはホントにいい形でゴールの方にタッチできたのでもう流し込むだけだった。得意な形に持っていけたのがよかったと思います」 自身のリーグ3点目を冷静に分析した松尾の爆発的スピードと突破力は今季J1で異彩を放っている。仙台大学から特別指定選手として横浜FCに加わった昨季は、J2・21試合出場6ゴールという結果を残しているが、最高峰リーグでどこまでやれるかは未知数だった。むしろU-19日本代表で久保建英(ビジャレアル)の同期である斉藤の方が期待値が高かったと言っていい。 しかしながら、7月4日のJ1再開後は松尾の切れ味鋭いドリブルが横浜FC攻撃陣を力強くけん引。8月15日の湘南ベルマーレ戦では1試合2ゴールと見る者を釘付けにし、そこからクラブ史上初となる3連勝の原動力となった。順位も暫定11位と昇格組にしては大健闘。その横浜FCにはカズ(三浦知良)や中村俊輔、松井大輔といった超有名選手がズラリと並んでいるが、目下、彼ら以上に注目度を高めているのがこの松尾。下平隆宏監督も目覚ましい成長と存在価値の大きさを改めて認めていた。 「J1になって慣れてきたのもありますけど、彼はもともとチャンスメークはゲームの中で何回かできていた。ただ、もう1個上のランクの選手になるには、アシストや得点という結果にもっとこだわってやらないといけないという話はしたことがありました」 「それは彼も十分に分かっていたけど、アシストや得点がどうしても雑だった。本人もその課題にトライしてくれていることが今、うまくいってるのかなと思います」 松尾本人も「湘南戦で初ゴールしたことで、ゴール前で落ち着けているというのがある。ゴールを決めることで自信も余裕もどんどん出てくる。得点の大切さを自分自身、改めて感じている」としみじみ語っていたが、今はゴールの枠が普通より大きく感じられる状態なのではないだろうか。 加えて言うと、フィジカル面での成長も目を引くものがある。 「昨季は終盤まで持たない時間もありましたけど、今季はだいぶ強くなったし、スピードも落ちずに90分間戦えている。そこは非常に成長していると感じます」と下平監督は大きな手ごたえを感じている。 浦和レッズユース時代に指導した大槻毅監督も「もともといい選手でしたし、身体の強さとかベースができてきて、いいプレーができるようになったのかな」と変貌ぶりに驚いていたが、これだけ急激な成長曲線を描いていれば、より高いレベルを目指そうという野心を本人が抱いてもおかしくないだろう。 松尾は97年生まれの23歳。26歳の鈴木武蔵(ベールスホット)や室屋成(ハノーファー)がこの夏の移籍市場で欧州に引っ張られた例を考えると、まだまだチャンスはあるはずだ。彼の場合、伊東純也(ゲンク)にタイプが似ている点も大きな強みだ。 伊東純也はプロ3年目だった2017年に日本代表デビューを果たし、翌2018年1月にゲンクへ移籍。そこで一気にブレイクし、昨季はUEFAチャンピオンズリーグにも参戦。持ち前のスピードと局面打開に加え、ゴールへの鋭さにも磨きをかけた。「純也の市場価値はかなり高い」とシントト=ロイデンの立石敬之CEOも太鼓判を押していたが、「左の伊東」とも言うべき松尾も同じような軌跡を描ける可能性が大いにありそうだ。 「今年は大卒ルーキーの活躍が目立つので意識しますね。ホントに負けられない」と、今は同い年の三笘薫や旗手怜央(ともに川崎)や安部柊斗(FC東京)らに目が行っている様子だが、1つ1つ階段を駆け上がっていくことで、中島翔哉(ポルト)や原口元気(ハノーファー)ら日本代表クラスを本格的に意識するようになるかもしれない。その高い領域に到達すべく、今季J1で着実に結果を残し、横浜FCを上位へと導き、欧州への道を切り開くこと。それが今の彼に課せられた重要命題と言っていい。 今年は新型コロナウイルス感染拡大で日本代表戦がなく、五輪代表の活動も行われないため、アピールの場はJしかない。今季残り4カ月の超過密日程を乗り切った時、松尾佑介はもう一回り二回り大きく成長した存在になれるはず。2021年以降の華々しい未来を描くためにも、クラブでのプレーに専念できるこの機を逃す手はない。 左のタッチライン際を疾走する横浜FCの背番号37。彼のこの先の一挙手一投足から目が離せない。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br />長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.08.30 14:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.51】抜群のスピードを誇る遅咲きの点取屋。新天地・ベルギーで代表エースに飛躍できるか?/鈴木武蔵(ベールスホット/FW)

抜群のスピードとゴール前の迫力を武器に北海道コンサドーレ札幌の絶対的点取屋に君臨していた鈴木武蔵。26歳になった彼に長年の念願だった海外移籍のオファーが舞い込んだ。新天地はベルギー1部・ベールスホットVA。前身・ベールスホットACが2013年に破産し4部降格を強いられた後、新体制で再建され、7年がかりで今季ようやく1部に辿り着いたクラブだ。紆余曲折の軌跡はまさに彼自身のキャリアを投影していると言っていい。 ジャマイカ人の父と日本人の母を持つ鈴木武蔵は1994年に生まれ、幼少期はジャマイカで過ごした。その後、母の故郷である群馬県太田市に移り住み、サッカーを始めたが、少年時代は目立つ選手ではなく、技術的にもあまりで高いとは言い切れなかったという。 運命が大きく変わったのは、2009年に入学した桐生第一高校時代。中町公祐(前横浜F・マリノス)や細貝萌(ブリーラム・ユナイテッド)ら数々のJリーガーを育てた小林勉監督(現桐生大学附属中学校)の指導の下、メキメキと頭角を現したのだ。高2だった2010年にはU-16日本代表に初抜擢。ちょうど10年前の8月に行われた豊田国際ユース大会に出場した鈴木武蔵は異彩を放っていた。「子供の頃からティエリ・アンリ(現モントリオール・インパクト監督)が好きだった」と本人は話したが、まさにアンリがそこにいるような錯覚を覚えた人もいたのではないだろうか。 武蔵を初めて見たのは、2010年春の関東U-16リーグ。「直前のフランス・モンタギュー国際大会でイングランドやクロアチアに完敗し、外国人慣れさせないといけないと実感した直後だったんで、日本人離れした風貌と爆発的スピードを持つ武蔵は僕らにとってインパクトが非常に大きかったんで、豊田に呼びました。植田直通(セルクル・ブルージュ)と一緒で基本技術には難があったけど、ボールのもらい方や止め方を1から100まで教えて育てました。彼も本当に純粋で、貪欲に取り組んでくれました」と当時のU-16日本代表でコーチを務めていた菊原志郎氏(現広州富力ヘッド・オブ・ユースアカデミー・コーチング)も述懐する。非凡なポテンシャルは誰もが認めるところだった。 だが、2012年に高校を卒業してアルビレックス新潟入りしてからは、なかなか結果を出せなかった。新潟での最初の3年半はJ1の合計得点がわずか6。2015年後半戦は水戸ホーリーホック、2017年後半戦も松本山雅FCにレンタルで出されたが、J2の舞台でも活躍は叶わなかった。当時、松本を率いていた反町康治監督も「武蔵はボールが収まらないし、決定的なところで決められない」と嘆き、試合終盤にジョーカー的に送り出すくらいしか起用しなかった。2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪こそ、久保裕也(FCシンシナティ)の招集断念によって本大会メンバーに繰り上がる形で出場したが、日本の1次リーグ突破の原動力にはなれずじまい。23〜24歳まはで長い長い足踏み期間を余儀なくされたのだ。 そんな彼の大きな飛躍の場になったのが、2018年に移籍したV・ファーレン長崎。高木琢也監督(現大宮アルディージャ)は武蔵の潜在能力の高さに着目し、前線の大黒柱に据えた。大きな期待と信頼を寄せてくれた指揮官に応えるべく、本人もかつてないほど奮起。J1・29試合出場11得点とプロ入り初のシーズン2ケタゴールをマークすることに成功する。 この活躍ぶりに注目した札幌が熱烈オファーを出し、2019年にはプロ5チーム目の新天地へと赴く。そこで出会ったのがミハイロ・ペトロヴィッチ監督だった。 「ミシャに教わって『動きの部分』をすごく考えるようになりました。興梠(慎三/浦和レッズ)選手や小林悠選手(川崎フロンターレ)みたいに何年も続けて2ケタゴールを取れるFWになるのは簡単じゃないけど、2人は決して背が高いわけじゃないのに、動きのタイミングやクロスへの入り方で点を取っている。見ていてすごく勉強になりますし、それがFWにとって一番大事な部分なんだと痛感させられます」と本人もしみじみ語ったが、プレーの幅が広がったことで数字もついてきた。 2019年はJ1・13ゴール、YBCルヴァンカップ7点とキャリアハイのシーズンを過ごし、25歳にして日本代表デビューも果たした。そして今季も開幕直後の新型コロナウイルス感染拡大による中断を挟みながらも序盤3戦連続ゴールをゲット。8月8日の清水エスパルス戦でも今季5点目をマークし、出場全試合で得点という凄まじいパフォーマンスを見せていた。 それだけ頭抜けた存在感を示していれば、海外から熱視線を送られるのも当然のこと。ペトロヴィッチ監督も「彼ならさらに成長できる」と快く送り出した。これまでベルギーに赴いたFWは、鈴木隆行(解説者)にしても、久保裕也にしても、コンスタントな活躍はできていないが、鈴木武蔵には爆発的なスピードとゴールの嗅覚がある。伊東純也(ゲンク)もそうだが、ハッキリした長所を持つ選手の方が成功しやすい環境なのは確かだ。すでに新シーズンが始まっていて、プレシーズンから参加していない点は多少のハンディキャップだが、明るく社交的でひたむきな彼ならすぐに周囲に溶け込めるはず。期待は高まる一方だ。 コロナの影響で日本代表戦が来年にずれ込んだこともあり、今季はクラブでのプレーに専念できる。ベールスホットで目覚ましい成果を挙げられれば、来春の段階で大迫勇也(ブレーメン)や永井謙佑(FC東京)など他の代表FW陣より高評価を受ける可能性もある。森保一監督に「武蔵をエースにしたい」と思わせるくらいのインパクトを残せれば、2022年カタールワールドカップへの道も開けてくる。遅咲きの怪物FWの行く末が楽しみで仕方がない。 <div id="cws_ad">【文・元川悦子】<br />長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.08.19 12:25 Wed
twitterfacebook