中国代表FWウー・レイが新型コロナ感染…エスパニョールが発表した6名のうちの1人

2020.03.21 21:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国サッカー協会(CFA)は21日、エスパニョールに所属する中国代表FWウー・レイ新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることを発表した。エスパニョールは17日に、トップチームに所属する選手とスタッフの6名が新型コロナウイルスに感染していることを発表。選手たちの名前は明かされていなかったが、その中の1名がウー・レイであることとなった。

エスパニョールの発表では、それぞれが軽症であり、隔離措置が取られているとのこと。CFAによると、現在治療中で、ウー・レイ本人とエスパニョールと密接に連絡を取っており、必要な物資を支援するとしている。

2019年1月に上海上港からエスパニョールへと移籍。今シーズンはラ・リーガで22試合に出場し3ゴール、ヨーロッパリーグでも7試合に出場し1ゴールを記録していた。

スペイン国内では新型コロナウイルスが急速に感染を拡大しており、20日には死者が1000人を超えていた。

関連ニュース
thumb

久保建英が圧巻の直接FK弾で今季公式戦2点目! エスパニョール撃破のマジョルカがベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦、マジョルカvsエスパニョールが15日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われ、2-1で勝利したホームのマジョルカが準々決勝進出を決めた。なお、マジョルカのMF久保建英は83分までプレーし、先制点を記録した。   共に昨シーズンまで在籍していたセグンダ勢との3回戦を競り勝ってベスト16進出を決めたプリメーラ昇格組による、準々決勝進出を懸けた一戦。   直近のレバンテ戦で0-2の敗戦を喫するなど、リーグ戦3連敗中と苦境のマジョルカは、今後の戦いに弾みを付けるため昨季セグンダ王者相手の勝利を目指した。   久保が[4-4-2]の右サイドハーフで先発出場となったマジョルカは、立ち上がりから押し気味に試合を進めていくが、なかなかフィニッシュの数が増えていかない。逆に、エスパニョールの効率の良い攻めに晒されてラウール・デ・トーマスらにシュートまで持ち込まれるシーンが散見される。   以降は睨み合いの状況がしばらく続いたが、久保の左足が均衡を破った。32分、ボックス手前右の好位置で得たFKの場面でキッカーの久保が左足を振り抜くと、3枚の壁の上をギリギリで越えた鋭いシュートがゴール右隅の完璧なコースに決まった。   久保のアトレティコ・マドリー戦以来となる今季公式戦2点目で先手を奪ったホームチームは、以降も優勢に試合を運び1点リードで前半を終えた。後半はデ・トーマスやケイディ・バレに際どいシーンを作られる一方、久保の仕掛けやセットプレーを起点に2点目に迫るマジョルカ。   すると60分、左CKの場面でセビージャが右足インスウィングで入れたクロスをゴール前のアブドンが後ろに戻りながらの見事なヘディングシュートをゴール右隅へ流し込み、貴重な追加点を奪った。   これで一気にベスト8進出が近づいたマジョルカだったが、直後の62分には相手のFKの場面でペドロサが浮き球でゴール前に入れたボールをハビ・プアドにワントラップから冷静に流し込まれる。この場面ではリスタートが主審のホイッスルの前か後かという部分、張ピ・プアドの抜け出しがオフサイドかどうかという2点の確認にVARの介入が入ったが、数分間の確認後にゴールが支持された。   この失点によって再び試合の緊迫感が戻ってきた中、エスパニョールは攻撃的な交代策で同点を目指す。これに対してマジョルカはセビージャを下げてバッタリア、83分には久保、アブドンのスコアラー2人を含め一気に3枚の交代カードを切り、イ・ガンインやホッペの投入で逃げ切り態勢に入った。   その後、エスパニョールの決死のパワープレーを最後まで集中した守備で撥ね返し続けたマジョルカが2-1の勝利を収め、準々決勝進出を決めた。 2022.01.16 01:56 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコやリバプールでプレーしたマキシ・ロドリゲスが現役引退…「みんなに大きなハグを」

ニューウェルズ・オールドボーイズに所属する元アルゼンチン代表MFマキシ・ロドリゲス(40)が引退を発表した。 同クラブの下部組織出身のマキシ・ロドリゲスは、2000年から3シーズン過ごした後、2002年夏のエスパニョール移籍で渡欧。その3年後にアトレティコ・マドリーへステップアップし、4年半で公式戦156試合に出場した。 2010年1月にはリバプールへフリー移籍。同シーズンに優勝したリークカップがヨーロッパでの唯一のタイトルとなった。 2012年夏にニューウェルズ復帰を果たすと、リーグ戦27試合に出場し優勝に貢献。しかし、熱狂的なサポーターとの関係悪化もあり退団を余儀なくされ、アルゼンチン国内ではニューウェルズ以外でプレーしないという信念のもと、ウルグアイの名門ペニャロールに活躍の場を移した。 それでも最愛のクラブで引退したいという強い想いから、2019年1月にニューウェルズへ再度復帰を果たし、在籍通算13シーズンで公式戦221試合71ゴール20アシストを記録した。 また、アルゼンチン代表としてのデビューは2003年6月の日本戦。途中出場から初ゴールも決めた。以降、2006年から3大会連続でワールドカップに出場するなど、通算57試合に出場し16ゴールをマーク。なお、2006年大会のラウンド16のメキシコ戦では、延長戦に決勝ゴールとなるスーパーボレーシュートを沈めており、同大会のベストゴールにも選ばれている。 そして、現地時間26日に自身のインスタグラムを更新し引退を発表。ビデオを通じて別れのメッセージを残した。 「考えもしなかった時がついにやってきてしまった。フットボーラーとしてこれ以上期待に応えることができなくなってしまったんだ。プロとしてのキャリアを終える時だ」 「なかなか難しい決断だったよ。でも同時に冷静に考えることもできた。何年ものキャリアを通じて、精一杯の自分を出してきたと思う。もう完全に空っぽだ。これ以上何かを与えることができなくなったんだ」 「色んなことを思い出したよ。特にまだ赤ん坊だった時の頃とかね。祖父がよく僕にボールを蹴らせていたんだ。母は仕事が休みの時は僕をよく外に連れ出してくれた。祖母は家で僕の帰りを待って夕食を用意してくれていた」 「僕にとってみんな本当に大きな心の支えだったんだ」 「あなたがゴールを決めた時、一番最初に思い浮かべるのは誰だい? 僕にとってそれは家族だ。良い時も悪い時も常にサポートしてくれた」 「ファーストリーグでプレーすることは僕の夢だった。ニューウェルズのファーストチームでね」 「でも、いざキャリアをスタートさせると困難の連続だった。妻とともに新たな冒険が始まったんだ。彼女はヨーロッパに挑戦する僕に付いてきてくれた一人だった。落ち込んだ時は常に寄り添ってくれて、僕が挫けないよう、ずっと応援してくれたんだ」 「それから、僕がプレーした全てのクラブに感謝を伝えたい。エスパニョール、アトレティコ、リバプール、ペニャロール…そしてアルゼンチン代表とニューウェルズは、僕が溺愛するチームなんだ。長い間そのユニフォームを着て心の底から楽しむことができた」 「また、僕が会った全ての指導者たちにも感謝しているよ。全てのチームメイトたちにも。すごく多いけどね」 「そして、フットボールに携わる全ての人に感謝を。素晴らしい情熱を僕に捧げてくれた。みんなに大きなハグを! マキシ・ロドリゲスでした」 2021.11.27 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

チャビ初陣を現地観戦中のファティに災難…自宅が窃盗被害に遭う

バルセロナに所属するスペイン代表FWアンス・ファティの自宅が窃盗被害に遭ったようだ。スペイン『La Vanguardia』が報じた。 左足負傷で戦線離脱中のファティ。チャビ・エルナンデス新監督の初陣に立ち会おうと、20日に本拠地カンプ・ノウで行われたラ・リーガ第14節のエスパニョール戦をスタンドから観戦した。 チームはエスパニョールとのダービーマッチを1-0の勝利で飾っての再出発を切ったが、ファティは現地観戦の最中に自宅が強盗に荒らされ、金品を盗まれる被害に遭ってしまったという。 強盗はファティの自宅に2階から入り込み、金、宝石、時計などを奪って逃走した様子。その当時の自宅には家族が1階のリビングルームでバルセロナの試合を観戦中だったようだ。 だが、家族は2階からの物音に気づくと、犯人との対峙を避けるべく、すかさず警察に通報。警察がファティの自宅に到着した頃にはもう泥棒もその場から立ち去った後だったとのことだ。 なお、その当時のファティ宅は警報装置や防犯カメラの電源が切られていた模様。ファティは警察に被害届を提出したようだ。 2021.11.23 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

初陣を白星で飾ったチャビ監督「改善はまだまだ必要だが…」

初陣を迎えたバルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、エスパニョール戦の勝利を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 20日にラ・リーガ第14節のエスパニョール戦に臨んだバルセロナ。今月6日に就任したチャビ監督の初陣となった一戦は、期待された華麗なサッカーは今一つだったものの、FWメンフィス・デパイが獲得し、自ら決めたPKによるゴールを守り切って、白星を飾った。 なんとか勝利を掴んだチャビ監督だが、やはりまだまだ改善が必要な模様。それでも初陣の勝利には満足しているようだ。 「スペースを攻めるタイミング、中に入るか入らないかの判断をもっと理解する必要がある。もっと様々あるが、全てに勝つことの方が簡単だ」 「最後は必要以上に苦しんだが、その価値はあった。クレはこの努力を誇りに思うべきであり、我々はこの勝利に感謝しなければならない」 「最も気に入ったのは、その姿勢や意欲だ。攻撃のタイミングをもっと理解しなければならないが、このようなスタートを切れたことは我々にとって重要だ。大きな意味を持つ勝利だ」 「もちろん私は幸せだ。勝つために全てを捧げたのだ。エスパニョールは我々に大きなプレッシャーを与えた。この試合では相手の陣地でプレーし、より忍耐強くなることが求められた」 なお、心臓の問題で引退説が囁かれているFWセルヒオ・アグエロについて「出てきた噂は事実ではない。我々はそのような情報を持っていない」と否定している。 2021.11.21 14:28 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナが泥臭い戦いぶりでダービー制す! チャビ初陣を白星で飾る《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第14節、バルセロナとエスパニョールによるバルセロナ・ダービーが20日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが1-0で勝利した。 深刻な財政難、負傷者の続出、指揮官の求心力低下によって低迷する9位に低迷するバルセロナ(勝ち点17)は、今月6日に黄金時代を知る生え抜きのチャビ・エルナンデス監督を新指揮官に招へいした。 指揮官としてラ・リーガ初挑戦のチャビ監督はリーグ4試合未勝利に負傷者続出という状況の中、いきなりのダービーマッチで白星発進を目指した。注目のスタメンは直近のセルタ戦から先発2人を変更。ラングレに代わって負傷明けのピケ、負傷のアンス・ファティに代わって、これがトップチームデビューとなる17歳の左利きのスペイン人ドリブラー、イリアス・アコマックが抜擢された。 対する11位のエスパニョール(勝ち点17)は前節のグラナダ戦で4試合ぶりの白星を奪取。敵地でのダービーに弾みを付けた。レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーと上位陣相手に奮闘が際立つ昇格組は、直近に27歳でラ・ロハデビューを飾ったラウール・デ・トーマスらがスタメンを飾った。 チャビ新監督歓迎ムード一色のカンプ・ノウで幕を開けた今季最初のダービー。注目のホームチームは指揮官の現役時代でお馴染みの[4-3-3]を採用。前線は中央のデパイをガビとイリアスの17歳コンビが支える形となった。 デ・トーマスを前線に残す[5-4-1]の守備的な布陣で臨んだエスパニョールに対して、立ち上がりから足元、スペースを織り交ぜたパスワークで揺さぶりをかけるバルセロナ。立ち上がりの3分にはフレンキー・デ・ヨングの背後への飛び出しからマイナスの落としに反応したデパイがファーストシュートを放つ。 以降はジョルディ・アルバの左サイドを起点としたサイドアタック、ライン間でボールを引き出すガビやニコ・ゴンサレスのコンビネーションと内と外を使った攻めで相手ゴールへ迫っていく。 人とボールはよく動くものの、自陣で危険なスペースを埋める相手の粘りの守備を前に決定機まであと一歩という状況が続く。30分にはペナルティアーク付近でF・デ・ヨングの短い落としに反応したブスケッツが、前節のセルタ戦のゴールを彷彿とさせるミドルシュートを放つが、枠に左隅へ飛んだシュートはGKディエゴ・ロペスの好守に遭う。 その後もボックス手前のガビが良い形でミドルシュートを放つなど、幾度か良い形の攻めを見せたものの、前半の内にゴールをこじ開けることはできず。 一方、守勢が続いたエスパニョールも要所で前がかりな相手の背後を突いていくと、44分にはボックス左で仕掛けたデ・トーマスがクロスバーをわずかに越える際どいシュートを放つなど、攻撃の形も見せつつ悪くない試合の折り返しとなった。 ゴールレスで折り返した後半、チャビ監督はイリアスを下げて同じくカンテラーノのアブデをハーフタイム明けに投入。すると、立ち上がりの早い時間帯に待望のゴールが生まれる。48分、ガビのショートスルーパスに反応したデパイがボックス内でDFカブレラと交錯。このプレーに対してPKが与えられると、キッカーのデパイがきっちり決めてリーグ戦3試合連続ゴールとした。 PKという形ながらも先制に成功したホームチームは、直後にもボックス右でのアブデの細かい仕掛けからペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したブスケッツがミドルシュートを狙うが、これはDFに触られて枠を外れる。 一方、ビハインドを追うエスパニョールは56分にダビド・ロペス、ハビ・プアドを下げてモルラネスとニコ・メラレドを同時投入。この交代で並びを[4-2-3-1]の形に変更した。 相手が前がかりになり始めたことで背後を使えるようになったバルセロナは、60分にブスケッツからのスルーパスに抜け出したアブデがボックス右でGKを引き付けて逆サイドに走り込む味方を狙った折り返しを送るが、これはDFペドロサの身体を張ったブロックに阻まれる。 幾度かカウンターチャンスはありながらも試合を決める2点目を奪えないバルセロナは、70分を過ぎてガビとブスケッツを下げてコウチーニョとリキ・プッチを続けてピッチに送り出す。 リーグ直近2試合連続で逃げ切りに失敗していることもあり、より緊張感のある中で後半終盤を迎えるバルセロナ。81分にはボックス手前で与えたFKの場面でキッカーのデ・トーマスに左ポストを掠めるシュートを打たれると、直後の83分にもウー・レイのクロスからディマタにゴール前ドフリーでヘディングシュートを許すが、これは相手のシュートミスに救われる。さらに、86分にもモルラネスの左クロスをゴール前でフリーのデ・トーマスにヘディングで合わせられるが、今度も左ポストを叩いて事なきを得た。 何とか逃げ切りたいホームチームは88分に足首を痛めたニコ、同じく足を気にしていたミンゲサを下げてデミル、アラウホの投入で逃げ切り態勢に入る。その後、6分が加えられた後半アディショナルタイムには相手の左CKからゴール前のウー・レイにあわやというシーンを作られたが、ここはDFと守護神テア・シュテーゲンの身体を張ったプレーで難を逃れた。 この結果、新指揮官の現役時代のような美しいフットボールでの勝利とはならなかったものの、チームの一体感を感じさせる泥臭い戦いぶりでダービーを制したバルセロナがチャビ新体制の初陣を白星で飾り、リーグ5戦ぶりの白星を手にした。 そして、23日にはグループステージ突破を懸けたチャンピオンズリーグのベンフィカとの大一番に臨む。 2021.11.21 07:03 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly