シティ戦でモウリーニョ劇場開演! 助演サクラメントとの30秒寸劇が最高!

2020.02.03 13:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が会心の勝利を手にしたマンチェスター・シティ戦で極上の寸劇まで演じて見せた。

トッテナムは2日、プレミアリーグ第25節でシティと対戦し、2-0のスコアで勝利した。

同試合ではピッチ上でも多くのトピックが生まれていたが、SNS上を沸かせたのは生粋のエンターテイナーであるポルトガル人指揮官だった。

トッテナムは前半35分過ぎに自陣ボックス内でDFセルジュ・オーリエが相手FWセルヒオ・アグエロと交錯。当初、マイク・ディーン主審はノーファウルの判定を下したが、VARの介入によって約2分後に一転してPK判定を下す。

この時間差PK献上に対して、ベンチに座っていたモウリーニョ監督はカメラを意識してか、大いに含みをもった意味深な笑顔を浮かべた。

この意味深な笑顔で観衆の注意を引いたフットボール界のオスカー俳優は、この直後に副官ジョアン・サクラメントと共に約30秒間の極上の寸劇を披露してみせた。

トッテナムにとっては粘り強く守っていた中での痛恨のPK献上となったが、この場面で窮地を救ったのは頼れる守護神のロリス。キッカーのMFイルカイ・ギュンドアンの右を狙ったシュートを完璧に読み切って会心のPKセーブ。さらに、こぼれ球に詰めたFWラヒーム・スターリングと交錯しかけるが、何とか手を引っ込めて2度目のPK献上を回避。VARのレビューでも交錯はなかったとの判定が下され、ホームチームは最大の窮地を脱した。

そして、一連の流れを受けて現地の中継カメラはベンチサイドのポルトガル人指揮官の一挙手一投足を映し出した。

サクラメントと共にピッチサイドからベンチに戻ってきたモウリーニョ監督は、守護神ロリスの見事なPKストップと更なるPK回避というファインプレーにご満悦の表情を浮かべながら、「やっぱウチの守護神は頼りになるな」と副官に声をかけながらベンチに座ってミネラルウォーターで喉を潤し、安堵の様子を見せた。

しかし、その横でサクラメントが、「よく考えたらスターリングはシミュレーションで2枚目のカードで退場じゃないっすかね。オイ、審判カード出せよ!」と、ピッチサイドのフォースオフィシャルにアピール。

さらに、サクラメントは完全に一息ついていたモウリーニョ監督に対して、「ボス! やっぱカード出ないのはおかしいっすよ。フォースオフィシャルにアピールに行きましょうよ」と進言すると、縁側でお茶を飲むお爺ちゃんのような和んだ様子を見せていた同監督は一転、ペットボトルを置いてフォースオフィシャル目掛けて猛スプリント。

そして、鬼の形相で「今のシミュレーションでカードだろが!」と猛抗議。さらに、ピッチ内のディーン主審に対しても、「カードやろが!」と強い口調で抗議の姿勢を見せた。

わずか30秒間で笑顔、安堵からの疑問、気付き、怒りと多くの感情をはらんだ極上の寸劇にSNS上では生粋のエンターテイナーを称える声が多く挙がっていた。

なお、前述のサクラメント及びモウリーニョ監督のコメントや口調は、あくまで想像です…

◆助演サクラメントの渋い働きも光る


関連ニュース
thumb

トッテナム退団希望のオーリエ、PSG復帰迫る! 個人条件で合意

トッテナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(28)がパリ・サンジェルマン(PSG)復帰に近づいているようだ。 推進力が魅力のサイドバックとして、2017年夏にPSGからトッテナムに活躍の場を移したオーリエ。公式戦110試合出場で8得点の数字を残すが、先日にトッテナムと2022年までの契約を延長しない意思を示して、退団願望を明らかにした。 そんなオーリエはイギリス『Football Insider』によると、先月からPSGと交渉を続けるなかで、個人条件で合意。新たに4年契約を結んでのパリ凱旋となり、PSGもトッテナムの売却条件を満たして、完全合意に差し迫っている模様だ。 一方、新たなスポーツディレクター(SD)としてファビオ・パラティチ氏が着任見込みのトッテナムは新指揮官の招へいにも動いている状況。だが、オーリエは新指揮官の考えに左右されることなく、トッテナムを去ることになるようだ。 なお、トッテナムは今夏、アイルランド代表DFマット・ドハーティに続く新たな右サイドバックの獲得を目指すとのことだ。 2021.06.12 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、EL初制覇に貢献したフォイスをトッテナムから買い取り!

ビジャレアルは11日、トッテナムからレンタル移籍中のアルゼンチン代表DFフアン・フォイス(23)の買い取りオプション行使を発表した。フォイスはクラブと2026年6月30日までの5年契約にサインしている。 なお、買い取りオプションの金額に関しては1500万ユーロ(約20億円)程度となったようだ。 フォイスは2017年夏にエストゥディアンテスからトッテナムに加入。センターバックと右サイドバックを主戦場に、在籍3年間で公式戦32試合に出場していた。 しかし、ジョゼ・モウリーニョ前体制では信頼を得ることができず、昨年10月にビジャレアルへ買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で加入。すると、センターバック、守備的MFのバックアッパーとして徐々に存在感を示すと、シーズン終盤には右サイドバックのレギュラーに定着し、デビューシーズンは公式戦32試合に出場した。 そして、マンチェスター・ユナイテッドとのヨーロッパリーグ決勝では序盤に頭部に裂傷を負いながらも、PK戦直前まで安定した守備を披露し、クラブ史上初の同大会優勝に大きく貢献した。 2021.06.11 22:14 Fri
twitterfacebook
thumb

仏代表FWテュラムは今夏スパーズ移籍か?

トッテナムがボルシアMGに所属するフランス代表FWマルクス・テュラム(23)の獲得に向けて順調に交渉を進めているようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 『RMC Sport』が伝えるところによれば、新シーズンに向けて新たなアタッカーを探すトッテナムはテュラムの獲得を希望しており、すでに選手サイドと交渉を進めているという。そして、テュラム自身が移籍に前向きなこともあって、個人間での交渉は順調なようだ。 ただ、テュラムに関しては今夏に有効だった3000万ユーロ(約40億円)の契約解除条項がすでに期限切れとなっており、来夏に4500万ユーロ(約60億円)に再設定されるまでは、クラブ間での交渉が必要になるという。 また、ボルシアMGにとってテュラムは、ドイツ代表MFフロリアン・ノイハウスと並んで現スカッドにおける最も価値が高い選手の一人となっており、トッテナムとしては相応の金額のオファーを掲示できるかが、獲得のカギを握っているようだ。 現役時代にパルマやユベントスやバルセロナで活躍した元フランス代表DFのリリアン・テュラム氏を父親に持つマルクスは、190cmを超える恵まれた体躯とスピード、テクニックに優れたアタッカー。 2015年にリーグ・ドゥ(フランス2部)のソショーでプロデビューを飾ると、ギャンガンでの活躍を経て、2019年夏にボルシアMGへ移籍。同クラブでは左ウイングやセンターフォワードを主戦場に公式戦79試合に出場し、25ゴール21アシストを記録している。 また、昨年11月にデビューを飾ったフランス代表ではここまで3試合に出場し、今月開幕するユーロ2020の登録メンバーにも入っている。 2021.06.10 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

新指揮官探し難航のスパーズ、モウと入れ替わりにローマ去ったフォンセカ招へいか?

新指揮官探しに難航するトッテナムが、今シーズン限りでローマを退団したパウロ・フォンセカ氏(48)と交渉を行っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏など複数メディアが報じている。 今年4月にジョゼ・モウリーニョ監督を解任し、ライアン・メイソン暫定監督の下で今シーズンのプレミアリーグで7位フィニッシュしたトッテナム。 新シーズンに向けた最重要課題となる新指揮官探しでは、パリ・サンジェルマン(PSG)を指揮しているマウリシオ・ポチェッティーノ監督の再招へい、インテルを退任したばかりのアントニオ・コンテ氏の招へいに動いたが、いずれも交渉はまとまらず。 現在はアヤックスとの契約を更新したばかりのエリク・テン・ハグ監督、ブライトンのグラハム・ポッター監督、前ウォルバーハンプトン指揮官ヌーノ・エスピリト・サント氏など、様々な候補の名前が挙がっている。 そういった中、今回新たな候補として浮上しているのが、ポルトガル人指揮官のフォンセカ氏だ。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、トッテナムはフォンセカ氏招へいに向けて3年契約での交渉を進めており、その話し合いには新フットボール・ディレクター就任間近と言われる元ユベントスのファビオ・パラティッチ氏も絡んでいるようだ。 先日にはエバートンの新指揮官候補に挙がっていたフォンセカ氏は、ノースロンドンでの仕事を熱望しており、トッテナムが同氏の招へいを決断した場合、交渉成立の可能性は高いようだ。 フォンセカ氏は前指揮官モウリーニョ監督と同じ戦術的ピリオダイゼーションをベースとする戦術家で、母国ではポルトやブラガなどの指揮官を歴任。また、シャフタール・ドネツクではリーグ3連覇など多くの国内タイトルを獲得した。 しかし、直近のローマでは得意とする[4-2-3-1]の布陣から[3-4-2-1]という新たな布陣を取り入れ、持ち味のポゼッションスタイルをベースに攻撃的なフットボールを志したものの、2シーズンを通じて守備面に多くの問題を抱えた結果、2年連続で目標のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃し、事実上の更迭となっていた。 トッテナムにとって決して理想的な指揮官とは言えないが、奇しくもモウリーニョの新天地となったローマの前指揮官を招へいすることになるのか…。 2021.06.10 05:04 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズDFドハーティ、モウリーニョ解任に「ピッチ上で結果出せなかった」と負い目

トッテナムのアイルランド代表DFマット・ドハーティは、ジョゼ・モウリーニョ前監督の解任に責任を感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは4月半ば、成績不振を理由にモウリーニョ前監督の電撃解任を発表。輝かしいキャリアを持つ稀代の名将が、トロフィーを一つも勝ち獲ることなく、就任からわずか17カ月で職を追われた。 ドハーティはそんな解任劇について言及。監督という職業が常に解任と隣り合わせだということに理解を示しつつも、チームとして結果を出せなかったことを悔やんだ。 「彼は1年半しかトッテナムにいなかった。これが3年、4年となれば話は変わってくるけどね」 「監督は常に職を失う危険性がある。しかし、僕たちは選手として、ピッチ上で彼のために結果を出すことができなかった。彼は史上最高の監督の一人だから、残念だよ」 「僕は間違いなく公平に評価されており、25~27試合に出場した。1シーズンではかなりの試合数になるね」 また、「彼とは近所に住んでいたし、関係はとても良好だったよ。彼は素晴らしい人間だったけど、フットボールの世界ではこういうことが起こる。残念ながらね」ともコメント。前監督へのリスペクトの姿勢を見せた。 2021.06.07 15:53 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly