【Jリーグ移籍情報/1月18日】ポドルスキが神戸を退団... 元日本代表FW中山雅史、今季も現役

2020.01.19 06:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。1月18日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。

【J1】
◆ヴィッセル神戸
《契約満了》
FWルーカス・ポドルスキ(34)

【J2】
◆レノファ山口FC
[IN]
《完全移籍》
DFサンドロ(31)←クリシューマ(ブラジル)

【J3】
◆Y.S.C.C.横浜
《契約更新》
DF西山峻太(30)
DF宗近慧(27)
《契約満了》
GK趙天賜(24)
FWジャブラニ・リンジェ・アリ(25)

◆アスルクラロ沼津
《契約更新》
FW中山雅史(52)


関連ニュース
thumb

柏が下部組織育ちのDF杉井颯と契約満了、今季は鳥取でプロ初ゴール「本当に悔しくてたまりません」

柏レイソルは8日、DF杉井颯(21)の契約満了を発表した。なお、期限付き移籍先のガイナーレ鳥取も育成型期限付き移籍の満了を発表している。 杉井は柏のU-15、U-18と育ち、2018年8月にトップチーム登録。2020年にツエーゲン金沢へと育成型期限付き移籍。今シーズンは鳥取へと育成型期限付き移籍していた。 柏では2019シーズンにJ2で2試合、リーグカップで1試合に出場。金沢ではJ2で13試合、鳥取ではJ3で23試合に出場しプロ初となる1ゴールを記録していた。 杉井は柏と鳥取を通じてコメントしている。 ◆柏レイソル 「今シーズンで柏レイソルを退団することになりました。アカデミー時代から含めて9年間、柏レイソルでプレーした7年間本当にありがとうございました。この2年間、金沢でも鳥取でもレイソルに帰ることを目標に頑張ってきましたが、それは叶いませんでした」 「柏レイソルのエンブレムを背負って戦うこと、それがどんなに価値のあることで、どんなに素晴らしいことなのかをこの2年間改めて痛感しました。本当に悔しくてたまりませんが、また柏レイソルに帰るために、頑張ります」 「また僕を指導してくれたアカデミースタッフの皆さん、食堂ピアノの皆さん、洗濯の方々、芝生管理の方々などたくさんの人に感謝の気持ちでいっぱいです。小さい頃から柏レイソルに入ることが夢であり、目標でした。そんなクラブを去るのは寂しくてたまりませんが、どんなチームに行こうが自分らしく、笑顔で前向きに頑張ります」 「またこれからは柏レイソルのサポーターとして、柏レイソルを応援しています。僕のことを少しでも応援してくれると嬉しいです。また会いましょう!」 ◆ガイナーレ鳥取 「ガイナーレ鳥取を応援していただいているファン、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、また地域の皆様、1年間ありがとうございました!」 「今年1年強い覚悟で鳥取に来ましたが、皆様の期待に添えるような結果を出すこともできず、自分のせいで大敗したゲームもありました」 「ただ、どういう状況になろうと最後の笛が鳴るまで自分なりに取り返そうとしたり、盛り上げたりとやってきましたが、プロの世界は結果が全てです。このような結果になり申し訳ありません」 「最後3連勝できたのも、どんな状況でも応援してくれるファン・サポーターの皆様がいたからこそ達成出来たことだと思います。本当にありがとうございます!」 「プロ初ゴールをガイナーレ鳥取で取れたこと、素晴らしい仲間に出会えたこと、伝統ある「復活公園遊び」にも参加できたことは、かけがえのない思い出です」 「また皆様の前で笑顔でプレーしてる姿をお見せする時を楽しみにしてます!1年間お世話になりました!また会いましょう!本当にありがとうございました!」 2021.12.08 17:24 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南のキャプテン・岡本に第二子となる次女が誕生「娘と妻にとても感謝しています」

湘南ベルマーレは8日、DF岡本拓也に第二子となる女の子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、女の子が誕生したのは9月6日とのことだ。岡本にとっては2018年9月23日に誕生した長女に次ぐ第二子となる。 岡本はクラブを通じて感謝の言葉を述べている。 「9月6日に元気な女の子が産まれました。元気に産まれてきてくれた娘と元気な子を産んでくれた妻に、とても感謝しています」 「家族の支えがあり、今年一年間戦えたと思います。自分自身も家族をさらに支えていけるように頑張っていきたいと思います」 「そして、今シーズンもたくさんのサポートをしていただきありがとうございました」 「改めていろいろな方に支えられていることを実感するシーズンでした。来年もベルマーレがベルマーレらしくあるためには皆さんの力が必要なので、今後とも熱いサポートをよろしくお願いします」 岡本は2年連続で湘南のキャプテンを務め、指揮官の交代や残留争いなど状況の難しいチームを支え続けた。今季の明治安田生命J1リーグ第14節横浜FC戦ではJリーグ通算200試合出場を達成していた。 2021.12.08 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMがケヴィン・マスカット監督と契約更新、8月には月間優秀監督賞に

横浜F・マリノスは8日、ケヴィン・マスカット監督(48)との契約更新を発表した。 マスカット監督は、シーズン途中に退任したアンジェ・ポステコグルー監督の後任として7月に就任。8月には、7試合で5勝1分け1敗の成績を残し、月間優秀監督賞を受賞していた。 しかし、9月以降は勝ち点を取りこぼすことが増え、首位の川崎フロンターレとの勝ち点差が開く状況に。それでもチームは2位でシーズンを終えていた。 マスカット監督は、メルボルン・ビクトリーで2013年10月から2019年5月まで指揮。2017-18シーズンはAリーグで優勝を経験。MF本田圭佑も指導していた。 また、2010年7月からはシント=トロイデンの監督に就任。しかし、14試合を指揮するも2勝5分け7敗と結果を残せず、12月に解任されていた。 2021.12.08 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京がキャプテンMF東慶悟ら5選手を厳重注意処分、大人数での会食の様子がSNSなどで問題視

FC東京は8日、選手のチーム内規を違反を発表した。 クラブの発表によると、一部の選手がクラブのコロナ感染症対策に関するチーム内規を違反。事情聴取をした上で、処分を下したという。 今回処分を下されたのは、チームキャプテンであるMF東慶悟、副キャプテンであるDF渡辺剛、FW永井謙佑、GK阿部伸行、MF渡邊凌磨の5名となり、厳重注意の処分を行ったという。 この5名は、「8人より多い人数での会食」の違反を行ったとのこと。SNSなどでその様子の写真が出回り、多くの問題が指摘されていた。 クラブは「シーズンオフ期間中の行動について、改めて全選手・スタッフへの注意喚起を実施しました」としており、この先のオフの過ごし方も注意したという。 2021.12.08 12:13 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南GK谷晃生、連続の日本代表招集に「いい準備をして迎えたい」

湘南ベルマーレののGK谷晃生(21)が、日本代表招集を受けてコメントした。 日本サッカー協会(JFA)は7日、2022年1月21日に実施されるキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。 国内組で組まれた今回のメンバー。初招集4名がいる中で、11月に続いて招集を受けた谷。今季はJ1で34試合に出場し、チームのJ1残留に貢献していた 谷はクラブを通じてコメントしている。 ◆GK谷晃生 「2022年最初の日本代表での活動となりますので、いい準備をして迎えたいと思います。また、2022年は日本代表にとってさらに重要な年になると思いますので、良いスタートを切れればと思っています」 2021.12.07 22:18 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly