バルセロナ、スアレスの後釜にインテル復帰のガビゴルをリストアップか

2020.01.14 01:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナが、インテルに所属するもとブラジル代表FWガブリエウ・バルボサ(23)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

バルセロナは9日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝のアトレティコ・マドリー戦(2-3の敗戦)でウルグアイ代表FWルイス・スアレスが右ヒザ外側半月板負傷の重傷を負い、今季中の復帰が絶望的となった。 この緊急事態を受けて、クラブは新たなストライカーの獲得に乗り出す構えだ。

その中で有力な候補に挙がっているのが、2年連続でブラジル全国選手権得点王に輝いたガブリエウ・バルボサだ。2016年夏に加入したインテルでは鳴かず飛ばずに終わると、2018年1月にサントスにレンタル復帰。

母国復帰後は、ブラジル全国選手権得点王を獲得するなど輝きを取り戻すと、2019年1月から加わったフラメンゴでも公式戦43試合で34ゴール11アシストを記録。リーグとコパ・リベルタドーレスの2冠達成に大きく貢献した。

『ムンド・デポルティボ』によれば、中盤を強化したいインテルはかねてより熱望していたチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル獲得に向け、ガブリエウ・バルボサの譲渡をバルセロナに持ち掛けるのではないかと伝えている。

なお、バルセロナはガブリエウ・バルボサの他にも、ロサンゼルス・ギャラクシーのメキシコ代表FWカルロス・ベラ(30)やミランのU-21ポルトガル代表FWラファエウレオン(20)、PSVのオランダ代表FWドニエル・マレン(20)、リールのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(20)をリストアップしているようだ。

関連ニュース
thumb

ベルナルド・シウバの夢はバルサ移籍か、今冬に逆オファーも?

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(27)が、バルセロナに逆オファーをしていたようだ。 2021-22シーズンも抜群の運動量を生かしてプレミアリーグ連覇に貢献した技巧派MFだが、昨夏からプライベートな事情からイングランドからの移籍が噂に。ここしばらくはバルセロナ行きが取り沙汰されている。 その可能性に拍車をかけたのが、スペイン『ムンド・デポルティーボ』のフェルナンド・ポロ記者の報道だ。それによると、ベルナルド・シウバはバルセロナ移籍を強く望んでおり、今冬の移籍市場でバルセロナがFWフェラン・トーレスに関する交渉でマンチェスターを訪れた際に、選手自ら売り込みを行っていたという。 先日、8月24日に行われるバルセロナとマンチェスター・シティのチャリティマッチに向けた会見で、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「クラブとしてのゴールは彼が我々と一緒にいることだが、私はいたくない選手はいらないとずっと言ってきた」 と、残留を無理強いしないというコメントを残していたが、その試合でポルトガル代表MFはどっちのユニフォームを着ているのだろうか。 2022.06.26 16:43 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル退団濃厚のサンチェス、来季は?

インテルを退団濃厚とされるチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)に対し、数多くのトップクラブが関心を寄せているようだ。 2019年8月にマンチェスター・ユナイテッドからインテルへと加入したサンチェス。決して主力選手とは言えないものの、エースであるアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスらのバックアッパーとして確かな存在感を発揮し、公式戦109試合出場で20得点23アシストを記録している。 直近2シーズンでスクデットを含む3つのタイトル獲得に貢献してきたサンチェスだが、インテルからは今夏の退団を迫られており、母国チリの『La Tercera』によると、クラブ側からサンチェスへ400万ユーロ(約5億7000万円)を支払うことで契約解除となる様子。サンチェスはすでにビジャレアルやJリーグクラブからのオファーを一蹴したことが報じられてきたが、現在もアトレティコ・マドリー、マルセイユ、アストン・ビラ、古巣であるバルセロナとアーセナルなど多くのクラブからコンタクトがあるようだ。 今年12月には34歳を迎えるサンチェスだが、当面はヨーロッパでのキャリア継続を望んでおり、現時点で最も獲得に熱心なのがマルセイユだという。元チリ代表指揮官であるマルセイユのホルヘ・サンパオリ監督が電話でサンチェスの説得に当たっているとされ、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保していることから選手本人もやぶさかでない様子だが、どうやら高年棒がネックとなっているようだ。 サンチェス本人は、カンプ・ノウで共にプレーしたチャビ・エルナンデス監督が率いるバルセロナや、キャリアの全盛期を過ごしたアーセナルへの帰還を心待ちにしていると友人たちに明かしたようだが、現時点ではどちらのクラブからも具体的なオファーは提示されていないとみられている。 2022.06.26 16:04 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、レヴァンドフスキ獲得へ3度目のオファーへ! 最大67億円に

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの獲得を狙うバルセロナが、バイエルンに3度目のオファーを出すようだ。 今夏に退団を希望しているレヴァンドフスキを巡って、獲得に固執するバルセロナと、安価では手放したくないバイエルンとで長らく攻防が続いている。 ここまでバルセロナは2度のオファーを試みるも、2度目の3500万ユーロ+ボーナス500万ユーロのオファーでもバイエルンを納得させることはできなかった。 そんな中でスペイン人ジャーナリストのジェラール・ロメロ氏によると、諦めないバルセロナは3度目のオファーを準備。4000万ユーロ(約57億円)+ボーナス700万ユーロ(約10億円)という、財政難のクラブとしては思い切った移籍金となるようだ。 だが、このオファーが正式なものとなれば、5000万ユーロの移籍金を要求するバイエルンも検討せざるを得ないものに。バルセロナは、7月に行われるアメリカツアーまでに移籍を完了させたい意向だという。 2022.06.26 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズがバルサDF獲得に本腰? 構想外のラングレをレンタルか

トッテナムがバルセロナからCBの補強に熱心なようだ。 『ESPN』によると、バルセロナのフランス代表DFクレマン・ラングレ(27)に関して、トッテナムが獲得に動いているとのこと。以前にも噂に浮上したが、その動きはより具体的になっているという。 アントニオ・コンテ監督が率いるトッテナムだが、来季に向けてCBを補強したいなか、インテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(23)の獲得に動いていた。 古巣からの補強を目指したコンテ監督だったが、交渉は難航。獲得が非常に難しくなったと見られている。 そこで、関心を示していたラングレにシフト。今シーズンは公式戦で27試合に出場したが、チャビ・エルナンデス監督の中では構想外となっている選手の1人であり、獲得の難易度はかなり下がる状況だ。 財政的な問題を抱えているバルセロナとしては、計画外の選手はできるだけ売却していきたい動きを見せ、ラングレの他にも、サミュエル・ユムティティ、オスカル・ミンゲサのセンターバック勢は不要とされている。 ただ、トッテナムはラングレに関してレンタル移籍を希望。できるだけ支出を減らしたいと考えているようだ。 ラングレ自身がプレミアリーグに挑戦することを望んでいるかは不明だが、クラブ間では数週間話し合われているとされ、バルセロナに残留しても出番はかなり限られることになる。果たして、トッテナムは獲得なるだろうか。 2022.06.26 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

完全構想外のユムティティはバルサ退団へ…行き先は昇格組?古巣?イタリア?

バルセロナで完全に構想外となっているフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(28)だが、やはり今夏の退団は避けられないようだ。フランス『レキップ』が報じた。 リヨンの下部組織で育ったユムティティは、2016年7月にバルセロナへと完全移籍する。 加入当初は期待されていたユムティティ。バルセロナで公式戦132試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。 そのユムティティだが、2018年に左ヒザを負傷。それ以降パフォーマンスが上がらず、ケガが続くと、今年1月には足を骨折し、今シーズンはラ・リーガで1試合の出場に終わっていた。 クラブが財政難に陥る中、サラリーの削減に応じて来なかったものの、給与のカットを受け入れて2026年まで契約を延長。しかし、クラブにとってはもう必要のない存在となってしまったようだ。 バルセロナでの復活を望んでいたユムティティだが、厳しい状況は変わらず。チームに残っても出番が訪れない可能性が非常に高い。 ユムティティの行き先にはいくつか候補があり、1つはラ・リーガに復帰したジローナだ。ジョゼップ・グアルディオラ監督の兄弟であるペレ・グアルディオラ氏が会長を務めており、ユムティティへの興味を口にしていた。 左利きのセンターバックということで希少価値は高いだけに、欲しがるクラブはある。自身が育ったリヨンもそのうちの1つ。また、セリエAのクラブに行くことも可能性として浮上。いずれにしても、今夏バルセロナを後にする可能性は非常に高まっている。 2022.06.25 23:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly