C大阪、U-22日本代表DF瀬古歩夢ら6選手と契約更新!

2020.01.09 20:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪は9日、U-22日本代表DF瀬古歩夢(19)、DF片山瑛一(28)、FW中島元彦(20)、FWウェリング・ピアス(21)、FW澤上竜二(26)、MFレアンドロ・デサバト(29)の契約を更新したことを発表した。U-12時代からC大阪の育成組織でプレーしてきた瀬古は、2018年にトップチームとプロ契約。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで13試合1ゴールを記録した。また、YBCルヴァンカップには6試合、天皇杯には3試合に出場した。

片山は2018年にファジアーノ岡山からC大阪に完全移籍。昨シーズンはJ1リーグに19試合、天皇杯に3試合出場した。また、YBCルヴァンカップでは5試合1ゴールを記録している。

レアンドロ・デサバトは2019年にヴァスコ・ダ・ガマからC大阪に完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに18試合、ルヴァンカップに6試合、天皇杯に2試合出場した。

瀬古と同じくジュニア時代からC大阪の下部組織に在籍していた中島は、2018年にトップチーム昇格。昨シーズンはU-23チームの一員として、J3リーグで34試合9ゴールを記録した。

メルボルン・ビクトリーでプレーしていたピアス・ウェリングは、2018年5月のトライアルを経て、同年7月にC大阪に入団。昨シーズンはJ3リーグで10試合1ゴールを記録した。

澤上は2016年に大阪体育大学から入団。昨シーズンはJ3リーグで26試合3ゴール、YBCルヴァンカップでは1試合1ゴール、天皇杯では1試合2ゴールを記録した。
コメント
関連ニュース
thumb

C大阪、川崎F破りの大分を下して5試合ぶり白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第25節、大分トリニータvsセレッソ大阪が25日に昭和電工ドーム大分で行われ、0-1でC大阪が勝利した。 前節の大分は、勝てば史上最速の優勝を決められる川崎フロンターレをホームに迎えたなか、中17日という圧倒的な日程の有意差でもって攻守に大健闘。得点はPKによる1点にとどまったものの、金星と言うには相応しくないほどの堂々たる試合を演じた。 対するC大阪は、ホームでサンフレッチェ広島に惜敗。6連勝していた勢いは完全に鳴りを潜め、直近4試合は1分け3敗という状況だ。 ともに中3日、互いに前節から3人のスタメン変更を加えた一戦は、先日に契約延長が発表された大分の片野坂監督に対して好成績を収めるロティーナ監督率いるC大阪が先制する。 10分、ブルーノ・メンデスが左サイド深い位置から粘り強く繋いだボールを奥埜、坂元と繋ぎ、最後は清武がボックス手前左からミドルシュート。坂元の落としに迷いなく右足を振り抜いたシュートは、相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 その後もB・メンデスを起点にした攻撃でゴールに迫り、CKからもチャンスを演出するC大阪。28分にはそのB・メンデスから坂元がゴール前に飛び出すシーンを創り出す。一方、大分はサイドでボールを回すばかりでゴールにはほど遠い展開に。 そんな大分は33分に獲得したFKで、右サイドから上がったクロスを知念が頭で逸らすようなシュートに繋げるも、GKキム・ジンヒョンの正面に。34分には再び知念が迫るもゴールならず。 それでも徐々に攻撃に出られるようになった大分は40分、右サイドの松本からグラウンダーのクロスが上がると、ニアの野村がこれをスルー。背後の知念にチャンスが訪れたが、シュートは当たり損なってキム・ジンヒョンに難なくキャッチされた。 決定機逸脱も乗ってきた知念が42分に敵陣中央からミドルシュートを狙うなど、少しずつ押し戻してきた大分。ハーフタイムには刀根を下げて田中を投入し、攻勢を強めにかかる。 しかしながらポゼッションでは圧倒するものの、なかなかシュートの形まで持ち込めず膠着状態に。島川のミドルシュートや知念と野村のラインでこじ開けようとするも、なかなかゴールは遠い。77分には、右サイドの岩田のクロスを途中出場の高澤が頭で合わせたが、GKキム・ジンヒョンに右手一本で抑えらえてしまう。 一方、守勢だったC大阪も81分にゴールに迫る。分厚い波状攻撃を仕掛ける中で、右サイドから松田が上げたクロスに飛び込んだ豊川がヘディングシュート。絶好のシュートだったが、惜しくも枠の右に外れた。 だが結局、最後まで清武のゴールを守り切ったC大阪が逃げ切りに成功。5試合ぶりの勝利を挙げた。 大分トリニータ 0-1 セレッソ大阪 【C大阪】 清武弘嗣(前10) 2020.11.25 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:大分vsC大阪】優勝阻止した大分、片野坂体制で4戦未勝利のC大阪相手に初勝利なるか

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 19:00キックオフ 大分トリニータ(11位/36t) vs セレッソ大阪(6位/49pt) [昭和電工ドーム大分] ◆首位にストップ、C大阪相手に初勝利を【大分トリニータ】 前節は川崎フロンターレの優勝が決定する可能性があった試合。インテンシティの高い入りを見せた中で、前半から首位チームを圧倒すると、PKの1点を守り切って勝利を収めた。 目の前での優勝阻止に向けてチーム一丸となって高いパフォーマンスを見せた大分。片野坂知宏監督も「アグレッシブに戦う姿勢を崩さないように送り出し、選手たちもそれを出してくれた」と評価した。 今節は再び上位のC大阪との一戦。片野坂監督としては、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督相手にはまだ勝利がなく、なんとか勝利したい一戦だろう。 「今シーズンセレッソに勝って、ホームで喜べるように良い準備をしたいと思います」と川崎F戦後に意気込んでいたが、ホームで勝利し3連勝なるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、長谷川雄志、小林裕紀、田中達也 FW:三平和司、野村直輝 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 ◆沈黙した攻撃陣、主導権を握れるか【セレッソ大阪】 前節はホームでのサンフレッチェ広島戦で0-1と敗戦。チームは連敗となり4試合勝利から見放されている。 後半戦に入り3勝しか挙げられず、前半戦の勢いが完全になくなったC大阪。順位も常に2位をキープしていたところから気がつけば6位にまで転落してしまった。 課題の1つは先制点だ。直近3試合では全て先制を許し、後手に回る展開に。また、この4試合は複数得点がなく、攻撃陣の低調さが結果に大きく左右している。 現に後半戦の11試合で複数得点を記録した2試合は勝利。1ゴールで勝利したのはたったの1試合だ。メンバーをほぼ固定した戦いが歪みを生んでいる可能性もあるが、何よりも攻撃陣の奮起が必要な状況。残り少ない試合でも上位フィニッシュを目指して、まずは目先の1勝を求めたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、木本恭生、藤田直之、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2020.11.25 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

L・ペレイラがゴールから退場の独擅場! 虎の子の一点を守り切った広島がアウェイでC大阪に完封勝利!《J1》

明治安田生命J1リーグ第28節、セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島が21日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-0で広島が勝利した。 来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権が与えられる3位以内を目指すC大阪は、現在勝ち点49で5位に位置。3位の名古屋グランパスとは2試合消化が少ないながらも勝ち点差「3」となっており、トップ3フィニッシュの可能性は大いに残っている。だがここ3試合は1分け2敗と足踏みしており、前節は下位に沈む清水エスパルスに1-3で敗れた。 <div id="cws_ad">◆広島レアンドロ・ペレイラがフリーの位置からこぼれ球をゴールに突き刺す<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1eizov2wvohv71vjkt4iiadx9p" async></script></div> 一方の広島は5試合負けなしではあるものの、連勝に恵まれず前節も横浜FCとドロー。順位も9位と鳴かず飛ばずで、なかなか内容と結果が伴わない試合が続いている。 スタメンに関しては、C大阪は前節から3人変更。横浜FC戦で多少主力を落としていた広島は5人変更となった。 試合は互角の攻防を見せる。立ち上がりのCKで都倉がヘディングシュートを放ったC大阪に対して、広島もレアンドロ・ペレイラがヘディングシュートでゴールに迫る。広島は19分にも浅野が得たFKを森島が狙ったが、ここはGKキム・ジンヒョンの正面。森島はさらに速攻からシュートまで運んだが、相手のブロックに遭い枠に飛ばせず。 一進一退の攻防は24分に動いた。味方のバックパスを受けた川辺がワンタッチで左サイドに展開。抜け出した東のクロスはDFにカットされてしまうものの、こぼれ球を拾ったレアンドロ・ペレイラがボックス手前から右足シュートを突き刺し、アウェイチームが先制に成功した。 その後、ヒートアップしてイエローカードが連発したC大阪に対して、広島も報復行為に及んだレアンドロ・ペレイラが警告を受けるなど、ややダーティな展開に。 後半から、1点ビハインドのC大阪は松田と都倉を下げて、丸橋と西川を投入。さらに58分に奥埜とブルーノ・メンデスもピッチへ送り出したC大阪はその直後、味方のロングボールの跳ね返りをボックス内で拾った清武が巧みなタッチからゴール前に抜け出すが、ここは絶妙なタイミングで前に出たGK林に止められた。 少しずつ劣勢に立たされるようになった広島。そんな中63分、相手へのファウルで2枚目のイエローカードを受けたレアンドロ・ペレイラが退場に。大きくゲームプランを狂わせてしまう事態となってしまった。 こうなると試合はC大阪のペースに。73分にクロスのこぼれ球から坂元がクロスバー直撃の鋭いシュートを見舞うと、75分には丸橋のヘディングシュートでゴールに迫る。 押し込まれる広島は76分に茶島を下げて井林を投入し、明確なメッセージを送る。しかしながらC大阪の勢いは衰えず、85分には途中出場の高木のシュートを浴びるも、GK林が見事セーブ。 試合終了間際には、清武のクロスを頭で合わせたブルーノ・メンデスのシュートが枠を捉えるが、ここもGK林が集中した守りでゴールを許さず。結局、前半のリードを死守した広島が1-0で勝利を収め、6試合負けなしとした。 セレッソ大阪 0-1 サンフレッチェ広島 【広島】 レアンドロ・ペレイラ(前24) 2020.11.21 17:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:C大阪vs広島】互いにカギは先制点、上位フィニッシュに向け負けられない一戦

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2020年11月21日(土) 16:00キックオフ セレッソ大阪(5位/49pt) vs サンフレッチェ広島(9位/43pt) [ヤンマースタジアム長居] ◆痛恨の3戦未勝利、ピッチ内に集中を【セレッソ大阪】 前節はアウェイで清水エスパルスと対戦。苦手とするアウェイの清水戦ではその相性通り1-3で敗戦。3試合未勝利となった。 2位を目指す戦いを続ける中で痛恨の3試合未勝利となったC大阪。さらに、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が今シーズン限りで退任するという報道が出たことで、ピッチ外の話題が盛り上がっている。 しかし、チームとしては2位を諦めるのは時期尚早。まだまだ狙える差だけに、ピッチ内のことに集中して試合に臨みたいところだ。 ここまで続けてきたパスサッカーを継続することはもちろんだが、問題は人選。ほぼ固定したメンバーで戦っていることで、チーム全体のベースアップはなされてこなかったのが現状だ。 特に良い状態での試合運びができていてもゴールが遠い現状。相手に先手を奪われ後手に回ると、盛り返すことができない弱点を露呈している。繋ぐこと以上に、フィニッシュワークに力を入れるべきだろう。天皇杯、そして来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得のためにも、4試合ぶりの勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、木本恭生、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、豊川雄太 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆上位フィニッシュへ負けられない一戦【サンフレッチェ広島】 前節はホームのに横浜FCを迎え1-1のドローに終わった広島。5戦負けなしと結果はまずまず出ているが、決定打に欠けるというのが現状のチームだろう。 試合中のパフォーマンスには大きな波はないが、勝敗を分けているのはフィニッシュの精度。7試合連続で1失点以下と守備陣は安定しているが、得点も1点以下が4試合と迫力に欠ける。 レアンドロ・ペレイラがチームを牽引している格好だが、たたみ掛けることができていないようでは上位には進めない。3位も目指せなくはないが、そのためには勝ち点の取りこぼしは避けたいところだろう。 ブロックを敷いて望むのか、それとも前からボールを奪いに行くのか。ポゼッションに秀でるC大阪の場合はプレスをかけ続ける方を選びそうだが、相手をプレスにハメ、効率よくゴールを奪っていきたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:柏好文、川辺駿、青山敏弘、東俊希 MF:エゼキエウ、森島司 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:城福浩 2020.11.21 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

中村の今季初ゴールなど3発快勝の清水が今季初連勝! C大阪は3試合勝利無し《J1》

明治安田生命J1リーグ第27節の清水エスパルス(17位/勝ち点17)vsセレッソ大阪(5位/勝ち点49)が14日にIAIスタジアム日本平で行われ、ホームの清水が3-1で勝利した。 連戦の中、先日急きょ指揮官交代に踏み切った清水は、その初戦となった前節のヴィッセル神戸戦を3-1でモノにし、8試合ぶりの勝利を収めた。連戦を終え、中10日と空いた今節は縁起の良い神戸戦と同じスタメンを揃えた。 対するC大阪は、前節は伝統の“大阪ダービー”のガンバ大阪戦を1-1で終えている。こちらも中10日と空いたなかでG大阪戦と同様のイレブンを並べてアウェイで勝ち点3を目指す。 立ち上がり、平岡宏章体制となって[4-4-2]の布陣を組む清水が、長短のパスを織り交ぜて攻撃の糸口を模索するが、C大阪の固い守備ブロックを前になかなかゴール前まで運べない。 徐々に盛り返すC大阪は21分、右サイドの松田のクロスをボックス内で奥埜が胸でコントロールしパスを選択。これを豊川が左足で狙ったが、枠を捉えられなかった。 清水がチャンスを迎えたのは25分、相手のCKを跳ね返しロングカウンターを発動。エウシーニョが右サイドを持ち上がり、竹内と金子を経由して徐々に左へ。最後はボックス左に走り込んだ後藤がフィニッシュを迎えたが、右足のシュートは枠の上に。また、前半終了間際には西澤のクロスからヘナト・アウグストがヘディングシュートを放つなど、良い形で前半を終えた。 その清水が後半開始早々に先制する。ピッチ中央付近でボールを持ったヘナト・アウグストが味方2人との連続ワンツーでボックス中央へ侵入。浮き玉が続いて上手くコントロールできなかったものの、飛び出してきたGKキム・ジンヒョンも目測を誤り、DFとお見合いするような形でこぼれ球に。最後はヘナト・アウグストがオーバヘッドで叩き込み、49分にホームチームが試合を動かした。 この先制点で攻勢を強める清水は51分にも決定機が訪れる。カルリーニョス・ジュニオ起点のカウンター。左から右の西澤を狙ったスルーパスは一度DFに奪われてしまうが、素早くチェックにいった西澤が奪い返し、再びボールを持ったカルリーニョス・ジュニオはボックス左へ侵攻しシュートへ。しかし、ここはGKキム・ジンヒョンに阻まれた。 58分にブルーノ・メンデスと柿谷のアタッカーを送り出したC大阪は65分に絶好機。ボックス右角からの松田のクロスに坂元が頭で合わせたが、上手くミートできず。それでも、その2分後にネットを揺らす。 右サイド深くで受けた坂元が緩急のあるドリブルから左足でクロス。これにディフェンスの背後から飛び込んだ清武が頭で合わせて振り出しに戻した。さらに78分には逆転のチャンスが訪れるが、松田のクロスに合わせたブルーノ・メンデスのシュートは枠の左へ外れた。 追いつかれた清水だが、86分に再び攻勢に出る。カルリーニョス・ジュニオとのワンツーでボックス左へ侵入した途中出場の中村が左足でゴール左隅に流し込み今季初ゴール。 さらに、試合終了間際には前線に人数を掛けるC大阪の背後に飛び出した途中出場のティーラシン・デーンダーがGKと一対一に。これは決め切れなかったが、サポートに入ったカルリーニョス・ジュニオがしっかりとゴールへ蹴り込み勝負あり。ホームの清水が3-1で勝利し、今季初の連勝を飾った。一方、C大阪は3試合勝利なしとなった。 清水エスパルス 3-1 セレッソ大阪 【清水】 ヘナト・アウグスト(後4) 中村慶太(後41) カルリーニョス・ジュニオ(後45+4) 【C大阪】 清武弘嗣(後22) 2020.11.14 17:00 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly