ソン・フンミン退場に皮肉のモウリーニョ…「肋骨を折ったリュディガーは病院へ?」

2019.12.23 09:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムの指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督が韓国代表FWソン・フンミンの退場判定に対して、皮肉で返した。イギリス『BBC』が報じている。

トッテナムは22日、プレミアリーグ第18節でチェルシーと激突。12分にショートコーナーから失点すると、前半終了間際のPK献上から追加点を許して、このまま敗戦した。これにより、トップ4の背中が遠のく7位に後退している。

チェルシー後、「今日は良くなく、スタートも悪かった。逆に、チェルシーは我々よりも良いスタートを切った」と敗戦を潔く認めたモウリーニョ監督だが、60分に下ったソン・フンミンの退場判定は納得がいっていないようだ。

その場面、ソン・フンミンはチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーと交錯して転倒。その際、リュディガーの腹部を蹴り上げる行為に及び、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)判定でレッドカードを受けた。

判定が下った直後、副審に詰め寄り、不服の意を表したモウリーニョ監督。ソン・フンミンの退場劇について、皮肉を込めながらこう述べている。

「ソンの状況は酷い扱われ方だったね。主審はリュディガーに警告すべきで、ソンの反応も攻撃的じゃなかった」

「肋骨を折ったリュディガーは病院へ? 他の人々はリュディガーのことをインテリジェンスだったと言うだろうね」

なお、ソン・フンミンは今年に入り、プレミアリーグで3度目のレッドカードに。その回数は2010年のイングランド人MFリー・カッターモール以来だという。
コメント
関連ニュース
thumb

空砲もブレイズ戦でゴールのケインがPLで29チーム相手にゴール!

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインがシェフィールド・ユナイテッド戦で新たなゴール記録を樹立した。イギリス『optajoe』が伝えている。 トッテナムは2日、敵地で行われたプレミアリーグ第32節のブレイズ戦を1-3で敗戦した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ハリー・ケイン、CLでのベストゴール集<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVT1IxMXBwRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 逆転でのトップ4フィニッシュに向けて残り試合での取りこぼしが許されない7位のトッテナムだったが、勝ち点1差で8位のブレイズ相手に苦戦。ボールの主導権こそ握りながらも、相手の粘り強い守備を崩し切れず。 逆に、相手のシンプルなカウンターに手を焼き、いずれもサイドを起点とした似たような崩しから3失点。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が遠のく痛恨の敗戦となった。 一方、同試合でフル出場して試合終了間際に韓国代表FWソン・フンミンのお膳立てから一矢報いるゴールを挙げたケインは、空砲になったものの新たなゴール記録を樹立することに。 前節のウェストハム戦でトッテナムでのプレミアリーグ通算200試合を達成したケインは、201試合目となったこの試合で通算138ゴール目を記録。そして、ブレイズ相手に決めたこのゴールによって、同選手はこれまでプレミアリーグで対峙した全29チームからゴールを記録するという、偉大な記録を達成することに。 この29チームという数字はプレミアリーグ所属選手の中で最多の記録だという。 また、ケインは前日にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンが達成したばかりの、12カ月すべての月でゴールを記録したプレミアリーグ史上2番目の選手となっている。 2020.07.03 14:44 Fri
twitterfacebook
thumb

敗戦のモウリーニョが来季のCL出場に白旗「夢を見るのはとても難しい」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、シェフィールド・ユナイテッド戦の敗戦を振り返った。 トッテナムは2日、プレミアリーグ第32節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦。勝ち点差1で迎えたシックスポインターとなった試合は、序盤からシェフィールド・ユナイテッドが攻勢を強めると先制に成功。トッテナムはハリー・ケインのゴールが認められないなど不運もあると、後半にも2失点。結局3-1で敗れていた。 試合後、モウリーニョ監督が敗戦を振り返り、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場に白旗を挙げ、ヨーロッパリーグ(EL)出場を目指すと語った。 「ひどい結果だ。チャンピオンズリーグに向けた戦いにとって、重要な結果だと思う」 「ギャップを埋めてプレッシャーをかけるチャンスはあったが、この結果、CLについて夢を見るのはとても難しく、シェフィールド・ユナイテッド、エバートンのような他のクラブや多くのクラブとの重要な試合は難しくなる。ヨーロッパリーグの出場権を目指して戦うつもりだ」 後半は試合を支配したトッテナムだったが、結果は3-1と敗戦。モウリーニョ監督は統計は意味がないと語った。 「フットボールとは得点したゴール数と与えたゴール数だ。正直でなければならない。決定について話すことはとても簡単だが、正直になりたいと思っている」 「ポゼッションはたくさんあったが、アタッキングサードでは我々以上にアグレッシブで強烈だった」 また、得点が認められなかった前半のシーンについては、そこが問題ではないと否定。チームとしてしっかり戦えるメンタルが足りないと反省した。 「目標を達成したい場合は、パフォーマンスが安定し、結果が安定し、精神的に安定している必要がある。前半は失点にも関わらず完全にコントロールしていたが、認められなかったゴールは我々を殺すことができない」 「我々に強い打撃を与える可能性があり、我々にとって大きな失望となる可能性はあるが、我々はチームとして別の方法でメンタル的に反応するのに十分な時間があった。その決定死ぬことはない」 「我々はそういった状況に対処するために精神的に強くなる必要がある。それは私が自分自身を責めるところだ」 2020.07.03 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレイズに敗れたトッテナム、上位進出の希望薄れる《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、シェフィールド・ユナイテッドvsトッテナムが2日に行われ、3-1でシェフィールド・ユナイテッドが勝利した。 10位シェフィールド・ユナイテッド(勝ち点44)と、8位トッテナム(勝ち点45)の上位進出を目指すチーム同士の対戦。 ホームのブレイズはコロナ明けから調子を落とし、ここまで3試合を戦って1分け2敗。前節はマンチェスター・ユナイテッドに完敗を喫した。一方、トッテナムは前節のウェストハム戦で再開後初勝利。エースのケインには、ケガから復帰後初ゴールが生まれた。 最初のシュートはブレイズ。1分になる前に、右ウイングバックのバルドックが狙う。挨拶代わりのシュートはGKロリスに止められた。 トッテナムも6分にCKからダイアーのヘディングシュートで相手ゴールを脅かすと、23分には素早い攻守の切り替えから、ケインがこの試合初シュートを放つ。 ややトッテナムが優勢に進めていたが迎えた31分、左サイドからパスを繋いで右へと展開したブレイズは、ボックス右に侵入したバシャムの折り返しを、ベルゲがワントラップからシュートを沈めて先制。チームはコロナ後初ゴールを挙げた。 だがその2分後、トッテナムは素早いアクションを見せる。最終ラインからロングボールを送り、そのこぼれ球を拾ったモウラがドリブルで前線へ。相手に囲まれ倒されるもボールはケインのもとへ。ケインはボックス右で冷静にキックフェイントで相手を躱し、左足でゴール。これで同点かに思われたが、倒れたモウラの手にボールが当たっていたとして取り消しとなった。 1点ビハインドのトッテナムは56分にベルフワインを下げてラメラを投入。前半同様に高いポゼッションで攻撃を仕掛けていくが、プレミアリーグでも屈指の守備力を誇るブレイズの壁を崩せない。 すると69分、数少ない攻撃のチャンスが巡ってきたブレイズは、ボックス左でタメを作ったオズボーンを起点にスティーブンスが深い位置まで進攻。そのマイナスの折り返しを、途中出場のムセが押し込んで追加点を奪った。 完全に相手の術中に嵌ってしまったトッテナム。70分の給水タイムでオーリエとムサ・シソコに代えてデレ・アリとエンドンベレを投入。77分にそのエンドンベレのパスからケインがネットを揺らすが、ここは完全にオフサイドだった。 残り時間も少なくなる中、84分にブレイズは右サイド深くでボールを持ったバルドックからパスを受けたベルゲがボックス右に侵入。その折り返しをマクバーニーが決めて、勝利を手繰り寄せる3点目を決めた。 敗戦濃厚となったトッテナムは90分、ラメラのクロスをワンタッチではたいたソン・フンミンの折り返しをケインが決めるも焼け石に水。試合は3-1でブレイズがモノにし7位に浮上した。一方、コロナ明け初黒星を喫したトッテナムは、上位進出は厳しい状況となってしまった。 2020.07.03 04:05 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ダイアーに新契約提示へ! モウリーニョが希望の旨を明かす

トッテナムが、イングランド代表MFエリック・ダイアー(26)に新契約を準備しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 2014年にスポルティング・リスボンから加入したダイアー。守備的MFとセンターバック、緊急時には右サイドバックもこなせるユーティリティ性を武器に、6シーズンで公式戦237試合に出場してきた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆スパーズの頼れる大型MF、エリック・ダイアー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2OWw3NHIxRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 今シーズンは、序盤はなかなか出番が貰えなかったものの、監督がジョゼ・モウリーニョに交代して以降は出場機会が増加。ここ数試合はDFトビー・アルデルヴァイレルトやDFヤン・フェルトンゲンを押しのけて、センターバックとしての出場が続いている。 『BBC』によるとモウリーニョ監督はある取材で「ダニエル・レヴィ会長が私にエリックと新契約を結びたいと伝えてきたよ。エリックも私にここに留まりたいと言っていた」とコメント。去就に関して両者の思惑が一致していることを明かした。そして監督自身も「私が目指すチームにおいて、彼らが合意を見つけられることは私の願いだ」と、契約延長を希望している旨を伝えている。 なお、ダイアーの契約は2021年6月30日までとなっている。 2020.07.02 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「アーセナルを侮辱するつもりはないけど」トリッピアーがノースロンドンとマドリッドのダービーを比較

アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが、ノース・ロンドン・ダービーとマドリッド・ダービーを比較した。イギリス『ミラー』が伝えている。 2015年からトッテナムでプレーしたトリッピアーは、アーセナルとのノース・ロンドン・ダービーを幾度も経験。今シーズンからアトレティコ・マドリーへ移籍したため、昨年9月にレアル・マドリーとのマドリッド・ダービーも経験している。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYZUpMcVJJVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 『The Beautiful Game podcast』に出演したトリッピアーは、イングランドとスペインそれぞれのダービーについて振り返った。 「マドリッド・ダービーはここでは本当に重要な試合だ」 「アーセナルを侮辱するつもりはないが、トッテナムでプレーしていた頃から、僕らにとって一番のライバル関係ではないと感じていたよ」 「僕らにとっての一番のライバルはチェルシーだったと感じていた。感情の部分でそう感じたのかもしれない」 「もちろんトッテナムとアーセナルの試合だってファンにとっては重要な試合だ。彼らとは今までの歴史があるからね」 「でもマドリッド・ダービーのあのプレッシャーは…」 「毎試合の前にクラブの会長が様子を見に来るんだ。イングランドではそんなことなかった」 また、スペインでの生活についても言及し、適応できていることを明かした。 「スペインの家族優先の文化は素晴らしいよ。僕や妻、子どもたちへ本当によくしてくれた。僕をすぐに仲間に入れてくれたし、アトレティコに関わる全ての人を尊敬しているよ。最高だね」 2020.06.30 22:50 Tue
twitterfacebook