レーティング:日本代表 5-0 香港代表《E-1選手権》

2019.12.14 21:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は14日、韓国で開催中のEAFF E-1選手権の第2節で香港代表と対戦し、5-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽日本代表採点
(C)CWS Brains,LTD.
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし

GK
23 大迫敬介 5.5
プレーシーンほぼなし

DF
15 渡辺剛 5.5
CKではターゲットに。守備面でも問題なし

3 田中駿汰 6.5
3バックの中央でカバーリング、ビルドアップも冷静に。後半はボランチで攻撃を組み立て

21 古賀太陽 5.5
守備面でも連携に問題なし。高い位置を取り攻撃参加も見せる

MF
16 相馬勇紀 7.0
右サイドを再三仕掛け決定機を演出。香港の脅威に

6 大島僚太 6.5
CKから1アシスト。長短のパスを織り交ぜ攻撃にリズムを生み出す

10 仲川輝人 6.0
田川とポジションを終始入れ替えながらギャップを生み出す努力。思うようなパスが来なかった

11 田川亨介 6.0
高さを見せて代表初ゴール。小川の初ゴールもアシスト。後半の決定機は決めたかった

17 田中碧 5.5
クラブでもコンビを組む大島とリズムを作る。もう少し攻撃に絡みたかった

(→4 畠中槙之輔 5.5)
中国戦の右に続き3バックの中央でそつなくプレー

2 菅大輝 6.5
先制弾は豪快ボレーで代表初ゴール。逆サイドのフリーランも冴える

FW
20 小川航基 6.5
史上3人目の日本代表デビュー戦ハットトリック達成

(→13 上田綺世 -)
出場時間が短く採点なし

監督
森保一 6.0
中国戦から全選手を入れ替え、東京オリンピック世代を多数起用。小川が起用に応えるなど快勝した

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
相馬勇紀(日本)
再三にわたる右サイドの仕掛けで香港の脅威に。アシストやゴールなど数字は残さずも攻撃の中心となっていた

日本代表 5-0 香港代表
【日本】
菅大輝(前8)
田川亨介(前14)
小川航基(前26,前46,後13)
関連ニュース
thumb

レーティング: U-24日本代表 1-0 U-24南アフリカ代表《東京オリンピック》

22日、東京オリンピック グループA第1節のU-24日本代表vsU-24南アフリカ代表の一戦が東京スタジアムで行われ、1-0で日本が勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽U-24日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/fom20210722u24jpn_rsa_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 谷晃生 5.5 あまり守備機会なし。後半1度ピンチを迎えたが落ち着いて対応した。 DF 2 酒井宏樹 6 積極的なオーバーラップを見せる。右サイドからの攻撃が試合を通して多く冷静に判断してプレー。 3 中山雄太 5.5 前半は攻撃参加の精度がアップ。高精度なクロスも見せた。後半は攻める回数が減少。 (→13 旗手怜央 5.5) サイドバックで入って、途中からはトップ下に。良さはあまり出せない展開だった。 4 板倉滉 6 先発起用でも安定した守備対応。ピンチはほとんどなく吉田のカバーもしっかり。 5 吉田麻也 6.5 安定した守備はもちろん、サイドへのフィード、前線へのロングボールも機を見て出す。守備では前に出てしっかりとボールを奪うなどさすがの対応。 MF 6 遠藤航 6.5 前からのしっかりとプレスを掛けてスイッチを入れる。南アフリカが中央からあまり攻めない展開に。 7 久保建英 7 2列目で右に左にポジションを変えてシュートも積極的に放つ。こう着状態の難しい中で、個の力で打開して決勝点。 8 三好康児 6 今日も守備でも奮闘し、攻撃もリズムを作る。何度か決定的なパスを出すが結果につながらず。 (→16 相馬勇紀 5.5) サイドを仕掛ける回数は少ない。南アフリカにも警戒されていたためかボールがあまり回ってこなかった。 10 堂安律 6 久保、三好との連携で崩すシーンはあり連続ゴールを目指したが、若干気負い過ぎたか。 (→20 町田浩樹 -) 出場時間が短いので採点なし。 17 田中碧 6.5 ダイレクトプレーでリズムを作るなど中盤で安定したプレー。久保のゴールにつながる大きなサイドチェンジは正確だった。 FW 19 林大地 6 五輪初戦で先発もいつも通りのアグレッシブなプレー。何度もポストプレーを実施しシュートも積極的に。あわやというシーンは決めたかった。 (→18 上田綺世 5.5) 入ってからはボールがあまり来ない展開に。見せ場が来なかった。 監督 森保一 6.5 まずは金メダルに向けての初戦で1-0勝利。結果が大事な試合でしっかりと勝てたことは大きい。メキシコ戦へ向けての選手選考も重要になりそうな展開。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! MF久保建英(日本) 文句なしのマン・オブ・ザ・マッチ。何度も得点機がある中でチームとして決められない中、個人技でこじ開けた。田中碧からのサイドチェンジのトラップの正確さ、カットインからのシュートの選択と日本を救った。 U-24日本代表 1-0 U-24南アフリカ代表 【日本】 久保建英(後26) 2021.07.22 22:03 Thu
twitterfacebook
thumb

日本の東京五輪第一号は久保建英の左足! 南アフリカに苦しめられながらも白星スタート!《東京オリンピック》

東京オリンピック2020、グループA第1節のU-24日本代表vsU-24南アフリカ代表が22日に東京スタジアムで行われ、1-0で日本が勝利した。 本大会開幕前の親善試合ではU-24ホンジュラス代表、U-24スペイン代表と対戦し1勝1分けで終えた日本。一定の手応えを掴んだ中で迎える初戦の相手は、試合前に選手2人の新型コロナウイルス感染が確認された南アフリカだ。全選手が濃厚接触者と判断されることになったが、キックオフ6時間前に行われた検査の結果、無事に試合を行えることになった。 注目の初戦を飾るスタメンはGK谷、守備ラインは右から酒井、吉田、板倉、中山、中盤は遠藤と田中がボランチを組み、その前に堂安、久保、三好が並ぶ。そしてワントップに林という[4-2-3-1]の布陣となった。 立ち上がりは右サイドバックの酒井を生かした攻撃で南アフリカの穴をついていく日本。幅を使いながら相手の守備にギャップを作りつつ、中央から縦パスを差し込む形を何度か試す。また、守備への切り替えも早く、主導権を与えない戦い方で完全に試合を支配する。 そんな日本の最初の決定機は15分。中央から左へ展開し、中山がダイレクトでクロス。飛び込んだ林を越えてボックス左で拾った久保が左足を振り抜いたが、惜しくも外のサイドネットを叩いた。 その後もバリエーション豊富な攻撃を見せる日本だが、その手数とは裏腹になかなかゴールまで迫ることができない。5バックを敷く南アフリカの徹底した守りを前に、クロスはほとんど跳ね返され、地上戦も要所で食い止められてしまう。 そんな中32分、前線でのボール奪取からパスを繋いで、最後は林がフィニッシュへ。ボックス中央で相手を背負った状態から強引にシュートへ持ち込んだが、ここはGKの正面に。その直後には、相手のクリアミスが三好に渡り絶好の先制シーンが訪れる。ボックス左でGKと一対一となったが、左足のシュートはGKウィリアムズの好セーブに阻まれた。 続くCKでは、二次攻撃でボックス右の堂安のグラウンダークロスを林がプッシュしネットを揺らしたが、ここはオフサイドでゴールは認められず。45分にはFKのチャンスを得るも久保のシュートは壁に当たり、試合は0-0で折り返した。 互いに選手交代を行わず迎えた後半。日本は50分、右サイドでボールを持った久保がボックス右の堂安との横ベクトルのワンツーで侵攻。素早く左足を振ったが、右ポストの外側をかすめた。 ゴールが遠い日本は60分に最初の交代カードを切り、三好を下げて相馬を投入する。そして迎えた71分、相馬の入った左サイドから攻撃を仕掛け、相手を引きつけるや否や田中が右へ展開。ボックス右でフリーでとなっていた久保に渡ると、キレのあるカットインから左足でシュート。これが左ポストの内側を叩いてゴールに吸い込まれた。 待望の先制点を決めた日本は、直後に林と中山を上田と旗手に代えて追加点の姿勢を見せる。しかし、77分に初めて南アフリカに枠内シュートを許す。GK谷の正面だったものの、ヒヤリとする場面を作られた。 終盤に入って意識を逃げ切りにスイッチし始めた日本は、85分に堂安を下げて町田をピッチへ送り込む。アディショナルタイムには立て続けにシュートを打たれる我慢の時間を強いられたが、虎の子の1点を守り切り、見事に初戦をものにした。 U-24日本代表 1-0 U-24南アフリカ 【U-24日本】 久保建英(後26) 2021.07.22 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

U-24日本代表スタメン発表! 初戦の南アフリカ戦は久保建英、堂安律らが先発、冨安健洋がメンバー外

22日、東京オリンピックの初戦でU-24南アフリカ代表と対戦するU-24日本代表のスターティングメンバーが発表された。 同日開幕を迎えた男子サッカー。南アフリカの選手に新型コロナウイルスの陽性判定者が出たこと、そして濃厚接触者が18名いたことで開催が危ぶまれていた。しかし、無事に試合開催が決定した。 12日に行われたU-24ホンジュラス代表と対戦し3-1で勝利、17日にU-24スペイン代表と対戦し1-1の引き分けに終わった日本。初戦のメンバーはスペイン戦をベースに組んできた。 スターティングメンバーは、オーバーエイジ枠の3名に加え、MF久保建英(レアル・マドリー)やMF堂安律(PSV)らが先発。1トップにはホンジュラス戦、スペイン戦に続いてFW林大地(サガン鳥栖)が起用された。 また、DF板倉滉(フローニンヘン)が入り、DF冨安健洋(ボローニャ)はベンチ入りメンバーから外れた。 ◆スタメン[4-2-3-1] GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、三好康児 FW:林大地 監督:森保一 ◆サブ GK:大迫敬介 DF:橋岡大樹、町田浩樹、旗手怜央 MF:相馬勇紀 FW:前田大然、上田綺世 2021.07.22 19:08 Thu
twitterfacebook
thumb

U-24日本代表、東京五輪の初戦U-24南アフリカ代表戦は無事開催

東京オリンピック組織員会は22日、サッカー男子1次ラウンドグループAのU-24日本代表vsU-24南アフリカ代表に関して、予定通り開催されることを発表した。 試合をめぐっては、U-24南アフリカ代表の選手2名とスタッフ1名が選手村で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことが確認されていた。 その後の調査の結果、18名が濃厚接触者として認定され、隔離状態に。チームはトレーニング等を行なったものの、試合の開催可否はキックオフ6時間前に実施されるPCR検査の結果で決まることとなっていた。 試合のエントリーには13名以上起用できる選手が必要となっていた中、無事にその要件を満たす結果が出たようだ。 日本vs南アフリカは、20時から東京スタジアムで行われる。 2021.07.22 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

【U-24日本代表プレビュー】金メダルへの第一歩、大事な初戦でしっかりと力を見せるか/vsU-24南アフリカ代表【東京五輪】

いよいよ開幕する東京オリンピックの男子サッカー競技。U-24日本代表は初戦でU-24南アフリカ代表と対戦する。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて開催が1年延期になった今大会。待ちに待った日がやってきた。 オリンピック本大会前の親善試合では、U-24ホンジュラス代表、U-24スペイン代表と対戦し、1勝1分けで終えた日本。一定の手応えを掴んだ中で大事な初戦を迎えることとなる。 <span class="paragraph-title">◆金メダルへの第一歩</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210722_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 日本が目指すのは1968年のメキシコシティ・オリンピック以来となるメダルの獲得。それも、頂点に立つ金メダルだ。 各選手や森保一監督、反町康治技術委員長も自国開催でのオリンピックで、53年ぶりのメダル獲得、それも金メダルを獲得することが目標だと語ってきた。その第一歩がついに踏み出させることとなる。 5年前のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックでは1勝1分け1敗でグループステージで敗退。9年前のロンドン・オリンピックではメダルまで後一歩に迫りながらも、韓国に敗れて4位に終わった。 世代別代表が出場するようになった1996年のアトランタ・オリンピックから7大会連続で出場している日本だが、グループステージを突破したのは2000年のシドニー・オリンピック、2012年のロンドン・オリンピックの2度だけだ。 その2大会は初戦でどちらも勝利。1996年のアトランタ・オリンピックは“マイアミの奇跡”でも知られているようにブラジルに初戦で勝利し2勝したものの、得失点差でグループステージ敗退となっている。 何れにしても、短期決戦において初戦の重要性は知られたこと。金メダルを目指す以上は、初戦でしっかりと勝利できるかが重要となる。 <span class="paragraph-title">◆万全のメンバーで臨む</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210722_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 今大会の開幕を前にして、メンバーが18名から22名に変更。試合ごとに18名を選んで臨んでいくことになるレギュレーションとなった。 試合の24時間前までにケガなどでエントリー変更が可能だったが、日本はせず。準備段階で状態に不安があった選手も全員が大会に臨めるという状況なのだろう。 別メニュー調整が続いていたFW上田綺世(鹿島アントラーズ)もU-24スペイン代表戦で途中出場。MF三笘薫(川崎フロンターレ)は合流間も無く、ケガもしていることからメンバー外だったが、しっかりとコンディションを上げていっているはずだ。 18名でのやりくりではなく、22名まで拡大されての選手のやりくりは、森保監督にとっても大きなアドバンテージと言える。選手のコンディションを見極めて、万全の18名で試合に臨めること。過密日程、高温多湿を考えれば、同じメンバーだけで戦い抜くのは難しく、しっかりとしたマネジメントが期待される。 <span class="paragraph-title">◆不安要素が山積の南アフリカ</span> 対する南アフリカはアフリカ予選を3位で勝ち抜いての出場。2大会連続3回目となる。 日本とはシドニー・オリンピックでも同組となり、初戦で対戦した試合は1-2で日本が勝利。高原直泰(沖縄SV)の2ゴールで勝利した。 もちろんメンバーを始め、戦い方も全然違うチーム。そしてレベルも格段に上がっているだろう。しかし、その南アフリカ代表が悲劇に見舞われている。 来日後、選手2名が新型コロナウイルスに感染。選手を含む18名が濃厚接触者として認定されてしまったのだ。コロナ禍というイレギュラーな状況で起きたことではあるが、陽性判定を受けた2選手は起用できず。濃厚接触者と認定された選手たちも、キックオフ6時間前のPCR検査で陰性が証明されなければ試合には出られない。 13名という試合開催基準の人数を満たせなければ、日本が3-0の不戦勝になるレギュレーション。最後の最後までわからない状況だが、選手たちはトレーニングはおこなっており、調整はできている。 不安要素が色々ある中での日本戦。当然勝利を目指してくるが、そこで日本とどう戦うのかは注目だ。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210722_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、旗手怜央 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、三好康児 FW:林大地 監督:森保一 初戦のスターティングメンバーには、スペイン戦で出場した選手たちが中心になると予想する。 GKは引き続き谷晃生(湘南ベルマーレ)になるだろう。6月シリーズから正守護神の座を掴んだであろう谷。しっかりとしたパフォーマンスを見せて無失点スタートを期待したい。 最終ラインは右からDF酒井宏樹(浦和レッズ)、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(ボローニャ)、DF旗手怜央(川崎フロンターレ)と予想する。 オーバーエイジの酒井と吉田、そしてA代表のレギュラーでもある冨安の起用は間違いない。大会の途中ではコンディションなどで誰かが外れる可能性はあるが、この3人はケガさえなければ不動と言える。そして注目の左サイドバックは旗手と予想する。守備面を考えればDF中山雄太(ズヴォレ)の起用が考えられるが、初戦は勝利が必要な状況。疲弊する後半に持ち込むというよりは前半から押し込んで勝利していきたいところだ。その点では攻撃に分がある旗手を起用すべきだろう。 ボランチはMF遠藤航(シュツットガルト)とMF田中碧(デュッセルドルフ)だろう。今のU-24日本代表ではこの2人のコンビが最も安定している。この2人が機能すれば、しっかりと日本がペースを握って戦えることは間違いない。 2列目は右からMF堂安律(PSV)、MF久保建英(レアル・マドリー)、MF三好康児(アントワープ)と並ぶと予想する。堂安は4試合連続ゴール中と好調を維持し、久保も6月の戦いから調子を上げている。左サイドは相馬勇紀(名古屋グランパス)という選択肢もあるが、旗手を後ろに置くと考えた場合は三好を推したい。守備面まで気を配れる三好を起き、バテる後半に相馬を入れて南アフリカを仕留めたいところだ。 1トップは難しいところだがFW林大地(サガン鳥栖)と予想する。ホンジュラス戦、スペイン戦と先発出場した林。ゴールはなかったが、効果的なプレー、自身の特徴を出すプレーは見せていた。2列目を生かすという点では、林が相手を背負ってプレーすること、前線を掻き回して相手DFを疲弊させることも計算が立つ。バックアップメンバーだった男の初戦先発という抜擢を期待したい。 何れにしても交代枠は5つあり、暑さや日程を考えると森保監督の采配も重要になってくる。自分たちで試合を動かし、コントロールして進められるかがカギ。そのためのベストな11人を送り込み、ベストな5つの交代策を打ってもらいたい。 初戦の南アフリカ代表戦は22日(木)の20時に東京スタジアムでキックオフを迎える。 2021.07.22 16:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly