レーティング:日本代表 5-0 香港代表《E-1選手権》

2019.12.14 21:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は14日、韓国で開催中のEAFF E-1選手権の第2節で香港代表と対戦し、5-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽日本代表採点
(C)CWS Brains,LTD.
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし

GK
23 大迫敬介 5.5
プレーシーンほぼなし

DF
15 渡辺剛 5.5
CKではターゲットに。守備面でも問題なし

3 田中駿汰 6.5
3バックの中央でカバーリング、ビルドアップも冷静に。後半はボランチで攻撃を組み立て

21 古賀太陽 5.5
守備面でも連携に問題なし。高い位置を取り攻撃参加も見せる

MF
16 相馬勇紀 7.0
右サイドを再三仕掛け決定機を演出。香港の脅威に

6 大島僚太 6.5
CKから1アシスト。長短のパスを織り交ぜ攻撃にリズムを生み出す

10 仲川輝人 6.0
田川とポジションを終始入れ替えながらギャップを生み出す努力。思うようなパスが来なかった

11 田川亨介 6.0
高さを見せて代表初ゴール。小川の初ゴールもアシスト。後半の決定機は決めたかった

17 田中碧 5.5
クラブでもコンビを組む大島とリズムを作る。もう少し攻撃に絡みたかった

(→4 畠中槙之輔 5.5)
中国戦の右に続き3バックの中央でそつなくプレー

2 菅大輝 6.5
先制弾は豪快ボレーで代表初ゴール。逆サイドのフリーランも冴える

FW
20 小川航基 6.5
史上3人目の日本代表デビュー戦ハットトリック達成

(→13 上田綺世 -)
出場時間が短く採点なし

監督
森保一 6.0
中国戦から全選手を入れ替え、東京オリンピック世代を多数起用。小川が起用に応えるなど快勝した

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
相馬勇紀(日本)
再三にわたる右サイドの仕掛けで香港の脅威に。アシストやゴールなど数字は残さずも攻撃の中心となっていた

日本代表 5-0 香港代表
【日本】
菅大輝(前8)
田川亨介(前14)
小川航基(前26,前46,後13)

関連ニュース
thumb

「焦らずに日本らしいサッカーを」湘南MF田中聡がチームに自信、攻撃のポジションも「目に見える結果を貪欲に狙う」

U-22日本代表は、26日にAFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選の初戦である、U-22カンボジア代表戦に臨む。 すでに23日に初戦のU-22香港代表戦を戦い、4-2で快勝しているカンボジア。本来であれば、MF本田圭佑が指揮を執ることもあったが、所属するスゥドゥーヴァの試合があるために不参加。かつて帝京高校でも指揮を執った廣瀬龍氏が指揮を執る。 日本は中1日で香港代表戦を控えている上、週末のJリーグを戦った選手たちは合流してすぐ試合という超過密スケジュールに。そんな中、試合を翌日に控え、MF田中聡(湘南ベルマーレ)がメディアのオンライン取材に応じた。 明日迎える初戦については「いよいよ始まるという感覚と、国際試合がコロナ禍でできるということのありがたみ、感謝を忘れずにチーム全員で明日に向けて万全の準備ができています」とコメント。ハードなスケジュールでの試合となるが「昨日の夜来た選手もいますし、そこは一発勝負ではないですが、練習も少なくて、合わせるのはすごく難しいですが、全員が1人1人が特徴を出せれば必ず勝てると思います」と語り、「キャンプも10月はやっていたので、チームとしてはあまり問題ないと思います」と、連係面は大きな問題にならないと感じているようだ。 対戦相手のカンボジアについては「相手のセットプレー、得点シーンは見たので、自分たちなりに対策は練っているので大丈夫です」と語り、「スペースを与えればそれなりにできるというか、上手いですし、決して甘く見てはいけないチームだと思うので、全員が隙を作らないようにということは監督からも話がありました」とコメント。「今日のトレーニングもその気持ちで臨めたので、明日やれればと思います」と、奢ることなくしっかりと戦いたいと意気込んだ。 今回のシステムは[4-3-3]、湘南ともU-20の時の影山雅永監督のシステムとも違い、インサイドハーフでの起用が見込まれる。普段より前でのプレーについては「2ボランチでも3ボランチでもそこまで違わないので、しっかりポジションを取ってうまくやって進んでいくこと、真ん中が3枚いてボールを動かしやすいので、そこのメリットをうまく利用して良い攻撃をしたいと思います」と語り、あまり難しく考えていないようだ。 普段よりも攻撃面での期待が寄せられることになるが「得点やアシストといった、目に見える結果が一番のアピールで貪欲に狙っていきたいです」とコメント。「自分が、となると良くない方向に進んでいくので、チームと連係して臨んでいきたいと思います」と意欲を示しながらも、チームとして連動していく子が大事だとした。 今回はアンカーを務める世代が上のMF松井蓮之(法政大学)ともチームメイトとなる。ピッチで感じることについては「顔を出したら絶対にパスがくるというか、欲しいタイミングで出してくれるので、やりやすさはすごくありますし、安定感や落ち着きは見ていて自分も真似したいというか、自分もやっていかなければいけないなと、良い刺激になっています」と語り、吸収すべき部分が多いようだ。 今大会で自分が一番意識したいところについては「足元の技術はあまりないので、落ち着きやボールの置き所、パスのタイミングなどが課題なので、積極的にビルドアップに参加して、ミスを恐れずにやることが大事だと思います」とアンカーに入った時にも積極的にチャレンジしていきたいと語った。 チームではアンカーとして多くの試合に出場。23日に行われた明治安田生命J1リーグ第33節の横浜FC戦では、チームが見事に逆転勝利を収め、山口智監督がひきいてから初白星となった。 チームでやっていることで代表に持ち込めるものについては「やっと勝てて、失点はしましたが誰も諦めていなかったので、そこが逆転につながったと思います」と語り、「明日の試合もどうなるかわからないですが、どういう状況に置かれても焦らずに日本らしいサッカーを出していけば絶対に勝てると思うので、全力をやっていきたいと思います」と語り、仮に先制を許しても落ち着いてやるべきことをやるだけだと語った。 山口監督になってから求められていることについては「自分は90分持たなかったり、足が攣っていましたが、最近は智さんから代える気はないと言われているので意識しているのと、もっとゲームを作って欲しいと言われているので、そこは少し代表でも出していければと思います」とコメント。この点は冨樫剛一監督からも同じようなことを求められており、「言い方は違いますが、意味は一緒なので、やる事はハッキリしています。システムは違いますが、柔軟に対応していきたいと思います」と語り、自身が突き詰めているものを出したいと意気込んだ。 U-17日本代表としては2019年にU-17ワールドカップを経験している田中。久々の国際試合については「自分にできることは今はしっかり出して、久しぶりの海外とのゲームということもありますし、どれだけボールを取れるか、対人で勝てるかにしっかり取り組んでいきたいと思います」とコメント。U-17W杯ではラウンド16の試合に脳震とうの影響で出られずにチームが敗退するという悔しさを味わったが「U-17の時にやって試合に出られずに負けて、何もできなくて悔しくて、情けない気持ちがありました。明日から海外の選手とやれる事は嬉しいですし、他の選手のモチベーションも高いです」とし、「ただ試合をするのではなく、日本を背負って必ず勝たなければいけないとは思っていますが、簡単な試合じゃない事は理解しているので、全力でやっていきたいと思います」と結果に拘りたいとした。 2021.10.25 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

久々の国際舞台を戦う徳島MF藤田譲瑠チマ「頭は冷静に、気持ちは強く」と国際試合で大切なメンタリティを語る

U-22日本代表は、26日にAFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選の初戦である、U-22カンボジア代表戦に臨む。 すでに23日に初戦のU-22香港代表戦を戦い、4-2で快勝しているカンボジア。本来であれば、MF本田圭佑が指揮を執ることもあったが、所属するスゥドゥーヴァの試合があるために不参加。かつて帝京高校でも指揮を執った廣瀬龍氏が指揮を執る。 日本は中1日で香港代表戦を控えている上、週末のJリーグを戦った選手たちは合流してすぐ試合という超過密スケジュールに。そんな中、試合を翌日に控え、MF藤田譲瑠チマ(徳島ヴォルティス)がメディアのオンライン取材に応じた。 今回日本代表として、日の丸を背負うこととなったが、藤田は「自分としてはそういったところに気負いすぎず、自分のプレーを出すことができれば、自分だけじゃなくて、選ばれたメンバー全員の力を出せば試合に勝つ確率も高くなると思います。いつも以上に気合が入っているわけではないです 」とし、通常通りのパフォーマンスが重要だとした。 リーグ戦を終え、中2日でカンボジア戦、そして中1日で香港戦を迎えることとなる。ハード日程については「試合も続いていますけど、去年もずっとこういう感じの連戦が続いていたので、そこまで問題はないかなと思います」とあまり気にしていないようだ。 藤田はU-17から世代別代表を経験。2019年にはU-17ワールドカップにも出場している。国際経験が少ない選手が今回は多い中、経験者としての振る舞いについては「自分も含めて海外試合、国際的な公式戦を経験しているメンバーは少ないと思います。そういったメンバーが試合運びや相手の特徴をわかっているメンバーなので、経験がない選手にうまく声をかけながらプレーできればと思っています」とコメント。国際試合に向けての振る舞いを考えているとした。 今大会で気をつけることについては「U-17W杯ではグループステージではうまく勝つことができましたけど、トーナメントでメキシコと対戦した時に、サッカーにかける思いがメキシコの選手とすごく差を感じました」とコメント。「これまでも意識してやってきましたが、カンボジアvs香港の映像を見たときに、選手たちも勢いがあって、1つ1つの一対一に書ける思いがビデオ越しにも感じたので、気を引き締めて、一対一で負けないという気持ちの部分がすごく大事になると思います」と語り、試合にかける思い、メンタリティの部分でも負けてはいけないと語った。 その中で大事になるメンタリティについて藤田は「落ち着きながら、頭は冷静にですが、気持ちは強く戦わないと、相手の勢いに飲まれることも多くなると思うので、大事にしていきたいです」と語り、しっかりと相手に対して戦う気持ちが必要だとした。 チームを率いる冨樫監督とは東京ヴェルディ時代に指導を受けた間柄。[4-3-3]のシステムも採用していたことがあり慣れている部分はある。 その点については「中央に人数をかけることになったので、ボールを持つ時間帯が増えると思いますし、自分もヴェルディでは[4-3-3]のような形でやっていたので、やりやすい部分はあります」とコメント。また自身の良さも出せると感じているようで「アンカーをやっても守備の良さが出ますし、インサイドハーフをやっても自分の攻撃でのテンポをあげることができるポジションなので、ありがたいです」と、自信を窺わせた。 カンボジアのストロングポイントについては「ちゃんと自分自身全ての映像を見たわけではないので、詳しくわからないですが、カンボジアに関しては攻撃の部分で後ろからしっかり繋いで、コンビネーションがうまいなと思っています」とコメント。「前線は小さくても速かったり細かいドリブルの特徴がある選手が多くいる感じがしたので、気をつけなければいけないです」と、攻撃面で力があると語った。 ただ「後ろから繋ぐ部分はまだクオリティが上がってきていない部分があるので、前線からプレスをかけて前で奪えればゴールに直結するプレーが出ると思うので、意識してやりたいです」と、ハイプレスでショートカウンターが狙う策が良いのではないかと分析した。 チームとしては「これからのMTGでチームとして1つの方向を向くために確認すると思います」としながらも、「自分としては前から(相手のパスコースを)限定して、CBやボランチからボールが出た時に前向きにボールを奪えれば、相手のDFラインに対して数的優位になれると思うので、チームとしても意識していきたいと思います」と、やはりしっかりとハメに行くことが大事だと感じているようだ。 その藤田は、東京オリンピックチームのトレーニングメンバーとして帯同。大会前には一緒にトレーニングなどを行ってきたが、そこで得たものが大きかったとし、コミュニケーションの部分は意識したいと語った。 「オリンピックチームに帯同して思ったことは、もちろん全員技術面は高いですが、ハーフタイムや試合前の要求の質、量が、このカテゴリとは全然違うと感じました」 「そういったところは自分が伝えていかなければいけないですし、要求を増やして、チームとしての考えを擦り合わせていければと思います」 2021.10.25 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「必ずハットトリックしたい」初の国際試合に臨む柏FW細谷真大、U-22日本代表としての意気込み

U-22日本代表は、26日にAFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選の初戦である、U-22カンボジア代表戦に臨む。 すでに23日に初戦のU-22香港代表戦を戦い、4-2で快勝しているカンボジア。本来であれば、MF本田圭佑が指揮を執ることもあったが、所属するスゥドゥーヴァの試合があるために不参加。かつて帝京高校でも指揮を執った廣瀬龍氏が指揮を執る。 日本は中1日で香港代表戦を控えている上、週末のJリーグを戦った選手たちは合流してすぐ試合という超過密スケジュールに。そんな中、試合を翌日に控え、FW細谷真大(柏レイソル)がメディアのオンライン取材に応じた。 自信にとって初の国際試合を戦う細谷は「国際試合が初めてなので、自分自身は楽しみですし、しっかり良い準備をして、自分が結果を残せるようにしていきたいです」とコメント。今回はFWとして2名しか招集されていない中、中心としての活躍が期待されるが「背番号は9番なので、そこをしっかり意識しながら、このチームを勝たせるという思いで臨みたいです」とゴールへの意欲を語った。 合わせる時間はほとんどない中での試合となるが、コンビネーションについては「しっかり練習からコミュニケーションをとってやっているので、Jリーグでプレーしている選手も多くプレースタイルも分かっているので、試合中に合わせていければと思います」とコメント。相手の突きたいポイントについては「セットプレーはルーズなところがあると思うので、そこの隙を突いて狙っていきたいなと思っています」と語った。 今大会に懸ける意気込みについても「日の丸を背負ってプレーするということは、責任と覚悟も必要だと思いますし、自分が持っているものを100%出して良い結果になればと思います」とコメント。具体的な数字については「3点以上は取りたいなと思っています。1試合は必ずハットトリックしたいなと思っています」と力強く語った。 初の国際試合と言いながらも「緊張はあまりしない方なので、明日にならないとわからないですが、普段通りやるという感じだと思います」と、平常心でいつも通りプレーしたいと語る細谷。それでもアジアでの戦いは警戒しているようで「A代表も苦戦していると思いますし、そういったものをテレビで見ていて、Jリーグとの違いは引いてくるところだと思います」とコメント。「そこを崩して個で打開できればいいですが、そこをコミュニケーションを取ってやれればと思います」と、チーム内での連係で崩したいとした。 これまで世代別の日本代表の経験がない細谷。日本代表への思いについては「選ばれていなかったっということは、シーズンで結果を残せていなかったと自覚しているので、今年選ばれて、少し結果も残せていて、結果を残し続けることは継続していかなければいけないと思いますし、結果を残せば代表にもつながると思うので、頑張っていきたいです」と、チームでの結果がつながったと語り、この先も結果を出し続けたいとした。 柏でネルシーニョ監督からも期待を寄せられている細谷。学んだことについては「1つは裏の飛び出しだったり、あとは攻撃だけじゃないということをしっかり教えられてきました」とコメント。FWとしては「ディフェンスもしっかりFWが1人目を決めないと連動していかないと思うので、ディフェンスの1人目というところをしっかり意識しながらやって欲しいと言われているので、そういったところは身についたところだと思います」と、前からプレスをかけていくという点では、しっかりと働けると感じているようだ。 2021.10.25 19:04 Mon
twitterfacebook
thumb

カンボジアとの予選初戦を控えるU-22日本代表、超ハード日程にも冨樫剛一監督は自信「中1日で2試合を戦えるチームで編成」

U-22日本代表は、26日にAFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選の初戦である、U-22カンボジア代表戦に臨む。 すでに23日に初戦のU-22香港代表戦を戦い、4-2で快勝しているカンボジア。本来であれば、MF本田圭佑が指揮を執ることもあったが、所属するスゥドゥーヴァの試合があるために不参加。かつて帝京高校でも指揮を執った廣瀬龍氏が指揮を執る。 日本は中1日で香港代表戦を控えている上、週末のJリーグを戦った選手たちは合流してすぐ試合という超過密スケジュールに。それでも、この世代として久々の国際試合となる。 冨樫剛一監督は、自身の代表監督としての初陣に臨む事になるが、現在の心境は「今日公式練習の前にJヴィレッジのホールでミーティングをしてきました。内山篤団長から日本代表としてのアイデンティティ、日本代表の歴史の中で先に進むという話をされた時に、身の引き締まる思いと、選手と目指す先が明確になったなと感じています」とコメント。「この難しい時期に国際試合を戦える喜びを同時に感じています」と、国際大会を行える喜びとともに、責任を感じたとした。 3日で2試合、さらに公式戦直後の活動ということもあるが、メンバー選考については「日本全体の世界に誇れる部分だと思いますが、選んだ23人が組み合わせ次第、誰が出ても遜色ないチームが2つできると思っています」とコメント。「コンディションの部分で、中1日で2試合を戦えるチームで編成しているので、初戦にコンディションを合わせられる選手で11人を選んでいきたいと思います」と、まずはコンディション重視でカンボジア戦の11人を選びたいとした。 ホンダが始動し、日本人指揮官の廣瀬監督が率いるカンボジアは、しっかりとボールを繋げるテクニカルなチーム。冨樫監督はカンボジアの印象について「実際に観られて感じたように、良い選手が多いなということを感じています。U-20の一次予選でベトナムと引き分けましたが、向こうの選手が上手い事は理解しているので、想像通り良いチームだなと思っています」とコメント。「ただ、ゲームは90分ある中で、どう自分たちがストーリーを持ってゲームに勝って終わるかなので、そこは選手たちと共有していきたいと思います」と、局面でやられる可能性もありながら、90分を通してのマネジメントをしていきたいと語った。 久々の国際試合。アンダーカテゴリーの中ではコロナ禍において最初に試合を行うことになるが「自分たちはアンダーカテゴリーで積み上げてきたもの、攻守になって一体となって戦っていく部分は間違いなく日本の武器だと思います。そこに対してしっかりと積み上げてきたものはピッチの上で出せると思います」とコメント。「自分たちはよりゴールを意識して、取り組んできているので、その辺りの攻守はより戦術的に目指せるものを見せられると考えています」と、攻撃面を意識しながら、90分を通してしっかりと戦えると意気込んだ。 選手たちに期待することについては「2年間自分たちは国内でしっかりとスカウティングも含めて、誰が国際試合で戦えるのか、誰がA代表に行けるかを考えてトレーニングキャンプを行っているので、その選手たちがピッチで結果を出してくれることを願っています」とコメント。国際経験の少ない選手が多く招集されているが「ピッチの上に立って、プレーをしてみて、いつもと違うなというのは間違いなく感じると思います。その経験を2試合、育成年代でできなかった中で一番最初にできるので、2試合勝った上ですが、感じた選手たちが戻って他の選手たちに共有してくれると思うので、この2試合は非常に大事だと感じています」と、結果を残した上で、感じたものをこの先の成長や他の選手たちに伝えてほしいと語った。 2021.10.25 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「1カ月前は想像できていなかった」来季から清水でプレーする筑波大学DF山原怜音、自慢の攻撃面をアピール「ゴールやアシストで貢献していきたい」

AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選に臨むU-22日本代表が22日からトレーニングを開始した。 2022年6月にウズベキスタンで開催が予定されている同大会。日本は、10月26日にカンボジア代表と、28日に香港代表と対戦し、本大会出場を目指す。 22日のトレーニング初日には、9名が集合。大学所属のGK杉本光希(立正大学),、DF山原怜音(筑波大学)、MF松井蓮之(法政大学)、MF佐藤恵允(明治大学)、高校所属のDFチェイス・アンリ(尚志高校)、MF松木玖生(青森山田高校)、MF中村仁郎(ガンバ大阪ユース)、MF甲田英將(名古屋グランパスU-18)のユース組に加え、DF角田涼太朗(横浜F・マリノス)が参加した。 トレーニング後、メディアのオンライン取材に応対した山原は、今回のメンバー入りについて「前回の合宿に引き続き、本大会メンバーに選んでいただいたことは素直に嬉しく思いますし、アジアの戦いに臨めるのは嬉しいです」とコメント。「1カ月前の自分は、この年代の代表に関わって試合に出ることは想像できていなかったので、この1カ月の話ですが、選手として成長するチャンスが巡ってきたので、この大会でしっかり結果を残して、日本の勝利に貢献したい気持ちでいます」と語り、自身の成長をしっかりと見せたいと語った。 アジアのチームと本大会出場をかけた予選を戦うという大事な試合。国際試合での難しさもあるが「国際大会での経験というのはあまりないと思います。日本代表のW杯に迎えたA代表のアジア予選を見る中でも、自分たちが主導権を握っていてもワンチャンスをものにされたり、厳しい戦いが続くという印象があります」と、苦しんでいるA代表の闘いぶりから見ても、簡単な試合はないとコメント。「チームのコンセプトはありますが、主導権を握りながら後ろは無失点で。攻撃は同じイメージを持っている特徴の選手が集まっているので、攻撃でも主導権を握って、無失点、得点を稼いで1試合1試合勝利できればと思います」と、チームとして攻守で結果を残したいとした。 山原の主戦場は左サイドバック。特にキックの精度に定評があり、クロスやシュートなど攻撃面での評価が高い。来シーズンからは清水エスパルスへの入団が決まっており、特別指定選手としてもJ1の舞台を経験しているが、今大会でも攻撃面を見せていきたいと意気込んだ。 「相手が引いてきた場合は、ゴールに近い中央を固めて相手がディフェンスすることが予想されるので、その場合はサイドからクロスを上げたり、深い位置まで侵入して相手の目線を変えながらプレーしたいです」 「クロス精度や侵入してからのシュート、ラストパスで得点を演出することができたらと考えています」 10月にも行われたトレーニングキャンプにも参加していた山原。アシストは1記録していたが、自分としてはまだまだ満足していないようだ。 「前回の合宿では練習試合2試合組まれていた中で、1試合目の横浜FM戦でクロスからアシストできました。2試合目の全日本大学選抜戦ではアシストはできませんでしたが、クロス精度やラストパスなどキックを生かして得点を狙う。前回の練習試合では1回に終わった得点に絡むプレーを、2点、3点とサイドから起点となって作って、シュートチャンスを自分が演出しなければならないなと感じています」 今回の代表活動では、年長者としての位置付けとなる山原。一方で、Jリーグでもプレーしている年下の選手たちも「リーダーシップはある」と語っている。 その中で、J1でのプレーをして感じたこともあると言い「清水エスパルスでサガン鳥栖戦に出させていただいて、そこでは自分の技術を生かしてボールを失わない。ビルドアップでは、少し安定した、ボールを失わないという特徴を出せたと思います」と語り、「そこを継続しつつも、ゴールに関わるプレーは意識しているので、そこのチャンスを多く増やして、ゴールやアシストで貢献していきたいと思います」と、やはり特徴でる攻撃面をもっと出していきたいとした。 今回の代表には筑波大学の同期でありながら、在学中に横浜FM入りを決めた角田が居る。久々のチームメイトになる角田については「角田自身は大学の同期ということで、角田自身が強い覚悟、決断で今年大学4年生という段階から横浜FMに入団してプレーしているというのは、負けられない存在というか、近くにいる一番のライバルだと思っていました」とコメント。「まさか角田とこの代表の場で再会してプレーするとは思っていなくて、来年から対戦相手としてプレーすることを楽しみにしていたので、合宿もそうですがびっくりしました」とこの場で一緒に戦うことになるとは予想していなかったようだ。 角田は左のCB、山原は左SBという関係だったが「近いポジションでプレーしていてやりやすさもありました。お互いの良さを互いに知っているので、同じピッチに立った時には良さを意識して、良さを出し合えればと思いますし、同じチームでプレーできるのが楽しみという気持ちです」と、久々のコンビネーションで日本のために貢献したいと語った。 2021.10.22 22:22 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly