熊本がGK畑、FW佐野、MF中山ら6選手と契約満了

2019.12.11 09:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ロアッソ熊本は11日、GK畑実(30)、MF村上巧(30)、FW三島康平(32)、FW佐野翼(25)、MF八久保颯(26)、MF中山雄登(28)の契約満了を発表した。

熊本出身の畑は、2012年にアイン食品サッカー部からロアッソ熊本に入団。2014年にはキャリアハイとなる明治安田生命J2リーグ32試合に出場も、今シーズンは天皇杯1試合の出場に留まった。

村上は2016年に愛媛FCから熊本に完全移籍。今シーズンは明治安田生命J3リーグに11試合出場し、天皇杯では1試合1得点を記録した。

三島は2019年に松本山雅FCから熊本に完全移籍。今シーズンはJ3リーグで22試合4得点を記録した。

佐野は2018年にアルビレックス新潟シンガポールから熊本に完全移籍。今シーズンはJ3リーグで23試合4得点を記録していた。

熊本出身の八久保は、2016年に阪南大学から熊本に入団。今シーズンはJ3リーグで15試合1得点を記録した。

中山は2014年に流通経済大学から熊本に入団。今シーズンはJ3リーグで31試合1得点を記録した。

熊本退団が決定した6選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆畑実
「8年間どんな時でも熱いご声援、ご支援をしてくださったサポーター、スポンサーの方、本当にありがとうございました」

「また、結果としてチームに貢献できずに申し訳ない気持ちと、その中でも8年もの間、地元熊本でプレーをさせていただいたロアッソ熊本に感謝の気持ちでいっぱいです。ロアッソ熊本が必ずJ2、そしてJ1に昇格することを信じています! 本当にありがとうございました」

◆村上巧
「今年1年でJ2に昇格できなかった事を非常に申し訳なく思っております。熊本での4年間は怪我などもあり、思うようにプレーができず、チームに貢献出来なくて悔しく思います。それでも、試合に出場した時は、誰よりも強い気持ちでチームの勝利のために戦ってきたつもりです」

「熊本のスポンサーの皆様、サポーターの皆様には、どんな時でもたくさんの支援や応援をしていただき、感謝しております。サポーターと勝利を分かち合う事が出来たカモンロッソは一番の思い出です。4年間、共に戦っていただき、本当にありがとうございました」

◆三島康平
「1年で必ずJ2に復帰するという目標を果たす事ができずに悔しい気持ちと、どんな時でも僕たちを後押ししてくれたサポーターの皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「カモンロッソは皆さんの笑顔を見れる最高の時間でしたし、もっと皆さんと喜び合いたかったです。1年間という短い間でしたが、応援して下さいましたサポーターの方々、本当にありがとうございました」

◆佐野翼
「自分の実力不足でチームに貢献する事が出来ず、悔しい気持ちでいっぱいです。熊本は温かい人が多く、沢山の良い出会いがありました。熊本を離れても、ロアッソ熊本を応援しています」
◆八久保颯
「4年間ありがとうございました。地元熊本でサッカー選手として輝くことができず、悔しい気持ちでいっぱいです。ただ、まだ僕のサッカー人生が終わったわけではないので、熊本出身として必ずどこかで輝ける場所を見つけられる様にさらに努力します。いつも、どんな時も熱い支援、熱い声援を送ってくれたスポンサー様、ファン、サポーターの皆さん、本当にありがとうございました」

◆中山雄登
「大学を卒業してプロになって6年間、ロアッソ熊本に加入し、たくさんのチームメイト、たくさんのチームスタッフに出会い、一緒に戦えた事は僕の宝物です。目標を達成することができず申し訳ありません。しかし、みんなと一緒に目標に向かい、毎日切磋琢磨し努力してきましたので悔いはありません」

「熊本に6年間住み、熊本の土地、人柄、食べ物、全てが大好きだったので、熊本を去る事はとても寂しく思いますが、そんな大好きな熊本で息子が生まれ、息子を熊本出身にできた事を誇らしく思います。スポンサーの皆様、ボランティアスタッフの皆様、ファン・サポーターの皆様、サポートして下さった全ての皆様、6年間本当にありがとうございました!」

関連ニュース
thumb

仙台と山形のみちのくダービーはドロー! 九州ダービー制した大分が3戦ぶり白星【明治安田J2第23節】

25日、明治安田生命J2リーグ第23節の4試合が各地で行われた。 3位のベガルタ仙台と7位のモンテディオ山形がユアテックスタジアム仙台で対戦。今季2度目の“みちのくダービー”は、前回対戦で勝利したホームチームが優勢に試合を運ぶ。機動力のある2トップを使った背後を狙う攻撃から名倉巧がボックス内で決定機を迎えるが、GK後藤雅明の好守に遭う。 以降もしばらく仙台の時間帯が続いたが、山形も徐々にボールを握って相手を押し込み、鋭いクロスから際どいシーンを創出。すると、ほぼイーブンで迎えた30分過ぎにアウェイチームが先手を奪った。33分、相手陣内右サイドで得たFKの場面で、味方がゴール前に飛び出してラインを押し下げたスペースでフリーになった野田裕喜にキッカーの國分伸太郎から絶妙なボールが上がると、野田が抑えの利いた見事な右足ジャンピングボレーで合わせ、ゴール左上隅に突き刺した。 相手の見事なサインプレーに屈してビハインドを負った仙台は、その数分後にペナルティアークで得たFKの場面で、キッカーの中島元彦が鋭い直接FKを枠の左隅へ飛ばしたが、ここはGK後藤の好守に阻まれた。 山形の1点リードで折り返した試合はホームの仙台が序盤から攻勢を仕掛けていく。さらに、前回対戦で決勝点を決めた遠藤康や皆川佑介をピッチに送り込む、アプローチを変えてゴールを目指す。 山形の堅い守備をなかなか崩し切れず、連戦と30度を超える猛暑の影響でパワーダウンも見え始めたが、土壇場で試合を振り出しに戻す。85分、フォギーニョとのパス交換から左サイドの遠藤が入れた低いクロスをゴール前の皆川が左足ボレーで合わす。これはGK後藤に弾かれたが、こぼれ球に詰めた中山仁斗が前回対戦に続き古巣のゴールへ流し込んだ。 その後、両チームはダービー勝利を目指して勇敢に攻め合い、幾つか決定的なシーンを作り出すが、両GKを中心とする守備陣の粘りに遭い、1-1の痛み分けに。共にリーグ4戦未勝利と足踏みが続く。 えがお健康スタジアムで行われた9位のロアッソ熊本と12位の大分トリニータの“九州ダービー”は、アウェイの大分が1-2で勝利した。 5試合ぶりの白星を目指すホームチームと、3戦ぶりの勝利を目指すアウェイチームの一戦は、ダービーらしい白熱の展開に。立ち上がりは熊本が良い入りを見せたが、23分には左サイドから藤本一輝が右足で入れたクロスを、ファーに走り込んだ155cmの中川寛斗が頭で合わせ、大分が先制に成功する。 それでも、熊本は10分後の33分に杉山直宏の右サイドからのクロスを、髙橋利樹が飛び出したGKの寸前で打点の高いヘディングで合わせ、すぐさまスコアをタイに戻した。 1-1で折り返した後半は一進一退の攻防となったが、57分には浮き球のフィードに対してDFとうまく入れ替わった渡邉新太が、ボックス内でDF2枚に囲まれながらも鮮やかなステップから右足のシュートを突き刺し、アウェイチームが再び一歩前に出る。 以降は互いに交代カードを切っていく中、フレッシュな選手の投入で試合の流れに変化を加えようと試みる。だが、後半半ば終盤に入っても拮抗して状況が維持される。それでも、終盤の熊本の攻勢を冷静に凌ぎ切った大分がこのまま勝ち切り、ダービー勝利と共に3戦ぶりの白星を手にした。 また、共にプレーオフ圏内の4位に位置するファジアーノ岡山と、5位のV・ファーレン長崎は、それぞれ13位の水戸ホーリーホック、15位のブラウブリッツ秋田と対戦。 岡山は23分に相手のハンドで得たPKをヨルディ・バイスが決めて先制に成功。以降は危なげなく試合を進めるが、後半半ばを過ぎて相手の攻勢に晒されると、土壇場の89分にゴール前の混戦から安藤瑞季に同点ゴールを献上。さらに、試合終了間際には防戦一方を強いられたが、ラストプレーのピンチをGK堀田大暉のビッグセーブで凌ぎ、最低限の勝ち点1を奪取。 一方、リーグ戦3連勝に天皇杯でのFC東京撃破で勢いに乗る長崎は、6戦未勝利の秋田をホームで迎え撃った。前半からボールを握って攻め手を窺うが、相手の集中した守備に苦戦。後半終盤にはクリスティアーノ、ビクトル・イバルボら切り札を投入し、攻勢を仕掛けたが、最後の精度を欠いた。そして、試合は0-0のドローに終わり、原田武男暫定体制の有終の美を飾ることはできなかった。 ◆第23節 ▽6月25日(土) ベガルタ仙台 1-1 モンテディオ山形 水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山 V・ファーレン長崎 0-0 ブラウブリッツ秋田 ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 大分トリニータ</span> ▽6月26日(日) 《14:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs 東京ヴェルディ 《18:00》 栃木SC vs いわてグルージャ盛岡 横浜FC vs アルビレックス新潟 徳島ヴォルティス vs ザスパクサツ群馬 《18:30》 FC琉球 vs FC町田ゼルビア 《19:00》 大宮アルディージャ vs ツエーゲン金沢 レノファ山口FC vs ヴァンフォーレ甲府 2022.06.25 21:06 Sat
twitterfacebook
thumb

5選手が途中出場で"初ゴール"を記録、大宮は監督交代後初白星に【明治安田J2第21節】

12日、明治安田生命J2リーグ第21節の6試合が各地で行われた。 ともに連勝を狙う4位・モンテディオ山形と14位・水戸ホーリーホックはケーズデンキスタジアム水戸で顔を合わせた。 アグレッシブ姿勢を見せた水戸が序盤からゲームの主導権を握ると、途中出場の梅田魁人が均衡を破る。ピッチへ立った1分後の80分、ボールを保持した山形DF野田裕喜が自陣ボックス内で足をもつれさせると、これを見逃さずにボールをさらい、ニアを射抜いた。 高川学園出身の梅田は福岡大学を経て、テゲバジャーロ宮崎から水戸へ今季加入した。ステップアップを果たしたFWは19試合目にして嬉しい加入後初ゴールを記録。これが決勝点となり、水戸が山形を下している。 5位・ファジアーノ岡山は17位・レノファ山口FCとアウェイで対戦した。 飲水タイム明けの27分、山口GK関憲太郎がゴールを空けて処理したボールがチアゴ・アウベスへ渡ると、そのままシュート。これは枠を外したが、チームのトップスコアラーは37分のチャンスをきっちり仕留める。 岡山は相手スローインの場面で前線からプレッシャーをかけ、右サイドの高い位置でボールを奪う。ボックス内へのステファン・ムークのパスはカットされて一旦は相手ボールとなるも、田中雄大が圧力を掛けてクリアをブロックし、再びマイボールに。ボックス右から折り返すと、近いサイドでチアゴ・アウベスが収めて左隅へ流し込み、今季8点目となる2試合連続ゴールを挙げた。 リードをして迎えた55分には、山瀬功治のシュートを宮崎智彦が、佐藤謙介の右足をヨルディ・バイスがゴールライン上でクリア。追加点こそ奪えなかったものの、1点を守り切って2連勝を飾り、4位へ浮上している。 互いに勝ち点「29」。6位・FC町田ゼルビアは8位・ロアッソ熊本をホームに迎えた。36分、相手を押し込んだ町田は安井拓也が鋭い縦パスをペナルティアーク左へ差し込むと、ドゥドゥは打ってくれというメッセージ付きの優しいポストプレー。これを長谷川アーリアジャスールがダイレクトで狙い、右足で巻いたシュートを右隅へと沈めた。 追い掛ける展開となった熊本は78分、阿部海斗と土信田悠生の2枚を同時に投入すると、この交代策が的中。右サイドでボールを持った河原創がニア裏へ斜めの浮き球を送ると、反応したのは土信田。ワントラップから右足のボレーを突き刺し、試合を振り出しに戻した。 高川学園から駒澤大学を経て今季加わったルーキーのJ初ゴールで追い付いた熊本。このままタイプアップを迎え、1-1の引き分けに終わっている。 相馬直樹監督就任後の初勝利を目指す20位・大宮アルディージャは、ブラウブリッツ秋田の敵地へ乗り込んだ。結果を残したのは73分に矢島慎也に代わって投入された泉澤仁。ゴールレスで迎えた81分、ショートコーナーから大山啓輔がクロスを入ると、跳ね返されたボールをボックス左で拾い、グラウンダーのキック。これが対峙者の股を抜け、ゴール前のDFのクリアも及ばずにラインを割った。 今季6シーズンぶりに古巣へ戻ったドリブラーは、開幕前の負傷で長期離脱。回復後は徐々に出場時間を伸ばし、これが復帰後の初ゴールに。泉澤の1点で接戦を制した大宮が新体制初白星を手にしている。 味の素スタジアムで行われた15位・東京ヴェルディvs21位・いわてグルージャ盛岡の一戦は、声出し応援の運営検証対象試合として行われた。 試合が動かしたのは東京V。23分、梶川諒太のミドルがブロックされてボックス右へ大きく浮き上がると、深澤大輝の頭での折り返しが小池純輝を抜けて蓮川壮大のオウンゴールを誘発した。 ホームチームは70分にも追加点を奪取。蓮川のドリブルを自陣中央で梶川が防いでカウンターへと転じると、持ち上がって左を使い、新井瑞希が切れ込んでボックス手前左からグラウンダーのクロスを送る。駆け上がってきた深澤がコントロールから左隅へ流し込み、リードを広げた。 2点のビハインドとなり、チャンスもポストに嫌われていた岩手だったが、終盤に猛追を見せる。86分に深澤のパスミスから途中出場の和田昌士がGKとの一対一を制して今季初ゴールを決めると、3分後には同じく途中出場の中村充孝。こぼれ球に反応してボックス左から右足を振り抜き、豪快な一撃を突き刺した。 中村充孝の加入後初ゴールで岩手が試合を振り出しに戻し、このまま試合終了。追い付かれた東京Vは7試合未勝利となった。 また、正田醤油スタジアム群馬で行われた18位・ザスパクサツ群馬vs19位・栃木SCの"北関東ダービー"は、ゴールレスドローに終わっている。 ◆第21節 ▽6月12日(日) レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 1</span>-0 モンテディオ山形 FC町田ゼルビア 1-1 ロアッソ熊本 ザスパクサツ群馬 0-0 栃木SC 東京ヴェルディ 2-2 いわてグルージャ盛岡 ▽6月11日(土) ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 1-1 横浜FC 徳島ヴォルティス 2-2 ベガルタ仙台 FC琉球 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> 2022.06.12 20:17 Sun
twitterfacebook
thumb

熊本DFレオ・ケンタが左ヒザ前十字じん帯損傷…母国ブラジルで治療へ

ロアッソ熊本は9日、DFレオ・ケンタの負傷を報告した。 5月29日のトレーニング中に負傷して、熊本市内の病院で検査。左ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、加療期間は現時点で未定だという。 クラブとの協議でブラジルに一時帰国してから治療を始める同選手は秀岳館高校への進学で来日後、昨年に入団。今季はここまで出場がなかった。 2022.06.09 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

熊本MFターレスが6週間の離脱…千葉戦で負傷

ロアッソ熊本は30日、MFターレスの負傷を報告した。 同選手は21日に行われた明治安田生命J2リーグ第17節のジェフユナイテッド千葉戦で負傷。左ヒザ外側側副じん帯損傷と診断され、加療期間として受傷日から6週間を要する見込みだ。 ターレスは2021年に秀岳館高校から入団。今年1月、名古屋グランパスに完全移籍したが、レンタルで今季も熊本にとどまり、ここまで明治安田生命J2リーグ3試合に出場している。 2022.05.30 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

新生大宮、相馬監督の初陣はハイプレス決行で東京Vとドロー…熊本vs甲府も勝ち点1を分け合う【明治安田J2第19節】

28日、明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が各地で行われた。 26日に霜田正浩監督を解任し、相馬直樹新監督を迎えた大宮アルディージャは味の素スタジアムで東京ヴェルディと対戦した。 新生大宮は高い位置から積極的なプレッシングを決行し、東京Vのビルドアップに制限をかける。19分にはペナルティアーク左手前でFKを与えてしまうが、石浦のキックは壁に当たり、難を逃れた。 一方、J2ワーストタイとなる32失点の守備にテコを入れようと、12試合ぶりにGK長沢を先発起用した東京V。27分には4試合ぶりのスタメンとなったベテランのインターセプトが若手のJ初ゴールをお膳立てする。 三門から小島への縦パスを加藤弘堅が高い位置でカットして石浦へつなぐと、20歳のアタッカーはボックス右から左足のフィニッシュ。カバーに入った西村に当たってコースが代わり、ゴール左隅に吸い込まれた。 被弾した大宮だったが、ファイティングポーズを崩さずハイプレスを継続。32分には右サイド高い位置でボールを奪取した柴山が中央へ持ち運び、ボックス手前から左足で狙う。 ビハインドで迎えた後半も立ち上がりから大宮が仕掛ける。54分には敵陣での西村のチェックから河田、2分後にもハイプレスでのボール奪取から再び河田が見せ場を作った。 大宮の攻撃が結実したのは58分。オフサイドラインギリギリで抜け出した河田が自陣からの縦パスに反応して右サイドでフリーとなると、揃っていない最終ラインを見てダイレクトで中へ送る。奥抜がボックス内で収め、ドカ・ボニフェイスをかわして右足で右隅に流し込んだ。 なおも攻勢を強める大宮は62分に茂木が際どいミドルを放ち、77分には小島が泉澤を使って左のハイサイドを攻略。マイナスの折り返しをボックス左で受けて縦に突破し、角度のない位置から狙ったが、クロスバーに阻まれた。 守勢に回った東京Vだが、新井の突破を中心に終盤に盛り返す。後半のアディショナルタイムにはハーフウェーライン付近からFKを左サイドで新井が受けてボックス左まで侵入。折り返しに小池が頭で合わせたが、クロスバーを越えたところでタイムアップの笛が響いた。 大宮は相馬監督の初陣を変革の可能性を感じるドローで終え、東京Vは5試合連続で勝利から遠ざかることとなった。 3戦負けなしで6位まで浮上してきたロアッソ熊本は、えがお健康スタジアムに8位・ヴァンフォーレ甲府を迎えた。 先手を取ったのはアウェイの甲府。左CKを獲得すると、松本のインスイングのクロスにウィリアン・リラがゴール前で合わせる。処理に出てきたGK佐藤の前で高い打点のヘディングを放ち、13分に試合を動かした。 ポゼッションに勝る熊本だが、甲府のプレッシングに苦しみ、効果的なボール回しをすることができない。かいくぐってゴール前に運んだ場面でもタイトな守備に遭って決定機を作れずに時間が進んだ。 先手を取った甲府は焦らずに機をうかがうと、37分にもセットプレーから熊本ゴールを脅かす。右のCK時にフラッグの近くに小林と松本の2人が立つと、松本の右足クロスから宮崎がドンピシャのヘディングを放つ。ただ、これはGK佐藤のファインセーブに阻まれた。 熊本は浮き球の縦パスから土信田が裏を取るがGK河田に阻まれ、ビハインドで前半を終えた。流れを変えるべくハーフタイムに一挙3枚の交代カードを切ると、これが功を奏する。 54分、最終ラインでのビルドアップから右へ展開すると、ゲームキャプテンの黒木が阿部とのワンツーでサイドを打開。最終ラインとGKの間に絶妙なグラウンダーのクロスを送ると、途中投入された竹本がファーで流し込み、試合を振り出しに戻した。 直後にも右サイドを崩し、こちらも途中出場・杉山のクロスから三島が合わせるが、枠を外れた。甲府も直後にウィリアン・リラが決定機を迎えるも、ボックス右でのトーキックはGK佐藤が、セカンドボールを拾っての2本目はDFがブロックし、ゴールに鍵をかける。 終盤には両チームが決定機を創出。80分の甲府は左クロスから三平のヘディングがクロスバーを叩き、後半のアディショナルタイムには熊本が怒涛の攻撃を見せる。ラインブレイクした坂本が一対一を迎え、右クロスからは粟飯原が渾身のヘディングを見せるも、GK河田の前に逆転ゴールを奪えずタイムアップ。勝ち点「1」を分け合い、熊本は暫定ながらも順位を1つ挙げ、甲府は5試合連続の引き分けとなった。 ◆第19節 ▽5月28日(土) ロアッソ熊本 1-1 ヴァンフォーレ甲府 東京ヴェルディ 1-1 大宮アルディージャ ▽5月29日(日) 《14:00》 ベガルタ仙台 vs 栃木SC FC町田ゼルビア vs ブラウブリッツ秋田 横浜FC vs レノファ山口FC アルビレックス新潟 vs モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 vs ファジアーノ岡山 《15:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs 水戸ホーリーホック 《18:00》 ザスパクサツ群馬 vs 大分トリニータ 《18:30》 FC琉球 vs 徳島ヴォルティス 《19:00》 ツエーゲン金沢 vs いわてグルージャ盛岡 2022.05.28 20:07 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly