長野が育成型期限付き移籍の3選手と契約満了を発表

2019.12.06 13:13 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
AC長野パルセイロは6日、育成型期限付き移籍で加入していたDF入間川景太(20)、MF山田陸(21)、DF下口稚葉(21)の契約満了を発表した。

入間川はヴァンフォーレ甲府から加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで1試合に出場していた。山田は大宮アルディージャから加入。J3リーグで24試合に出場し2得点、天皇杯で2試合に出場していた。下口はファジアーノ岡山から加入。J3リーグで8試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場していた。3選手はクラブを通じてコメントしている。

◆DF入間川景太
「今シーズンで退団することになりました。1年間という短い間でしたがありがとうございました」

「AC長野パルセイロの応援はすごく熱く頭の中に残っています。今年の目標であるJ2昇格とはなりませんでしたが、来年のJ2昇格を願っています」

「自分も活躍をして、少しでも活躍したニュースを届けられるように、次のチームでがんばっていきたいと思います」

◆MF山田陸
「AC長野パルセイロのファン・サポーターの方、1年間本当にありがとうございます。1年という期間でしたが僕は長野が大好きになりました。感謝しかありません。本当にありがとうございました」

◆DF下口稚葉
「AC長野パルセイロに関わるすべての皆様、短い間でしたが、ありがとうございました」

「最高のチームメイト、素晴らしいサポーターの中でプレーできたこと、誇りに思います。もっと成長した姿を見ていただけるようにこれからのサッカー人生、精進していきます」

「来年、AC長野パルセイロがJ2昇格することを陰ながら応援しています。本当にありがとうございました」


関連ニュース
thumb

J2昇格を目指す長野、今季のユニフォームはひし形のチェックで「長野の山々を濃淡のグラデーションで表現」

AC長野パルセイロは18日、2022シーズンで着用するユニフォームのデザインが決定したと発表した。 昨季も横山雄次監督(52)の下でスタートを切った長野だったが、2度の8戦未勝利を経験。シーズン途中で吉澤英生ヘッドコーチ(49)がチームを引き継いだが、明治安田生命J3リーグで8勝12分け8敗の9位にとどまった。 悲願のJ2昇格を目指す今季のユニフォームは、「シンプルにタフに戦う」をコンセプトとした。1stユニフォームはオレンジをベースに2種類のひし形を敷き詰め、練習拠点である千曲川リバーフロントスポーツガーデンから見える、四季折々の長野の美しい山々を濃淡のグラデーションで表現した。 襟裏に描かれた「獅子よ千尋の谷を駆け上がれ」のメッセージが施され、右袖には「NAGANO」の文字が入る。 ショーツは紺、ソックスはオレンジのカラーリングで、サプライヤーはこれまで同様、株式会社ウインスポーツが展開する『PENALTY(ペナルティ)』が務める。 2nd1ユニフォームはシャツが白、ショーツとソックスはグレーが基調に。GK用の1stユニフォームは上下ともに青がベース、2ndは黄色からやや萌黄色にかかるような色味となっている。 素材には特出した軽量性を持った「マイクロピケ」を使用。ストレッチ性にも優れ、ソフトな風合いが快適なフィット感を生み出すとのこと。 サイドパネルにはベンチレーション性に優れたバイアスピンホールメッシュを使用し、袖と1枚でつなげることで、肩回りの機動性を向上。また、デザインされた裾形状によって、足さばきへの干渉を軽減しているとのことだ。 今季は昨シーズンまでY.S.C.C.を指揮していたシュタルフ悠紀リヒャルト監督(37)が新指揮官に就任。悲願の昇格に向けて再スタートを切る。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】長野の今季ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/CZnvLEq5LZs" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022 UNIFORM<br><br>ユニフォームデザイン<a href="https://t.co/yuYfxS6oPD">https://t.co/yuYfxS6oPD</a><br><br>本日受付開始!<a href="https://t.co/EssiJLzKQY">https://t.co/EssiJLzKQY</a><a href="https://twitter.com/hashtag/acnp?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#acnp</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%AD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#パルセイロ</a> <a href="https://t.co/yt8KptoTnw">pic.twitter.com/yt8KptoTnw</a></p>&mdash; AC長野パルセイロ (@NAGANO_PARCEIRO) <a href="https://twitter.com/NAGANO_PARCEIRO/status/1483229829671813120?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.18 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

長野GK王暁峰が契約満了…「今後のサッカー人生にとって大きな財産」

AC長野パルセイロは11日、GK王暁峰(ワン・シャオフェン/20)との契約満了を発表した。 王暁峰は母国中国でのプレーを経て、2020年3月に長野入り。だが、出場機会は巡ってこなかった。長野退団を受けて、クラブを通じてファンに別れの挨拶をしている。 「2年間長野パルセイロに所属し、残念ながら出場は叶いませんでしたが、非常に高いトレーニング環境に身を置くことができたのは、今後のサッカー人生にとって大きな財産です。今後の進路はまだ未定ですが、今回の経験を糧に、一回りも二回りも成長して、活躍したいと思います。ありがとうございました!!」 2022.01.11 14:31 Tue
twitterfacebook
thumb

岡山退団の山本大貴、長野加入が決定 「昇格に向けて常に努力していきたい」

AC長野パルセイロは11日、ファジアーノ岡山からFW山本大貴(30)の完全移籍加入を発表した。 山本は駒沢大学出身のストライカーで、ベガルタ仙台でプロ入り。以後、松本山雅FCでもプレーして、2019年8月から岡山にレンタル加入した。 2020年からは完全移籍に切り替わり、昨季は明治安田生命J2リーグ26試合出場で2ゴールをマーク。しかし、同年限りで契約満了となった。 J3リーグの長野入りが決定した山本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆AC長野パルセイロ 「ファジアーノ岡山より移籍しました山本大貴です。Uスタジアムで皆さんと一緒に闘い、昇格に向けて常に努力していきたいと思います」 ◆ファジアーノ岡山 「このたびAC長野パルセイロに移籍することになりました。熱い声援と、コロナ禍での手拍子での応援はとても心強かったです。岡山で出会えた皆さんと200試合を迎えられて嬉しかったです。2年半、ありがとうございました」 2022.01.11 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

関東1部のVONDS市原が長野退団のFW榊翔太を完全移籍で獲得

AC長野パルセイロは11日、FW榊翔太(28)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原へ完全移籍することを発表した。 榊は北海道出身で、コンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)の下部組織出身。U-18から2012年にトップチームへと昇格した。 プロ1年目から出番をもらうと、J1で12試合に出場し2得点、リーグカップでは5試合で3得点を記録した。 しかし2年目以降はゴールを奪えず。2015年夏には本田圭佑が当時実質的オーナーを務めていたオーストリアのSVホルンへと完全移籍。コンスタントに出場機会を得るも、途中出場がメインで出場時間は短く、2017年夏に栃木SCへと完全移籍。2021シーズンから長野でプレーし、明治安田生命J3リーグで17試合に出場し2得点に終わっていた。 榊はクラブを通じてコメントしている。 「VONDS市原に関わる全ての皆様、今シーズンより加入することになりました榊翔太です」 「チームの勝利に貢献できるように全力を尽くします。よろしくお願いいたします!」 2022.01.11 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

琉球が長野へ期限付き移籍中のFW人見拓哉の復帰を発表

FC琉球は10日、FW人見拓哉(24)の復帰を発表した。 人見は矢板中央高校から立正大学へと進学し、2020年に琉球に入団。プロ1年目は明治安田生命J2リーグで8試合に出場し1得点を記録していた。 2年目の2021シーズンは出番がなく、シーズン途中にAC長野パルセイロへと期限付き移籍。明治安田生命J3リーグで7試合に出場していた。 人見はクラブを通じてコメントしている。 「今年も沖縄でシーズンをスタートすることになり嬉しく思います。チームの為、自分の為に、毎日少しでも成長していると思えるよう死ぬ気で努力し、プレーします。応援よろしくお願いします!!」 2022.01.10 12:16 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly