ナインゴランが移籍後初弾となるスーパーミドル!「病気の妻に捧げる」

2019.10.21 05:08 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルからカリアリにレンタル移籍しているベルギー代表MFラジャ・ナインゴランがスーパーミドルシュートを決めた。

20日に行われたセリエA第8節のSPAL戦。先発出場したナインゴランは10分、FKのこぼれ球を胸でトラップすると、ボックス手前右からハーフボレーで右足を振りぬき、ゴール左上に突き刺した。


元々ミドルシュートに定評のあるナインゴランだが、今回のゴールもおよそ25メートル以上の距離を一瞬でゼロにするスーパーゴール。2010年から2014年までカリアリでプレーしていた同選手にとって、およそ6年ぶりの古巣でのゴールとなった。

試合後、このゴールについてナインゴランは「妻に捧げる」とコメント。31歳のクラウディア・ライさんは7月にガンを患っていることを明らかにし、現在は化学療法を受けているのだという。

なお、ナインゴランのゴールが決勝点となったカリアリは、第3節から無敗を継続し、5位に浮上している。

関連ニュース
thumb

カリアリがマッツァーリ氏を新指揮官に招へい

カリアリは15日、ワルテル・マッツァーリ氏(59)の新監督就任を発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 今シーズンのセリエAで2敗1分けの未勝利のカリアリは14日、成績不振を理由にレオナルド・センプリチ監督(54)を解任した。 後任候補にはディエゴ・ロペス氏、ジュゼッペ・イアキーニ氏など、セリエA経験が豊富な指揮官がリストアップされていたが、最終的にマッツァーリ氏の招へいが決定した。 これまでレッジーナ、サンプドリア、ナポリ、インテル、ワトフォードなどの指揮官を歴任してきたマッツァーリ氏は、[3-4-3]や[3-5-2]をメインシステムに多くのクラブで確かな実績を残してきたイタリア屈指の経験豊富な指導者。直近は2018年1月から2020年2月までトリノの指揮官を務めていた。 2021.09.15 22:19 Wed
twitterfacebook
thumb

カリアリがセンプリチ監督解任…今季3戦未勝利に大量失点…

カリアリは14日、レオナルド・センプリチ監督(54)の解任を発表した。 SPALをセリエCからセリエAに昇格させた実績を持つセンプリチ監督は、今年2月にエウゼビオ・ディ・フランチェスコ前監督の解任を受け、カリアリの指揮官に就任。就任1年目はチームを16位でフィニッシュさせ、セリエA残留に導いた。 しかし、就任2年目となった今季はスペツィアとのセリエA開幕戦を2-2のドローで終えたものの、以降はミラン、ジェノアを相手にいずれも3失点以上を喫して2連敗となっていた。 なお、イタリアの複数メディアが伝えるところによれば、現時点での後任候補はディエゴ・ロペス氏、ジュゼッペ・イアキーニ氏、ワルテル・マッツァーリ氏というセリエA経験が豊富な指揮官3人だという。 2021.09.14 22:49 Tue
twitterfacebook
thumb

カリアリ、ヴィオラ退団のカセレスを1年契約で獲得

カリアリは1日、ウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(34)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 バルセロナやユベントス、セビージャにラツィオと多くのクラブを渡り歩いたカセレス。2019年夏に前所属のラツィオからフリーでフィオレンティーナへ移籍し、キャリア通算10クラブ目となった。 イタリアでは4クラブ目のフィオレンティーナでは、加入初年度からスタメンを勝ち取ると、昨季はセリエAで29試合に出場し2ゴール1アシストを記録するも、契約満了で退団していた。 2021.09.01 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨、イタリア移籍のカギは移籍金? クラブは6億5000万円要求も市場価値は4億円弱

残り1日となったヨーロッパの移籍市場。数名の日本人選手の去就が決まっていない状況であり、最後まで目が離せない状況となっている。 その中でも長らく移籍の噂がありながら、所属先が決まっていないのがシント=トロイデンのFW鈴木優磨(25)だ。 これまでブンデスリーガのヘルタ・ベルリンやトルコのフェネルバフチェ、フランスのリーグ・アンの複数クラブなどから興味を集めていたが、いずれも鈴木が拒否。さらに、ベルギー国内でもヘントや名門のアンデルレヒト、さらに昨季王者のクラブ・ブルージュもオファーを出したが、全て断っているという。 鈴木が全くオファーに応じない理由は、強いセリエAでのプレー希望があるから。5大リーグへの移籍を目指しており、ベルギー国内での移籍は望んでいないものの、イタリアへ行きたいという思いが強く、国外クラブからのオファーにも耳を傾けていないようだ。 ベルギー『Voetbal Belgie』によれば、すでに拒否したオファーが複数あることを報じながらも、最後の最後までわからない状況だとしている。 特に、念願のセリエAクラブであるカリアリが興味を持ち、鈴木の獲得をオプションに入れていると報じられている。また、ポルトガルのポルトも興味を示しているとされ、ポルトに移籍となれば今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場することが可能だ。 『Voetbal Belgie』によると、問題になりそうなのは移籍金とのこと。シント=トロイデンは500万ユーロ(約6億5000万円)を希望しているとのことだが、鈴木の市場価値は300万ユーロ(約3億9000万円)程度であり、シント=トロイデンが譲歩しなければ売却は難しいとみられている。 鈴木自身はシント=トロイデンでプレーする気は無く、プレシーズンはトレーニングしていたものの、公式戦には絡んでいない。2023年6月まであと2年契約があるが、鈴木はどこでプレーするのか注目だ。 2021.08.31 12:52 Tue
twitterfacebook
thumb

期限はあと2日、鈴木優磨にセリエAのカリアリが興味? ポルト、フローニンヘンも関心と報道

セリエAへの移籍を目指すシント=トロイデンのFW鈴木優磨(25)だが、新たなクラブからのオファーが舞い込んだようだ。 ステップアップを目指し、今夏の退団が予てから噂されていた鈴木。プレシーズンはシント=トロイデンでトレーニングをしたものの、シーズン開幕後は試合の登録メンバーにも入らず、移籍を前提に動いているとされている。 その鈴木には、ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンやトルコのフェネルバフチェ、フランスのリーグ・アンの複数クラブなどから興味を集めていたが、いずれも鈴木が拒否したと報じられていた。 さらにベルギー国内でもヘントや名門のアンデルレヒトがオファーと報じられるも、こちらも拒否。昨季王者のクラブ・ブルージュからのオファーも拒否したと報じられている。 残り2日しかない移籍期間だが、その鈴木は最後まで移籍の可能性を模索する状況。その中で、新たなクラブが浮上した。 ポルトガル『A Bola』によると、ポルトが鈴木に関心を示しているとのことだ。ポルトはMF中島翔哉が所属していたが、今シーズンはポルティモネンセへとレンタル移籍している。 ポルトは今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場するクラブであり、鈴木もCLの舞台で戦える可能性がある。 一方で、鈴木が移籍を望むセリエAからは、カリアリが興味を示しているとイタリア『cagliarinews24』が報道。アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督の息子であるジョバンニ・シメオネがエラス・ヴェローナへと移籍。その代役を探している中で、鈴木をピックアップしたとのことだ。 ついにセリエAからのオファーとなれば、鈴木も望んでいた舞台だけに、移籍の話が進む可能性はある。またエールディビジのフローニンヘンも鈴木を狙っているようだ。 もちろんシント=トロイデンを納得させるオファーが必要だが、鈴木としては夢のセリエAを選ぶのか、それともCLの舞台を選ぶのか、それとも違う選択肢なのか。最後まで目が離せない。 2021.08.30 11:44 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly