サッリ、ユーベ“移籍”へ…英『BBC』報じる2019.06.14 09:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イギリスの有力メディア『BBC』は13日、チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ氏(60)のユベントス行きを報じた。チェルシーはサッリ監督の“移籍”に関して、ユベントスとの協議の末、13日の夜遅くに500万ポンド(約6億8000万円)以上の契約解除金が支払われる形で大筋合意。14日にも取引完了の見通しだという。

サッリ監督は今シーズンからチェルシーを指揮。批判の声に晒されたが、最終的にプレミアリーグ3位に入り、ヨーロッパリーグ(EL)でも優勝を成し遂げ、チャンピオンズリーグ(CL)権をもたらした。

だが、そのサッリ監督を巡っては現在、マッシミリアーノ・アッレグリ氏の後任として、ユベントス行きの可能性が加熱。本人もナポリ時代のライバルクラブ行きを希望との報道が続いている状況だった。

レアル・マドリー移籍のベルギー代表MFエデン・アザールに続き、指揮官の流失も決定的なチェルシーは現在、後任として、ダービー・カウンティを率いるチェルシーOBのフランク・ランパード氏(40)が浮上している。
コメント
関連ニュース
thumb

ダビド・ルイスin原宿 トークイベントでチェルシーの強みを語る

現在プレシーズンマッチで来日中のチェルシーが20日、サッカーショップKAMO 原宿店でトークイベントを行った。 イベントにはフランク・ランパード監督とDFダビド・ルイス、FWクリスティアン・プリシッチが登場。チェルシーの選手として日本に来るのは2013年のクラブ・ワールドカップ以来2度目のダビド・ルイス。ここまで6度のリーグ制覇やチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ優勝など多くのタイトルを獲得してきたチェルシーがここまでのチームになった要因について話してくれた。 ーー日本の印象は 「素敵な国だと思った。また来られて嬉しく思っている。その愛情を返したいと思う」 ――チェルシーが偉大なチームになった秘訣 「チェルシーはミッションがしっかりしていて、その意識をみんなで共有し、しっかりパフォーマンスするという思いが伝わっているんだと思う」 ――プレースタイルについてベストプレーやお気に入りのプレーは 「なによりもフットボールが好きだということが根底にあるからこそ、毎日努力を続けて、毎日新しい意識で取り組むということが出来るんだと思う」 ――バルセロナ戦について 「とても大きなチームで特別な試合になる。人気で有名なチームだが、僕たちも毎日勝つための練習を積んでいる。とても楽しみだよ」 19日に日産スタジアムで行われた川崎フロンターレ戦(0-1)を終えたチェルシーは、23日に埼玉スタジアム2002でバルセロナとの親善試合を行う。 2019.07.20 18:04 Sat
twitterfacebook
thumb

ランパードが原宿に登場! 日本ファンに感謝のメッセージ

現在プレシーズンマッチで来日中のチェルシーが20日、サッカーショップKAMO 原宿店でトークイベントを行った。 イベントにはフランク・ランパード監督とDFダビド・ルイス、FWクリスティアン・プリシッチが登場。過去に数回日本に来たことがあるというランパード監督は、日本のファンの印象や、選手としても13年間プレーしたチェルシーの強みを語ってくれた。 ーー日本の印象は 「私はもう2、3回日本に来たことがある。2013年のクラブ・ワールドカップ、数年前にもコマーシャルの撮影でも来たが、いつでもとても大きなサポートを受けていると感じている。日本の皆様には、とてもあたたかく、親しみを持って本当に素晴らしい歓迎をしてくれることを嬉しく思う」 ――チェルシーが偉大なチームになった秘訣 「私は幸運なことに成功の中でチェルシーで経験を積むことが出来た。やはり毎年勝ちにいくという強い気持ちを持ったプレイヤーが集まっているし、みんなプロ意識をもって活躍しているところがチェルシーの強みだと思う」 ――バルセロナ戦について 「とても手ごわいチームだが、対戦を楽しみにしている。プレシーズンでは数週間でピークを持ってきて新シーズンの開幕に備えているところだが、そのためのいいテストマッチになる。また、ファンのみんなには楽しんでもらいたいと思っているよ」 また、最後には日本のファンやサポーターに向けてメッセージを残してくれた。 「皆さんに温かく迎えていただいてサポートしてもらうことを本当に感謝している。地球の反対にあるぐらい遠い場所だけど、皆さんのことは近くに感じているし、今シーズンベストを尽くしたい」 19日に日産スタジアムで行われた川崎フロンターレ戦(0-1)を終えたチェルシーは、23日に埼玉スタジアム2002でバルセロナとの親善試合を行う。 2019.07.20 17:29 Sat
twitterfacebook
thumb

RBライプツィヒ、チェルシーの大器アンパドゥがレンタル加入へ!

RBライプツィヒが、チェルシーのウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得することが決定的となった。ドイツ『スカイ・スポーツ』は19日、同選手が加入に向けてメディカルチェックを受診していると報じた。 現在、チェルシーは日本でのプレシーズンツアーを行っている最中だが、アンパドゥはその遠征メンバーを外れていた。そして、フランク・ランパード新監督は、明治安田生命ワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーの試合前記者会見の場で、「イーサンはローンに出すかもしれない。決まったわけではないがその可能性がある」と、同選手の移籍の可能性を認めていた。 その新天地に関しては、チェルシーのレジェンドである元イングランド代表DFのジョン・テリー氏がコーチを務めているプレミアリーグ昇格組のアストン・ビラが候補に挙がっていたが、アンパドゥは同世代の英国産タレントが活躍しているドイツの地を武者修行の場に選んだようだ。 なお、昨年9月にチェルシーと新たな5年契約にサインしているアンパドゥのライプツィヒ移籍に関しては、買い取りオプションなどは付いておらず、通常のレンタルとなる。 2017年夏にエクセター・シティからチェルシーに加入したアンパドゥは、チェルシーの若手の中でも特に評価の高い選手の一人。同年12月のハダースフィールド戦でデビューし、昨シーズンはヨーロッパリーグとFAカップで計5試合に出場した。 また、高次元のフットボールセンス、身体能力を併せ持ちセンターバックと守備的MFのいずれのポジションでも将来を嘱望される逸材は、2017年11月にデビューを飾ったウェールズ代表ですでに8キャップを刻んでいる。 2019.07.20 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ハドソン=オドイの契約延長に接近? ランパードの帰還が好影響か

チェルシーがイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の契約延長に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2018-19シーズンで公式戦23試合に出場しブレイクを果たしたオドイ。今冬の移籍市場を機にバイエルンから猛アプローチをかけられており、シーズン終盤にはアキレス腱断裂の大怪我を負ったにも関わらず、今夏でも引き続き関心が伝えられている。 オドイに対しては、かねてよりチェルシーが契約延長に動いている中、今夏に就任したフランク・ランパード監督が最初の要求として同件を挙げたことで、その動きが強まっている。そして今回伝えられるところによれば、週給10万ポンド(約1300万円)の5年契約で合意に近づいているようだ。 同メディアによれば、一時はバイエルンに心が動いたとされるオドイ自身が、ランパード監督のチェルシー帰還によって、残留に前向きとなったという。 先日にはランパード監督も「素晴らしい才能を持っている。これからはチェルシーの中心選手になっていく」と称賛していたオドイだが、果たしてチェルシーは、この有望株をクラブに留めることはできるだろうか。 2019.07.20 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

万全じゃないのは重々承知も…MF田中碧が掴んだ大きな手応え「敵わない相手ではないのかな」《Jリーグワールドチャレンジ》

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーが19日に行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 試合後、ワールドクラスの選手たち相手にもボール奪取、巧みなパス捌きを披露し、勝利に貢献したMF田中碧(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでの取材に応対。相手のコンディション不良を重々承知している上で、「敵わない相手ではない」と個人として多くの手応えを感じたことを明かした。 ◆MF田中碧(川崎フロンターレ) ——クロアチア代表MFマテオ・コバチッチ、ベルギー代表FWミッチー・バチュアイからもボール奪取して見せた 「正直な感想を言うと、個人としては彼らとやり合えるんじゃないかなっていうのは、自分の中で感じました。もちろん、彼らのコンディションというか、まだできあがっていないというのは、重々分かってます。その中でも僕個人としては、もっともっとやらなきゃいけないことがたくさんあるのも分かっています。ただ、敵わない相手ではないのかなというのは、感じました」 ——トゥーロン国際大会の経験が生きたか? 「最初、スピード感というか、そういうものに自分の中で誤差というのはありました。けど、トゥーロン(国際大会決勝の)ブラジルの時もそうですし、それ以上に自分の中ではやれたんじゃないかなという手応えはあります」 ——課題は? 「やはり個人として取り切る力。あとは、ボールを前に運ぶ力であったり、ゴール前の質は、彼らのほうがまだまだ上ですし、僕個人としても、まだまだ足りないと思っています。そういうところのレベルアップは大切です。それとチームとして、彼らともっともっと互角に戦うために、自分がチームをコントロールするっていう面で言えば、そこのところはまだまだ力不足なのかなと感じました」 ——終盤にはMF中村憲剛が出てきて、一瞬で流れを変えた 「やはりあの10分間で試合を決める、決定的なチャンスを作り続ける力というのは、改めてすごいなと思います。そういう力を僕自身もつけていかなきゃいけないということは間違いなく感じています。そういう意味では、常にお手本となる選手がこのチームにいるので、そういう選手たちから吸収したいです。ボランチとしてプレーしますけど、試合を決めるようなレベルの選手になっていきたいなと思います」 ——いつもと違う圧力を感じたか 「正直、最初は感じましたけど、僕個人としてはもっと回せるんじゃないかなと感じていました。ミスはありましたけど、そんなに圧力を感じてはいなかったです。もっともっとうまい距離感でやれれば、もっと回せるんじゃないかなというのは感じました」 2019.07.20 03:12 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース