来季も一緒に…ユーベ就任のサッリ、愛弟子ジョルジーニョの獲得を希望?2019.06.18 15:31 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスの新監督に就任したマウリツィオ・サッリ監督(60)が、チェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョ(27)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『タイムズ』の情報をもとに同『メトロ』が報じた。サッリ監督は昨夏にナポリからチェルシーに就任した際、秘蔵っ子であるジョルジーニョの引き抜きに成功。今夏もブルーズからユベントスへ連れて行きたいと考えているようだ。

そのイタリア代表MFはアンカーとして今シーズンの公式戦54試合に出場。ヨーロッパリーグ(EL)優勝と、プレミアリーグ3位フィニッシュに貢献した。

また、サッリ監督はイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(24)もイタリア王者へ連れて行きたいと考えているとのことだ。

しかし、チェルシーは今後2度(2019年夏、2020年冬)の補強禁止処分が下る可能性が…。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴中だが、現時点で補強できない恐れがある。

そのチェルシーはエースだったMFエデン・アザールをレアル・マドリーに移籍させてしまっただけに、ジョルジーニョまでも手放すとは考えにくいが、サッリ監督の愛弟子の去就は果たして…。
コメント
関連ニュース
thumb

デ・リフト、間もなくユベントス移籍完了か 15日にメディカルチェックと伊紙が報道

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス行きがもう間もなく実現するかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 昨シーズンの国内2冠とチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4の躍進を見せたアヤックスを攻守両面でけん引し、今夏のビッグクラブ注目の的となっているデ・リフト。早い段階で個人合意に達していたとされながら、これまでなかなかクラブ間での合意が伝えられてこなかったが、ついに取引が締結しようとしているようだ。 今回伝えられるところによると、両者は移籍金7000万ユーロ(約85億円)で合意。15日にトリノでのメディカルチェックに臨むようだ。なお、契約解除金は1億5000万ユーロ(約182億3000万円)に設定されるという。 既報によれば、デ・リフトは1シーズンあたり800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与で5年契約を結ぶと見られている。長きに渡って繰り広げられたデ・リフト争奪戦が、ついに終結を迎えるか。 2019.07.15 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、イカルディ獲得に有望株ケアン譲渡を考慮

インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)への関心が伝えられているユベントスが新たな作戦を練っているようだ。イタリア『fcinternews.it』が伝えている。 昨シーズンの騒動から今夏の退団の噂が絶えないイカルディ。クラブからの契約延長交渉を延期し続けたことが逆鱗に触れ、キャプテンマークの剥奪という事態に至った。クラブ陣営から完全に呆れられており、すでに戦力外とみなされていることが伝えられている。13日には、同選手がアジアツアーに参加しないことが公式発表され、移籍の噂はさらに熱を帯びてきている模様だ。 退団が確実視される中でも、イカルディ獲得には高額な移籍金と年俸がネックとなって簡単なオペレーションにはならないことが予想されている。そこで移籍先の最有力候補と見られるユベントスは、若手有望株のイタリア代表FWモイゼ・ケアン(19)の譲渡を考えているという。 2011年にトリノからユベントスの下部組織に移籍したケアンは2016年11月にトップチームデビューを果たした。昨季は公式戦17試合に出場し、セリエA第29節から32節の間に4試合連続ゴールを決めるなど鮮烈な印象を世間に植え付けた。 昨年11月にイタリア代表デビューした19歳の逸材にはレアル・マドリーからの関心も伝えられるなど、最も注目されている若手の一人だ。イカルディ売却は避けられないインテルにとって、将来有望なケアンを手中に出来るのは心強い。なお、ケアンの推定市場価格は2000万ユーロ(約24憶3600万円)程度のようだ。 2019.07.14 15:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ブッフォン復帰でペリンはベンフィカへ

ユベントスのイタリア代表GKマッティア・ペリン(26)のベンフィカ移籍が迫っているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』が伝えている。 2018年にジェノアから加入したペリン。イタリア各年代の代表に名を連ねてきた経験豊富なGKだが、ユベントスではヴォイチェフ・シュチェスニーの牙城を崩せず、リーグ戦9試合の出場に留まった。さらに今夏にはパリ・サンジェルマンからレジェンド、ジャンルイジ・ブッフォンが復帰。同選手がベンチもしくはスタメンに名を連ねることは濃厚だ。 そのためペリンは、自身に興味を示し続けていた元ポルトガル代表MFのマヌエル・ルイ・コスタ氏がスポーツ・ディレクターを務めるベンフィカへの移籍を決めたという。『ジャンルカ・ディマルツィオ』によると、契約にはユベントスが1500万ユーロ(約18憶2700万円)で買い戻しができる条件が付いているようだ。 また、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ベンフィカは1000万ユーロ(約12憶1800万円)の移籍金を提示。年俸は250万ユーロ(約3億円)と伝えられている。 2019.07.14 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ポグバ復帰の扉をクローズ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)のユベントス復帰は実現しなさそうだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏、新たなチャレンジとしてユナイテッドからの移籍希望を公言したポグバ。代理人を務めるミノ・ライオラ氏も先日、「誰もがポールの移籍意思を知っている。我々はそのプロセスにある」と述べ、ユナイテッドにプレッシャーをかけている。 だが、そのポグバの移籍先候補としてレアル・マドリーとともに長らく挙がるユベントスは、争奪戦から手を引いたとのこと。ユベントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏がポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏にその旨を言い渡したという。 ユベントスは今夏、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーとフランス代表MFアドリアン・ラビオの加入で中盤の補強に成功。さらに、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの獲得を目指しているため、ポグバを見送った模様だ。 これにより、ポグバが移籍するとなれば、その行く先はレアル・マドリー一択に。だが、ポグバを売る気のないユナイテッドは、売却額として1億5000万ポンド(約203億4000万円)を設定しているとされ、そう容易く移籍できない様相となっている。 2019.07.13 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ポグバの売値を244億円に引き上げ

マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバ(26)の希望売値を引き上げたという。イギリス『ミラー』が報じた。 今夏の移籍先候補としてユベントスとレアル・マドリーが挙がるなか、6月の来日時に「新たなチャレンジ」発言を残したポグバ。代理人を務めるミノ・ライオラ氏も先日、「誰もがポールの移籍意思を知っている。我々はそのプロセスにある」と述べ、ユナイテッドからの移籍に拍車をかけた。 ユナイテッドは、そうした代理人を含めた選手側のアクションに憤慨して、プライスタグの引き上げに動いたという。当初、1億5000万ポンド(約203億4000万円)だった値札を1億8000万ポンド(約244億1000万円)に改めた模様だ。 これが事実であれば、新たな売値は2016年夏にユナイテッドがポグバを連れ戻す際に投じた移籍金8900万ポンド(現レートで約120億7000万円)の倍額となる。 2019.07.13 15:05 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース