スパーズ、日本代表DF酒井宏樹の獲得を考慮か…英『スカイ』報じる2019.06.10 17:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹(29)に対して、トッテナムの関心が急浮上した。10日付のイギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。トッテナムはビッグ6の一角で、酒井と同じくアジア人選手である韓国代表FWソン・フンミンが在籍。プレミアリーグ4位フィニッシュの今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)でも決勝に駒を進め、クラブ初の欧州制覇に迫った。

そのトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は今夏、両サイドバックの改善を希望しており、イングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)や、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(26)の放出も視野に入れている模様だ。

そこで、今夏の移籍市場で23歳以下の若手をターゲットに人材を探しているポチェッティーノ監督だが、それがうまくいかなかった場合の候補として、代表通算56試合1得点を誇る柏レイソル出身の右サイドバックに目をつけているという。

酒井は、2009年に柏でプロキャリアをスタートさせ、ハノーファー移籍を経て、2016年夏にマルセイユ加入。今シーズンは公式戦32試合1得点5アシストの成績を収め、通算122試合2得点12アシストをマークしている。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、ハメスとエリクセンを天秤にかけ前者の獲得に尽力?

アトレティコ・マドリーが、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)とトッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)を天秤にかけた結果、前者の獲得に力を入れることを決めたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコは、ディエゴ・シメオネ監督のプレーメーカー獲得の希望からハメス・ロドリゲスとエリクセンに目を光らせている。しかし、今回、6000万ユーロ(約72億5000万円)から7000万ユーロ(約84億6000万円)の移籍金を費やす必要があるとされるエリクセンよりも、安価の4000万ユーロ(約48億3000万円)で獲得できると見込んでいるハメス・ロドリゲスが最善の選択肢とし、同選手の獲得を急ぐことを決断したようだ。 ハメス・ロドリゲスの恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執るナポリ移籍の可能性も伝えられている同選手だが、自身はマドリッドに滞在し続けることを望んでいることを報じられている。 一方、マドリー側は、ハメス・ロドリゲスをライバルのアトレティコに売ることに前向きではないと見られている。だが、ジネディーヌ・ジダン監督は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルのように去就に関して揉めることを避けるためにも、早急に同選手の売却を進めるようクラブに要求しているようだ。 2019.07.23 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ケインの劇的スーパーロング弾炸裂! スパーズがユーベとの打ち合い制す!《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のユベントスvsトッテナムが21日にシンガポールで行われ、トッテナムが3-2で勝利した。 昨季、セリエA8連覇を成し遂げたユベントスは、アレッグリ前監督の退任に伴い、チェルシー退団のサッリ監督を新指揮官に招へい。その注目の初陣となる今回の一戦に向けてはパリ・サンジェルマンから復帰したGKブッフォンを除き昨季の主力クラスを起用。 サッリ監督お馴染みの[4-3-3]の布陣を採用した中、4バックは右からカンセロ、ルガーニ、ボヌッチ、デ・シリオ。中盤はピャニッチをアンカーに、インサイドにジャンとマテュイディ。3トップはベルナルデスキ、マンジュキッチ、クリスティアーノ・ロナウド。また、ベンチにはラビオ、デ・リフトにチェルシーからレンタルバックのイグアインが入った。 一方、昨季チャンピオンズリーグ(CL)準優勝チームのトッテナムは、プレシーズン初戦らしいアカデミーの若手と主力をミックスしたメンバー構成に。主力クラスはアルデルヴァイレルト、ウィンクス、デレ・アリ、ラメラ、ソン・フンミンに留め、17歳の逸材FWパロットらフレッシュな顔ぶれが先発に並んだ。なお、1年半ぶりの新戦力エンドンベレはケインやエリクセンらと共にベンチスタートとなった。 ソン・フンミンとパロットの2トップにラメラをトップ下に配した[4-3-1-2]の布陣で前から猛烈なプレッシングを敢行するトッテナムに対し、ユベントスはサッリ監督初期のチーム特有の拙いビルドアップでハメられる場面が多く苦しい入りに。それでも、要所で個の力を発揮するイタリアの盟主はC・ロナウドが際どい2本のシュートを放つなど、徐々に盛り返していく。 一方、立ち上がりの4分と9分にショートカウンターからボックス内のソン・フンミンに続けて決定機も、左ポストに阻まれるなど序盤の決定機をモノにできないトッテナム。それでも、出足の鋭さとウォーカー=ピータース、ジョージウーの両サイドバックの果敢な縦への仕掛けを軸に相手ゴールへ迫ると、前半半ば過ぎにゴールをこじ開ける。 31分、中盤でマテュイディの不用意なバックパスを奪って高速カウンターに転じると、ボックス付近まで持ち上がったソン・フンミンがタメを作って右を追い越すパロットに短いスルーパス。パロットのグラウンダーシュートはGKブッフォンの好守に阻まれるが、こぼれ球をラメラが左足で流し込んだ。そして、トッテナムペースで進んだ前半は1-0のスコアで終了した。 迎えた後半、両チームはハーフタイム明けに複数の選手を交代。トッテナムはケイン、ヴェルトンゲン、ルーカス・モウラ、ムサ・シソコらを投入。対するユベントスはイグアインにデミラル、ラビオと新戦力をピッチに送り出す。 すると、後半はユベントスが持ち味の決定力を遺憾なく発揮する。まずは56分、ボックス手前でC・ロナウド、ピャニッチ、イグアイン、ベルナルデスキとサッリボールを彷彿とさせる見事なダイレクトパスが繋がると、最後はイグアインがゴール右隅に流し込み、同点ゴールとする。 続く60分には左サイド深くで仕掛けたデ・シリオからのマイナスパスを受けたC・ロナウドが冷静な右足のシュートで流し込み、エースのゴールで逆転に成功した。 この直後、C・ロナウドやラメラがお役御免でベンチに下がった中、ユベントスはデ・リフト、トッテナムはエンドンベレと注目の新戦力がデビューを飾る。すると、トッテナムのクラブ史上最高額男がいきなり魅せる。65分、デ・シリオの不用意なサイドチェンジをボックス手前左でカットしたエンドンベレが絶妙なラストパスをゴール前に入れると、これをルーカスがスライディングシュートで流し込んだ。 2-2の振り出しに戻った試合は互いに多くの若手をピッチに送り込んだこともあり、ここからやや膠着する。その流れの中で80分過ぎにはケイン、イグアインと両ストライカーに決定機も決め切るまでには至らず。 その後、引き分け濃厚と思われた最後の最後にスパーズのエースが驚愕のゴールを決める。93分、ハーフウェイライン付近でボールを持ったラビオにルーカスがプレッシャーをかけてボールがこぼれると、これにすかさず反応したケインが右足ダイレクトでロングシュート。すると、前目のポジションを取っていたGKシュチェスニーの頭上を越えたボールがゴールネットに突き刺さり、劇的すぎるスーパーロングシュートが決勝点となった。 そして、シンガポールのフットボールファンを熱狂させた白熱の一戦はトッテナムが3-2で勝利した。 2019.07.21 22:46 Sun
twitterfacebook
thumb

ロ・セルソがベティスにスパーズ移籍懇願! ベティスは売却資金でフェキル&イグレシアス獲りへ?

アルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)がベティスに対してトッテナム移籍を認めるように要求したようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 今夏の移籍市場においてトッテナムのトップターゲットの1人となっているロ・セルソ。ここまで交渉が難航している中、選手自身は同胞マウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でのプレーを望んでいると伝えられてきた。 『イブニング・スタンダード』が今回伝えるところによれば、ロ・セルソは停滞している移籍交渉を前に進めるため、ベティス幹部に対して、チャンピオンズリーグ(CL)、トッテナムでプレーしたい意向を伝えたようだ。 ただ、ベティスは依然として6700万ポンド(約90億円)を同選手の放出条件に設定しており、トッテナムは先日に5500万ポンド(約74億円)で獲得したフランス代表MFタンギ・エンドンベレに続き、クラブ史上最高額の移籍金を支払う必要がある。 なお、ベティスに関してはロ・セルソ売却資金を元手にリヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(26)、新指揮官に就任したルビ監督のエスパニョール時代の教え子である、スペイン人FWボルハ・イグレシアス(26)の獲得に動いているとの具体的な話もあり、今後の交渉次第ですべての移籍が実現するかもしれない。 2019.07.21 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

WG獲得難航のバイエルン、プラン変更でロ・セルソに接触か?

バイエルン・ミュンヘンがベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の獲得に動いているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 昨季限りで元オランダ代表MFアリエン・ロッベン、元フランス代表MFフランク・リベリの重鎮2選手が退団したバイエルン。その後継者としてクラブはトップターゲットとみられたマンチェスター・シティのドイツ代表MFレロイ・ザネ、チェルシーのイングランド代表MFカラム・ハドソン=オドイ、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペら若手ウイングの獲得に動いているが、ここまでいずれの交渉も難航している。 この状況の中で『シュポルト・ビルト』は、バイエルンが新たな新戦力候補の1人としてロ・セルソをリストアップし、ベティスと会談の場を設けたと伝えている。 トップ下やセントラルMFを主戦場とするロ・セルソは、個での打開力に長けたウイングを探すバイエルンの補強ポイントと合致していない。しかし、ニコ・コバチ監督は今シーズンから3バックの本格導入を見込んでおり、フランクフルト時代に採用していた[3-5-2]や[3-4-3]のシステムであれば、トップ下や2シャドーの位置でプレー可能だ。 ただ、現時点でバイエルンは具体的なオファーを掲示しているわけではなく、ロ・セルソ獲得にどれだけ真剣かどうかは不明だ。 なお、ロ・セルソに関しては相思相愛と言われるトッテナム行きが依然として有力な状況だ。 2019.07.20 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム、エリクセン慰留に尽力! 現給倍増以上の新契約提示か

トッテナムがデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)に対して、給与面を大幅に見なおした新契約で引き留めに動いているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏の新たな挑戦を示唆したことで、動向に注目が集まるエリクセン。今シーズン終了後に契約が失効するトッテナムは、レアル・マドリーやバルセロナの関心が取り沙汰される同選手の慰留に長らく努めてきたが、現時点で契約延長に至っていない。 そのトッテナムが改めて新契約のオファーを申し出た模様。現週給8万ポンド(約1000万円)のエリクセンに契約延長後の給与として、すでに16万ポンド(約2100万円)を提示していたが、新たに20万ポンド(約2600万円)まで引き上げた条件を打診したという。 だが、エリクセンの代理人はトッテナムの首脳陣に対して、金銭面の問題ではないと伝えたとも…。トッテナム残留を決めれば、現給与の2倍以上を手にすることができるエリクセンだが、決断は果たして…。 2019.07.20 14:25 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース