グリーズマンに「出て行け!」のチャント、シメオネ監督は退団選手に「愛している」

2019.05.20 12:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ファンからの手厳しいチャントが歌われた中で、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、チームを去る選手たちへの感謝を露わにした。イギリス『BBC』が報じた。

アトレティコは、リーガエスパニョーラ最終節でレバンテとのアウェイゲームを戦った。すでにリーグ2位が確定しているアトレティコだったが、試合は前半位2失点を喫しリードを許したまま後半へ。さらに51分にアンヘル・コレアが退場となり数的不利となるものの、ロドリゴ・エルナンデス、セルヒオ・カメッロのゴールで追いつき、2-2でシーズン最終戦を終えた。

『BBC』によると、試合中には今シーズン限りで退団することを発表したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに向けて「出て行け、出て行け、出て行け」とチャントが歌われていたとのこと。グリーズマンはバルセロナへの移籍が噂されており、サポーターとしてはまだ納得いっていないことを露わにした。
今シーズンはグリーズマン以外にも、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが退団を発表。さらに、DFフアンフラン、MFロドリゴ・エルナンデス、DFフィリペ・ルイスも退団するとされている。

サポーターからの厳しい仕打ちを受けたグリーズマンを含め、多くの主力選手が退団するアトレティコ。それでも、ディエゴ・シメオネ監督は、試合後に退団する選手たちについてコメント。感謝の気持ちを述べている。

「我々は、去って行くグラディエーターの働きを強調しなければならない」

「彼らの最大の遺産は、獲得したタイトルではない。それは彼らのコミットメントとリスペクトだ。私は彼らをとても愛している」

関連ニュース
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、ドイツ代表DFヨナタン・ター獲得は断念

ノッティンガム・フォレストはレバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(26)獲得を断念したようだ。イギリス『90min』が伝える。 昨夏の大量21選手補強に続き、今冬も3選手を補強しているフォレスト。今冬の移籍市場は残りわずかな時間を残すのみとなったが、現在でもコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)獲得に向け、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉中だと伝えられる。 一方、同時並行で進めていたレバークーゼンのター獲得は断念した模様。ターは今季のブンデスリーガでここまでの全18試合、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループステージの全6試合に出場する替えの利かない存在で、シャビ・アロンソ監督がチームの弱体化を懸念したという。 現役ドイツ代表センターバックは断念した格好のフォレストだが、経験豊富なベテランDFの獲得は近いとも。アトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)の獲得が濃厚とされ、フェリペとともにニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の獲得も近づいているとされている。 2023.01.30 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコは仏代表DFクラウス獲得を諦めず、マルセイユに2度のオファーか

アトレティコ・マドリーはマルセイユのフランス代表DFジョナタン・クラウス(30)を引き続き狙っているようだ。 RCランスに所属した昨夏に移籍市場の人気株となっていたクラウス。チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、ウォルバーハンプトンなどのプレミアリーグ勢に加え、アトレティコも強い関心を示したが、最終的にはマルセイユ行きが決まった。 しかし、フランス『レキップ』によると、この1月に再びクラウス獲得を狙うアトレティコはマルセイユに対して900 万ユーロ(12億7000万円)の購入オプションが付随するレンタル移籍のオファーを打診。これも拒否されたとされるが、購入オプションを1200万ユーロ(約17億円)に増額して再オファーしたようだ。 キャリア初期にはフランスやドイツのアマチュアクラブを渡り歩いていた苦労人として知られるクラウスは、ドイツ2部のアルミニア・ビーレフェルトで頭角を現し、2020年夏にRCランスへと加入。右ウィングバックのスペシャリストとしてリーグ・アンでさらに評価を高めると、昨年3月には29歳にしてフランス代表デビューも飾った。 前述のとおり、昨夏にはマルセイユへと加入。すぐさま主力に定着し、今季はここまで公式戦22試合の出場で1ゴール8アシストを記録している。 2023.01.30 18:14 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア行き交渉進むサウールが決勝点! 指揮官は慰留「ここで定位置争いを」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が元スペイン代表MFサウール・ニゲス(28)の去就問題に言及した。スペイン『Relevo』が伝えている。 アトレティコは29日にラ・リーガ第19節でオサスナと対戦。途中出場のサウールが74分に先制点を決めると、最後までこの1点を守り抜き、アウェイで0-1の勝利を収めている。 値千金の決勝点をマークしたサウールだが、出場機会の少なさに不満を抱いており、ここ数日はバレンシアへのレンタル移籍交渉が進行中。シメオネ監督は試合後のインタビューでこの件を問われ、チームに残って欲しいと呼びかけた。 「退団についてサウールと話したことはない。彼がどう考えているかはわからないよ。退団するも、ここに残るも、マーケットが閉じるまであと数日残っている。私たちは彼に残って欲しい」 「彼は常に全力を尽くしてきた。良い結果も悪い結果もつきものだが、今日の彼は試合に美しく順応し、重要なゴールを決め、勝利をもたらした。動き出しに優れ、ネットを揺らす能力を持ったミッドフィールダーだよ」 「願わくばここに残り、引き続きチームメイトたちとポジション争いをして欲しい」 サウールはオサスナ戦の出場により、アトレティコでの通算出場数が362試合に。嬉しい今季初ゴールもゲットしたが、今冬中のバレンシア行きを強く希望しているとされている。 2023.01.30 16:53 Mon
twitterfacebook
thumb

大所帯フォレスト、補強止まらず! アトレティコDFフェリペ&ニューカッスルMFシェルヴェイとも交渉中

ノッティンガム・フォレストがアトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)、ニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の2選手獲得に近づいているようだ。 フェリペは身長190cmのセンターバックで、2016年夏にコリンチャンスからポルトへ移籍し、2019年夏には30歳でアトレティコへ加入。当初は主力としてプレーも、昨季終盤から徐々に出場機会が減り、今季はラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合、計283分間の出場にとどまっている。 一方、かつてリバプールでもプレーしていたシェルヴェイはニューカッスル在籍8シーズン目のセントラルハーフで、プレミアリーグ通算出場数は270試合。こちらも長らく主力としてクラブを支えてきたが、今季は序盤戦で長期離脱を余儀なくされ、復帰後も公式戦5試合出場にとどまっている。 イギリス『90min』によると、フォレストは両選手の獲得に向けて交渉中。昨夏には大量21選手を補強し、現在では34選手を抱える大所帯のため、フェリペとシェルヴェイの獲得に備え、イングランド人MFルイス・オブライエン(24)とイングランド人DFハリー・トフォロ(27)のレンタル放出を進めているという。 なお、フェリペは1月上旬にウォルバーハンプトン行きの交渉が決裂しており、シェルヴェイにはトルコからオファーが届いているものの、本人が難色。フォレストは両選手の獲得に自信を持っているとのことだ。 2023.01.30 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

途中投入のサウールが値千金の今季リーグ初ゴール! 難敵オサスナに競り勝ったアトレティコがダービー敗戦を払しょく《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第19節、オサスナvsアトレティコ・マドリーが29日にエル・サダールで行われ、アウェイのアトレティコが0-1で勝利した。 現在、4位のアトレティコは、コパ・デル・レイ準々決勝でセビージャを延長戦の末に破って勢いに乗る7位のオサスナとのアウェイゲームに臨んだ。 リーグ前節はバジャドリーに3-0の完勝を収め、リーグ3試合ぶりの白星を収めたシメオネのチーム。しかし、レアル・マドリーとの今季2度目のダービーとなった直近のコパでは延長戦の末に1-3で敗れ、チャンピオンズリーグに続くカップ戦敗退となった。その敗戦からのバウンスバックを図る一戦では先発2人を変更。サスペンションのサビッチに代えてヒメネス、ベンチスタートのモラタに代わってバリオスが起用された。 アンヘル・コレアとグリーズマンを最前線に配した[4-4-2]で臨んだアトレティコは、立ち上がりから試合の主導権を握る。だが、ミッドウィークのダービーの激闘による重さが散見され、なかなか攻撃のギアが上がっていかない。 前半半ばを過ぎてグリーズマンの正確なプレースキックからヒメネスのヘディングシュート、32分にはバリオスのミドルシュートと徐々に際どいシーンを増やし始めると、前半終盤は押し込んでグリーズマンに続けてシュートチャンスが訪れたが、ホームチームの堅守を前にジャブを打ち続けるにとどまった。 ほとんどピンチはないものの、前半の攻撃の停滞を受けてシメオネ監督は、レマルを下げてカラスコをハーフタイム明けに投入。立ち上がりの47分には中央をドリブルで突破したグリーズマンがボックス手前で左足を振っていくが、これはコースが甘くGK正面を突いた。 その後、アトレティコ同様に120分を戦ったコパの疲労が出始めるオサスナが60分に3枚替えを敢行し押し返す展開になると、シメオネ監督も早いタイミングで2枚替えを敢行。65分にコレアとバリオスを下げて切り札のモラタとサウールを投入した。 すると、アルゼンチン人指揮官によるこの勝負手が待望の先制点をもたらす。74分、自陣中央でボールを受けたデ・パウルがボールを受けに中盤に下りてきたモラタと入れ替わりで背後へ飛び出したサウールへ完璧なラストパスを供給。ディフェンスラインと完璧に入れ替わったサウールがそのままボックス内に抜け出すと、最後はGKのポジションを見極めてゴール右下隅へ右足のシュートを流し込み、今季のラ・リーガ初ゴールとした。 伏兵の大仕事によってリードを手にしたアトレティコは、ここから全体のプレー強度が上がっていくと、80分過ぎに続けて決定機が訪れる。まずはデ・パウルのスルーパスに抜け出したグリーズマンがボックス内でGKと一対一となるが、チップキック気味のシュートは相手GKの好守に遭う。さらに、直後にはカウンターからモラタがボックス内まで持ち込むが、シュートではなく並走するカラスコへのラストパスを選択すると、今度は必死の戻りを見せたDFのブロックに遭う。 追加点を奪えなかったことで、試合終盤はホームチームの情熱的な後押しを受けるオサスナの猛攻に晒されたアトレティコだったが、モンカジョーラの強烈なミドルシュートは守護神オブラクが冷静にはじき出し、ウノセロでのクローズに成功した。 この結果、苦しみながらもダービー敗戦からのバウンスバックに成功したアトレティコがリーグ連勝で前半戦の戦いを終えることになった。 2023.01.30 02:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly