ケイン、CL決勝での復帰に向け順調! 今週末にはボールを使った練習開始へ2019.05.16 15:34 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインは6月1日に行われるリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝での戦列復帰に向けて順調に調整を行っているようだ。イギリス『デイリー・テレグラフ』が伝えている。ケインは先月9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦で左足首じん帯損傷のケガを負った。このケガによって今季中の復帰が絶望的と見られていたが、エース不在のチームがシティ、アヤックス相手に劇的な勝ち上がりを見せたことで、6月1日に行われるCL決勝での復帰の可能性が浮上。

そのアヤックス戦後にはチームの劇的逆転突破に興奮したケインがピッチ内をランニングする姿も見られていた。

そのケインの状態に関して『デイリー・テレグラフ』は14日、今週から同選手が芝生の上でのトレーニングを開始し、今週末にはボールを使ったトレーニングも開始する見込みであると報道。復帰に向けたリハビリのプランが順調に進んでいると伝えている。

また、ケインと同様にCL決勝での復帰が期待されるDFヤン・ヴェルトンゲン、MFデレ・アリ、MFハリー・ウィンクスの状態に関しては、イギリス『インデペンデント』が最新のレポートを掲載。

アヤックスとの2ndレグ後に足首に装具を着用する姿が確認されたヴェルトンゲンに関しては、完全なマッチフィットネスを取り戻すためのリハビリを敢行中だという。

また、12日に行われるプレミアリーグ最終節エバートン戦のウォームアップ中に違和感を訴え、前半のみの出場となったデレ・アリに関しては、ここ数週間でのオーバーワークの影響と診断されており、残りの準備期間で十分に回復が可能だという。

さらに、4月29日にそ径部の手術を受けたウィンクスに関してもリハビリのプロセスが順調に進んでおり、クラブとしてはCL決勝での復帰を楽観的に捉えているとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズ、サリバを巡りガナーズに横槍か

トッテナムが、サンテチェンヌに所属するU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じた。 サンテチェンヌの下部組織出身のセンターバックで、193㎝の長身と対人の強さを武器に頭角を現してきたサリバ。トップチームデビューを果たした今シーズンは公式戦19試合に出場した。 そのサリバを巡って複数クラブが関心を示している状況だ。中でもサンテチェンヌとの合意報道も飛び出したアーセナルが争奪戦のポールポジションに立っていると見られている。 しかし今回伝えられるところによれば、同じロンドンに拠点を置くトッテナムがサリバ獲得を諦めてはおらず、推定移籍金の2500万ユーロ~3000万ユーロ(約30億5000万円~約36億6000万円)を投じる可能性があるとのことだ。 2019.06.26 14:39 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズがクラブ史上最高額でエンドンベレ獲得へ! クラブ間合意で近日中にも移籍完了

トッテナムがリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)を獲得することが決定的となった。 イギリス『スカイ・スポーツ』は25日、トッテナムがクラブ史上最高額の6500万ポンド(約88億3000万円)でリヨンとクラブ間合意に至ったと報じた。 また、エンドンベレは今後数日以内にメディカルチェックを受診し、5年契約にサインする見込みだ。 2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、今季は公式戦49試合に出場し3ゴール8アシストを記録。 得点力にこそ課題はあるものの、豊富な運動量と高い身体能力を生かしたボール奪取能力に加え、優れたドリブルテクニックにパワフルなミドルシュートを兼備する万能型MFは、同胞MFポール・ポグバやコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレを想起させるハイポテンシャルの持ち主。 一方、ベルギー代表MFムサ・デンベレの今冬の中国移籍以降、セントラルMFの選手層に問題を抱えているトッテナムは、ユベントスやマンチェスター・ユナイテッドも関心を示す逸材の獲得を今夏の最優先事項としていた。 なお、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長は25日、エンドンベレの後釜と目されるブラジル人MFジャン・ルーカス(21)の加入会見の場でエンドンベレの去就に関して以下のように言及していた。 「タンギは移籍を望んでいるが、交渉を進めるには非常に重要なオファーでなければならない」 「もし彼がクラブを去る場合、それは今日ではないが、我々は経験を持った新しいプレーヤーを探す必要がある。現時点で何も起こっていないが、ドアは半分開いている」 「もし、エンドンベレが去る場合、我々は幾つかの候補をリストアップしている。(リール所属の)チアゴ・メンデスはその候補の1人だ」 「彼が代表戦に行ってからまだ話していない。ただ、彼の休暇の終わりがクラブを去る時ではない。ここで言うべきことではないが、我々は6月30日までに資金を集めるためにプレーヤーを売却する必要はない。それに彼が残留を選んでくれるならば、こちらとしては大歓迎だ」 2018年1月にブラジル代表FWルーカス・モウラを獲得して以降、1年半に渡って新戦力補強を行っていないトッテナム。先日にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・クラーク(18)の獲得報道が出ているが、今夏の補強第一号はエンドンベレかクラークのいずれかになりそうだ。 2019.06.26 06:35 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズで構想外のヤンセンがコンパニ率いるアンデルレヒト移籍へ!

アンデルレヒトがトッテナムから元オランダ代表FWフィンセント・ヤンセン(25)を完全移籍で獲得する見込みだ。ベルギー『HLN』が伝えている。 2016年夏にエールディビジ得点王の栄誉を引っ提げてAZからトッテナムに1700万ポンド(約23億2000万円)で加入したヤンセンだったが、加入初年度はリーグ戦27試合の出場でわずかに2ゴールと期待外れの結果に終わった。 その後、2017年にはフェネルバフチェに1年間のレンタル移籍で加入もケガの影響もあって思うような数字を残せず、フェネルバフチェは完全移籍での買い取りに踏み切ることはなかった。 今シーズンはトッテナムに復帰したものの、チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外されるなど構想外の状態が続き、ケガ人が続出したシーズン最終盤にリーグ戦3試合に出場したのみだった。 トッテナムと2020年まで契約を残すもののクラブ側はヤンセンを引き続き構想外とみなしており、今夏の退団が有力視されている。 その中で『HLN』が伝えるところによれば、新シーズンからベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが選手兼任監督を務めるアンデルレヒトがヤンセンの獲得交渉をほぼ完了させたようだ。 なお、移籍金の額など詳細に関しては言及されていない。 2019.06.24 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、今夏最初の補強はリーズの18歳FWに? 来週に交渉完了へ

トッテナムがチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・クラーク(18)の獲得に迫っているようだ。イギリス『エクスプレス』など複数メディアが伝えている。 2018年1月にブラジル代表FWルーカス・モウラを獲得して以降、1年半に渡って新戦力補強を行っていないトッテナム。今夏の移籍市場ではリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレやベティスのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ、フルアムのU-21イングランド代表MFライアン・セセニョンらへの関心が伝えられている。 しかし、今夏の移籍市場で最初の補強はリーズの逸材アタッカーになりそうだ。 リーズの下部組織出身のクラークは左右のウイングにセンターフォワードでもプレー可能なスピードと、ドリブルテクニックに優れた181cmのアタッカー。 昨年10月にマルセロ・ビエルサ監督率いるトップチームでデビューを飾ると、今シーズンは今年2月に病気にかかるアクシデントに見舞われながらも、公式戦25試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。 なお、リーズは2021年まで契約を残すクラークの移籍金を1300万ポンド(約17億7000万円)に設定しているといわれるが、トッテナムは850万ポンド(約11億6000万円)の移籍金+各種ボーナスという条件での獲得に迫っているようだ。 また、マウリシオ・ポチェッティーノ監督はプレシーズンを通じてクラークの能力を把握し、トップチームでのプレーが時期尚早と考えた場合、リーズにレンタル移籍させるプランも持っているという。 2019.06.24 00:57 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、カンセロ後釜にトリッピアーを狙う?

トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)にユベントスが興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 マウリツィオ・サッリ監督が新指揮官に就任したユベントスだが、DFジョアン・カンセロ(25)のマンチェスター・シティ行きが近づいている。右サイドバックの選手を欠くことになるサッリ監督が、その代役として目をつけたのがトリッピアーだ。 報道によれば、5年契約のオファーを出したとのこと。1シーズンで260万ユーロ(約3億5000万円)程度、さらにパフォーマンスに応じてボーナスが付与するオファーになっているようだ。 一方で、トッテナムとしてもトリッピアーを簡単に手放すつもりはない様子。2500万ユーロ(約30億3000万円)を求めているとされ、両者の開きは大きい。 2019.06.21 09:55 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース