ローマ退団のデ・ロッシに10人の仲間がエモーショナルなメッセージ!2019.05.15 20:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
14日に今シーズン限りでのローマ退団が発表された元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)に対して、現チームメートや元同僚からエモーショナルなメッセージが贈られた。クラブ公式サイトがSNSでのリアクションを伝えている。ローマのプリマヴェーラを率いるアルベルト・デ・ロッシを父親に持つデ・ロッシは、幼少期からローマ一筋のキャリアを歩み、2000年のトップチーム昇格以降、在籍18年間で公式戦615試合に出場し63ゴールを記録。“ローマの象徴”である元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに次ぐ、クラブ歴代最多出場記録を持つ生けるレジェンドだ。

そのレジェンドの退団発表を受けて、現チームメートやかつての同僚がSNS上でデ・ロッシに対する感謝の思いを伝えた。そして、ローマ公式サイトがそのうちの10人の反応を伝えている。

◆DFコスタス・マノラス
「ピッチ内外のカピターノ! ダニエレのこれまでのすべてに感謝しているよ。5年間に渡ってロッカールームで君と過ごせたことを光栄に思っている。誰もが君の不在を寂しく思う。ローマのシャツを着て過ごした最高の夜の写真(昨季CLバルセロナ戦)を使うよ。大好きだ、カピターノ!」

◆DFフェデリコ・ファシオ
「君はピッチの中でも外でも最高な男だ。誰にとっても最高のお手本であり、真のリーダーだった。君と離れることが寂しいよ」

◆MFニコロ・ザニオーロ
「まだ、僕がトリゴリア(練習場)を訪れる前にも関わらず、あなたは『ローマファミリーへようこそ』というメッセージを送ってきてくれた。それは僕にとって何より感動させられることだった。ありがとうカピターノ、あなたと共にプレーできることは何よりの特権でした」

◆GKアントニオ・ミランテ
「すべての世代、すべてのクラブ、ファンのお手本のような存在だったよ。素晴らしい対戦相手でもあったけど、チームメート、カピターノとしてはより最高な存在だったよ。君は僕のようなベテランたちにとっても良き手本だった。君は本当に最高以外の何ものでもなかった」

◆MFハビエル・パストーレ
「僕たちは一緒にプレーした時間は短かったけど、君はいつでもそばに居てくれた。ダニエレには感謝の言葉しかないよ。君がこの18年間でこのクラブのために行ってきたことは説明はいらないよ。チームメートとしてこの1年間、君と過ごせたことは本当に幸運だったと思う。君はプレーヤー、人間、真のレジェンドとして本当に並外れた存在だ。プレーヤーとしてもロッカールーム中の存在としてもまだまだ多くのものをもたらせると思っている。君がどんな決断を下すとしても最高の幸運を祈っている。ありがとう、ダニ!」

◆MFアルベルト・アクイラーニ(元同僚)
「僕たちが子供だったころ、アゴスティーノ(・ディ・バルトロメイ)になることを夢見ていた。そして、それが痛む恐れを蹴っていた。(ローマチャントの一節) 非常に多くの戦いを共有した偉大なチームメート。君の今後の幸運を祈る」

◆DFヴァンサン・カンデラ(元同僚)
「朝、それは人生だ。それは浮き沈みを伴うものだが、君の人生が今後常に上がり続けることを心から願っている」

◆MFミラレム・ピャニッチ(元同僚)
「君のことを考えると、とても感情的になってしまうよ。僕は君とキャリアの一部を共有する特権を持っていた。そして、これまでのすべてに感謝しているよ。ダニエレに幸運を! 愛する兄弟よ」

◆MFケビン・ストロートマン(元同僚)
「カピターノのすべてに感謝したい。君は常にチーム、僕にとって最高の見本だった。そして、真のリーダーだった。ただ、最も重要だったのは君が本当に素晴らしい人間だということさ。君は大事な友人であり、ローマそのものだよ」

◆MFシモーネ・ペロッタ(元同僚)
「何年も前のことだけど、確か移籍市場の半ばだったと思う。ロッカールームの秘密の会話だったけど、君は僕にこう言ったね。『僕とクラブの絆は強すぎるんだ。このユニフォームを手放すなんてできないよ。僕はそれを愛しすぎているんだ』ってね」

「今日、君はそれを手放す必要があるんだね。だけど、君はいつも通りのカリスマ性をもってそれを行うはずさ。君がこの時期を乗り越えることが簡単ではないことをよくわかっているよ。だけど、君の次の章がそれほど悪いものではないと信じているよ。君の鼓動はこれから成し遂げる偉大なことを見守り続けるはずだ。幸運を、わが友よ」
コメント
関連ニュース
thumb

ローマが買い取り義務付きレンタルでイグアインを獲得か、本人はユーベ残留を希望も…

ローマがアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)を買い取り義務付きのレンタルで獲得することでユベントスと合意したようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 同メディアによればローマはレンタル料600万ユーロ(約7億2000万円)、シーズン終了後に2700万ユーロ(約32億6000万円)を支払う契約でユベントスと合意に達したとのことだ。 一方でユベントスのプレシーズンツアーに帯同しているイグアインは残留を希望しているとされ、年俸を450万ユーロ(約5億4000万円)に下げることでユベントスに留まることを望んでいるという。 ローマはインテル移籍が規定路線のFWエディン・ジェコに代わる得点源としてイグアインを望んでいるが、昨季ミランとチェルシーで結果を残せず衰えを露呈したイグアインは新天地をローマに選ぶだろうか。 2019.07.20 02:52 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴィオラMFヴェレトゥがローマのメディカルチェック受診へ! ナポリやミランとの争奪戦を制す

フィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)が19日にローマのメディカルチェックを受診するようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 同メディアによればローマはヴェレトゥを買い取り義務付きレンタルで獲得し、レンタル料として100万ユーロ、シーズン終了後に支払う移籍金として1600万ユーロ、ボーナス200万ユーロの計1900万ユーロ(約23億円)をフィオレンティーナに支払うとのことだ。 2017年夏にアストン・ビラからフィオレンティーナに加入したセントラルMFを主戦場に豊富な運動量で守備から攻撃まで一手に担うヴェレトゥは、昨シーズンの公式戦37試合で5ゴール4アシストをマークしていた。 そのフランス人ゲームメイカーに対してはミランやナポリ、アタランタなど複数クラブが獲得に興味を示していたが、ローマが争奪戦を制す格好となったようだ。 2019.07.19 05:36 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマFWヴェルデ、AEKアテネに完全移籍

AEKアテネは17日、ローマのイタリア人FWダニエレ・ヴェルデ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となっている。 ローマの下部組織出身である右ウイングを本職とするレフティーのヴェルデは、2015年1月にトップチームデビュー。しかし、ローマでは出場機会を得られず、これまでフロジノーネ、ペスカーラ、アヴェリーノ、ヴェローナ、バジャドリーにレンタル移籍していた。2018-19シーズンはバジャドリーでリーガエスパニョーラ22試合に出場し2ゴールをマークしていた。世代別代表ではU-21イタリア代表まで選出された経歴を持ち、10番を背負っていた。 2019.07.19 01:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、アタランタのイタリア代表DFマンチーニを買い取り義務付きのレンタルで獲得!

ローマは17日、アタランタのイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ローマはレンタル料として200万ユーロ、来夏買い取る際に1300万ユーロを支払う予定で、これに最大800万ユーロのボーナスが追加され、移籍金総額は2300万ユーロ(約28億円)と明かしている。さらに、今後他クラブに移籍した際の移籍金の内の10パーセントをアタランタに支払うことになる。 なお、マンチーニとは既に2024年6月30日までの契約が結ばれている。 フィオレンティーナの下部組織出身のマンチーニは、ペルージャでのプロデビュー後、2017年にアタランタに完全移籍。190cmの長身に加え、筋骨隆々の強靭なフィジカルを武器にセリエA屈指のエアバトラーとして2018-19シーズンのリーグ戦30試合で5ゴールを記録。 また、アグレッシブなマンツーマンディフェンスを採用するジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で対人守備を磨いており、積極的なインターセプトやタックルなど、前向きな守備が高い評価を集めており、今年3月のリヒテンシュタイン代表戦でフル代表デビュー。さらに、先日まで行われていたU-21欧州選手権でもU-21イタリア代表の主力としてプレーしていた。 ローマではファイナンシャル・フェアプレー(FFP)遵守の影響もあって6月30日にレギュラーセンターバックのギリシャ代表DFコスタス・マノラスをナポリに放出していた。 2019.07.18 01:19 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがアタランタのイタリア代表DFマンチーニ確保! メディカル受診を発表

ローマは17日、アタランタのイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)が加入に向けてメディカルチェックを受診していることを明らかにした。 イタリア『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、マンチーニの移籍形態は買い取り義務付きの1年間のレンタル移籍となり、ローマはレンタル料として200万ユーロ、来夏買い取る際に1900万ユーロを支払う予定だという。これに最大500万ユーロのボーナスが追加され、移籍金総額は2600万ユーロ(約31億5000万円)となるようだ。 なお、マンチーニはメディカルチェックをパスした後、2024年までの5年契約にサインする。 フィオレンティーナの下部組織出身のマンチーニは、ペルージャでのプロデビュー後、2017年にアタランタに完全移籍。190cmの長身に加え、筋骨隆々の強靭なフィジカルを武器にセリエA屈指のエアバトラーとして2018-19シーズンのリーグ30試合で5ゴールを記録。 また、アグレッシブなマンツーマンディフェンスを採用するジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で対人守備を磨いており、積極的なインターセプトやタックルなど、前向きな守備が高い評価を集めており、今年3月のリヒテンシュタイン代表戦でフル代表デビュー。さらに、先日まで行われていたU-21欧州選手権でもU-21イタリア代表の主力としてプレーしていた。 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)遵守の影響もあって6月30日にギリシャ代表DFコスタス・マノラスをナポリに放出したローマ。その後釜は既報通り、アタランタの巨漢DFとなった。 2019.07.17 18:59 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース