ピッチ外のケインがエースの仕事! ハーフタイムの檄がチームを蘇らせる

2019.05.09 16:43 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインは、たとえピッチでプレーできなかったとしてもきっちりエースとしての役目を果たしていたようだ。『ESPN』が伝えている。

トッテナムは8日に行われたアヤックスとのCL準決勝2ndレグをFWルーカス・モウラの圧巻のハットトリックの活躍によって3-2で勝利。この結果、2戦合計3-3もアウェイゴール数で上回った同クラブは史上初となるCLファイナル進出を決定した。

前ラウンド初戦のマンチェスター・シティ戦で足首のじん帯を痛めたケインは、今回の2ndレグで劇的戦列復帰が期待されたものの、最終的に回復が間に合わず、同じく負傷のDFダビンソン・サンチェスと共にスタンドからチームの戦いを見守ることに。

しかし、イングランド代表でキャプテンを務める生粋のリーダーは、チームが0-2のビハインドを背負い、失意の中でロッカールームに戻ったハーフタイムにチームを鼓舞する重要な仕事を果たしていた。

試合後、DFキーラン・トリッピアーが後半の逆転劇に大きな影響を与えたと認めたハーフタイムの檄について、ケインは以下のように説明している。

「期待外れの前半だったよ。僕たちは相手に快適にプレーさせてしまっていた。僕はハーフタイムにロッカールームに入ったけど、全員が十分なパフォーマンスができていないと理解していた」

「僕たちは残り45分間にすべてを捧げることを誓い合った。僕は何よりもこのクラブのファンだし、この試合がクラブにとってどんな意味を持つかをわかっていた」

「仲間たちは深くまで攻め込み、情熱を示してくれた。それこそ僕たちが求めるすべてだった。3点目を奪うまでには最後の最後まで待つ必要があったけど、最終的にチームはそれを成し遂げた」

「本当にチームが成し遂げた偉業に言葉がないよ。僕はファンで勝利を求めていたし、それがクラブに関わるすべての人にとってどんな意味を持つかを理解していた」

「僕はスタンドからゲームを見ていて、『ここで自分は何をしているだ』とずっと考えていたよ。なかなか気持ちを切り替えることは難しかったけど、仲間たちは情熱、魂、ハートを示してくれたよ」
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナム、ダイアーに新契約提示へ! モウリーニョが希望の旨を明かす

トッテナムが、イングランド代表MFエリック・ダイアー(26)に新契約を準備しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 2014年にスポルティング・リスボンから加入したダイアー。守備的MFとセンターバック、緊急時には右サイドバックもこなせるユーティリティ性を武器に、6シーズンで公式戦237試合に出場してきた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆スパーズの頼れる大型MF、エリック・ダイアー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2OWw3NHIxRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 今シーズンは、序盤はなかなか出番が貰えなかったものの、監督がジョゼ・モウリーニョに交代して以降は出場機会が増加。ここ数試合はDFトビー・アルデルヴァイレルトやDFヤン・フェルトンゲンを押しのけて、センターバックとしての出場が続いている。 『BBC』によるとモウリーニョ監督はある取材で「ダニエル・レヴィ会長が私にエリックと新契約を結びたいと伝えてきたよ。エリックも私にここに留まりたいと言っていた」とコメント。去就に関して両者の思惑が一致していることを明かした。そして監督自身も「私が目指すチームにおいて、彼らが合意を見つけられることは私の願いだ」と、契約延長を希望している旨を伝えている。 なお、ダイアーの契約は2021年6月30日までとなっている。 2020.07.02 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「アーセナルを侮辱するつもりはないけど」トリッピアーがノースロンドンとマドリッドのダービーを比較

アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが、ノース・ロンドン・ダービーとマドリッド・ダービーを比較した。イギリス『ミラー』が伝えている。 2015年からトッテナムでプレーしたトリッピアーは、アーセナルとのノース・ロンドン・ダービーを幾度も経験。今シーズンからアトレティコ・マドリーへ移籍したため、昨年9月にレアル・マドリーとのマドリッド・ダービーも経験している。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYZUpMcVJJVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 『The Beautiful Game podcast』に出演したトリッピアーは、イングランドとスペインそれぞれのダービーについて振り返った。 「マドリッド・ダービーはここでは本当に重要な試合だ」 「アーセナルを侮辱するつもりはないが、トッテナムでプレーしていた頃から、僕らにとって一番のライバル関係ではないと感じていたよ」 「僕らにとっての一番のライバルはチェルシーだったと感じていた。感情の部分でそう感じたのかもしれない」 「もちろんトッテナムとアーセナルの試合だってファンにとっては重要な試合だ。彼らとは今までの歴史があるからね」 「でもマドリッド・ダービーのあのプレッシャーは…」 「毎試合の前にクラブの会長が様子を見に来るんだ。イングランドではそんなことなかった」 また、スペインでの生活についても言及し、適応できていることを明かした。 「スペインの家族優先の文化は素晴らしいよ。僕や妻、子どもたちへ本当によくしてくれた。僕をすぐに仲間に入れてくれたし、アトレティコに関わる全ての人を尊敬しているよ。最高だね」 2020.06.30 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

マスク着用のケインがダービーで難しい角度からミドルを突き刺す【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインのゴールだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxNzFUZ3VxZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> アカデミーから慣れ親しむトッテナムで、世界指折りのストライカーに成長を遂げたケイン。今やトッテナムのキャプテンを担い、公式戦通算280試合182ゴールを挙げて過去2度のプレミアリーグ得点王に輝いた実績を誇る。 その中でも見事だったのが、2016年3月5日に行われたプレミアリーグ第29節のアーセナル戦でのゴールだ。 前月の試合で鼻を骨折し、防御マスクをつけてこの試合に先発したケイン。チームが同点に追いついた直後の62分、敵陣左サイドで深くでボールがゴールラインを割ろうかというところを、MFデレ・アリがギリギリで拾うと、ボールを受けたケインは左サイドの角度のないところからミドルシュートを放つ。 綺麗な弧を描いたシュートは、相手GKダビド・オスピナが伸ばした手に触れることなく、逆サイドのゴールネットへと突き刺さった。 ゴールしたケインは勢いのまま防御マスクを放り投げ、ホームの観客たちと喜びを分かち合っていた。 2020.06.30 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ息子のFWマウリツィオがトッテナムと契約延長

トッテナムが、スペイン人FWマウリツィオ・ポチェッティーノ(19)と新契約を結んだ。本人が自身のインスタグラムで発表している。 2019年11月までトッテナムを指揮したアルゼンチン指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏の実子であるマウリツィオは、2015年1月にサウサンプトンのアカデミーから移籍し、今はトッテナムのU-23チームでプレー。プレミアリーグ2で8試合、UEFAユースリーグで5試合に出場していた。 マウリツィオは、自身のインスタグラム(@maurizio.8)で、父・マウリシオと契約書にサインをしている写真とともに、「新シーズンが楽しみだ」とコメントしている。 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CCBPA9UAqQs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CCBPA9UAqQs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CCBPA9UAqQs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Looking forwards to the new season. #COYS</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/maurizio.8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Maurizio Pochettino</a>(@maurizio.8)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-06-29T12:38:42+00:00">2020年 6月月29日午前5時38分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.06.30 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ダイアー、原点回帰のCB起用を歓迎 「最も優れたパフォーマンスを見せられる」

トッテナムに所属するイングランド代表MFエリック・ダイアーが、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で継続されるセンターバック起用について言及している。 ここまでのプロキャリアを通じて、センターバック、セントラルMF、右サイドバックをメインポジションとしてきたダイアー。トッテナムではマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下、加入1年目は右サイドバックとセンターバックでプレーしたが、2015-16シーズン以降は有事や3バック採用時を除き、セントラルMFを主戦場としてきた。 しかし、昨年11月半ばにモウリーニョ監督が就任して以降は、ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンが今シーズン限りで退団する可能性が濃厚ということなどもあり、センターバックでの起用が急増。 とりわけ、長期に渡る中断期間を通じて、ポルトガル人指揮官の戦術の落とし込みが図られた再開後のマンチェスター・ユナイテッド戦、ウェストハム戦ではコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスと2センターバックのファーストチョイスとして起用されている。 ユナイテッド戦では相手の同点ゴールに繋がる痛恨のPKを献上したものの、2試合を通じてソリッドなパフォーマンスを披露し、モウリーニョ監督の評価も上々だ。 過去にトッテナムのレジェンドである元イングランド代表DFのレドリー・キング氏が、「将来的にセンターバックとして長い間プレーすることになる」と予想していた通り、26歳にして原点回帰の雰囲気が漂う。 そして、ダイアーはクラブ公式サイトのインタビューを通じて、センターバックでのプレーに手応えを感じていることを認めている。 「僕にとっては一晩で考えが変わったわけではなく、長い間感じていたことだったんだ」 「以前からセンターバックでプレーしたいと思っていたよ。客観的に分析したとき、自分が最も優れたパフォーマンスを見せられると思っていた」んだ」 「そこで自分自身を証明するチャンスを得られたことを、心から嬉しく思っているよ。良いプレーをできる感覚があるからね」 「もちろん、多くの部分で改善すべき点があることは理解しているよ。だけど、ウェストハム戦でクリーンシートを達成できたことは嬉しいよ」 「マンチェスター・ユナイテッド戦に関しても、クリーンシートに値するパフォーマンスだったと感じている。チームのパフォーマンスは良かっただけに、自分のプレー(PK献上)を残念に思うよ」 「ユナイテッド戦では僕自身の拙い対応もあったけど、試合を通して良い守備ができていたと思っているんだ。だから、ウェストハム戦でクリーンシートを達成できたことを嬉しく思うよ」 なお、トッテナムは今シーズン、2試合連続でクリーンシートを達成したことは一度もなく、7月2日に行われるプレミアリーグ第32節のシェフィールド・ユナイテッド戦ではダイアーを中心とする守備陣の更なる奮起に期待が集まるところだ。 2020.06.29 19:25 Mon
twitterfacebook