CLアヤックス戦に臨むスパーズ、サスペンションのソン・フンミンら欠場もムサ・シソコに復帰の可能性

2019.04.29 22:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは29日、翌日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、アヤックス戦に向けた最新のチームニュースを明かした。

トッテナムは同国対決となったマンチェスター・シティとの準々決勝をアウェイゴール数の差で突破し、CLに名称が変更されてから初のベスト4進出を果たした。

そして、今回の準決勝では準々決勝で優勝候補ユベントスを退けたアヤックスと対戦する。
ホームの初戦で先勝を狙うマウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるチームは、今回最新のチームニュースを発表。直近の公式戦で欠場が続いているDFセルジュ・オーリエ(ハムストリング)、FWハリー・ケイン(足首)、MFハリー・ウィンクス(そ径部)、MFエリク・ラメラ(ハムストリング)の4選手の欠場を伝えている。

また、準々決勝2ndレグで警告を受けたFWソン・フンミンが累積警告によって欠場となるほか、ここ最近のリーグ戦で途中出場していたFWフィンセント・ヤンセンに関してはCL登録メンバー外となるため、起用できない。

その一方で、準々決勝2ndレグでそ径部を痛めて直近のリーグ戦2試合を欠場していたMFムサ・シソコ、太ももの筋肉系の問題で直近のウェストハム戦を欠場したDFヤン・ヴェルトンゲンに関しては共に前日練習をこなしており、今後コンディションを評価して起用の可否を決める。

関連ニュース
thumb

FAカップ、ベスト16の対戦カード決定! 三笘薫輝くブライトンは2部ストークと激突

FAカップ5回戦の対戦カードが決まった。 4回戦は先週末に行われ、プレミアリーグで首位をひた走るアーセナルを下したマンチェスター・シティのほか、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムが勝ち上がり、ブライトン&ホーブ・アルビオンも日本代表MF三笘薫の劇的弾で前回王者のリバプールをリーグ戦に続いて破った。 そんな4回戦は再試合を含む6試合をまだ残すが、ひと足先に次のラウンドに向けた抽選会が30日に行われ、8つの対戦カードが決定。前回王者のリバプールを撃破したブライトンはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のストーク・シティと対戦する。 2018–19シーズン以来の優勝を目指すシティはチャンピオンシップのブリストル・シティと激突。そのほか、マンチェスター・ユナイテッドはダービー・カウンティか、ウェストハム、トッテナムはレクサムか、シェフィールド・ユナイテッドとの顔合わせとなっている。 なお、この5回戦の試合は2月27日から始まる週に開催。スケジュールはクラブ、放送局、そして地方自治体の間で取り決められる。 ◆対戦カード一覧 サウサンプトン vs ルートン・タウンorグリムズビー・タウン レスター・シティ vs ブラックバーンorバーミンガム・シティ ストーク・シティ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン レクサムorシェフィールド・ユナイテッド vs トッテナム フルアムorサンダーランド vs リーズ・ユナイテッド ブリストル・シティ vs マンチェスター・シティ マンチェスター・ユナイテッド vs ダービー・カウンティorウェストハム イプスウィッチ・タウンorバーンリー vs シェフィールド・ウェンズデイorフリートウッド・タウン 2023.01.31 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ブライアン・ヒルの古巣セビージャ復帰が迫る、半年間のレンタル移籍で合意か

トッテナムのスペイン代表FWブライアン・ヒル(21)はセビージャで半年間プレーすることとなりそうだ。 2021年夏にセビージャからトッテナムへと加入したB・ヒル。しかし、イングランドではまとまった出場機会を確保できず、昨冬にはバレンシアへ半年間のレンタル移籍が決まり、17試合に出場した。 昨夏の移籍市場でもバレンシアへの再レンタルを希望したが、最終的に破談。残留となったが、やはりアントニオ・コンテ監督の率いるチームでは今季もなかなか出番を得られず、ここまで公式戦先発は3試合のみと苦しんでいる。 今冬の移籍市場でも去就が注目されており、バレンシアやローマといったクラブからも関心が伝えられたが、スペイン『マルカ』はセビージャと半年間のレンタル移籍でクラブ間合意に至ったと報道。30日にもスペインへと渡り、正式に契約を交わす見込みだ。 『マルカ』が伝えるところによると、ホルヘ・サン・パオリ監督も「対戦相手として彼を知っているが、彼はウイングとしてチームに何かを与えてくれる選手だ」と新戦力の到着を歓迎。B・ヒルはアカデミーで育った古巣へと1年半ぶりに帰還し、再出発を図るようだ。 2023.01.30 17:53 Mon
twitterfacebook
thumb

トッテナムの岩渕真奈が初ゴール!加入後2戦目、反転からの左足で結果残す

トッテナムに所属するなでしこジャパンのFW岩渕真奈が移籍後初ゴールをマークした。 今季のアーセナルでは出場機会の乏しかった岩渕は、出場機会を求めて今冬に今シーズン終了までの期限付き移籍でトッテナムへ加入。25日の女子コンチネンタルカップ準々決勝で早速加入後初先発を飾った。 29日に行われた女子FAカップ4回戦のロンドン・シティ戦にも続けて先発。目に見える結果も残した。 トッテナム1点リードの前半アディショナルタイム、速い攻撃から右サイドへの展開となると、アシュリー・ネビルからのグラウンダークロスをニアで受けに行く。岩渕は右足で打つと見せかけてボディフェイントから反転し、中央から左足。シュートはDFの足に当たってコースが変わり、右隅へと吸い込まれた。 ツキもあったとはいえ、フィニッシュまでの動きは見事。中盤でボールの収まりどころとなるなど、69分の交代まで精力的なプレーを披露した。 試合は追加点を挙げたトッテナムが5-0で勝利。次のステージへ駒を進めている。 <span class="paragraph-title">【動画】カットバックから見事なターンで岩渕がトッテナム移籍後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/buchi_mana?ref_src=twsrc%5Etfw">@buchi_mana</a> nets her first for <a href="https://twitter.com/SpursWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@spurswomen</a>!<a href="https://twitter.com/hashtag/WomensFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WomensFACup</a> <a href="https://t.co/AknwC8tsQp">pic.twitter.com/AknwC8tsQp</a></p>&mdash; Vitality Women&#39;s FA Cup (@VitalityWFACup) <a href="https://twitter.com/VitalityWFACup/status/1619682441140248578?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズが今冬3人目の補強目指す! インカピエ獲得へオファー掲示か?

トッテナムが、レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(21)獲得に動いているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 今冬の移籍市場でオランダ代表FWアルノー・ダンジュマを確保し、スポルティングCPのスペイン代表DFペドロ・ポロの獲得にも迫るトッテナム。 今月31日の市場閉幕が間近に迫る中、アントニオ・コンテ率いるチームは、さらにクオリティ不足が顕著なセンターバックの補強に動く構えだ。 『ビルト』によると、トッテナムは予てより関心を示すエクアドル代表DF獲得に向け、レバークーゼンに対して2500万ユーロ(約35億3000万円)の口頭オファーを掲示したという。 すでに5年半契約での個人間合意も伝えられるものの、レバークーゼンと2026年まで契約を残すインカピエに関しては、レバークーゼンが早い時期の売却を望んでおらず、要求額にも大きな開きがあるため、前述のオファーが受け入れられる可能性は限りなく低いという。 そのため、トッテナムは残り2日間で大幅に改善したオファーを再掲示し、且つレバークーゼンが後釜を確保する必要があり、このタイミングでの交渉成立は非常に困難なオペレーションとなるはずだ。 母国のインデペンディエンテ・デル・バジェの下部組織出身のインカピエは17歳でトップチームデビュー。アルゼンチンのタジェレスを経て、昨夏にレバークーゼンへ加入。 エクアドルのフル代表ですでに24キャップを刻む21歳は、昨季のレバークーゼンで公式戦33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録。左サイドバックとセンターバックの2つのポジションで攻守に安定したパフォーマンスを披露。 184cmと上背はないが、そのサイズを補って余りあるパワーとスピード、若さを感じさせない冷静な守備対応が光る。また、サイドバックとしてはクロス精度に課題があるものの、センターバックとして求められる持ち運びや配球力も備えるモダンなプレースタイルだ。 2023.01.29 22:51 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルにもチェルシーにも居場所のないルカク、夏にプレミアの他クラブへ?

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)にトッテナムやニューカッスル行きの可能性があるようだ。 2021年夏にインテルからチェルシーへと活躍の場を移したルカクだったが、低調なパフォーマンスや本人の希望もあり、1年を経たずして今夏にインテルへとレンタル移籍で復帰。しかし、度重なる負傷によって、今季のここまで公式戦出場は9試合のみとイタリアの地でも期待に応えられていない。 チェルシーとの契約を2026年夏まで残す中、ルカク本人は引き続きインテルでのプレーを希望するも、同クラブはレンタル期間延長や買い取りを行うつもりはない模様。保有元のチェルシーでも復帰は歓迎されていないようで、このままでは今夏には居場所を失うことになりそうだ。 そうした中、イタリア『calciomercatoweb』はトッテナムとニューカッスルへの今夏移籍の可能性があると報道。前者についてはインテル時代に師弟関係にあったアントニオ・コンテ監督の存在も理由の一つであると伝えた。 また、『calciomercatoweb』によると、ユベントスも新天地候補の一つである模様。同クラブは不正会計のペナルティによってUEFA主催大会から追放される可能性がある中、チェルシーの提案するルカクとセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)とのトレードを受け入れる可能性があるようだ。 2023.01.29 17:18 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly