初日は8名が参加! U-20日本代表候補トレーニングキャンプがスタート2019.04.14 22:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-20日本代表候補メンバーは14日、千葉県内でトレーニングキャンプを実施した。リーグ戦が開催中ということもあり、この日は8名のみが合流。GK若原智哉(京都サンガF.C.)、DF石原広教、DF三國ケネディエブス(ともにアビスパ福岡)、DF菅原由勢、MF伊藤洋輝(ともに名古屋グランパス)、MF藤本寛也(東京ヴェルディ)、MF山田康太(横浜F・マリノス)、FW宮代大聖(川崎フロンターレ)が参加した。
©️CWS Brains, LTD.
集合後、影山雅永監督の号令とともに円になり、今回のトレーニングキャンプについて数分の話があったのち、準備運動を開始。その後、グラウンドを2周半。その後、ストレッチに入った。
©️CWS Brains, LTD.
前日の13日に明治安田生命J2リーグ第9節のFC町田ゼルビア戦にフル出場を果たした三國が別メニュー。またGK若原も個別にGKトレーニングをこなした。
©️CWS Brains, LTD.
残りの6名はトレーナーの下で入念にストレッチを実施。10分程度様々なストレッチを行い、ボールを使ったトレーニングへと移行した。
©️CWS Brains, LTD.
ボールを使ったトレーニングでは、3人ずつサイドに分かれてパスを交換。途中で、くさびに入る形やリターンパスをダイレクトで返すなど、形を変えて実施。三國はその間ランニングを行なっていた。
©️CWS Brains, LTD.
その後は1対1のトレーニングを実施。そして、シュート練習へと移っていった。
©️CWS Brains, LTD.
最後は、2対2、3対3を行い、ミニゲーム形式で追い込んだトレーニングを実施。初日に集まったメンバーも、強度の高いトレーニングでコンディションを上げ、約2時間のメニューが終了した。
©️CWS Brains, LTD.


コメント
関連ニュース
thumb

大会MVPはイ・ガンイン、最優秀GKはルニン!《U-20W杯》

15日にU-20ワールドカップ(W杯)2019の全日程が終了し、U-20ウクライナ代表の初優勝で幕を閉じた。 FIFA(国際サッカー連盟)は大会MVPに準優勝したU-20韓国代表からMFイ・ガンイン(バレンシア)を選出した。イ・ガンインは今大会全7試合に先発。1ゴール4アシストを記録し、初の決勝進出となった韓国を牽引する働きを見せた。 そして大会最優秀GK(ゴールデングローブ賞)にはウクライナのアンドリー・ルニン(レアル・マドリー)が選出されている。ルニンはユーロ2020予選のためにA代表招集を受けていたことで準々決勝を欠場したが、それ以外の6試合に先発。堅守のチームを象徴する存在で、決勝ではビッグセーブを見せ、ウクライナの初優勝に貢献していた。 2019.06.16 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

韓国に逆転勝利のウクライナが初優勝!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019決勝、U-20ウクライナ代表vsU-20韓国代表が15日に行われ、3-1でウクライナが勝利し初優勝を飾っている。 準決勝でU-20イタリア代表を1-0と振り切ったウクライナと、U-20エクアドル代表をこちらも1-0と制した韓国による初優勝を懸けたファイナル。 試合は開始2分、キム・セユンが右サイドを突破にかかったところでベスコロヴァイニーにボックス内ぎりぎりでファウルを受け、VARの末に韓国にPKが与えられた。そして、このPKをイ・ガンインが決めて韓国が先制した。 失点を受けて前がかるウクライナは12分、ブレツァが直接FKでGKを強襲。その後も自陣に引く韓国相手に押し込む時間を増やすと、34分に追いついた。FKの流れからルーズボールをボックス中央で拾ったスプリアハがゴール左にシュートを押し込んだ。ハーフタイムにかけてもウクライナがボールを持ったが、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で立ち上がった中、52分にウクライナが逆転する。コノプリアのスルーパスでボックス右に抜け出したスプリアハがゴール左にシュートを蹴り込んだ。 スプリアハのこの試合2ゴール目でリードしたウクライナが自陣に引く中、65分にコルニエンコのミドルシュートで牽制。 追う韓国は70分、左CKからイ・ジャエクのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKルニンのビッグセーブに阻まれた。 そして終盤の韓国の攻勢を凌いだウクライナは89分に勝負を決定付けた。カウンターに転じ、ツィタイシュヴィーリがドリブルでボックス左に侵入。ゴール右隅にシュートを蹴り込んだ。 このまま3-1で韓国を撃破したウクライナが勝利。同国史上初のU-20W杯制覇を果たした。 2019.06.16 02:57 Sun
twitterfacebook
thumb

PKストップのエクアドルがイタリアとの延長戦を制して3位フィニッシュ!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019・3位決定戦、U-20イタリア代表vsU-20エクアドル代表が14日に行われ、0-1でエクアドルが勝利した。 準決勝でU-20ウクライナ代表に0-1で惜敗したイタリアと、U-20韓国代表にこちらも0-1で惜敗したエクアドルによる3位決定戦。 グループステージで対戦した際にはイタリアが1-0と勝利していたこのカード。準決勝からスタメン7選手を変更してきた控え組主体のイタリアに対し、準決勝からスタメン1人のみを変更したエクアドルがボールを握る展開で推移していった。 すると10分、エクアドルはプラタのミドルシュートでGKを強襲。一方、自陣に引くイタリアは19分にアルベリコのミドルシュートで応戦すると、前半終盤の39分にはデル・プラートのミドルシュートでGKを強襲するも、互いに決定機のなかった前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半もエクアドルがボールを保持すると、56分にカンパーナのミドルシュートが右ポストを直撃。さらに59分にはパラシオスの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKカルネセッキに止められた。その後もエクアドルが押し込む展開が続くと、77分にはレサバラが際どいミドルシュートを浴びせた。 劣勢のイタリアは79分にチャンス。ボックス左からコルバーニの放ったシュートがわずかに枠の右に外れた。 結局、90分でゴールは生まれず迎えた延長戦、前半開始3分にイタリアがPKを獲得する。ボックス左でオリヴィエリがボールをキープすると、キンテーロに倒された。しかし、キッカーのオリヴィエリのシュートはGKラミレスにセーブされてしまう。 すると延長前半14分、エクアドルがゴールをこじ開ける。FKの流れからボックス右のミナがボレーでネットを揺らした。これが決勝点となってエクアドルが勝利。同国史上最高位の3位で大会を終えている。 2019.06.15 06:06 Sat
twitterfacebook
thumb

エクアドルに競り勝った韓国が初の決勝進出! ウクライナと激突へ!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019、U-20エクアドル代表vsU-20韓国代表が11日に行われ、0-1で韓国が勝利し、決勝へ進出した。 3日前に行われたU-20アメリカ代表戦を2-1と競り勝って初のベスト4進出を決めたエクアドルと、U-20セネガル代表戦を死闘の末にPK戦で勝ち上がり2度目のベスト4進出を果たした韓国による決勝進出を懸けた一戦。 序盤は意外にも韓国が積極的な入りを見せ、イ・ガンインのセットプレーを軸に圧力をかけていった。 しかし、時間の経過とともにエクアドルがポゼッションを高めていくと、24分にフエンテスがミドルシュートで牽制。そして38分には決定機が訪れた。見事な持ち出しからカンパーニャがボールを運ぶと、ボックス手前左から放ったシュートがバーに直撃した。 ひやりとした韓国だったが、39分に先制する。イ・ガンインのクイックリスタートでボックス左のスペースを突いたチェ・ジュンがゴール右に蹴り込んだ。 韓国が1点をリードして迎えた後半、自陣に引いてエクアドルの攻勢を受け止めると、62分にコ・ジェフンのミドルシュートで牽制した。 ここからオープンな攻防が続くと、エクアドルは71分にパラシオスのミドルシュートがGKを強襲。対する韓国は73分にチョ・ヨンウクがGK強襲のシュートを浴びせた。 終盤にかけてはエクアドルの攻勢が続き、追加タイム3分にはポロソがシュートのルーズボールを押し込んだが、その前にオフサイドがあってノーゴールに。さらに同5分、カンパーニャのヘディングシュートが枠を捉えるもGKイ・ガンヨンのビッグセーブに阻まれ、韓国が逃げ切り。初の決勝進出を果たした韓国はウクライナと初優勝を懸けて15日に激突する。 2019.06.12 05:44 Wed
twitterfacebook
thumb

10人のウクライナがVARにも救われイタリア撃破で決勝進出!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019、U-20ウクライナ代表vsU-20イタリア代表が11日に行われ、1-0でウクライナが勝利した。 4日前に行われたU-20コロンビア代表戦を1-0と制したウクライナと、10人となったU-20マリ代表相手に4-2と勝利して2大会連続ベスト4に進出したイタリアによる決勝進出を懸けた一戦。 立ち上がりはイタリアがボールを保持する展開となった中、ウクライナが手数をかけない攻撃でシュートに持ち込む構図となった。 その後もカウンターを狙うウクライナがシュートに持ち込むシーンをより生み出していくも、決定的なシーンを演出するには至らない。37分にブレツァの直接FKでGKプリツァーリを強襲したウクライナだったが、慎重な姿勢を互いに崩さなかった前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も膠着状態が続いていたが、52分にイタリアにこの試合最初の決定機。スルーパスでボックス右に抜け出したピナモンティがシュート。だが、コースが甘くGKルニンのセーブに阻まれた。 すると65分、ウクライナが後半最初のチャンスをモノにして試合を動かした。右サイドからのコノプリアのグラウンダークロスをブレツァがダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。さらに72分、ウクライナに追加点のチャンス。ロングボールに抜け出したスプリアガがGKと一対一に。しかし、シュートはわずかに枠の左に外れてしまった。 追加点を奪いきれなかったウクライナは79分、ピナモンティに対するファウルでポポフに2枚目のイエローカードが出てしまい、10人での戦いを強いられてしまう。そんな中83分、カシュチュクのシュートがバーを直撃し、ウクライナはやはり追加点を奪いきれない。 終盤にかけて攻勢に出たイタリアは89分に同点のチャンス。ディフェンスライン裏に抜け出したカポーネのボレーシュートがわずかに枠を外れた。千載一遇のチャンスを逸したイタリアだったが、追加タイム2分にも同点のチャンス。スカマッカが相手DFを背負っての見事なボレーシュートでネットを揺らした。だが、VARの末にスカマッカのヒジが対応したDFに入っていたとしてファウルと判定され、ノーゴールに。 結局、1点を守り抜いたウクライナが逃げ切り、決勝へ進出。この後試合を行う-20エクアドル代表vsU-20韓国代表の勝者と初優勝を懸けてファイナルを戦うことになった。 2019.06.12 02:29 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース