大迫所属ブレーメンのコーフェルト監督が2018年ドイツ年間最優秀監督賞を受賞

2019.03.29 23:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツサッカー連盟(DFB)は28日、2018年の年間最優秀監督賞の受賞者として、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督(36)の選出された。

2017年10月に成績不振を受けて解任されたアレクサンダー・ヌーリ前監督の後任としてブレーメンの指揮官に就任したコーフェルト監督。就任後はブンデスリーガ50試合を率いて20勝16分14敗の成績をマーク。今シーズンも第26節終了時点で10勝9分け7敗の8位につけており、ヨーロッパリーグ争いを演じている。

受賞に際しコーフェルト監督は、DFBの公式サイトで以下のように喜びを語っている。

「今回の受賞を本当にうれしく思っている。これはとても栄誉なことだ。ただ、この賞は私だけでなくチームのために取り組んでくれた選手やコーチ陣によって成し遂げられたと思っているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ブレーメン、ラシツァに対するライプツィヒからの1stオファーを拒否!

ブレーメンは、コソボ代表FWミロト・ラシツァ(23)に対するRBライプツィヒからの最初のオファーを断っていたようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ライプツィヒはドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(24)のチェルシー移籍に加え、ローマからレンタル中のチェコ代表FWパトリック・シック(24)の買い取りオプション行使見送りが濃厚なこともあり、今夏前線の刷新に動いている。 すでにレッドブル・ザルツブルクから韓国代表FWファン・ヒチャン(24)を獲得しているが、更なるターゲットとして以前から関心が伝えられるラシツァの獲得に本腰を入れている。 そのラシツァには2部降格の場合、1500万ユーロ(約18億円)で移籍可能な契約条項が盛り込まれていたが、先日にブレーメンが1部残留を決定したことでその条項は無効に。 現時点で他クラブがラシツァを引き抜く場合、3800万ユーロ(約46億3000万円)に設定されている契約解除金を満額支払うか、ブレーメンとの交渉の中で着地点を見いだす必要がある。 ドイツ『ビルド』が伝えるところによれば、そういった中でライプツィヒは先日、1500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1800万ユーロ(約22億円)という最初のオファーを掲示したという。 だが、1部残留決定後に「値下げの意思はない」と、スポーツ・ディレクター(SD)を務めているフランク・バウマン氏が語ったように、ブレーメンは前述のオファーを一蹴したようだ。 ただ、ブレーメンでは今季、買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したドイツ人MFレオナルド・ビッテンコート(26)と、元トルコ代表DFオメル・トプラク(30)の2選手が買い取り条件を満たしているため、およそ1050万ユーロ(約12億8000万円)といわれる移籍金を支払う必要がある。 加えて、今冬にヘルタ・ベルリンから1年半の契約でレンタル加入しているドイツ人FWダビー・ゼルケ(25)に関しても、来季に1300万ユーロ(約15億8500万円)の買い取りオプション行使義務が発生するため、キャッシュが必要となる。 ブレーメンはステップアップを望むラシツァ本人の意向もあり、基本的には同選手の売却を今夏の構想に組み込んでいるが、前述の事情もあり、あくまで安売りは避けたい構えだ。したがって、今後の交渉は長期化する可能性が高いかもしれない。 2020.07.14 20:38 Tue
twitterfacebook
thumb

来季は日本人と同僚に? アーセナルDFマヴロパノスの行き先はドイツが濃厚

アーセナルの元U-21ギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノス(22)を巡る獲得レースが激化しているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 2018年1月にギリシャのPASヤニナから完全移籍で加入したマヴロパノス。今シーズンはヨーロパリーグで1試合に出場するも、大半をU-23チームで過ごしており、1月にブンデスリーガ2部のニュルンベルクへとレンタル移籍していた。 ニュルンベルクではセンターバックとして主力を担い、ブンデスリーガ2部で11試合に出場。レンタル期間終了でアーセナルへと復帰していた。 現在のアーセナルにはセンターバックが6名おり、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、元ブラジル代表DFダビド・ルイス、元ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ、スペイン人DFパブロ・マリ、イングランド人DFロブ・ホールディング、DFカラム・チャンバースが居る。また、サンテチェンヌへとレンタル移籍していたU-21フランス代表DFウィリアム・サリバも復帰が決定しており、現段階で8名が来シーズンのポジションを争うこととなる。 アーセナルには、レンタル移籍でのオファーが来ているとのこと。その筆頭はブンデスリーガの残留を決めたブレーメンとのこと。一方で、来シーズンからブンデスリーガに昇格するシュツットガルトも熱心に狙っているとのことだ。 シュツットガルトのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるのは、アーセナルにマヴロパノスを連れて来たスヴェン・ミスリンタート氏であり、シュツットガルト行きの可能性も高いようだ。 最近のアーセナルは、ドイツへ若手選手を武者修行に出す傾向が強く、FW レイス・ネルソン(ホッフェンハイム)やMFエミール・スミス=ロウ(RBライプツィヒ)などの成功例もある。 センターバック人事は以前から注目を集めているアーセナル。来シーズンはどのような顔ぶれになるのだろうか。 2020.07.14 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ペップが引退ピサーロにコメント「監督としてフットボール界に残ってほしい」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(41)の引退にコメントした。 両者はバイエルンで2シーズンの間共闘。ピサーロは2013-14シーズンに公式戦26試合、14-15シーズンには同17試合に出場した。 以前、ピサーロに「今までで最高の監督」と称賛されたグアルディオラ監督がわずか8歳差の教え子の引退にコメント。指導した当時はすでに35歳と全盛期を過ぎていたことを指揮官は惜しんでいたようだ。 「彼が24歳か25歳の時に会いたかったよ」 「彼は私が見てきた中で最も優れたフィニッシャーの1人だった。ボックス内だけでなく深く下がった位置でも上手かった」 「スタイルはカリム・ベンゼマに似ているかな。でも彼は人間としても素晴らしかった」 「41歳は引退に適した年齢だと思う。フットボールはクラウディオのような人物を必要としている。願わくば監督として続けていって欲しい」 2020.07.08 17:18 Wed
twitterfacebook
thumb

コーフェルト監督が引退のピサーロに謝罪と賛辞「ここ数十年のブレーメンにはいつも同じ笑顔があった」

今シーズン終了を以って現役を引退した元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(41)。ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は、最後の試合となったハイデンハイムとのプレーオフ2ndレグで出場のチャンスを与えられなかったことを謝罪するとともに、その功績を手放しで称えた。 6日に行われた当試合。今季のブンデスリーガ1部を16位で終えたブレーメンは、2部で3位となったハイデンハイムと昇格と降格をかけて対戦。ホームで行われた1stレグを0-0で引き分けていたブレーメンは2-2で試合を終え、アウェイゴール差で残留を決めた。 だがこの2試合で今季限りでの引退を表明していたピサーロに出番がなかったことをコーフェルト監督は謝罪。その感情を試合後本人に伝えたことを明かした。 「私は試合後、彼と話して最後の試合に出場させてあげられなかったことを謝罪した。状況が許さなかったんだ」 「それでも彼は私に悪態をつくことはなく、重要なのは残留出来たことだと言ってくれた」 そのキャリアの中でバイエルンやチェルシー、ケルンでプレーしてきたピサーロだが、ブレーメンにとっては象徴と言うべき存在。2018年7月に4度目となるブレーメン加入を果たし、通算では320試合に出場。コーフェルト監督が過去の試合を見ると、そこにはいつもピサーロがいたという。 「ここ30年ほどの試合をチェックしていると、そこで笑っているのはいつも同じ顔なんだ。それは彼がブレーメンのファンに与えた喜びだ。彼がこのクラブにどれだけ重要であるか示しているんだ」 「クラウディオ・ピサーロがブレーメンやブンデスリーガのためにしてきたことに、私はいくら脱帽しても、どれだけ頭を下げようとも足りないぐらいだ」 「私は、そんな彼の最後の章をブンデスリーガで終えることが出来てとても嬉しいよ」 2020.07.08 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデス残留のブレーメン、大迫勇也も乗っていたチームバスが襲撃に遭っていた

来シーズンもブンデスリーガで戦うことが決まったブレーメンだが、試合後にバスが襲撃されていたようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ブレーメンは6日、ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグでアウェイに乗みハイデンハイムと対戦。1stレグを0-0で終えていたが、2ndレグは2-2のドローに。アウェイゴール差でブンデスリーガ残留を掴んでいた。 <div id="cws_ad">◆ブレーメン戦で魅せたノイアーのセーブ<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxZ2tJRjAwYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、試合後ハイデンハイムのサポーターが暴動を起こしていたとのこと。スタジアム周辺で暴動が起こり、ブレーメンのバスが襲撃されていたようだ。 『ビルト』によると、スタジアム周りに約150人のハイデンハイムファンが集まっていたとのこと。地元警察は「下り坂を進んでいるブレーメンのチームバスに、石や瓶が投げられた。そしてバスの窓が割れた」と発表していた。 警察はすでに関与している数人を特定。捜査は進行中とのことだ。 2020.07.07 21:45 Tue
twitterfacebook