メッシがロシアW杯以来の復帰へ! アルゼンチン代表の招集リストが判明《国際親善試合》

2019.03.02 04:46 Sat
Getty Images
今月行われるベネズエラ代表とモロッコ代表との国際親善試合に向けたアルゼンチン代表候補メンバー31名のリストが判明した。3日のアルゼンチンサッカー協会(AFA)の公式発表を前に、『Marca Claro Argentina』が招集リストを明かしている。

『Marca Claro Argentina』など複数メディアが伝えるところによれば、リオネル・スカローニ氏が正指揮官に任命されたアルゼンチンは、コパ・アメリカ本大会前最後の代表ウィークに向けてエースのFWリオネル・メッシ(バルセロナ)をロシア・ワールドカップ(W杯)以来となる招集メンバーに入れたという。
その一方で、FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスタ・シティ)、FWゴンサロ・イグアイン(チェルシー)、FWマウロ・イカルディ(インテル)ら一部主力選手がメンバー外となる予定だ。

なお、アルゼンチンは22日にマドリードでベネズエラ戦、26日にタンジェでモロッコとの親善試合を行う。

◆アルゼンチン代表候補メンバー31名(非公式)
GK
フランコ・アルマーニ(リーベル・プレート)
エステバン・アンドラーダ(ボカ・ジュニアーズ)
ヘロニモ・ルジ(レアル・ソシエダ/スペイン)
パウロ・ガッサニーガ(トッテナム/イングランド)
DF
レンソ・サラビア(ラシン・クラブ)
ワルテル・カンネマン(グレミオ/ブラジル)
リサンドロ・マルティネス(デフェンサ)
アレクサンデル・バルボサ(デフェンサ)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/オランダ)
ヘルマン・ペッゼッラ(フィオレンティーナ/イタリア)
フアン・フォイス(トッテナム/イングランド)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスタ・シティ/イングランド)
ラミロ・フネス・モリ(ビジャレアル/スペイン)
ガブリエルメルカド(セビージャ/スペイン)

MF
マティアス・サラチョ(ラシン・クラブ)
ゴンサロ・モンティエル(リーベル・プレート)
イバン・マルコーネ(ボカ・ジュニアーズ)
ゴンサロマルティネス(アトランタ・ユナイテッド/アメリカ)
レアンドロ・パレデス(パリ・サンジェルマン/フランス)
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス)
マルコス・アクーニャ(スポルティング/ポルトガル)
マヌエル・ランシーニ(ウェストハム/イングランド)
サンティアゴ・アスカシバル(シュツットガルト/ドイツ)
ジオバニ・ロ・セルソ(ベティス/スペイン)
ロドリゴ・デ・パウル(ウディネーゼ/イタリア)
エリク・ラメラ (トッテナム/イングランド)

FW
リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)
パウロ・ディバラ(ユベントス/イタリア)
ラウタロ・マルティネス(インテル/イタリア)
ジオバンニ・シメオネ(フィオレンティーナ/イタリア)
ダリオ・ベネデット(ボカ・ジュニアーズ)
関連ニュース

アディダスの大人気スニーカー「サンバ」のメッシモデルが登場!日本での販売は現時点で未定…

アディダスの大人気スニーカー「SAMBA (サンバ)」のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(インテル・マイアミ)モデルが海外で登場している。 アディダスと生涯契約を結んでいるメッシ。これまでにはスパイクなど数多くのメッシモデルのアイテムが展開されてきた。 今回新たに登場したアイテムは、メッシモデルのスニーカー。それもここ数年ファッション界で大きな注目を集めているモデル「サンバ」だ。 元々フットボールシューズとして誕生したサンバだが、細身で合わせやすくレトロな印象のデザインがファッショニスタたちに受け入れられ、ここ数年は入手が困難なほど品薄に。2023年12月に再入荷した際にはニュースになるほどの話題となっていた。 今回はそのサンバをアルゼンチンカラーで表現。2種類が展開されており、白をベースとしつつ水色をアクセントに用いているモデルと、パープルをアクセントに用いている2つのモデルが展開されている。 アッパーはレザーでつま先の部分はスウェード素材に切り替わっているほかシュータンやアッパーのサイドにはメッシのシグネチャーロゴがあしらわれているのも特徴的だ。 ユニフォームなどのギアの情報を扱う『Footy Headlines』によると、メッシモデルのサンバは20日から海外で販売が開始されているとのこと。日本での販売は現時点で未定だ。 <span class="paragraph-title">【写真】大人気スニーカー「サンバ」のメッシモデル(ホワイト/ブルーのモデル)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">First Look: The Messi adidas Samba <a href="https://t.co/9HdEP6EU7X">pic.twitter.com/9HdEP6EU7X</a></p>&mdash; The Sole Supplier (@thesolesupplier) <a href="https://twitter.com/thesolesupplier/status/1759878735820370179?ref_src=twsrc%5Etfw">February 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.21 19:30 Wed

「全く真実ではない」香港で大炎上のメッシ、虚偽の報道に反論のメッセージ動画…「政治的な理由」での欠場はフェイク

インテル・マイアミのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、香港での騒動について改めて説明。フェイクニュースに騙されないようにしてほしいと訴えた。 インテル・マイアミはメジャーリーグ・サッカー(MLS)の開幕に向けてアジアでのプレシーズンツアーを開催。サウジアラビアでは、アル・ヒラルとアル・ナスル、香港では香港選抜チーム、そして日本ではヴィッセル神戸と対戦した。 メッシだけではなく、バルセロナでプレーしていた元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ、スペイン代表DFジョルディ・アルバ、そして今季から加入したウルグアイ代表FWルイス・スアレスと豪華なメンバーを見られると、各地では大盛況となった。 しかし、メッシはアル・ヒラル戦で内転筋に違和感を覚えると、アル・ナスル戦では状態を確かめるために出場。しかし、香港戦ではベンチに座ったままであり、プレーする姿を大勢のファンは見られず。さらに、挨拶すらしないということで、大きな怒りを買っていた。 さらに、その後訪れた日本では30分間プレーし観客を沸かせることに。これが火に油を注ぐ形となってしまい、主催者のテトラーはチケット代の半分を補填する措置をとるとしていた。 ただ、これだけで騒動は収まらず、3月に中国で予定されていたアルゼンチン代表の2試合が中止になったことが発表され、再び燃えがっていた。 その理由は「政治的なもの」とされていたが、香港『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』が、メッシが中国のSNS「Weibo(ウェイボー)」に動画をアップしたことを伝え、虚偽の情報に惑わされないことを訴えた。 メッシはおよそ2分間の動画をアップ「香港での試合後に多くの話を聞き、目にした。誰もが、偽りのストーリーを読み続けないように、ビデオで皆さんに真実を伝えたかった」と語った。 「皆さんが知っているように、僕はいつだって全ての試合に出場したいと思っている」 「多くの人は、僕が政治的な理由や他の多くの理由で試合に出たくなかったと言っているが、全く真実ではない。そうであれば、日本や中国に行くことはなかっただろう」 メッシはすでに内転筋の問題があったためにプレーできなかったことを表明し、ファン・サポーターに謝罪もしていた。 さらに「キャリアをスタートさせて以来、僕は中国と非常に近く、特別な関係を持っていた」とコメント。関係性には問題がなかったとしている。 世界的に注目を集めるスーパースター。謂れのない理由で悪者扱いされているが、より中国から遠ざけることにならないことを願うばかりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシが神戸戦後にユニフォームを渡した相手は?!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ar" dir="rtl"></a></p>&mdash; Messi World (@M10GOAT) <a href="https://twitter.com/M10GOAT/status/1755204073349865549?ref_src=twsrc%5Etfw">February 7, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.20 11:30 Tue

アルゼンチン代表指揮官は将来的なMLS挑戦に前向き…「成長中のリーグで、今後も成長し続ける」

アルゼンチン代表を率いるリオネル・スカローニ監督が、将来的なメジャーリーグ・サッカー(MLS)での指揮に興味を示している。『ESPN』が伝えている。 2018年8月からアルゼンチンを率いるスカローニ監督。2021年にコパ・アメリカ、2022年にフィナリッシマやカタール・ワールドカップ(W杯)を制するなど成功を収め、昨年9月から始まった2026年北中米ワールドカップ(W杯)南米予選も、5勝1敗の成績で首位に立っている。 しかし、昨年11月に行われた南米予選のブラジル代表戦後に「ハードルは非常に高く、継続するのは難しい」、「考えるべき時が来た。会長に伝え、その後に選手たちにも伝えるつもりだ。この代表チームにはできるだけ多くのエネルギーを持つ、元気な監督が必要だからだ」と退任をほのめかしていた。 現状では少なくともコパ・アメリカ2024までチームを率いる予定だが、以降の去就に関しては未だ不透明な状況にある。 そういったなか、外国人指揮官の到着がリーグを「豊かにした」とMLSの現状について見解を示したアルゼンチン人指揮官は、将来的に同リーグで指揮を執る可能性を問われると、「イエスだ、そうしよう。私は昔から挑戦するのが好きで、挑戦はいつでも大歓迎だ」と、前向きな姿勢を示す。 「非常にヨーロッパ的なやり方でプレーするチームがあり、それがリーグを競争力のあるものにしている。そして、ラテンの伝統を今でもより多く残しているチームもある」 また、MLSではアルゼンチン代表のエースであるリオネル・メッシがインテル・マイアミで、今後のチームを背負うことが期待されるティアゴ・アルマダがアトランタ・ユナイテッドでプレーしている。そういった意味で同リーグが今後更なる注目を浴びるリーグになると考えている。 「MLSは大幅に改善しているし、ティアゴや(FCダラスのアラン・)ベラスコ、そして他の多くのプレーヤーの場合のように、多くの才能を持った、大きな可能性を秘めた若いプレーヤーに注目され始めている」 「それは成長中のリーグであり、今後も成長し続けるはずだ」 2024.02.14 22:56 Wed

W杯予選3連敗&五輪予選敗退…低迷するブラジル代表、アルゼンチンからも嘆きの声「文化的な退廃だろうか」

低迷するブラジル代表。宿敵アルゼンチンにさえその惨状を嘆く声がある。 11日、U-23ブラジル代表がパリ五輪南米最終予選最終節でU-23アルゼンチン代表に敗れ、2004年アテネ大会以来となる20年ぶりの予選敗退に。リオデジャネイロ、東京に続く3大会連続金メダルの夢が潰えた。 いくら五輪がA代表のワールドカップ(W杯)とコパ・アメリカより重要度が低いといっても、『南米予選敗退』はブラジル国民にとって強烈すぎるパワーワードであり、17歳エンドリッキに頼りきった戦いを批判する論調が渦巻く。 今夏のレアル・マドリー移籍が内定しているエンドリッキと、それ以外の招集可能選手(主に国内組)でタレント力の差が途方もなく、2024年現在のブラジルは“新たな人材の輩出”という点でやや苦労している印象。しかし、苦しいのはA代表も同じだ。 21世紀最初のW杯を制してはや22年、時代のトップランナー・ネイマールがエースに君臨したブラジル代表は一度もW杯決勝まで駒を進めれず、現在進行中の2026W杯南米予選は、第6節を終えて2勝1分け3敗の10カ国中「6位」…なんと3連敗中だ。 次回から出場枠が増えるために、6位のままでも本大会へ進めるわけだが、ひとえに「ブラジルが10カ国中6位」「南米で3連敗」という事実が信じ難い。そんな惨状について、永遠のライバル・アルゼンチンからも嘆く声が上がる。 アルゼンチン『DSports』の取材でブラジル代表についてコメントしたのは、1978年の母国開催W杯でアルゼンチン代表を初優勝に導いた伝説的名将、セサール・ルイス・メノッティ氏。ブラジルサッカーをお手本に指導者として大成した人物として知られ、過去に何度もブラジル代表へのリスペクトを公言してきた御年85歳の長老だ。 「懐かしい話になるが、1970年のメキシコW杯でブラジル代表に同行(※1)し、ともに素晴らしい時間を過ごさせてもらった…現在のブラジルサッカーに何が起きているのか…私は恥ずかしい」 (※1)アルゼンチン代表は出場せず メノッティ氏は現役時代にブラジルの名門サントスでプレーし、「マラドーナよりペレが遥かに上」と一貫主張してきたことでも知られる。昨年のU-20W杯でブラジルがイスラエルに敗れたことにも触れ、「文化的な退廃に襲われているのだろうか」と代表チームの低迷を嘆いた。 クラブレベルでは、アルゼンチン勢を差し置いて2019年から5年連続でコパ・リベルタドーレス王者を出しているブラジルだが、A代表は昨年11月に聖地マラカナンでアルゼンチンに敗れ、U-23もアルゼンチンに敗れて五輪予選敗退…両国を愛すメノッティ氏は複雑な思いなのだ。 U-23代表はパリ五輪へ向かえずも、A代表は今年中に挽回のチャンス。W杯予選はもちろん、今夏はコパ・アメリカが開催される。王国の意地をぶつけるにはこの上ない舞台だ。 2024.02.13 16:10 Tue

パリ五輪出場のアルゼンチン、OA枠にメッシ&ディ・マリアを招へいか…マスチェラーノ監督「彼らを招待する権利がある」

U-23アルゼンチン代表を率いるハビエル・マスチェラーノ監督が、今夏に行われるパリ・オリンピック(五輪)のオーバーエイジ枠にビッグネームの招へいを考えているようだ。フランス『フットメルカート』が報じた。 アルゼンチン代表は11日に行われたパリ・オリンピック南米予選決勝リーグ第3節でU-23ブラジル代表に1-0で勝利し、3大会連続10度目の本大会行きの切符を掴み取った。 そのアルゼンチンは4大会ぶりを優勝を目指すなかでオーバーエイジ枠を利用して、2008年の北京大会で金メダル獲得に貢献したインテル・マイアミのFWリオネル・メッシとベンフィカのMFアンヘル・ディ・マリアを招集しようとしているようだ。 同メディアによれば、以前からマスチェラーノ監督はメッシとディ・マリアの招へいを希望しており、出場権を獲得したブラジル戦のインタビューで「彼らがどうするかは、彼らに決める権利がある。私には彼らを招待する権利がある。しかし、彼らを招へいできるかどうかは、まだわからないね」とコメントしていた。 なお、今夏にはコパ・アメリカも行われるが、開催期間は7月14日までとなっており、7月24日から始まるパリ・オリンピックのサッカー競技とは被っていないが、果たしてどうなるだろうか。 2024.02.13 00:01 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly