キャラにも注目の大分FW三平和司、目標は「ゴールとアシストを足して10」2019.02.14 20:48 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。J1への復帰を果たした大分トリニータからはFW三平和司が出席。久々のJ1に「ワクワク、ドキドキ」と心境を語り、自身のキャラクターについても「ブレちゃいけない」とコメント。チームとしては「J1に定着したい」と目標を語った。

◆FW三平和司(大分トリニータ)

──J1に昇格したシーズンですが、目標は
「意気込みとしてはJ1に定着したいなと思いますし、自分たちのサッカーをみなさんに早く見せたいと思います。個人的には凄く楽しみという気持ちがあって、ワクワク、ドキドキしています」

──湘南ベルマーレ時代以来のJ1だと思いますが
「戻って来たという意識はあまりないですが、やっとJ1でプレーできるという感じですね。大学時代に一緒にプレーしていた選手もJ1で活躍していますし、凄く羨ましかったので、そこにやっと来れたなという感じです」

──昨シーズンは三平選手のキャラクターも注目されましたが、そこは変わらずにやっていきますか
「そうですね。そこは、ブレちゃいけないところですね(真顔)」

──チームとしては新しい選手が多く加入していますが、感触はいかがですか
「だいぶ浸透して来ていると思います。でも、不安なのは、ティティパンに早く日本語を覚えて欲しいということです」

──コミュニケーションの部分は大事ですか
「プレーに関しては、みんなもう認めていると思うので、あとはコミュニケーションを試合中に取れるぐらい喋れる様になって欲しいです」

──J1で戦う上では昨シーズンとは大きく変わると思いますが
「自分たちのサッカーがどれだけ通用するか分からないですが、1年間ブレずにやっていくことが大事だと思います。そこに対してはある程度のクオリティを上げなくてはいけないと思います」

──特に攻撃面が特徴的でしたが、そこのクオリティも大事だと考えますか
「やっぱりクオリティを上げなくては、なかなか難しいと思います。ゴール前でのクオリティを上げないと、昨シーズンの様に得点はたくさん取れないと思います」

──鹿島アントラーズが開幕戦の相手ですが
「本当に良い相手と開幕でできますし、注目度も高く、色々な人が見ると思います。そこで、大分のサッカーを面白いと思わせたいです」

──ホームの開幕戦は昨シーズンも戦った松本山雅FCですが、意識する部分も多いかと思いますが
「ホーム開幕戦なので、大事ですし、勝ちたいですけど、昨シーズンは松本に2勝しているので、松本の方が負けたくないと思っていると思います。そこをなんとか跳ね返して、自分たちが勝ちたいです」

──今シーズンの個人の目標はありますか
「個人的な目標は得点とアシストを足して10ですね。昨シーズンもそれは言いましたが、目標として頑張りたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

逆境にめげずのG大阪がヤット弾で連敗ストップ! 後半失速の大分は連勝ならず《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節が20日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪vs大分トリニータは1-1のドローに終わった。 3連敗中のG大阪は3バックを初使用。先発メンバーにおいても、負傷欠場の藤春やファン・ウィジョ、アデミウソン、小野瀬に代わり、菅沼や渡邉、田中、藤本淳吾を抜擢した。2連勝中の大分は、三平と星に代えて、高山とオナイウ阿道をスタメン起用した。 互いに立ち上がりから探り合いの様相を呈した試合は、大分がボールの主導権を握り、G大阪が守備に重きを置く構図に。そのなかで、21分、シーズン初先発だった渡邉が相手との交錯により、ファン・ウィジョとの負傷交代を余儀なくされてしまう。 そのわずか4分後、G大阪に不運が重なる。松本が右サイドからゴール前に上げたクロスをGK東口が弾き出すと、オナイウ阿道の左肩付近にディフレクトしたボールがゴールマウスへ。左腕に当たったようにも見えたが、G大阪陣営の猛抗議も実らず、大分が先制する。 ラッキーな形だが、オナイウ阿道の2試合連続ゴールで先制点を奪い取り、より勢いづく大分。その攻撃を凌ぎながら反撃に出たG大阪だったが、相手の勢いを削ぐようなボール回しにもリズムを狂わされ、アタッキングサードでシュートの形もままならない。 追うG大阪はハーフタイム明け、移籍後初先発だった田中を下げてアデミウソンを送り込み、布陣も従来の4バックに。前半と打って変わり、入りからアグレッシブな入りをみせると、59分に小野瀬も送り出して、より大分を守備に走らせる展開に持ち込む。 波状攻撃を転じるG大阪はファン・ウィジョのシュートが右ポストに嫌われる不運もあったが、71分にバイタルエリア中央でクリアボールに反応した遠藤が右足シュート。鈴木に当たったボールがGKの逆を突き、ゴールマウスに吸い込まれ、G大阪が遂に追いつく。 遠藤にシーズン初ゴールを許した大分は76分、オナイウ阿道を下げて後藤を投入。この交代策後、相手のプレッシャーが弱まったことでリズムを取り戻し始め、83分にボックス中央の後藤がヘディングシュートで勝ち越しゴールを狙うが、枠の上に外れてしまう。 その後、残る交代カードで三竿と小手川を送り出した大分が上位を追走すべく勝ち点3を目指したが、後半に意地をみせたG大阪が凌ぎ切り、連敗を「3」でストップ。大分は連勝が「2」で止まった。 2019.04.20 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

大分、羽田健人の来季加入内定を発表 関西大学の184cmDF

大分トリニータは19日、関西大学に在学するDF羽田健人(21)の来シーズン加入内定を発表した。 羽田は身長184cm、体重80kgのDF。体格を生かした空中戦と対人の強さ、相手の動きを予測し た攻撃の芽を摘む守備能力に長け、フィードや積極的な攻撃参加も得意とする。来季加入を受け、次のようにコメントしている。 「来季から大分トリニータに加入することになりました関西大学の羽田健人です。プロサッカー選手としてのキャリアを大分トリニータという素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います。これまでお世話になった全ての方々に感謝し、プレーで恩返しできるよう日々精進していきます。1日でも早く大分トリニータの力になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 なお、羽田は今シーズンの特別指定選手申請も完了。背番号「49」を着用する。 2019.04.19 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

岩田弾にオナイウ移籍後初ゴール! 大分、今季2度目の連勝で3位浮上!《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節の大分トリニータvsベガルタ仙台が14日に昭和電工ドーム大分で行われ、2-0で大分が勝利した。 ここまで4勝2敗で5位につける大分(勝ち点12)と、1勝1分け6敗で16位につける仙台(勝ち点4)の一戦。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を2-1で勝利した大分は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。ティティパンに代えて島川が移籍後初先発を飾った。 一方、前節のサガン鳥栖戦を3-0で勝利し、初白星を手にした仙台は、その一戦と同様の先発メンバーを送り出した。 試合は序盤から好調の大分が果敢に敵陣へと攻め入る。6分にはこの試合が移籍後リーグ戦初出場の味方のパスに反応し、ボックス右から惜しいクロスを送るなど、積極的な姿勢を見せる。 大分はその後、2・3月度のJ1月間MVPを獲得した藤本が厳しいマークに遭い、なかなかシュートチャンスを迎えることができない。一方の仙台は、徐々に敵陣への侵攻回数を増加させるが、相手のシュートブロックに悩まされ、ゴールを脅かすことができない。 我慢の時間が続く両者。すると大分は33分、縦パスを受けた三平がボックス右手前から右足を振り抜く。グラウンダーのシュートは対峙した相手DFの股を抜けてゴール方向へ飛ぶも、わずかにゴール左外に外れた。 対する仙台は43分、相手のミスから先制のチャンス。バックパスを受けたGK高木のパスをボックス手前でカットしたジャーメイン良がシュートを放つが、GK高木のブロックに阻まれる。さらにこぼれ球をハモン・ロペスが詰めるが、再びGK高木に阻まれてゴールネットを揺らすことができない。 ゴールレスを折り返した迎えた後半開始直後、ホームの大分が先制に成功する。47分、岩田が中盤で相手からボールを奪うと、右サイドにパスを出し、自身はボックス右へ。パスを受けた三平の右サイド深い位置からのクロスを相手に阻まれるも、走り込んでいた岩田が回収してゴールに蹴り込んだ。 先制した大分はその後、仙台の反撃に苦しめられるも後半半ばから再び攻勢に。再び流れを引き寄せるべく、61分に三平に代えてオナイウを投入すると68分、右サイドでパスをボックス右で受けた途中出場のオナイウがワンタッチで縦に持ち込み、右足を振り抜く。これが枠を捉えるも、GKシュミット・ダニエルにパンチングで防がれる。 苦しい展開を強いられる仙台。73分、敵陣中央で石原が厳しいチェックからボールを奪うと、ルーズボールを拾ったハモン・ロペスがボックス手前から左足で強烈なシュートを放つ。しかし、ここはGK高木が立ちはだかり、同点ゴールを決めることができない。 GK高木を中心とした集中したディフェンスで仙台の反撃を抑える大分。迎えた77分に追加点が生まれる。後方からの連動したビルドアップで仙台の陣形を前掛かりにさせると、すかさず縦パス。ハーフウェイライン付近で受けた途中出場のオナイウがスルーパスでさらに前線へ繋ぎ、ボックス左に抜け出した藤本がタメを作ってボックス内へ折り返す。最後はパスを出した直後に走り込んでいたオナイウが仕留めた。 試合を2-0とした大分はその後、最後まで攻勢を続けて試合終了。岩田とオナイウのゴールで勝利した大分が今シーズン2度目の連勝を飾った。 2019.04.14 18:02 Sun
twitterfacebook
thumb

5発の大分FW藤本憲明が初受賞! J2は琉球FW鈴木孝司、J3はC大阪U-23のFW山田寛人《KONAMI月間MVP》

Jリーグは11日、2月・3月度の「2019明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」として、J1では大分トリニータのFW藤本憲明、J2ではFC琉球のFW鈴木孝司、J3リーグではセレッソ大阪U-23のFW山田寛人を選出した。 同賞はYBCルヴァンカップを除く、各月のリーグ戦を対象に選考委員会による選考の上、最も活躍した選手に与えられる。受賞選手には、クリスタルトロフィーの他、J1選手には30万円、J2選手には20万円、J3選手には10万円が授与される。 藤本は2月から3月まで行われたJ1開幕節からJ1第5節の全試合に出場。その間、5ゴールを決めて、J1昇格初年度を戦うチームの好スタートに貢献した。藤本のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FW藤本憲明(大分トリニータ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190411_30_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 「いつも応援してくださっている皆さんにとても感謝しています。2,3月の明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVPの受賞は、チームメイト、スタッフ、サポーター、家族、たくさんの支えがあって受賞することができました。これからも現状に満足することなく、継続+レベルアップできるように、そして日々無駄にしないように結果を残し続けていきたいと思います。LOVE TRINITA」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆原博実委員 「JFL、J3、J2、J1とステップアップしてきた苦労人。ゴール前でのポジション取りのたくみさ、多彩なシュートの種類。何より決定力が素晴らしい」 ◆柱谷幸一委員 「昇格チームの大分で、2・3月J1最多得点の5得点を決めた決定力」 ◆北條聡委員 「大分躍進の動力源。決め手抜群。鹿島、横浜FMの強豪から各2得点も見事」 ◆寺嶋朋也委員 「自身J1初挑戦ながら、開幕5試合で5得点。昇格1年目のチームの快進撃をエースとして牽引した」 鈴木は2月から3月まで行われた6試合で大量8ゴールを記録。J2初挑戦のクラブを上位争いに導くと共に、自身もここまで得点ランキング1位につけている。鈴木のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FW鈴木孝司(FC琉球)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190411_30_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 「この度2月、3月のJ2月間MVPを受賞することができ、とても光栄に思います。そして監督、スタッフ、チームのみんなに感謝しています。これからも多くのゴールでチームに勢いと勝利をもたらせる様に、楽しみながらプレーしていきたいと思います。ファンサポーターの方々、引き続き応援よろしくお願いします!」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆原博実委員 「チームの快進撃を支える得点源。8得点が素晴らしい」 ◆柱谷幸一委員 「昇格チームでの8得点」 ◆福西崇史委員 「得点もさることながら攻撃の起点」 ◆北條聡委員 「目の覚めるゴールラッシュ。琉球快進撃の象徴。コンスタントな得点力も◎。特筆すべきプレーは活躍を予感させる開幕戦の2ゴール。特に先制点のループは見事だった」 ◆寺嶋朋也委員 「高い決定力を見せつけ、6試合8ゴールと文句なしの活躍。琉球快進撃の立役者であり、移籍1年目ながらすでに欠かせぬエースとなっている」 山田は3月に行われた4試合で4ゴール1アシストを記録。チームの3位躍進に貢献している。山田のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FW山田寛人(セレッソ大阪U-23)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190411_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE<hr></div> 「この賞をいただけたのは、チームメイトはもちろん、スタッフやサポーターの皆様のおかげだと思い、とても感謝しています。開幕からディフェンスラインがU-18の選手で試合に挑むことが多く、彼らも初の舞台で緊張してる中、自分がFWとしてチームをどれだけ助けれるかが大事だと思っていたので、その結果がこの賞に繋がって大変嬉しく思います」 「そして、自分自身2月にブラジルに短期留学し、良い経験ができた反面、苦しい時期でもありました。それを乗り越えてこのような賞をいただけたことで、ブラジルに行った意味と自信に繋がったことを改めて感じることができました。シーズンも始まったばかりですし、今回の受賞に満足せず少しでも上の順位で終われるように、そして個人としてはJ3得点王やJ1の舞台で多くプレーできるように頑張ります。これからも引き続き応援よろしくお願いします」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆原博実委員 「得点力が高まっている。更なる成長に期待」 ◆柱谷幸一委員 「2・3月の得点ランキング1位を評価」 ◆福西崇史委員 「得点力を評価」 ◆北條聡委員 「J3レベル超越の技術と得点センス。フィニッシュの形も多彩だった。特筆すべきプレーは、第4節(vs藤枝)の先制点。ワンタッチパスへの反応の鋭さ、浮き球処理も見事だった」 ◆寺嶋朋也委員 「昨季は怪我もあり苦しんだが、今季は開幕から出場機会をつかみ4試合で4ゴールを記録。万能型のストライカーで、攻撃の起点となるプレーや守備などゴール以外でもチームに貢献している。チームはいまだ無敗で2位と快進撃を続けている」 2019.04.11 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

エース藤本が開幕6試合で6発目! 大分、札幌破り2試合ぶり白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第6節が6日に札幌ドームで行われ、大分トリニータが北海道コンサドーレ札幌に2-1で勝利した。 ここ2試合計7失点で2連敗中の札幌は前節の名古屋戦から先発1名を変更。今シーズン加入の中野が移籍後初先発を果たした。 対する大分も前節の広島戦を黒星。2試合ぶりの勝利を睨む今節に向けては、三平が今シーズン初の先発メンバーに名を連ねた。 試合は開始早々の2分に動く。ボックス右の小塚が供給したクロスに逆サイドで反応の星が折り返すと、中央の藤本が左足ワンタッチ。これが決まり、大分が先制する。 早々失点の札幌は反撃を試みるが、先制点の藤本が26分にボックス右に侵攻した松本の折り返しに反応。これが宮澤のオウンゴールを誘い、大分が札幌を引き離す。 エースのシーズン6発目を含む2得点演出の活躍で優勢の大分。迎えた後半、2点を追う札幌の攻勢を受けるが、際で身体を張った守備で凌ぎ続け、ゴールを許さない。 まず1点を返したい札幌は後半頭の荒野とキム・ミンテの交代に続き、59分に菅を下げてルーカス・フェルナンデスを投入。だが、局面での一手を欠き、ゴールが遠い。 それでも、後半の入りからペースを握る札幌は69分、ボックス左から中野がクロス。反応した鈴木武蔵のチャージが鈴木義宜のオウンゴールを誘い、札幌が1点を返す。 守勢の大分は61分の三平とオナイウ阿道の交代に続いて、71分にティティパンから丸谷にスイッチ。だが、札幌の攻めに追われる時間が長く、攻め切れない。 1点を返した勢いそのままに同点を目指して攻め続けた札幌だが、大分守備網の前に追いつけず、試合終了。凌ぎ切った大分が2試合ぶりの白星を手にした。 2019.04.06 14:56 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース