大分が大阪産業大学GK濵田太郎の加入内定を発表、関西2部で優勝しベストイレブンに

2022.01.12 14:07 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大分トリニータは12日、大阪産業大学のGK濵田太郎(21)の加入内定を発表した。

濵田は和歌山県出身で、初芝橋本高校から大阪産業大学へと進学した。

2021年度の関西学生サッカーリーグ2部では、チームは見事優勝。正守護神としてプレーした濵田はリーrぐの優秀選手賞を受賞し、ベストイレブンに選出されていた。

大分は「⾧い手足を生かしたシュートストップとハイボールの処理に安定感があるGK」と濵田の特徴を紹介している。

濵田はクラブを通じてコメントしている。

「2022シーズンより大分トリニータに加入することになりました、大阪産業大学の濵田太郎です。プロキャリアを大分トリニータという歴史ある素晴らしいクラブで始められることを大変嬉しく思います」

「自分の特徴である、セービング、ロングフィードを生かし、1日でも早く試合に出て、大分トリニータに関わる全ての方々に勇気や感動を与えられる選手になりたいと思います」

「大分トリニータに関わる全ての方々、ファン、サポーターの皆様よろしくお願いします!」

関連ニュース
thumb

大分が保田堅心&佐藤丈晟の来季トップ昇格を決定 今季ともに2種登録

大分トリニータは7日、同クラブU-18に所属するMF保田堅心(17)とMF佐藤丈晟(17)の来季トップチーム昇格決定を発表した。 両選手は今季から2種登録選手としてトップチーム入り。ここまでは保田が公式戦7試合、佐藤が4試合(1得点)に出場している。 シーズン中でのトップチーム昇格決定を受け、2選手はそれぞれ喜びの思いとともに決意を語っている。 ◆保田堅心 「小さい頃からの目標であるプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。これまで育ててくれた両親をはじめ、支えてくださったたくさんの方々へ感謝の気持ちでいっぱいです。しかし、ここがゴールではないのでここから大分トリニータを代表する選手になれるよう感謝の気持ちを忘れず謙虚に努力していきます。たくさんの人にサッカーを通じて感動と勇気を与えられるよう、大分トリニータのために全力で戦います。応援よろしくお願いします」 ◆佐藤丈晟 「トップチーム昇格できてとても嬉しいです。一人の力ではなく、家族や、小学校の頃から教えてくれたコーチ陣、周りの人々が支えてくれたから諦めずここまで来れたと思います。でも、自分に足りないプレーはたくさんあります。トップチーム昇格で満足せずもっと練習して、これからの試合に絡めるように頑張っていきます」 2022.07.07 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

小川航基4戦連発の横浜FCが首位堅持! 新潟&仙台も勝利、カリーレ新体制の長崎が白星発進【明治安田J2第24節】

2日、明治安田生命J2リーグ第24節の10試合が各地で行われた。 前節、アルビレックス新潟との首位攻防戦を制して首位に浮上した横浜FCは、アウェイで12位の水戸ホーリーホックと対戦した。 直近2連勝を含む5戦負けなしと好調を維持する首位チームだが、この試合では立ち上がりから厳しい戦いを強いられる。攻守両面でホームの水戸に圧倒されると、開始直後に山田奈央にポスト直撃のシュートを浴びるなど、防戦一方に。 守護神ブローダーセンの幾つかの好守で何とか失点を免れたが、21分には味方の負傷で急遽投入された後藤田亘輝がボックス手前右で上げたクロスを、ゴール前の木下康介に豪快に頭で合わせられる。ブローダーセンはバランスを崩したか、ボールをはじき出せずにゴールネットに吸い込まれた。 前半半ばを過ぎても厳しい戦いが続くが、31分には和田拓也が相手陣内中央高い位置での見事なインターセプトからそのままボックス内に持ち込んで冷静に左足のシュートを突き刺し、加入後初ゴールとした。これでようやくリズムが出てきたアウェイチームはイサカ・ゼインに2度の決定機が訪れるなど、押し返すことに成功したが、逆転まで持っていくことはできず。 それでも、追いついた勢い、ハーフタイムの修正で後半は自分たちの戦いを見せる横浜FCは57分、波状攻撃から齋藤功佑、中村拓海とボックス右で鮮やかな連携で局面を打開。最後は中村拓のグラウンダーの折り返しを古巣対戦の小川航基が冷静に押し込み、4戦連発となる今季15点目を奪い、試合を引っくり返した。 これで流れを掴んだ横浜FCは守備を意識しつつ、カウンターからチャンスを創出。ボックス内に抜け出した小川のシュートや途中出場の松浦に3点目のチャンスが訪れるが、決め切れず。すると、試合終了間際には水戸のセットプレーから山田にゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定に救われた。この結果、水戸とのタフなアウェイゲームを、1-2の逆転でモノにした横浜FCが3連勝で首位キープに成功した。 2位転落からのバウンスバックを図るアルビレックス新潟は、7戦未勝利で19位に沈むザスパクサツ群馬とアウェイで対戦。 試合は開始直後の3分にいきなり動く。右CKの二次攻撃から藤原奏哉が入れた左クロスをゴール前の谷口海斗がシュート。これはGKに弾かれたが、こぼれ球を本間至恩がきっちり蹴り込んだ。 さらに、畳みかけるアウェイチームは16分、右のハーフスペースに走り込んだ伊藤涼太郎が大外の藤原からの横パスをボックス右で収めると、強烈な右足のシュートをゴール左隅に突き刺した。 以降は群馬の反撃を冷静に凌ぎつつ2点リードで試合を折り返すと、後半はボールを握りつつ、前がかる相手の背後を本間らの個人技で打開。その本間や谷口に幾度かチャンスが訪れるが、決め切ることができない。それでも、攻勢を強めるホームチームの反撃をクリーンシートで凌ぎ切った新潟は、横浜FC戦の敗戦を払しょくする2-0の快勝で首位チームを1ポイント差で追走している。 また、ファビオ・カリーレ新監督の初陣となる6位のV・ファーレン長崎は、13位のヴァンフォーレ甲府のホームに乗り込み、1-0で新体制初戦を白星で飾った。 開始9分にクリスティアーノの左クロスの流れから、ボックス付近で味方の落としに反応した加藤大の鋭いシュートで先制に成功した長崎。以降はホームチームの反撃に晒され、際どいカウンターを浴びるが、ウィリアン・リラのヘディングシュートがクロスバーを叩くなど、運にも助けられる。 迎えた後半も甲府ペースで試合が進んだものの、GK富澤雅也のビッグセーブや守備陣の身体を張った守備で失点を許さない。そして、このまま序盤に奪ったゴールをクリーンシートで守り切った長崎がカリーレ新体制の初陣を飾り、4位に浮上している。 自動昇格圏の2チームを追走する第2グループでは、3位のベガルタ仙台が6位のFC町田ゼルビアとの打ち合いを2-3で制し、5試合ぶりの白星。一方、4位のファジアーノ岡山は11位のロアッソ熊本に0-2で敗れ、5位に転落している。 その他では9位の大分トリニータが7位のジェフユナイテッド千葉を相手に、呉屋大翔の2ゴールを含む見事な3連続ゴールで2点差を引っくり返す逆転勝利。絶好調の千葉に8試合ぶりの黒星を与えた。残留争い直接対決となった20位のいわてグルージャ盛岡と、21位の大宮アルディージャの一戦は、盛岡が1-0で勝利している。 ◆第24節 ▽7月2日(土) ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 1</span>-0 大宮アルディージャ 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 横浜FC</span> FC町田ゼルビア 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ベガルタ仙台</span> ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 栃木SC</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 3</span>-2 ジェフユナイテッド千葉 ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> ▽7月3日(日) 《18:00》 東京ヴェルディ vs FC琉球 2022.07.02 21:49 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台と山形のみちのくダービーはドロー! 九州ダービー制した大分が3戦ぶり白星【明治安田J2第23節】

25日、明治安田生命J2リーグ第23節の4試合が各地で行われた。 3位のベガルタ仙台と7位のモンテディオ山形がユアテックスタジアム仙台で対戦。今季2度目の“みちのくダービー”は、前回対戦で勝利したホームチームが優勢に試合を運ぶ。機動力のある2トップを使った背後を狙う攻撃から名倉巧がボックス内で決定機を迎えるが、GK後藤雅明の好守に遭う。 以降もしばらく仙台の時間帯が続いたが、山形も徐々にボールを握って相手を押し込み、鋭いクロスから際どいシーンを創出。すると、ほぼイーブンで迎えた30分過ぎにアウェイチームが先手を奪った。33分、相手陣内右サイドで得たFKの場面で、味方がゴール前に飛び出してラインを押し下げたスペースでフリーになった野田裕喜にキッカーの國分伸太郎から絶妙なボールが上がると、野田が抑えの利いた見事な右足ジャンピングボレーで合わせ、ゴール左上隅に突き刺した。 相手の見事なサインプレーに屈してビハインドを負った仙台は、その数分後にペナルティアークで得たFKの場面で、キッカーの中島元彦が鋭い直接FKを枠の左隅へ飛ばしたが、ここはGK後藤の好守に阻まれた。 山形の1点リードで折り返した試合はホームの仙台が序盤から攻勢を仕掛けていく。さらに、前回対戦で決勝点を決めた遠藤康や皆川佑介をピッチに送り込む、アプローチを変えてゴールを目指す。 山形の堅い守備をなかなか崩し切れず、連戦と30度を超える猛暑の影響でパワーダウンも見え始めたが、土壇場で試合を振り出しに戻す。85分、フォギーニョとのパス交換から左サイドの遠藤が入れた低いクロスをゴール前の皆川が左足ボレーで合わす。これはGK後藤に弾かれたが、こぼれ球に詰めた中山仁斗が前回対戦に続き古巣のゴールへ流し込んだ。 その後、両チームはダービー勝利を目指して勇敢に攻め合い、幾つか決定的なシーンを作り出すが、両GKを中心とする守備陣の粘りに遭い、1-1の痛み分けに。共にリーグ4戦未勝利と足踏みが続く。 えがお健康スタジアムで行われた9位のロアッソ熊本と12位の大分トリニータの“九州ダービー”は、アウェイの大分が1-2で勝利した。 5試合ぶりの白星を目指すホームチームと、3戦ぶりの勝利を目指すアウェイチームの一戦は、ダービーらしい白熱の展開に。立ち上がりは熊本が良い入りを見せたが、23分には左サイドから藤本一輝が右足で入れたクロスを、ファーに走り込んだ155cmの中川寛斗が頭で合わせ、大分が先制に成功する。 それでも、熊本は10分後の33分に杉山直宏の右サイドからのクロスを、髙橋利樹が飛び出したGKの寸前で打点の高いヘディングで合わせ、すぐさまスコアをタイに戻した。 1-1で折り返した後半は一進一退の攻防となったが、57分には浮き球のフィードに対してDFとうまく入れ替わった渡邉新太が、ボックス内でDF2枚に囲まれながらも鮮やかなステップから右足のシュートを突き刺し、アウェイチームが再び一歩前に出る。 以降は互いに交代カードを切っていく中、フレッシュな選手の投入で試合の流れに変化を加えようと試みる。だが、後半半ば終盤に入っても拮抗して状況が維持される。それでも、終盤の熊本の攻勢を冷静に凌ぎ切った大分がこのまま勝ち切り、ダービー勝利と共に3戦ぶりの白星を手にした。 また、共にプレーオフ圏内の4位に位置するファジアーノ岡山と、5位のV・ファーレン長崎は、それぞれ13位の水戸ホーリーホック、15位のブラウブリッツ秋田と対戦。 岡山は23分に相手のハンドで得たPKをヨルディ・バイスが決めて先制に成功。以降は危なげなく試合を進めるが、後半半ばを過ぎて相手の攻勢に晒されると、土壇場の89分にゴール前の混戦から安藤瑞季に同点ゴールを献上。さらに、試合終了間際には防戦一方を強いられたが、ラストプレーのピンチをGK堀田大暉のビッグセーブで凌ぎ、最低限の勝ち点1を奪取。 一方、リーグ戦3連勝に天皇杯でのFC東京撃破で勢いに乗る長崎は、6戦未勝利の秋田をホームで迎え撃った。前半からボールを握って攻め手を窺うが、相手の集中した守備に苦戦。後半終盤にはクリスティアーノ、ビクトル・イバルボら切り札を投入し、攻勢を仕掛けたが、最後の精度を欠いた。そして、試合は0-0のドローに終わり、原田武男暫定体制の有終の美を飾ることはできなかった。 ◆第23節 ▽6月25日(土) ベガルタ仙台 1-1 モンテディオ山形 水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山 V・ファーレン長崎 0-0 ブラウブリッツ秋田 ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 大分トリニータ</span> ▽6月26日(日) 《14:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs 東京ヴェルディ 《18:00》 栃木SC vs いわてグルージャ盛岡 横浜FC vs アルビレックス新潟 徳島ヴォルティス vs ザスパクサツ群馬 《18:30》 FC琉球 vs FC町田ゼルビア 《19:00》 大宮アルディージャ vs ツエーゲン金沢 レノファ山口FC vs ヴァンフォーレ甲府 2022.06.25 21:06 Sat
twitterfacebook
thumb

大分にケガ人相次ぐ…羽田健人が練習中に右大腿二頭筋肉離れ

大分トリニータは23日、DF羽田健人のケガ状況を報告した。 羽田は21日の練習中に負傷して大分市内の病院で検査を受け、右大腿二頭筋の肉離れと診断。全治については明らかにされず、経過を見つつ、リハビリを始めるという。 今季はここまで明治安田生命J2リーグ7試合、ルヴァンカップ5試合に出場。大分は先日にMFペレイラの右大腿二頭筋肉離れを発表しており、負傷者が相次いでいる。 2022.06.23 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

大分の主力CBペレイラが栃木戦で右大腿二頭筋の肉離れ…全治未公表

大分トリニータは21日、MFペレイラのケガ状況を報告した。 18日に敵地で行われた明治安田生命J2リーグ第22節の栃木SC戦も先発したペレイラだが、24分にピッチを後に。大分市内の病院で右大腿二頭筋の肉離れと診断され、現時点で全治未公表ながら経過を見つつ、リハビリを始める予定だという。 昨年に続いて、今年もゴイアニエンセからのレンタルプレーヤーとして大分に所属するペレイラは登録こそMFだが、センターバックの一角としてレギュラーに君臨。今季はここまでJ2リーグ開幕から全22試合に先発して2得点だった。 1年でのJ1リーグ昇格を期す大分は22試合を消化して7勝8分け7敗の12位に位置。ここまでの働きからしても、ペレイラの離脱は痛手となりそうだ。 2022.06.21 15:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly