琉球、大卒3選手の来季新加入を発表!

2018.12.12 17:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC琉球は12日、国士舘大学DF花房稔(22)、青山学院大学MF小泉佳穂(22)、中央大学DF内藤健太(22)が2019シーズンから新加入することを発表した。

▽東京都出身の花房は、國学院久我山高校から国士館大へ進学。同じく東京都出身の小泉は、前橋育英高校から青山学院大に進んだ。また、埼玉県出身の内藤は花房と同様に國学院久我山高を卒業し、中央大でのプレーを選んでいる。

▽新加入となる3選手は、それぞれクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。
◆DF花房稔
「FC琉球に来季加入する事になりました国士舘大学の花房稔です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手をFC琉球でスタートさせられることに嬉しく思います。今まで支えてくださった方への感謝を忘れずにチームの勝利に貢献できるよう身を粉にして日々精進していきます」

◆MF小泉佳穂
「はじめまして。この度FC琉球に加入する事となりました、小泉佳穂です。幼い頃からの憧れであったプロサッカー選手として、素晴らしいクラブで戦えることを大変嬉しく誇りに思います。1日でも早くピッチに立ちチームの勝利に貢献し、支えてくださった全ての方々に恩返しできるよう日々精進していきたいと思っています。応援宜しくお願い致します」

◆DF内藤健太
「夢であったプロサッカー選手になることができ、本当に嬉しく思います。日々感謝の気持ちを忘れず、1日でも早くJ2のピッチに立って、FC琉球の勝利に貢献できるように全力で頑張ります。応援よろしくお願い致します」

関連ニュース
thumb

琉球、今季5得点のFW野田隆之介と契約更新「優勝しかない。すぐにJ2の舞台に」

FC琉球は9日、FW野田隆之介(34)と2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 福岡県出身の野田はサガン鳥栖でプロキャリアをスタート。これまで名古屋グランパス、湘南ベルマーレ、京都サンガF.C.でプレーをし、鳥栖、湘南、京都ではJ1昇格、名古屋ではJ2降格を経験している。 琉球へは今季から加入。明治安田J2で26試合に出場して5得点を挙げたが、チームを残留へ導くことはできなかった。 野田は契約更新に際し、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「優勝しかないと思います。すぐにJ2の舞台に戻り、また強い琉球を取り戻したいです。琉球魂を宿し頑張ります。よろしくお願いします」 2022.12.09 15:44 Fri
twitterfacebook
thumb

熊本がMF大本祐槻を琉球から完全移籍で獲得、6年ぶりに大木武監督と再タッグ「今年を超える最高の1年にしましょう」

ロアッソ熊本は9日、FC琉球のMF大本祐槻(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 大本は野洲高校から阪南大学へと進学し、2017年にFC岐阜へ入団しプロキャリアをスタートした。 その後、徳島ヴォルティス、V・ファーレン長崎、アルビレックス新潟でプレー。今シーズンから琉球でプレーしていた。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで39試合1得点、天皇杯で1試合に出場し1得点を記録していた。 大本はプロ入りした岐阜時代に指導を受けた大木武監督の下で再びプレーすることに。両クラブを通じてコメントしている。 ◆ロアッソ熊本 「ロアッソ熊本を愛する全ての皆様。初めまして大本祐槻です。僕自身もロアッソ熊本の闘いぶりに勇気を与えられました。来季から自分もその一員としてロアッソ熊本の為に自分の持っている全ての力を尽くして闘います」 「また大木さんの下でもう一度プレーできる事も本当に嬉しく思います。今年を超える最高の1年にしましょう」 ◆FC琉球 「FC琉球を愛する全ての皆様。苦しんでいた自分にもう一度チャンスをくれたクラブ、最後まで諦めずに応援を続けてくれたファンサポーターの皆様の期待に応えれらなかった事を本当に申し訳なく思っています。ここで学んだ多くの事をこれからのサッカー人生に活かして成長した姿を見せられるように頑張っていきます。1年間本当にありがとうございました」 2022.12.09 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

金沢退団の高安孝幸、新天地は地元クラブの琉球に!

FC琉球は7日、ツエーゲン金沢からDF高安孝幸(21)の完全移籍加入を発表した。 高安は沖縄県生まれで、過去に琉球のU-12に在籍。2020年に興國高校から金沢でプロ入りし、1年目の明治安田生命J2リーグで33試合に出場した。 ただ、そこから出番が減っていき、今季は5試合のみのプレーに。シーズン終了後に契約満了となったが、新天地は地元クラブの琉球に決まった。 琉球を通じて「FC琉球に加入することになりました高安孝幸です。自分が小さい頃から見てきたチームでプレーできることがとても嬉しいです。チームの勝利に貢献できるようにそして、個人としてもレベルアップできるように頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントしている。 一方で、金沢側では「ツエーゲン金沢に入団して3年間プレーさせてもらい、プロとしての在り方や厳しさをこのチームでたくさん学びました。退団することになりましたが、このチームで学んだことを活かして今後も頑張っていきます。3年間応援本当にありがとうございました」と綴った。 2022.12.07 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

J3降格の琉球が10番MF富所悠と契約更新「必ず優勝します!」

FC琉球は29日、MF富所悠(32)との契約更新を発表した。 富所は小学生から東京ヴェルディの下部組織に所属。2009年にトップチームに昇格し、デビューを果たしたものの、2年目は出番がなく退団。2011年からは当時JFLのAC長野パルセイロへと完全移籍した。 長野では1年の在籍に終わると、2012年に琉球に加入。当時のJFLでプレーしチームのJリーグ昇格に貢献。J3の1年目からは主軸としてプレーすると、2018年にはチームのJ3優勝に貢献していた。 今シーズンもJ2で34試合に出場し1得点を記録。チームは最下位でJ3に降格したが、1年での復帰を目指して戦うことになる。 富所はクラブを通じ、「必ず優勝します!」と短いながらも気持ちのこもったコメントを残している。 2022.11.29 13:52 Tue
twitterfacebook
thumb

「必ず一年でJ2に戻りましょう!」琉球がMF武沢一翔と契約更新、大卒1年目から35試合に出場

FC琉球は28日、MF武沢一翔(23)との契約更新を発表した。 武沢は茨城県出身で鹿島アントラーズのジュニアユース、ユースに所属。トップチームには昇格することなく、東京学芸大学へと進学し、今シーズンからFC琉球に加入した。 プロ1年目から主力となり、今季はJ2で35試合に出場。チームはJ3降格となったが、中盤のレギュラーとして存在感を示した。 契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「来シーズンもFC琉球で闘わせていただくことになりました。昨シーズンに経験した悔しさを決して忘れることなく、その想いを原動力に変え、選手、スタッフ、ファンサポーターの皆様、そしてクラブに関わる全ての方々と共に必ず一年でJ2に戻りましょう!」 「目標がブレることはありませんが、地に足をつけて、目の前の試合、目の前の練習に100%で取り組むことをお約束します。来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!」 2022.11.28 18:04 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly