エジルは朦朧、グエンドウジは意識なし…アーセナル選手陣の“ヒッピークラック”映像が流出2018.12.07 17:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルのスター選手たちが、イギリスで問題視されている“ヒッピークラック”を楽しんでいる様子の映像が流出した。イギリス『サン』の情報を基に、イギリス『デイリー・メール』が報じている。▽“ヒッピークラック”は風船ドラッグとも呼ばれており、バルーンに入れた亜酸化窒素(笑気ガス)を吸引する行為のことを指す。亜酸化窒素には麻酔効果や陶酔効果があることが知られており、本来は手術時に恐怖心を緩和する目的で使用される。

▽しかし、安価で手に入り、依存性もなく手軽に一時的な多幸感が得られることから、イギリスの若者の間で流行。所持自体は違法ではなく、英国法では吸引の恐れがある18歳未満への販売を禁止するに留まっているが、2006年から2012年の間だけでも17人の死者が出ている社会問題だ。

▽『デイリー・メール』によると、シーズン開幕前の今年8月上旬にある一室でメスト・エジル、ピエール・エメリク・オーバメヤン、アレクサンドル・ラカゼット、マッテオ・グエンドウジが、バルーンに口を付けて亜酸化窒素を吸引。中でもグエンドウジは完全に意識を失っているように見受けられ、エジルが朦朧としている様子が、映像に捉えられている。

▽また、エジルからバルーンを手渡されたヘンリク・ムヒタリアンは受け取りを拒否しており、シュコドラン・ムスタフィ、セアド・コラシナツが吸引している様子も確認されていない。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルからユナイテッドに移籍…ファン・ペルシが当時を回想

現役を退いた元オランダ代表のロビン・ファン・ペルシ氏がアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した当時を振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ファン・ペルシは2004年から8年間にわたり、アーセナルで活躍。公式戦278試合132得点を記録した。だが、個人として得点王に輝いた2011-12シーズンも夢だったプレミアリーグが叶わず、同シーズン終了後に宿敵ユナイテッド移籍を決断。個人として2年連続のプレミアリーグ得点王に輝き、移籍初年度に悲願のリーグ優勝を経験した。 その後、フェネルバフチェを経て、キャリアスタートの地フェイエノールトに戻り、今シーズン限りで現役を引退したファン・ペルシ。イギリス『BBC』のインタビューで、当時、物議を醸したユナイテッド移籍決断の背景を語るとともに、ときを経て、アーセナルファンに感謝した。 「ファンは怒っていたと思う。あの当時(2011-12シーズン)の僕はキャプテンであり、ゴールスコアラー。そして、(プレミアリーグで)3位だった。でも、誰しもが挑戦や新たな冒険の必要性を感じるときがある」 「みんなを傷つけてしまったのなら、ごめん。でも、それが私なんだ。私があの決断を下して、私自身がそれを支持した。ただ、アーセナルのことをネガティブに見ているわけじゃない。彼らを悪く言うことは無理だ」 「彼らは美しいフットボールクラブで、私も素晴らしい時間を過ごさせてもらった。若造として加わり、大人として、より成熟した選手として旅立った。アーセナルの誰にも悪い気持ちはない。むしろ、感謝している」 2019.05.24 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、新CBにスペイン代表DFエルモソをリストアップか…移籍金は25億円

アーセナルがエスパニョールに所属するスペイン代表DFマリオ・エルモソ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じている。 レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)でプロデビューを飾ったエルモソは、バジャドリーへのレンタル移籍を経て、2017年7月にエスパニョールへ完全移籍。左利きで優れたインターセプトやカバーリング能力を武器に、今シーズンのリーガエスパニョーラ35試合に出場し、昨年11月にはスペイン代表デビューも飾っている。 今回伝えられるところによると、そのエルモソに対して、アーセナルが獲得を検討。ウナイ・エメリ監督は、ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィのパフォーマンスに満足しておらず、新たなセンターバックの獲得を希望しているようだ。 バイエルンやパリ・サンジェルマン(PSG)も獲得に興味を示している同選手の推定移籍金は1800万ポンド(約25億円)。だが、エルモソには、エスパニョール加入時に買い戻しオプションが含まれており、レアル・マドリーが600万ポンド(約8億3000万円)で連れ戻し、高値で売却する可能性があるとのことだ。 2019.05.23 18:07 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、争奪戦必至のネレスに関心か

アトレティコ・マドリーがアヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。オランダの名門でも攻撃の要として活躍し、今シーズンは公式戦50試合で12ゴール15アシストをマークした。 今回伝えられるところによれば、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)らの退団による守備陣の入れ替えの他にサイドアタッカーの獲得を望んでいる模様。そこで、コパ・アメリカのブラジル代表にも選出されたネレスに照準を定めているという。 とはいえ、ネレスにはパリ・サンジェルマン(PSG)やリバプールなどのメガクラブが挙って獲得に興味を示していると各紙は報じている。ネレスの獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.05.23 14:39 Thu
twitterfacebook
thumb

トゥベンテ、アーセナルからスペイン人CBプレゲスエロを獲得! 今季トップチームデビュー

トゥベンテは21日、アーセナルからスペイン人DFフリオ・プレゲスエロ(22)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間の契約オプション付きの2021年6月30日までの2年契約となる。 プレゲスエロは、エスパニョール、アトレティコ・マドリー、バルセロナの下部組織で育ち、2013年にアーセナルへ移籍。180cmと上背はないものの、足元の技術に長けた右利きのセンターバックは、U-18、U-21と着実にステップアップ。 故郷マジョルカへの1年間の武者修行を経た今季はプレミアリーグ2で主力を務め、昨年10月に行われたEFLカップ4回戦のブラックプール戦では待望のトップチームデビューを飾った。しかし、今年1月には今季終了までの契約でセグンダA(スペイン2部)のヒムナスティックにレンタルに出されていた。 2019.05.22 16:06 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラムジー後釜として逸材パラシオス獲得に近づく?

アーセナルがリーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の獲得レースで優位なポジションに立っているようだ。アルゼンチン『Radio Continental』が伝えている。 2015年にアルゼンチン屈指の名門リーベルでトップチームデビューを飾ったパラシオスは、足元の技術と視野の広さ、運動量、パスセンスに優れた万能型のセントラルMF。 これまで多くのビッグクラブが獲得に関心を示してきた中、一時はレアル・マドリー加入で合意報道が出ていたが、同クラブの非EU枠の問題もあって最終的に獲得を見送る形となった。 そこに新たに割って入ったのが、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後釜を探すアーセナルだという。 なお、『Radio Continental』の伝えるところによれば、現時点でパラシオスの契約解除金は2000万ユーロ(約25億円)程度となっており、資金面に余裕がないアーセナルでも十分に支払える金額のようだ。 2019.05.22 15:22 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース