【超WS選定週間ベストイレブン/J1第33節】伊東純也が意地の2アシスト!

2018.11.26 13:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第33節の9試合が24日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆寸評(所属/今シーズンの選出回数)
GK権田修一(サガン鳥栖/6回目)
▽勝負どころを好守で凌ぎきり、逆転勝利に導く。金崎とトーレスの活躍に目が行きがちだが、この男の活躍は大きかった。

DF米倉恒貴(ガンバ大阪/2回目)
▽2得点の起点になるなど攻撃面で好パフォーマンス。2戦連続の先発機会で結果を残す。

DF奈良竜樹(川崎フロンターレ/2回目)
▽谷口とともにD・オリヴェイラを封殺。出足の遅い場面も身体を投げ出して対応するなど無理の効く守備を見せた。

DF宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌/3回目)
▽読みの鋭いカバーリングでピンチの芽を摘み、攻撃の起点になる動きも披露。だいぶ相手を苦しめた。

DF大野和成(湘南ベルマーレ/初選出)
▽ビハインドのボールにしっかりと対応。最終ラインを統率しつつ、機を見た攻撃参加でも見せ場を作った。

DF藤春廣輝(ガンバ大阪/初選出)
▽持ち前のスプリント力は健在。後半になっても落ちない運動量も圧巻のひと言。

MF小林裕紀(名古屋グランパス/初選出)
▽1得点1アシスト。決して目立つプレーこそないが、泥臭い立ち回りでチームをフォロー。

MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ/3回目)
▽徐々にペースを上げていき、後半にボール奪取から2点目の起点に。中盤から攻守両面で抜群の存在感を放った。

MF小野瀬康介(ガンバ大阪/初選出)
▽ここ4試合で3ゴール目となる一発。運動量も目を見張り、攻守に活躍が際立った。

MF伊東純也(柏レイソル/4回目)
▽残留とはならなかったが、落とせない試合で2アシスト。カウンターの急先鋒として躍動した。

FWジョー(名古屋グランパス/6回目)
▽競り合いでほぼ負けず。1ゴールを決めるだけでなく、質の高いポストプレーで相手の脅威に。

関連ニュース
thumb

「みんなで新しい鹿島を創る」監督退任から一夜明け、鹿島・岩政大樹コーチが心境綴る…サポーターのコメントにも反応「大丈夫です」

鹿島アントラーズの岩政大樹コーチが、自身のツイッターを更新。心境を明かした。 鹿島は7日、レネ・ヴァイラー監督との契約を解除。ドラガン・ムルジャ コーチ、マヌエル・クレクラー フィジカルコーチも退任となった。 今シーズンから就任したヴァイラー監督だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で入国が遅れ、開幕からは岩政コーチが指揮を執ることに。ヴァイラー監督は、3月15日のYBCルヴァンカップ第1節の大分トリニータ戦から指揮し、明治安田生命J1リーグでは20試合を指揮し、9勝7分け5敗、リーグカップでは7試合で5勝1分け1敗、天皇杯では3試合で3勝を収めていた。 後半戦は7試合を戦って1勝4分け2敗、直近は無得点で2連敗、5戦未勝利と結果が出ていなかった中、「フットボールにおける現状と今後の方向性について協議した結果」契約解除となった。 小泉文明社長はリリース直後に自身のツイッターで言及。しかし、この投稿にファンは猛反発を見せ、大きく方向転換したシーズンnながら、不透明な理由での契約解除に納得がいっていないようだった。 「成績をはじめ総合的に判断、議論し合意したことであり、レネ監督のこれまでの働きに感謝しております。また、このような状況になっていることは監督だけの問題ではなく、強化部をはじめ経営側にも反省点があり改善すべきことがあります」 「今一度リーグ、天皇杯に向けて選手、チームスタッフ全員が一致団結して向かってまいります。諦めずに戦ってまいりますので、応援よろしくお願い致します」 後任監督としても候補に上がっている岩政コーチは、8日に自身のツイッターで心境を投稿。一丸となって進んでいきたいと意思を示した。 「みんなで前に進もう。みんなで新しい鹿島を創る。誰かが創ってくれるわけじゃない。みんなで」 サポーターからの「もっとサポーターと共に闘いましょう」というコメントにも「大丈夫です。そうするための変化ですし、きっとそうなりますよ」と返信するなど、一体感を強調。鹿島を知り、今季のチームも見てきた岩政コーチが指揮をするかどうかは不明だが、前に進んでいけるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【SNS】岩政コーチが監督退任から一夜明け心境綴る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">みんなで前に進もう。<br><br>みんなで新しい鹿島を創る。<br><br>誰かが創ってくれるわけじゃない。<br><br>みんなで。</p>&mdash; 岩政大樹 (@_PITCHLEVEL) <a href="https://twitter.com/_PITCHLEVEL/status/1556399897821462529?ref_src=twsrc%5Etfw">August 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.08 10:23 Mon
twitterfacebook
thumb

劇的展開に等々力熱狂! ジェジエウの99分のゴールで川崎Fが横浜FMに勝利!【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、川崎フロンターレvs横浜F・マリノスが7日に等々力陸上競技場で行われ、2-1で川崎Fが勝利した。 王者・川崎Fと、覇権奪還へ邁進する横浜FMによる今節最大の注目マッチ。 最近新型コロナウイルス蔓延に見舞われた川崎Fは、ベンチメンバー5人(うちGK3人)で臨んだ前節の浦和レッズ戦を3-1で落とし、同じくGK3人がベンチ入りした4日前のルヴァンカップでは、セレッソ大阪に試合終了間際にドローに持ち込まれた。 対する横浜FMはリーグ戦ではここ6試合で4勝2分けと好調。一方、ルヴァンカップでは疲労を考慮し戦力を落とした結果、広島に3-1で返り討ちにされた。 ルヴァンカップから中3日だが、互いにメンバーを落として臨んでいたこともあり、前節からのスタメン変更は2人ずつ。川崎Fは瀬古と遠野が外れ、山根とチャナティップ、横浜FMは松原と實藤に代わって小池龍太と藤田が起用された。 パスサッカーを信条とする両チームの対戦。まずは9分、家長のボックス左からのシュートでホームの川崎Fが相手を牽制。続く14分には、左サイドのマルシーニョの横パスをボックス手前の脇坂がダイレクトで狙うが、惜しくも左に外れた。 良い入りを見せた川崎F。25分にそのまま押し切った。谷口が最終ラインから右サイドへロングボールを送ると、山根はこれをダイレクトで折り返す。最後はゴール前でワンバウンドしたボールをレアンドロ・ダミアンが上手く頭で押し込み、J1通算50得点目とした。 飲水タイムを挟んで再開された直後、横浜FMにアクシデント。レアンドロ・ダミアンと接触した西村が右足を痛めて負傷交代。担架でピッチ外へ運ばれ、マルコス・ジュニオールと交代となった。 ここまでチーム内2位の8ゴールで攻撃を牽引してきた西村のケガは気がかりなところだが、徐々にゴールに迫る頻度を上げていく。一方でなかなかシュートまで持ち込めず、このまま前半を終えるかに思われたアディショナルタイム3分、トリコロールのカウンターが炸裂する。 川崎Fのクロスをはね返し、自陣中央でセカンドボールを拾ったエウベルが味方とのワンツーで前進。ドリブルで相手を躱しながらピッチ中央を駆け上がり、前方を走る仲川へスルーパスを通す。橘田と競り合っていた仲川はワンタッチで上手くマークを剥がすと、最後はチップキックでGKチョン・ソンリョンの壁を抜いた。 同点で迎えた後半戦。互いに相手の長所を消し合い、試合は渋い内容に。その中で65分、横浜FMは味方のパスをワンタッチではたいたエウベルのパスから喜田がボックス左に侵入。トラップで相手を躱し、巧みに左足のシュートに運んだが、惜しくも右ポストに嫌われた。 肝を冷やした川崎Fもその直後、右CKで脇坂が上げたクロスをジェジエウがヘディングシュート。DFにブロックされたところを今度はマルシーニョが狙うが、ここもDFのブロックに遭い得点ならず。 その後、主審が足を痛めて交代する珍事もあり、数分間の中断を挟んで再開された直後、今度は横浜FMの喜田が足を攣って交代に。 追加タイムは8分。何かが起きるには十分すぎる時間のなかで、横浜FMは95分、味方の横パスをレオ・セアラが巧みなタッチで裁き、ボックス右からシュートへ。しかし、ここは角度が小さかったこともあり、外側のサイドネットを叩く。 一方の川崎Fは、足を攣ったジェジエウを前線に配置するパワープレーを決行。すると99分、右サイドの高い位置を取った家長から左足のクロスが入ると、合わせたのはそのジェジエウ。岩田に競り勝ち、強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。 この劇的な展開に等々力は大熱狂。興奮冷めやらぬまま試合終了を迎え、川崎Fが2試合ぶりの勝利を手にした。 川崎F 2-1 横浜FM 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前25) ジェジエウ(後54) 【横浜FM】 仲川輝人(前48) 2022.08.07 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌が5ゴール圧勝で6試合ぶり白星!! 異なる5人が得点し同勝ち点の湘南を粉砕【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、湘南ベルマーレvs北海道コンサドーレ札幌が7日にレモンガススタジアム平塚で行われ、5-1でアウェイの札幌が大勝を収めた。 同勝ち点「25」で並ぶ両チーム。守備は安定も得点力不足のために3試合勝利から遠ざかっている湘南は、夏に名古屋グランパスから期限付き移籍で加わった阿部が2トップの一角で加入後初先発を飾り、スタメンに名を連ねた杉岡と瀬川がJ1通算100試合出場を達成。今節もウクライナ支援となる黄色ベースの「ひまわりユニフォーム」を着用して臨んだ。 一方の札幌も5試合勝利がない中で、光明は悩ましかった攻撃面で前節に複数得点を挙げたことか。出場停止の菅に代わって左ウイングバックには青木が入り、ケガから戻ってきた小柏が湘南との前回対戦以来、14試合ぶりの出場となった。 取るか落とすかで浮沈に大きく影響するであろう一戦は、9分に札幌が先手を取る。右の高い位置で高橋のパスをルーカス・フェルナンデスがブロックし、こぼれたボールを拾った小柏が縦に持ち運んでからクロス。中央で興梠が守備陣を引き付けて生まれたスペースに駒井が走り込んで右足を振り抜くと、強烈な一撃が左隅に突き刺さった。 バイタルエリアと裏へパスを使い分けて躍動感を見せる札幌の攻撃陣は14分にも追加点を奪取。左サイドから青木が入れた斜めのパスを大野がクリアミスし、高橋のヘディングも小さくなると、競り合いを制した小柏が流れたボールを拾ってボックス右からクロス。GK谷、大野と触れて跳ね返ったボールが興梠のももに当たってラインを割り、屈指のストライカーはJ1通算160得点目を記録した。 劣勢の湘南にはさらなるアクシデント。町野が高嶺とコンタクトしながらボールをコントロールしようとした際、着地時に右足首を痛めて倒れ込むと、飲水タイムを明けても立ち上がれず、担架に乗せられてピッチを後に。大橋との交代を余儀なくされた。 その大橋は40分に右クロスからダイレクトボレーを見せたものの、1分後にネットを揺らしたのはまたしても札幌。左サイドからの斜めのパスをペナルティアーク内で興梠が収めて落とし、走り込んできた宮澤が右足のボレー。杉岡にディフレクションしても勢いは衰えず、GK谷の手も弾いてゴールへ吸い込まれた。 折り返した後半も立ち上がりかエンジン全開の札幌は復帰戦の小柏がボックス右からフィニッシュ。ハーフタイムに2枚替えを行った湘南も中野がアクセントとなり、チャンスを作るも、やはりアウェイチームがスコアを動かす。 69分、投入直後の福森の左CKから舘のマークを振り切った田中が頭で合わせて追加点を奪取すると、その3分後には、Jデビュー戦となったスパチョークが青木のパスに反応して右サイドのスペースを突いて折り返し、青木が蹴り込んで5点差とした。 今季最多となる5失点を喫した湘南も79分に一矢を報いる。中野がDF2枚の間をグラウンダーで通し、阿部がボックス内でワントラップから右足を振り抜いて加入後初ゴールをマーク。以降も大橋や畑が決定機を迎えたものの、次のゴールを生まれず試合終了。異なる5人で5点を奪った札幌が、大勝で6試合ぶりの白星をつかんでいる。 湘南ベルマーレ 1-5 北海道コンサドーレ札幌 【湘南】 阿部浩之(後34) 【札幌】 駒井善成(前9) 興梠慎三(前14) 宮澤裕樹(前41) 田中駿汰(後24) 青木亮太(後27) 2022.08.07 21:04 Sun
twitterfacebook
thumb

チャンスをしっかり生かした鳥栖が5試合ぶり勝利、磐田は決定機逸が響く【明治安田J1第24節】

7日、明治安田生命J1リーグ第24節のサガン鳥栖vsジュビロ磐田が駅前不動産スタジアム行われ、2-0で鳥栖が勝利を収めた。 ホームの鳥栖は直近4試合で勝利なし。前節は清水エスパルスとアウェイで戦い、2点リードを終盤の連続失点で追いつかれていた。 その鳥栖は[4-4-2]を継続。田代雅也と森谷賢太郎が外れ、ジエゴと菊地泰智を起用した。 対する磐田は5戦未勝利、4連敗中だったが、前節は湘南ベルマーレに1-0で勝利。久々の勝利を収めた。 磐田は[3-3-2-2]のシステムで、1名が変更。松本昌也が外れ、出場停止だったリカルド・グラッサが復帰した。 互いに守備では前からプレスをかけながら、攻撃では細かくパスを繋いでビルドアップしていくスタイルの両者。立ち上がりは磐田が効果的にボールを運んでいく中、3分に左サイドでパスを受けたリカルド・グラッサに対して長沼が激しいタックル。グラッサが痛む中で、長沼にはイエローカードが出された。 鳥栖はGK朴一圭を使ういつものスタイルで徐々にポゼッションの時間を長くしていくと11分、縦パスを受けた宮代がコントロールするもシュートは打てず。それでもこぼれ球を繋いでパスを受けた小泉がドリブルで運んでシュート。これは枠を捉えるが、GKがキャッチする。このシーンで森岡が足を痛めたがプレーを続行した。 さらに鳥栖は12分にチャンス。岩崎がスピードを生かして裏を取ると独走。GKとの一対一の決定機を迎えると、GKをかわしたもののタッチが大きくなりシュートはサイドネットに。ビッグチャンスを逸してしまう。 すると21分に磐田にアクシデント。最終ラインで先発した森岡が、その前のプレーで足を痛めていた影響でプレー続行不可能に。松原后が入り、鈴木が3バックの一角に入る。 鳥栖がポゼッションを高めてプレーしていく中でオープンな展開に。それでも決定機は作れない。 それでも37分、金子がカットインから細かくパスを繋ぐと、ボックス中央でジャーメイン良がトラップからボレー。シュートは枠を捉えるが、GK朴一圭が鋭い反応でセーブする。 さらに39分にも磐田が決定機。FKのリスタートの流れから、右サイドでこぼれ球を拾った金子がクロス。ファーサイドで松原が折り返すと、最後は黒川が詰めるが、中野がギリギリでクリアして事無きを得る。 連続したピンチを凌いだ鳥栖は43分にスコアを動かす。右サイドでボールを受けた長沼が松原との駆け引きを制すると、フリーでグラウンダーのクロス。これが抜けると、待ち構えた宮代が蹴り込んで先制に成功する。 鳥栖がワンチャンスを物にして迎えた後半。磐田は黒川を下げ、ファビアン・ゴンザレスをハーフタイムに投入する。 それでも後半は鳥栖が立ち上がりからペースを握って攻め込んでいく。67分には岩崎がドリブルで運ぶと左の宮代へ。宮代はカットインから右足でシュートも、GK梶川がセーブする。 磐田はリカルド・グラッサが負傷し遠藤保仁と、ジャーメイン良は杉本健勇と交代に。鳥栖は菊池、長沼を下げ、本田風智、堀米勇輝を投入する。 すると77分に磐田がビッグチャンス。右サイドから鈴木がアーリークロス。これに杉本が飛び込むが、相手に対応され飛び切れず届かない。さらに78分にはカウンターから左に展開。最後は松原がボックス内左からシュートも、バーに嫌われる。 終盤にかけてはメンバー交代でシステムを変えたこともあり、磐田が押し込んでいく時間が続くと、80分には上原を下げて、大津祐樹を投入して、さらに攻撃力を増していく。 その中で鳥栖も少ないチャンスからシュートに持ち込むことに。82分には、CKの流れから堀米のクロスに対して宮代が飛び込むがわずかに合わない。 磐田は84分、左サイドからのパスを受けた杉本がボックス手前で受けると、フリーの状態でシュート。しかし、枠を取られられない。 すると鳥栖は84分に先制点の宮代を下げて垣田裕暉を投入。すると85分、本田がボックス手前でパスを受けると、相手との駆け引きにかって縦に突破。本田のクロスを垣田が合わせて、リードを2点に広げる。 数ある決定機を生かせなかった磐田を尻目に、少ないチャンスを仕留めた垣田。磐田はその後も猛攻を仕掛けるが、ネットを揺らすことができない。 結局そのまま試合が終了。チャンスをしっかりと生かした鳥栖が5試合ぶりの勝利。磐田は連勝とはならなかった。 サガン鳥栖 2-0 ジュビロ磐田 【鳥栖】 宮代大聖(前43) 垣田裕暉(後40) 2022.08.07 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

清水が連勝中のFC東京を退け3試合ぶり白星! 暫定ながら残留圏へ【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、FC東京vs清水エスパルスが7日に行われ、0-2で清水が勝利した。 FC東京は前節、アダイウトンの後半アディショナルタイムのゴールでサンフレッチェ広島に競り勝ち2連勝。リーグ戦ここ4試合では3勝1敗としている。一方の清水は、前節はサガン鳥栖相手に追いつく形で3-3のドローに。こちらはここ6試合で1勝と苦しい時期が続いている。 スタメンはFC東京は前節から2人変更。清水は6人変更した中で、加入後2試合目となる注目のピカチュウは連続先発。また、乾は移籍後初スタメンとなった。 まず仕掛けたのはアウェイの清水。2分、ボックス手前左でボールを持ったカルリーニョス・ジュニオがカットインから右足一閃。わずかに右に逸れたがいきなり惜しいシーンを迎える。 8分に左サイドの山原のシュート性のクロスがGKスウォビィクを慌てさせると、続く11分には右CKから立田がヘディングシュート。ここはスウォビィクに正面で対応された。 前半半ばにかけては中盤で攻守が目まぐるしく入れ替わる展開に。その中で20分、清水は左サイドの山原の突破から最前線のチアゴ・サンタナへボールが渡ると、敵陣中央から右のピカチュウへ展開。ボックス右手前まで持ち運んだピカチュウはそこから右足を振り抜いたが、シュートは惜しくも左に外れた。 一方、ここまでチャンスのないFC東京は、30分にディエゴ・オリヴェイラが初めてゴール前に攻め込むが、シュートはGKの正面に。また、アダイウトンが個人突破を試みるも、清水の守備網に絡め取られる。 それでも、ここからホームチームが攻勢に出ると、迎えた39分の左CKのシーン。三田がアウトスイングのクロスを放り込み、森重が頭で反応。こぼれ球をアダイウトンが蹴り込みネットを揺らした。 しかし、VARで確認した結果、シュートコースにいた東がオフサイドの判定となり、ゴールは取り消しに。アダイウトンは2試合連続ゴールとはならなかった。 0-0で迎えた後半立ち上がりは、清水は松岡のミドルシュート、FC東京は速攻から松木のシュートなど、互いにゴールに迫る展開に。 すると57分に試合が動く。清水は原が右サイドを突破し、深い位置から右足でクロス。これをファーサイドから走り込んだC・ジュニオが力強く頭で合わせ、ネットを揺らした。 この失点で目が覚めたか、FC東京も直後から次々とゴールに迫る。まずは62分、敵陣中央のFKの流れで、アダイウトンがボックス左から強烈なシュート。続く64分には、松木のスルーパスでボックス左に侵攻したアダイウトンの折り返しにディエゴ・オリヴェイラが飛び込んだが、惜しくも押し込めず。 だが、追加点を狙う清水もチアゴ・サンタナが際どいシュートを放つと、途中出場の北川もボックス手前からミドルシュートで相手ゴールを強襲。しかし、ここはGKスウォビィクの好セーブに遭う。 81分にはFC東京のビッグチャンス。紺野が右サイドから中央にカットインし、左足でクロスを挙げると、途中出場のバングーナガンデがファーサイドからシュート。決定機だったが枠に飛ばせず。 一進一退の攻防が続いたが、アウェイの清水がトドメをさす。85分、セットプレーのセカンドボールを回収し、左サイドの山原が深い位置からクロスを供給。最後はチアゴ・サンタナが力強くヘディングシュートを決め、2点目を挙げた。 これで清水はリーグ戦3試合ぶりの白星。暫定で15位に浮上している。 FC東京 0-2 清水 【清水】 カルリーニョス・ジュニオ(後12) チアゴ・サンタナ(後40) 2022.08.07 20:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly