PSVが本田元同僚のメキシコ代表MF獲得! 親友ロサーノと代表&クラブで再タッグ2018.08.30 16:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽PSVは29日、パチューカからメキシコ代表MFエリック・グティエレス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。同選手はメディカルチェック受診後、2023年6月30日までの5年契約にサインする予定だ。▽PSVの現エースであるメキシコ代表FWイルビング・ロサーノと共に12歳の頃からパチューカのアカデミーに在籍していたグティエレスは、当初はサイドバックを主戦場としていたものの後にセントラルMFにコンバート。そして、2013年にトップチームデビューを果たすと、その翌シーズンからレギュラーに定着。

▽機動力と正確な左足のキックを武器とする得点力にも優れるセントラルMFは2016年のクラウスーラ優勝や2016-17シーズンのCONCACAFチャンピオンズリーグ制覇に貢献。昨シーズンは日本代表FW本田圭佑とも共演していた。

▽また、2016年にデビューを飾ったメキシコ代表ではここまで通算9試合に出場。ロシア・ワールドカップでは出場機会はなかったものの、メンバー入りを果たしていた。

▽これまで多くのメキシコ人プレーヤーが在籍したPSVでは、プレースタイルが近い同胞MFアンドレアス・グアルダードのような司令塔としての活躍が期待される。
コメント
関連ニュース
thumb

ファン・ボメルがロッベン口説く…15年ぶりPSV復帰なるか

PSVが、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の獲得を目指しているようだ。同クラブで監督を務めるマルク・ファン・ボメル氏が認めている。 ロッベンは今シーズンを以ってバイエルンを退団する。新天地として古巣のフローニンヘンやメジャーリーグ・サッカー、さらにはJリーグも候補に挙がっているとみられているが、今のところ有力な情報はない。 そんな中、ファン・ボメル監督がオランダ『Voetbalzone』にロッベンの獲得に動いていることを明かした。 「何度か連絡を取った。だが非常にシンプルだ。彼が決めるだけのことだからね。彼は我々がここに連れてきたいという思いを知っている。そして、彼に時間が必要であることも我々は理解している」 「プレッシャーをかけたくない。彼にとってとても重要な決断なんだ」 「彼は引退することもできるし続けることもできる。ここに来ることもできるし別の所に行くこともできる。彼にはたくさんのオファーが届くだろう」 ロッベンは2000年にフローニンヘンでプロデビューした後、2002年から2004年の間PSVでプレー。公式戦70試合で21ゴール16アシストを記録し、2002-03シーズンにはオランダ年間最優秀若手選手に選ばれた。 2019.06.19 13:43 Wed
twitterfacebook
thumb

アフェライが8年ぶりに古巣PSVへ復帰! 2017年末以来プレーなし

PSVは18日、元オランダ代表MFイブラヒム・アフェライ(33)の獲得を発表した。契約期間は1年間となる。 アフェライはPSVの下部組織出身で、2004年1月にトップチームへ昇格。エールディビジでその名を上げると、2011年1月にバルセロナへと完全移籍した。 かねてから憧れていたバルセロナへ移籍したものの、思うようなプレーができず、2012年8月から1年間はシャルケへ、2014年8月から1年間はオリンピアコスへとレンタル移籍を経験。2015年7月にストーク・シティへと移籍すると、度重なるケガに悩まされ、2019年1月に退団していた。 エールディビジでは159試合に出場し36ゴール20アシスト、リーガエスパニョーラでは21試合に出場し1ゴール、プレミアリーグでは49試合に出場し2ゴール3アシストを記録。チャンピオンズリーグでは41試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。なお、2017年12月30日に行われたプレミアリーグのチェルシー戦が最後にプレーした試合となっている。 8年ぶりに古巣復帰となるアフェライだが、PSVの指揮官はかつてPSVで同僚だったマルク・ファン・ボメル監督。ファン・ボメル監督はアフェライについて「とても満足している。選手として、イビ(アフェライ)は、全ての監督が彼の持っているものを好むというクオリティがある」とコメントした。 また「彼は長い間プレーしていない。我々はそれを知っており、考慮に入れている。責任あるやり方で彼と共に働く」とコメントしており、長期離脱明けのアフェライの状態に気を配りつつ、チームに入れていくことを語った。 2019.06.18 19:49 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ、昨夏放出のアンヘリーノを買い戻し?

マンチェスター・シティが、PSVのスペイン人DFアンヘリーノ(22)に注目しているという。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 今季のPSVでリーグ戦全34試合にフル出場した左サイドバックのアンヘリーノは、昨年の夏までシティの下部組織で育った逸材。世界レベルのプレイヤーが集まるトップチームでは出場の機会が限られると判断し、PSVへ移った。 豊富な運動量とスピード、そして左足から繰り出される精度の高いクロスを武器に、リーグ戦で1ゴール10アシストを記録。これが再びシチズンズの目にとまったようだ。 同選手には昨年夏にパリ・サンジェルマンが獲得に動いたとされているが、2500万ユーロ(約30億円)の申し出を断られた模様。 だがシティは、契約により1200万ユーロ(約14億6000万円)の移籍金で買い戻す権利を持っており、その金額を支払う準備もできているとのこと。ちなみに、売却した際に受け取った移籍金は550万ユーロ(約6億7000万円)だった。 シティでは3試合しか出場経験のなかったアンヘリーノ。今夏古巣復帰となるのだろうか。 2019.06.17 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、獲得難航の右SBにダンフリースをリストアップか

マンチェスター・ユナイテッドが、PSVに所属するオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 今夏の移籍市場で右サイドバックの獲得を目指しているユナイテッド。クリスタル・パレスのU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)やパリ・サンジェルマン(PSG)のベルギー代表DFトーマス・ムニエ(27) をトップターゲットに見据えているが、移籍金を巡って交渉は難航している状態だ。 スパルタ・ロッテルダムでプロデビューを飾ったダンフリースは、昨夏にヘーレンフェーンからPSVに加入。189㎝と長身ながらスピードが武器の闘志あふれる大型サイドバックで、今シーズンの公式戦43試合で4ゴール7アシストを記録した。 ユナイテッドは、オランダ代表DFの獲得に向けて6日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)準決勝のイングランド代表戦にスカウトを派遣していた模様。ダンフリースは2500万ポンド(約34億1000万円)程度で獲得可能なようだ。 2019.06.16 16:36 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、PSVの快速ドリブラー獲得に動く! インテルやユナイテッドも関心

トッテナムがPSVに所属するオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン(21)の獲得に動いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今夏の移籍市場で積極補強を目指すトッテナムでは、FWルーカス・モウラとFWソン・フンミンに続く個人での打開力に長けたアタッカーの獲得が補強ポイントの1つとなっている。 その中でクラブが目を付けているのが、マンチェスター・ユナイテッドやインテルも関心を寄せるPSVの快速アタッカーのようだ。 アムステルダム生まれのベルフワインはアヤックスの下部組織を経て2011年にPSVのアカデミーに加入。リザーブチームにあたるヨングPSVでのプロデビューを経て2015年にトップチームでもデビューを飾った。 爆発的なスピードに加え、緩急自在のドリブルテクニックを武器にスペース、密集地帯の両局面で打開能力を備える生粋のオランダ産ドリブラーは、昨シーズンにブレイクの兆しを見せると、今シーズンはリーグ戦33試合に出場し14ゴール12アシストを記録した。 『スカイ・スポーツ』は、そのベルフワインの去就に関してPSVに精通するオランダ人ジャーナリストのリック・エルフリンク氏に取材。同氏はユナイテッドが関心を示しているものの、新天地がトッテナムとなる可能性が高いと主張している。 「スパーズは彼に興味を示している」 「彼らはすでに代理人とも接触している。また、4000万ユーロ(約48億6000万円)のオファーを提供したようだ。PSVはその申し出を断ったようだが、移籍成立に向けてそれほど遠くない状況だと思う」 2019.06.06 17:04 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース