レンジャーズがマリ代表DFラッサナ・クリバリをレンタルで獲得! ジェラード体制8人目の補強

2018.07.11 00:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レンジャーズは10日、アンジェからマリ代表MFラッサナ・クリバリ(22)をレンタル移籍で獲得した。

▽バスティアの下部組織出身のL・クリバリは、2015年にトップチームに昇格。バスティアでは、セントラルMFを主戦場に在籍2シーズンで公式戦49試合に出場。チームが降格した昨夏にアンジェへ移籍すると、昨季はリーグ・アン19試合を含む公式戦22試合に出場した。

▽また、2016年9月にマリ代表デビューを飾ったL・クリバリは、これまで10試合に出場。今年3月に行われた日本代表との国際親善試合にもフル出場していた。
▽なお、レンジャーズにとってL・クリバリは、元スコットランド代表GKアラン・マクレガーやスコットランド代表FWジェイミー・マーフィー、イングランド人DFコナー・ゴールドソンらに次ぐ今夏8人目の補強選手となっている。

関連ニュース
thumb

降格回避へ… 1月中の補強急ぐレスター、リーズFWハリソン獲得は断念か

レスター・シティが、リーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・ハリソン(26)獲得を断念したようだ。 ハリソンはリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの下部組織育ち。だが、家族の仕事の都合で13歳でアメリカに渡り、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のドラフト抽選を経て、ニューヨーク・シティFCでプロデビューしたという異色の経歴の持ち主だ。 2018年1月には同系列クラブであるマンチェスター・シティへの移籍で母国帰還。シティでの公式戦出場はないが、同年夏にレンタルで加入したリーズでエース級の活躍を披露し、のちに完全移籍へ移行。クラブ通算185試合で29得点28アシストを記録している。 イギリス『90min』によると、プレミアリーグで降格圏と1ポイント差の14位に低迷するレスターが、リーズとの契約を2024年夏まで残すハリソンの獲得を模索するも、リーズへの問い合わせ段階で却下されたという。 前線の選手層が薄いレスターは今冬中の補填に奔走。すでにフィオレンティーナのアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンザレス(24)への照会も断られ、現在はレンジャーズのイングランド人FWライアン・ケント(26)、シャフタールの元U-23ブラジル代表MFテテ(22)に接触しているとされる。 2023.01.27 15:28 Fri
twitterfacebook
thumb

レンジャーズがノリッジの多才なMFキャントウェルを獲得!

レンジャーズは23日、ノリッジ・シティからイングランド人MFトッド・キャントウェル(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「13」に決定。契約期間に関しては“長期”のみと伝えられている。 かつて世代別のイングランド代表にも名を連ね、イングランド期待の攻撃的MFと目されたキャントウェル。2019-20シーズンのプレミアリーグでは6ゴールを決め、たびたびステップアップが取り沙汰されていた。 その後、カナリーズの1年でのプレミアリーグ復帰に貢献した生え抜きMFだったが、昨季は思うようにプレー機会を得られず。後半戦はローンプレーヤーとしてボーンマスで過ごし、個人としては2シーズン連続のプレミア昇格を経験した。 昨夏には移籍の可能性もあった中、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格した古巣に帰還。今季ここまではリーグ5位に位置するチームにおいて、リーグ戦18試合に出場していた。 なお、今季途中からレンジャーズを率いるマイケル・ビール監督は、前所属先のQPRで対戦相手としてキャントウェルをチェックしており、「彼は我々のプレースタイルに完全に一致するプレーヤーであり、今後のシーズンでクラブのキープレーヤーになると信じている」と、多才な攻撃的MFの活躍に期待を寄せている。 2023.01.24 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

かつて注目されたノリッジMFキャントウェルがレンジャーズ移籍へ!

ノリッジ・シティのイングランド人MFトッド・キャントウェル(24)がスコティッシュ・プレミアシップのレンジャーズに移籍するようだ。 かつて世代別のイングランド代表にも名を連ねたりといち目置かれた存在のキャントウェル。2019-20シーズンのプレミアリーグで6ゴールを決め、たびたびステップアップが取り沙汰される。 そんなノリッジの注目株は昨季後半戦をローンプレーヤーとしてボーンマスで過ごした後、昨夏に復帰。ノリッジは今季からチャンピオンシップに降格したが、移籍を選択せず、残留を決めた。 その今季のここまで公式戦19試合でノーゴールと下火だが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、スコットランドの強豪レンジャーズに移る見通しだという。 レンジャーズとノリッジの交渉は完了。ノリッジと今季最終年の選手はこれからメディカルチェックを受けるとのことで、すべてが計画どおりにいけば、48時間以内にも契約締結に至る模様だ。 2023.01.20 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「ダイゼンは…」「キョウゴは…」 日本人アタッカー揃い踏みの白熱ダービーをセルティック指揮官が振り返る

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が12連勝こそ止まったものの、追い上げを許さなかったオールドファーム・ダービーを振り返っている。クラブ公式サイトが伝えている。 スコティッシュプレミアシップ首位のセルティックは2日の第20節で勝ち点9差の2位レンジャーズと対戦。敵地での一戦を開始5分にFW前田大然のゴールで先制してから逆転されたが、88分にFW古橋亨梧の一発で2-2のドローに持ち込んだ。 ポステコグルー監督はクラブ公式チャンネル『Celtic TV』で「本当に良いスタートが切れ、中盤で少し自分たちのやり方を見失ったが、最後に盛り返す術を見つけた」と総括している。 「ダイゼンはうまくゴールを決めてくれたし、試合を通じてずっと素晴らしく、本当に相手を苦しめたと思う。先ほども言ったように、試合の入りは良かったが、その後に自分たちらしくないミスがあり、プレッシャーもないところでボールを渡し続け、相手に流れを戻してしまった。ひとたびそうなると、観客の応援も力が入るようになり、我々からしたら難しくなる」 また、「選手たちはずっと素晴らしいキャラクターを示してくれたし、これからもそうし続けるだろう」と続け、同点弾をマークした古橋の名を出しながら、チーム全体の戦いぶりも評価した。 「彼らに迷いなどないし、運に身を任せることもない。今日は1-2で負けていて、観客も盛り上がり、今日は我々の日ではないと言うのは簡単だっただろうが、選手たちが再び道を見つけた。キョウゴは必要なときにそこにいてくれたが、我々はこれまでもそういう瞬間に誰かを見つけてきたんだ。今日もそうしたということだ」 2023.01.03 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

連勝は12でストップもセルティック、前田&古橋弾で激闘のオールドファーム・ダービーをドローに持ち込む《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックは2日、スコティッシュ・プレミアシップ第19節でレンジャーズとのオールドファーム・ダービーをアウェイで戦い、2-2で引き分けた。 セルティックのFW古橋亨梧はフル出場、FW前田大然とMF旗手怜央は77分までプレー。DF小林友希はベンチ入りも出場せず、MF井手口陽介はベンチ入りしなかった。 4日前に行われた前節ハイバーニアン戦を前田と古橋のゴールにより圧勝し12連勝で2022年を締めくくった首位セルティック(勝ち点54)は、引き続き古橋、前田、旗手が先発となった。 2位レンジャーズ(勝ち点45)に対し、[4-3-3]で臨んだセルティックは最前線に古橋、左ウイングに前田、左インサイドMFに旗手を据えた。 試合は開始5分、横パスをカットした前田がDF2人をかわして独走。ボックス中央に侵入し、GKとの一対一を制してセルティックが先制した。 28分にはGKハートのキックをカットされたプレーから大ピンチを迎えるも、ケントに打たれた決定的なシュートはハートが自らミスを払拭する好守で失点を逃れた。 クローズな前半を1点のリードで終えたセルティックだったが、迎えた後半開始2分、ケントに同点弾を決められて追いつかれてしまう。 さらに52分、PKを献上したセルティックはこれをタベルニエに決められ逆転されてしまう。追う展開となったセルティックが前がかる中、77分に前田と旗手がピッチを後に。 敗色濃厚かと思われた88分、古橋が大仕事。分厚い攻めを見せたゴール前の混戦から、古橋がゴールにねじ込んだ。 古橋の4戦連発弾で追いついたセルティックはその後、7分の追加タイムが与えられた中で勝ち越しゴールを目指すも2-2のままタイムアップ。激闘のオールドファーム・ダービーは引き分け決着となった。 連勝こそストップしたセルティックだったが、レンジャーズとの9ポイント差を維持している。 レンジャーズ 2-2 セルティック 【レンジャーズ】 ケント(後2) タベルニエ(後8[PK]) 【セルティック】 前田(前5) 古橋(後43) 2023.01.02 23:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly