アトレティコを破ったセビージャ、モンテッラは「思っていた以上にリスクを冒した」

2018.01.18 00:19 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
セビージャは17日のコパ・デル・レイ準々決勝第1戦、敵地ワンダ・メトロポリターノでアトレティコ・マドリーと対戦して2-1と勝利した。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、勝利に喜びをあらわにしている。

相手FWジエゴ・コスタに先制ゴールを許したセビージャだが、オウンゴールを誘発して追い付くと、88分にFWホアキンコレアが決勝点を挙げてアトレティコに先勝している。

アトレティコは今季からホームスタジアムを前本拠地ビセンテ・カルデロンからメトロポリターノに移行した。これまでエルチェ、レアル・ソシエダ、アラベス、ジェイダ、ヘタフェ、ビジャレアル、バルセロナ、レアル・マドリーを相手に負けなしだったが、スペインのチームで初めてセビージャがメトロポリターノでの勝利を手にした。

モンテッラ監督は試合後、「この勝利は我々に自信を与えてくれる」と述べ、次のように続けている。

「難しいスタジアムの試合で、困難が予想された。私が思っていた以上のリスクを、チーム全体でとった。セビージャには時間が必要だ。監督交代がある時は、常にコンセプトが変わるものだからね」

「これは働き続ける上で指標となるベースだ。しかし、(ホームでの)次の試合は簡単なものにはならないだろう」


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

ラ・リーガの22-23シーズン開幕カードが発表!王者マドリーは昇格組のアルメルアと対戦

ラ・リーガは23日、2022-23シーズンの開幕節の対戦カードを発表した。 王者のレアル・マドリーは、セグンダ(スペイン2部)首位で1部昇格を決めたアルメルアとアウェイで対戦。2位のバルセロナはホームで昨季12位のラージョ・バジェカーノと、3位のアトレティコ・マドリーはアウェイで昨季15位のヘタフェと対戦する。 アルメリア以外の昇格組ではバジャドリーがビジャレアルと、ジローナがバレンシアと対戦する。開幕節の日にちは8月13日・14日となる。 また、シーズン最初のエル・クラシコは10月16日に行われる第9節、舞台はサンティアゴ・ベルナベウ。カンプ・ノウに舞台を移す2度目は来年3月18日・19日に予定されている第26節となっている。アトレティコとマドリーによるマドリッド・ダービーは9月17日・18日の第6節と、来年2月25日・26日の第23節に行われる。 ◆ラ・リーガ22-23開幕節 ビルバオ vs マジョルカ バルセロナ vs ラージョ ベティス vs エルチェ セルタ vs エスパニョール カディス vs ソシエダ オサスナ vs セビージャ アルメリア vs レアル・マドリー ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー バジャドリー vs ビジャレアル バレンシア vs ジローナ 2022.06.24 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャでもさっぱりのマルシャルにオファーなし…ユナイテッドも残留視野?

フランス代表FWアントニー・マルシャル(26)は現時点でマンチェスター・ユナイテッド残留が濃厚なようだ。 今年1月、出場機会を求めてセビージャに半年間のローン移籍に出たマルシャル。初挑戦となるスペインの地で滑り出しこそ順調だったが、ケガに悩まされたりと長続きせず、公式戦12試合の出場で1得点1アシストに終わった。 後にセビージャのホセ・カストロ会長からは買い取りが否定され、2024年まで契約が残るユナイテッド復帰も明言。マルシャルからすれば、ユナイテッドに戻っても出番が見込めない状況だが、不人気さを極めているようだ。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、情報筋からはマルシャルを獲ろうと「ドアをこじ開ける者がいない」と語られ、ユナイテッドもこのまま来季のチームにとどまる見通しを強めつつあるという。 そのなかで、エリク・テン・ハグ新監督も残留となれば、何らかの形で活用する必要性を感じ始めているというマルシャル。双方にとって、買い手が現れるのが最善策とみられるが、残るマーケットで見つかるだろうか。 2022.06.22 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安のPSVがルーク・デ・ヨング獲得か? ファン・ニステルローイ監督が希望

バルセロナのオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(31)だが、母国に復帰する可能性があるようだ。スペイン『アス』が報じた。 2021-22シーズンはセビージャからのレンタル移籍でバルセロナに所属したデ・ヨング。高さを生かしたプレーでロナルド・クーマン監督に重宝されたが、チャビ・エルナンデス監督の下では試合終盤の出場に限られていた。 バルセロナでは29試合に出場し7ゴール1アシストを記録。しかし、そのままセビージャに戻ることとなる。 セビージャとの契約は残り1年となっている中、古巣であるPSVに復帰する可能性があるとのこと。新シーズンから指揮を執るルート・ファン・ニステルローイ監督が求めているようだ。 デ・ヨングはデ・フラーフスハップ、トゥべンテ、ボルシアMG、ニューカッスルでプレー。2014年7月から2019年7月までPSVでプレーし、5シーズンで公式戦204試合で112ゴール56アシストを記録していた。 ただ、障壁となるのはセビージャが求める移籍金。600万ユーロ(約8億5000万円)を求めているようだが、PSVはディスカウントしたいと考えているとのこと。オランダ復帰にはこの合意が必要となりそうだ。 2022.06.21 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州でのプレーを希望するルーク・デ・ヨングがメキシコ行きを拒否…

セビージャからバルセロナにレンタル移籍しているオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(31)が、メキシコのデポルティーボ・トルーカへの移籍を拒否したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 L・デ・ヨングの去就に関しては、バルセロナが買い取りオプションの行使を見送ったため、今夏に復帰することが濃厚となっている。 しかし、『マルカ』によれば、所属元のセビージャも今夏にチームの変革を進めており、L・デ・ヨングを放出することを希望。セビージャにはすでにメキシコ1部のトルーカから500万ユーロ(約7億円)のオファーが届いたが、L・デ・ヨングはヨーロッパでのプレーを望んでおり、今回のオファーを拒絶したようだ。 なお、同紙はセビージャがL・デ・ヨングの移籍金を引き下げれば、以前から関心が噂されている古巣のPSVが獲得に動く可能性があるとのこと。果たして、来シーズンはどこでプレーすることになるのだろうか。 2022.06.19 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサがクンデに高額オファー準備か、チェルシーとの争奪戦に?

バルセロナが、セビージャのフランス代表DFジュール・クンデ(23)にオファーを出す見込みのようだ。スペイン『カタルーニャ・ラジオ』が伝えている。 長らくチェルシーとの関連が伝えられているクンデ。ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンの2人のセンターバックを失った同クラブが、長らく関心を寄せていた23歳の獲得に本腰を入れている模様だ。 しかし、ここに横槍を入れようとしているのが、同じく以前から興味を持っていたバルセロナだ。『カタルーニャ・ラジオ』はすでに個人間合意に達していると報じており、クラブ間では5900万ユーロ(約82億7000万円)のオファーを準備しているという。また、オプションとしてアメリカ代表DFセルジーノ・デストの譲渡も条件に盛り込んでいるようだ。 バルセロナでは、長年センターバックに君臨してきた元スペイン代表DFジェラール・ピケに対し、サッカー以外のビジネスに現を抜かしているという理由でチャビ・エルナンデス監督がプロ意識の欠如を指摘したと言われており、レジェンド退団の可能性がにわかに高くなっている状況だ。 2022.06.16 13:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly